ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|妻をグチる大和田伸也、石丸謙二郎、金田明 夫をグチる藤吉久美子、大島さと子 映画「お終活」場面写真


写真 

妻をグチる大和田伸也、石丸謙二郎、金田明 夫をグチる藤吉久美子、大島さと子 映画「お終活」場面写真

 
内容をざっくり書くと
公開された場面写真では、橋爪功演じる真一のマージャン仲間たち(大和田伸也、石丸謙二郎、金田明夫)や、高畑淳子演じる千賀子が通うコーラスグループの仲間たち(藤吉久美子、大島さと子)の姿などが切り取られている。
 

熟年離婚寸前の夫婦と家族の騒動をコミカルに描いた映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」から、… →このまま続きを読む

 映画スクエア

「映画スクエア」は、映画紹介、ニュース、レビューを掲載するサイトです。最新作はもちろん、旧作についても積極的に取り上げていきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

藤吉久美子

藤吉 久美子(ふじよし くみこ、1961年8月5日 - )は、日本女優ナレーター。戸籍名:坪倉 久美子(旧姓:藤吉)。血液型はAB型。劇団青年座映画放送所属。夫は太川陽介。4人兄妹(兄1人、妹1人、弟1人)の長女。

来歴・人物

1961年8月5日福岡県久留米市大善寺町出身。久留米市立大善寺小学校卒業、福岡女学院中等部卒業、福岡女学院高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科中退。

実家産婦人科医院。福岡女学院高等学校時代にモダンダンスに魅了され、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科に進学、大学では、舞踏を専攻する。のち演劇を志して劇団☆新感線に入団するも、大学在学中に、NHK連続テレビ小説」の公募に応じ、568人の応募者の中からヒロインに選ばれる。1982年10月から半年間放送された連続テレビ小説『よーいドン』で、波乱万丈な人生を生き抜く健気なヒロインを演じた。朝ドラのヒロインに選ばれた事もあり、大学は中退し、劇団☆新感線も退団した。

1985年テレビドラマ『しのぶ』に出演、『おやじのヒゲ2』(1987年)では、一転してコミカルな役柄を演じた。その後も数々の作品に出演を。殊にTBSの昼ドラ『温泉へ行こう』(1999年 - 2005年)では、持ち前のバイプレーヤーぶりを発揮し、第1 - 第5シリーズに出演している。

2004年4月2日から2008年3月28日まで、TBSの情報番組『はなまるマーケット』に金曜レギュラーとして出演。同番組でのコーナー「今ドキ!」(2004年4月 - 2005年3月)、「ふじよし洋品店」(2005年4月 - 2006年3月)、「ふじよし洋品店デラックス」(2006年4月 - 12月)を担当した。

私生活では、雑誌「フライデー」(講談社1987年5月8日号)で、「よーいドン」で共演した歌舞伎役者の坂東正之助(現・四代目河原崎権十郎)との抱擁現場をスクープされ、翌年、正之助と結婚。しかし1992年、価値観の相違、梨園になじめないことなどを理由に離婚。1995年タレントで俳優の太川陽介と再婚。おしどり夫婦として知られ、夫婦での仕事も多い。

2001年、39歳で出産。いわゆる高齢出産の年齢であり、藤吉にとっては初産であることも考慮し帝王切開で男児を出産した。

食育に造詣が深く、2004年に開催された「第1回・食を考える国民フォーラム」ではパネリストとして参加。「正しい食生活を子供に身につけさせるのは親の責任」と、独自の食への考えを語った。藤吉自身はタイ料理が好物。タイ好きが高じて本を上梓したほどである。しかし太川は辛い料理が大嫌いだという。また、ワインにもはまっているという。

エピソード

  • 人付き合いがよく、芸能人以外の友人も多い。女優の黒木瞳と仲が良い。高校の創立記念式典の司会を務めたり、大学の記念式典にお祝いメッセージを送るなど細やかな配慮をしている。
  • 小学生のとき、夏休みの自由研究で海草の標本を作製。しかし、作製方法に問題があり、強烈な腐敗臭が発生してしまい、大変困惑したという逸話がある。
  • 2005年12月30日に放送された『年忘れ超豪華版!はなまるマーケット大感謝祭スペシャル』(TBS系)では、「目指せ大逆転!クイズ★イントロドン!」というコーナーで、太川陽介の大ヒット曲「Lui-Lui」をピンク・レディーの「渚のシンドバッド」と答えてしまった。その直後に天野ひろゆきが正解して、ようやく自分の夫の曲であることに気付くという珍事が起きた。ちなみに「Lui-Lui」と「渚のシンドバッド」はどちらも都倉俊一の作曲・編曲である。
  • 所属事務所の大先輩であった沢村貞子を心の師のように思っており、沢村から言われた「生きることを大事にしなさい」「きちんとした生活があるから、きちんとした仕事ができる」という言葉を自身の心の拠り所にしているという[1]

出演

映画

テレビドラマ(連続)

テレビドラマ(ゲスト出演・単発)

