ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|宇宙に初めて行ったのは犬――犬を取り巻く過酷な現実を映し出す『犬は歌わない』予告


写真 映画『犬は歌わない』場面写真(C)Raumzeitfilm

宇宙に初めて行ったのは犬――犬を取り巻く過酷な現実を映し出す『犬は歌わない』予告

 
内容をざっくり書くと
宇宙開発に駆り出された彼女は、宇宙空間に出た初の生物であり、初の犠牲者となった。
 

世界初の“宇宙飛行犬”ライカを軸に、犬の目線で社会を映し出すキュメンタリー映画『犬は歌わない』が、6… →このまま続きを読む

 クランクイン!

国内外の映画&テレビドラマの最新情報を中心に、アニメ・海外ゴシップなどネットで話題になっているエンタメの「今」を毎日ニュースで発信!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

宇宙空間

宇宙空間うちゅうくうかん、: outer spaceは、地球およびその他の天体(それぞれの大気圏を含む)に属さない空間領域を指す。また別義では、地球以外の天体を含み、したがって、地球大気圏よりも外に広がる空間領域を指す。なお英語では outer を省いて単に space[1][注釈 1]と呼ぶ場合も多い。日本語でも直訳の「外宇宙」という言葉がある。

狭義の宇宙空間には星間ガスと呼ばれる水素 (H) やヘリウム (He) や星間物質と呼ばれるものが存在している。それらによって恒星などが構成されていく。

宇宙空間の定義

国際条約において宇宙空間を定義することは領空の上限を定義することを意味するため、各国とも慎重であり明文化された定義は存在しない。近年、宇宙空間の利用が急増しており、国際連合宇宙空間平和利用委員会 (COPUOS) の法律小委員会でもより定義が検討課題になっている。

国際航空連盟 (FAI) では地上から100キロメートルカーマン・ラインとして、宇宙空間と大気圏の境界線と定義している[2]。一方でアメリカ空軍は80キロメートル以上を宇宙空間としており、宇宙飛行士の認定で差異が生じている[3]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 例えば、space technology、space scienceなど。

出典

  1. ^ 文部省日本天文学会編『学術用語集 天文学編』日本学術振興会、1994年、増訂版。ISBN 4-8181-9404-2
  2. ^ The 100 km Boundary for Astronautics Nuvola-inspired File Icons for MediaWiki-fileicon-doc.png (Microsoft Word.doc)”. 国際航空連盟 (2004年6月25日). 2006年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月7日閲覧。
  3. ^ 空と宇宙の境目はどこですか?”. ファン!ファン!JAXA!. 宇宙航空研究開発機構. 2019年2月23日閲覧。

関連項目

宇宙開発

宇宙開発(うちゅうかいはつ、英語: space exploration)は、宇宙空間人間の社会的な営みに役立てるため、あるいは人間の探求心を満たすために、宇宙に各種機器を送り出したり、さらには人間自身が宇宙に出て行くための活動全般をいう。

宇宙開発の歴史

人類が宇宙空間へ進出する宇宙開発の構想としては、19世紀にはSF作家のジュール・ヴェルヌの小説に描かれた砲弾宇宙旅行などがあるが、実現化を目指した研究として、1903年にはロシアコンスタンチン・ツィオルコフスキーが、液体燃料型多段式ロケットや人工衛星、惑星への殖民など宇宙開発の基礎技術を提言した。アメリカでは1926年に、ロバート・ゴダードによる液体燃料ロケット打ち上げが成功している。ドイツでは、1923年ヘルマン・オーベルトがロケット推進に関する実証的理論を提言し、1927年には財団法人としてVfR(宇宙旅行協会)が設立される。

その後、世界恐慌などの影響で宇宙開発の研究は資金不足に陥る。宇宙旅行協会も1934年には散会するが、ドイツでは1929年陸軍兵器局がロケット兵器の開発に着手し、協会にも所属していたヴェルナー・フォン・ブラウンやオーベルトらが中心となり、1942年には液体燃料を使ったの開発に成功。第二次世界大戦においてはV2ロケットなどが実戦でも使用された。大戦におけるドイツの敗色が濃厚になると、フォン・ブラウンらロケット技術者はアメリカへ投降し、原子爆弾の開発でアメリカに遅れをとっていたソ連も科学者やロケットの実物や資料などを接収し、ドイツで培われたロケット技術は戦勝国へ引き継がれた。

