ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|絵画モデルで感じた絶頂を忘れられない女性 絵を描いた男性を訪ねる 映画「あらののはて」公開決定


写真 

絵画モデルで感じた絶頂を忘れられない女性 絵を描いた男性を訪ねる 映画「あらののはて」公開決定

 
内容をざっくり書くと
映画監督の古厩智之さんからはキャストをべた褒めしていただきました。
 

しゅはまはるみ、藤田健彦、長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」第二弾作「あら… →このまま続きを読む

 映画スクエア

「映画スクエア」は、映画紹介、ニュース、レビューを掲載するサイトです。最新作はもちろん、旧作についても積極的に取り上げていきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

古厩智之

古厩 智之(ふるまや ともゆき、1968年11月14日 - )は、日本映画監督[1]長野県塩尻市出身。長野県田川高等学校を経て、日本大学藝術学部卒業。C&Iエンタテインメント所属。

妻は女優作家映画監督唯野未歩子

略歴

大学在学中に撮った『』が、1992年ぴあフィルムフェスティバル (PFF) でグランプリ受賞を果たす。これでスカラシップ権を獲得し、1995年に『』で長編デビュー。同作で第35回日本映画監督協会新人賞を受賞。当時26歳であり、これは現在も同賞の最年少受賞である。

2005年秋に広島のにて開催された、神酒大亮監督とのPFF関連のトークイベントで当時を振り返った古厩監督は、「映画監督になろうとも、就職しようとも考えてなかった」「もしグランプリを取らなかったら、絶対ニートになったかも」と告白している。『この窓は〜』は実家の長野から山梨を往復通勤しながらの撮影だったそうで、一人でやっていた自主映画とは違い、ベテランスタッフに囲まれた慣れない現場環境に加え、クランクイン直前のプロデューサー降板という混乱等も重なったことから、かなりのプレッシャーに陥り、「現場が近付く度、お腹が痛くなった」こともあったとのことである(前出のトークイベント)。

そのため、一時期本人曰く「監督拒否症」となり、助監督をしたり、遊園地で2年バイトしたり、とりあえずシナリオもどきを書いて仙頭武則プロデューサーのもとへ甘えに行ったりの惰性的な日々を送り、2001年に長編第2作『まぶだち』を撮るまで、結局6年を要している。

2002年10月から放映された『ケータイ刑事 銭形愛』を機にTVドラマも手がけ始め、『ケータイ刑事 銭形シリーズ』には全て関わっている。シリーズ歴代監督が本人役で一斉に大集合した『ケータイ刑事 銭形零 2ndシリーズ』第6話「演技が出来ずして演出が出来るか! 〜連続監督殺人事件〜」に出演した時は、殺人事件の被害者役だった。 また、『BSアニメ夜話』(NHK-BS2)にもゲストとしてたびたび登場している。

2005年の『さよならみどりちゃん』で第27回ナント三大陸映画祭銀の気球賞(準グランプリ)を受賞した。

人物

  • 長澤まさみは初主演映画『ロボコン』撮影中に演技で思い悩んだ際、古厩監督から「 猿回しの猿になれ 」とアドバイスされ、それが女優という職業を強く意識するきっかけになったと、『メントレG』ゲスト出演時に振り返っている。
  • 『灼熱のドッジボール』、『この窓は君のもの』両作品でヒロイン役を演じたは、古厩監督の当時の交際相手であった。だが、『灼熱の〜』撮影後に別れたため、『この窓は〜』はやはり、複雑な心境を抱えながらの撮影だったという。
  • 里帰り中に家族と隣市の松本市美術館に来館。開催されていた展覧会「メアリー・ブレア原画展」で偶然に節目である入場1万人目となり地元のテレビや新聞に囲まれた[2]

映像作品

映画

テレビドラマ

WEBドラマ

  • ひとつの家族と大京グループが織りなす50年の物語(2014年 - 2015年、大京グループ)
  • 「キットカット」受験生応援ショートフィルム「ふたりのきっと」(2015年、ネスレ)[4]

舞台

著書

脚注

外部リンク

映画監督

映画監督(えいがかんとく、film director フィルム・ディレクター)とは、映画の映像制作・演出面を統括する責任者のこと。

概要

一般に製作は、プロデューサーが最上位の権限を持ち、映画の企画、資金提供者選び、資金の流れやその配分の決定、脚本家選び、監督選び、俳優選び、配給先決定などの権限や責任を持っており権限の上でNo.1と見なされる。それに対し、映画監督はプロデューサーから監督として選ばれて、契約を結び、ある映像の制作に責任を持った人物である。映画製作の権限の観点からは、しばしばNo.2と見なされている[注 1]。ただし映画が公開されると、監督やキャストの俳優の名前が、観客動員の重要な要素となる。

ただし「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその役割は重要で、制作現場では作品全体の統一のための様々な権限を有している。[注 2]

「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまった作品の監督のみを意味することが多いが、テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」や「ディレクター」という言葉が用いられ、「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。

詳細:監督の責任範囲

映画監督の基本的な責任範囲は「映画作品としての品質管理」である。「企画(どういう映画を作るかという案を策定する)」、「製作(製作費の調達や管理、作品の売り出しなどを決定する)」は基本的にプロデューサーの職分であり、監督という職種の本来の責任範囲ではない(ただし、監督がプロデューサーを兼ねる場合もある)。

もっとも、監督が作品を作り上げる上で複数の職務を担当することもあり、「脚本」や「編集」も行っている場合も多い。また監督によっては、自分の作品で音楽家を兼任している場合もある。とはいえ、諸々の経済的事情を始めとする理由によって、主に商業映画を中心に仕事をする監督は自らが理想とする映画を完璧に作り上げることは困難とされる。少しでも理想に近づけるための交渉術なども、監督にとって重要な資質であるといえる。

