ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎵|超ときめき♡宣伝部、『ときクリ2020』より「さくら燦々」のライブ映像を公開


写真 「さくら燦々」 [ときクリ2020 at 中野サンプラザホール]

超ときめき♡宣伝部、『ときクリ2020』より「さくら燦々」のライブ映像を公開

 
内容をざっくり書くと
これから迎える卒業シーズンにぴったりな楽曲となっているので、これから卒業を迎える方も、学生時代を懐かしむ方もぜひとも聴いていただきたい。
 

超ときめき♡宣伝部が、2920年12月26日(土)に東京・中野サンプラザホールで開催したクリスマスワ… →このまま続きを読む

 OKMusic

さまざなアーティストの最新情報を集約する音楽サイト
最新の音楽ニュースをはじめ、アーティストのインタビューやライヴレポート、著名ライターによるリコメンド、邦楽洋楽の名盤紹介など、音楽ファンのための情報がここに!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

卒業シーズン

学生時代

学生時代」(がくせいじだい)は、1964年に発売されたペギー葉山のシングル。

概要

作詞・作曲は平岡精二による。

この「学生時代」は当時「平岡精二クインテット」(平岡精二とブルー・シャンデリア)というジャズバンドを率いていた平岡精二の作詞・作曲によりペギー葉山のオリジナル曲として当初「大学時代」というタイトルで制作されたが、ペギーの「みんな大学に行く時代じゃないから」という理由により(ペギー自身も青山学院高等部卒業後は大学に進学していない)、「学生時代」とタイトルを変更し、アルバム「平岡精二の作品集」のうちの一曲として完成したものである。平岡、ペギーの両氏とも青山学院出身であり後述のように本楽曲は青山学院が舞台となっている。青山学院では平岡はペギーの2級先輩にあたる。

タイトルについて平岡が「大学時代」を、ペギーが「学生時代」をそれぞれ主張したこと、また平岡自身が自作のこの曲を気に入っていなかったことにより、レコーディングの際に大喧嘩になったというが[1]、結局はペギーの主張が通って「学生時代」に決定した。

累計売上はミリオンセラーを記録した[2]

1965年の「第16回NHK紅白歌合戦」では、本楽曲が歌唱された。

1989年発売の所ジョージのアルバム『』に収録されている「勝手に千葉でシンドバッド」[3]は本曲とサザンオールスターズの楽曲「勝手にシンドバッド」の2曲を合成してパロディしたものであり、本曲の歌詞の一部分が引用された。

舞台

本楽曲は始業ベルに間に合うようにキャンパスを走り回っていた姿や憧れの上級生との友情などペギー自身の学生時代がモデルになっている[4]

歌詞に登場する「チャペル」は、青山学院青山キャンパス(東京都渋谷区)にある、ベリーホール(国の登録有形文化財)内の「チャールズ・オスカー・ミラー記念礼拝堂」のことであり、青山学院内では「第二の学園歌」とも呼ばれている。2009年には、青山学院創立135周年を記念し、歌碑が同礼拝堂前に建てられた。除幕式にはペギー本人と故人となった平岡の遺族が出席し、ペギーが本楽曲を歌唱した[5]

他にも「讃美歌」、「十字架」などが歌詞に登場するように、ミッションスクールであった学生時代の雰囲気が読みとれる。

収録曲

  1. 学生時代
    • 作詞・作曲:平岡精二

発売当初は「鏡」がA面として発売されたが、B面「学生時代」がヒットしたため、A面B面を入れ替えられた。

また最初に印刷されたシングルレコード(キングレコード:規格番号BS-144)のジャケットに掲載された「学生時代」の3番の歌詞は歌唱と若干異なる。これは作曲に際して変更される前の平岡精二の原詩をそのまま掲載したためである。

カバー

脚注

関連項目


 

Back to Top
Close