第二次大戦後には、米ソ両国が冷戦状態になると、国家的プロジェクトとして弾道ミサイルや人工衛星など、軍事的利用が可能な技術の研究が競われる宇宙開発競争となる。人工衛星の実現による通信網の拡大は民間事業においても期待されており、アメリカは海軍主導のヴァンガード計画に基づき1955年7月に、ソ連は8月にそれぞれ人工衛星の打ち上げを宣言。アメリカが技術的問題に直面しているなか、ソ連は1957年10月に人工衛星スプートニク1号、11月には犬を乗せたスプートニク2号に成功し、アメリカに対して技術的優位を見せ付ける。アメリカは12月にヴァンガード1号の打ち上げを実行するが失敗し、ソ連の衛星打ち上げの成功はアメリカの安全保障を脅かすと懸念され、スプートニク・ショックが走った。アメリカではヴァンガード計画を改め、1958年にはNASAが設立され、1月にはジュノーI型の打ち上げに成功した。それから米ソは、世界初の成果を上げるために激しく争うことになる。

宇宙開発競争では、当初はソ連が大きくリードし、有人宇宙飛行や月・惑星への探査機着陸など、世界初の偉業をことごとく独占した。しかし、有人月面着陸ではアメリカのアポロ計画が先行した。アポロ計画は巨額の資金が必要であり、政治家などから多くの反対を受けたが、世論の強い支持を得て計画は推進された。1969年7月20日にはアポロ11号が世界初の有人月面着陸に成功し、宇宙開発競争は頂点を迎えた。以後は米ソデタント、米ソ以外の宇宙開発参入、世論の注目の薄れなどから米ソ間の競争は緩やかになっていき、1975年の米ソ共同によるアポロ・ソユーズテスト計画で終結を迎えた。

国別ロケット打上げ数・成功率

世界のロケット打上げ累計機数は、2011年末時点で5,171機。その内、成功したのは4,731機で、成功率は91.5%である。[1]

  • 国・地域・国際機関・多国籍企業別累計ロケット打上げ機数(2011年末)
順位打上げ国機数成功数成功率
1ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 / ロシアの旗 ロシア2,9622,76293.2%
2アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1,4821,31388.6%
欧州連合の旗 ESRO / ESA21019592.9%
多国籍企業20219395.5%
3中華人民共和国の旗 中華人民共和国16414990.9%
4日本の旗 日本887686.4%
5インドの旗 インド352571.4%
6フランスの旗 フランス12975.0%
7イスラエルの旗 イスラエル8675.0%
8イギリスの旗 イギリス2150.0%
9イランの旗 イラン22100%
10ブラジルの旗 ブラジル200%
11大韓民国の旗 韓国200%

国別衛星・宇宙船打上げ個数

世界の衛星・宇宙船等打上げ累計個数は、2020年5月時点で9,568個。そのなかでは低軌道(LEO)衛星・宇宙船の数は5232個、中軌道(MEO)衛星・宇宙船の数は383個、対地同期軌道(GEO)衛星・宇宙船の数は880個、他の衛星・宇宙船の数は647個[2]

  • 国・地域・国際機関・多国籍企業別累計衛星打上げ個数(2020年5月)
順位打上げ国個数
1ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 / ロシアの旗 ロシア3,772
2アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国2,759
3中華人民共和国の旗 中華人民共和国535
4日本の旗 日本266
?不明の旗グローバルスター84
不明の旗 インテルサット81
欧州連合の旗 ESRO / ESA71
5フランスの旗 フランス109
6ドイツの旗 ドイツ64
不明の旗SES55
不明の旗ユーテルサット49
7イギリスの旗 イギリス44
8カナダの旗 カナダ42
9イタリアの旗 イタリア33
10スペインの旗 スペイン20

各国の宇宙開発機関

脚注

  1. ^ 日本の宇宙探検”. 14ページ 人類が宇宙へ打ち上げたロケットたち. 宇宙航空研究開発機構(JAXA)有人宇宙ミッション検討のミエル化チーム (2012年3月8日). 2018年10月15日閲覧。
  2. ^ Satellites Number by Country

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close