また、映像作品を作るためには、多くのスタッフが関係することがある。それぞれの専門的なスタッフのアイディアをくみ上げ、アイディアについて吟味し、採用したり却下したりという判断を下すことも、監督の重要な仕事である。

監督の実務

劇映画の場合

監督の仕事は、完成した脚本を受け取ってから始まる(それ以前にも脚本を完成させるための議論に参加するなどの仕事が発生するが、脚本が完成するまでは、基本的に脚本家の仕事である)。ただし、監督自らが脚本を書く場合も少なくない。また、完成脚本に手を入れることで、結果的に脚本家との共同脚本としてクレジットされる場合もあれば、監督が手を入れていても特にクレジットはされない場合もある。

  1. 配役。どういう役に、どういう俳優を割り当てるかについて関与する。ただし主役級の俳優は、プロデューサー等によって決定済の場合もあり、その場合は基本的にはプロデューサーが指定した俳優で進めざるを得ない。また配役の専門の責任者であるキャスティング・プロデューサーが置かれる場合もあり、監督が全ての配役を決定しているわけではないことは多いが、決定に際しては何らかの意見を求められるのが一般的である。
  2. ロケハン。撮影を行う場所を決定する。
  3. 衣裳合わせ。各シーンごとに、それぞれの俳優が着用する衣裳や、手に持つ小道具等を決めていく。監督の美意識がストレートに反映される部分であるため、最終決定権は監督にある。また、各人の衣裳により、カメラの位置、照明の方法、セットの組み方等も変わってくるため、各部門のチーフ級のスタッフも参加する。よって、これが俳優と各スタッフの、事実上の「初顔合わせ」の場になることが多い。
  4. 撮影。管理する。カメラ・ポジション(撮影場所)や画角、カメラの動き方を決め、絵柄を確定する。役者への演技指導を行う。撮影中の動きなどを把握した上で、OK/NGの判断をする(NGの場合は更に同じショットを繰り返して撮影する。撮影は「テイク」とも言うが、その回数で「テイク○」(○は数字)と称する)。日本のテレビの場合は本番に入る際にディレクターが「3、2、1、キュー」と合図するのが一般的だが、映画では、監督の「よーい」に続き、助監督や各部門の助手らが「本番よーい」等と復唱し(これは、スタッフやキャスト全員に号令を行き渡らせるためでもある)、続いて監督の「スタート」、「アクション」と共に助監督がカチンコを鳴らして、本番に入る。その後はテレビでも映画でも共通で、予定された部分まで演技が進むか、または、NGの演技が出た瞬間に「カット!」と叫んで撮影を止める。NGでない場合、スクリプター(スクリプト・スーパーバイザー)らとも相談し、問題なければ「OK」として、次の撮影に進む。
  5. 編集。撮れている映像から必要なものを抜き出してつなぐ。映像と映像のつなぎ方などを決定する。音楽効果音を付けるかどうか、付けるとした場合はその付け方を決定する。監督によっては、簡単な指示を与えて編集担当者に全面的に任せる場合、編集者をオペレーターとして全面的に編集の指示を与える場合もある。またアメリカのようにプロデューサーが編集にかかわり、監督に編集権がない場合もある。

ドキュメンタリー映画の場合

ドキュメンタリー映画の場合は、劇映画ほど職務分担の違いが明らかではない(明らかにならないし、見つけられない)。

多くの場合低予算でスタッフの人数が少ない事や、その場その場で判断しなければならないことが多いなどの理由から、一般にドキュメンタリー映画の監督は、監督としての職務のほかに、「企画」「調査(リサーチ)」「取材(インタビュアー)」などを兼務せざるを得ない(「撮影」を兼任する場合も多く、それどころか「荷物運び」なども当然に監督が分担すべき職務と考えられている現場もある)。ドキュメンタリー映画の監督の場合は、権限が広いというよりは、不可分ないくつかの職域を横断し監督一人が総合的に責任を負うことになるという、構造的な違いがある。

監督の仕事のスタイル

監督の仕事のスタイルは、人によって様々である。また、撮影現場には、国や文化圏によって異なる様々な慣習があり、そういった意味でも違いは大きい。最終的に「(条件の範囲内で)良い作品を作る事」のみが監督の職務であり、監督の仕事の進め方については、(無難な仕事の進め方というものは、もちろん存在するものの)定石と呼べるようなものはない。デンマークの国立映画スクールは、学生の卒業制作映画をデンマーク公共放送で放映するなどの援助をしている[1]。映画のメイキング映像なども比較的入手しやすくなっているが、実に千差万別に各人が工夫をして作品の映像を作り上げていることが分かる。それらを見比べるのも、映画の楽しみの1つであるといえる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ もし、プロデューサーが映画製作の途中で映画監督のことを気に入らなくなると、製作途中で監督を解雇し他の監督にすげかえることも起きうる。米国ハリウッドやイギリスの映画界などでは、こうしたことが時々起きている
  2. ^ ただし、映画は創作者集団による総合芸術であり、例えば商業映画の制作であれば何百という人間が関わっており、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合、「制作者」と呼ばれうるのは監督やプロデューサー以外にも、カメラ・照明・音声・メイク・特殊効果・衣装 等々様々な責任者や俳優など、制作創作スタッフ全体がそれに該当することになる。

出典

  1. ^ About the school”. . 2013年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月15日閲覧。 “The students' final project is a film produced on a professional level and presented to the public on national TV.”

関連項目


 

Back to Top
Close