舞台

バラエティ・生活情報番組等

他多数

ラジオ

CM・広告

主な著書・論文・手記

  • 「タイのこと、私のこと」(求龍堂)
  • 「もう一度、愛を信じてみよう―傷ついた心を溶かしてくれた人」(『婦人公論』2001年8月7日号、中央公論新社)
  • 「人に教えたくない店」(『プレジデント』2006年1月16日号、プレジデント社
  • 「今年は私も年賀状ソフトデビュー」(『女性セブン』2005年12月8日号)

脚注

  1. ^ 絆ストーリー:女優 藤吉久美子さん 『ゆうちょ銀行』LETTER for LINKS TOKYO-FM

関連項目

外部リンク

コーラス・グループ

コーラス・グループとは、主旋律に加えて副旋律を唱和する形式で歌唱するグループのこと。楽器による伴奏なしで歌唱するグループを特に「ア・カペラ・グループ」と呼ぶこともある。ここではポピュラー音楽の分野で、同時に三和音の表現が可能な3名以上のグループ(ボーカル・グループ)を取り上げる。

日本のコーラスグループ

1950年代から1960年代に、ムード歌謡の男性コーラスグループが高い人気を博した。鶴岡雅義と東京ロマンチカ和田弘とマヒナスターズ黒沢明とロス・プリモスなどがその代表的アーティストである。その甘い響きは、ナイトクラブを舞台とした大人の恋愛というムード歌謡独特の世界観を演出している。

同時期には大学の合唱クラブ出身のダークダックスデューク・エイセスボニージャックスらも活躍した。当時は若者の間で歌声喫茶が流行、それにあわせて唱歌ロシア民謡など、誰でも唱和できる親しみやすい曲を主なレパートリーとしていた。

またドゥーワップソウルミュージックなど黒人音楽の影響が濃いコーラスグループの第一人者としてザ・キング・トーンズがいる。ヒット曲「グッド・ナイト・ベイビー」は本場アメリカビルボードR&Bチャートにもランクインした実績を持つ。

女性コーラスグループではスリー・グレイセス、、シンガーズ・スリーらが活躍。レコードよりもむしろCMソングやテレビ主題歌の歌唱でお茶の間にその声を知られた。

1960年代に流行したグループ・サウンズ(GS)においてはザ・ワイルドワンズがコーラスワークを聴かせるバンドの筆頭といえる。ザ・タイガースなどはセールス上コーラスを生かした甘い曲をレコードとしてリリースしていたが、ライブではあまりそれを披露することはなかった。同時期にはピンキーとキラーズ平田隆夫とセルスターズといったコーラスグループもヒット曲を放っている。

1970年代以降のニューミュージック系のコーラスグループには、ハイ・ファイ・セットサーカスらがいる。男女混声の彼らは広がりのある爽やかなハーモニーを基本に、テンションを多用したジャズコーラスの要素を加えているのが特徴。よりジャズ色が濃いアーティストにタイムファイブがいる。アイドルの分野ではキャンディーズが一世を風靡、ムード歌謡でも内山田洋とクール・ファイブらが活躍した。

1980年代以降はラッツ&スターゴスペラーズなど、黒人音楽の影響を受けたコーラスグループのほか、コミックソングMEN'S 5、ア・カペラブームの中でデビューしたRAG FAIRなどのアーティストが人気を博している。また主にスタジオ・ミュージシャンとして活動するコーラスグループとしてEVEなどの名が挙げられる。

アメリカのコーラスグループ

ポピュラー音楽(ロックポップス)のスタイルとしてのコーラスは、ジャズ・コーラスとともに、ゴスペルから派生した黒人音楽のコーラスがルーツとなっている。1950年代のアメリカでドゥーワップと呼ばれるコーラス・スタイルが確立され、多くの黒人コーラス・グループがショービジネスの世界で活躍した。まだその頃のアメリカのテレビラジオでは黒人音楽が放送される機会は少なかったが、ロックンロールの流行とともに黒人音楽が大衆に認知されるようになると、1960年代にかけて数多くのコーラス・グループが生まれ、その黄金時代を築いた。

主な男性グループとしてプラターズドリフターズテンプテーションズフォー・トップス、、主な女性グループとしてシュープリームスマーヴェレッツロネッツシャングリラスなどの名が挙げられる。現在もスタンダードとして歌い継がれている彼らのヒット曲は枚挙にいとまがない。

またバンドではあるがコーラスワークに重きを置いたグループの代表格がビーチ・ボーイズであり、後のソフト・ロックやに多大な影響を与えた。

1970年代以降から現在に至るまでもスタイリスティックスジャクソン5ニュー・エディションボーイズIIメンアン・ヴォーグといったコーラス・グループが多くのヒット曲を放ち、いまだアメリカのポピュラー音楽界において大きな一角を占めている。

またジャズ畑ながらポピュラー分野にまたがる人気のあったアーティストとして、スウィングル・シンガーズマンハッタン・トランスファーテイク6らの名が挙げられる。

なお1950年代にアメリカで人気を博したコーラス・グループとして「黄色いリボン」、「クワイ河マーチ」などの映画の主題歌を歌ったがいるが、彼らのスタイルはポピュラー音楽のコーラスというよりは合唱に分類される。

関連項目


 

Back to Top
Close