ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|ファッション帝国を築いたデザイナーの成功と転落…ユアン・マクレガー主演「HALSTON/ホルス…


写真 Netflixリミテッドシリーズ「HALSTON/ホルストン」5月14日より独占配信

ファッション帝国を築いたデザイナーの成功と転落…ユアン・マクレガー主演「HALSTON/ホルス…

 
内容をざっくり書くと
高級感、セックス、地位と名声を象徴するファッション帝国を築いたホルストンは、1970年代から80年代のニューヨークの代名詞となるが、彼が最も大切にする“ホルストン”という名前が敵対的買収の標的となり、戦うことを余儀なくされる。
 

映画『スター・ウォーズ』シリーズなどのユアン・マクレガーが伝説的ファッションデザイナーを演じるNet… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ホルストン

ロイ・ホルストン・フローウィック1932年4月23日 - 1990年3月26日)は、ホルストンのブランド名で知られ、特に70年代に国際的な名声を上げたアメリカ人ファッションデザイナー

概要

カシミアウルトラスエードで作られたホルストンのミニマリストかつクリーンなデザインは、1970年代半ばのディスコで新しい旋風を巻き起こし、アメリカのファッションを再定義した。ホルストンは、アメリカ人女性のためのリラックスした都会のライフスタイルを生み出したことでも知られている。 [1]彼はで、親友のライザ・ミネリ、、芸術家のアンディ・ウォーホルと一緒に写っている写真が多く残されている。 [2]

ホルストンは1950年代初頭、シカゴ美術館付属美術大学に通いながら、ホルストンは女性用帽子をデザインし製造するビジネスを始めた。有名な顧客を獲得し、1957年にシカゴのマグニフィセント・マイルに店を開いた。ホルストンはその後、ニューヨークの高級デパートバーグドルフ・グッドマンの帽子職人となった。1961年、ジャクリーン・ケネディが夫のジョンF.ケネディのの際に着用したピルボックス帽子をデザインしたことで、ホルストン名が一躍広く知られるようになった。

1960年代後半、ホルストンは婦人用帽子から婦人服を扱うようになり、ニューヨークのマディソン・アベニューにブティックを開店、そこでプレタポルテタイプのブランドを立ち上げた。その後、ヘロインの過剰摂取下でのいくつかの誤った判断によりビジネスが傾き始め、1980年代に、ホルストンは最終的に自身が創業したブランドの経営から退いた。1990年に57歳でエイズによる癌で亡くなった。 [3] [4]

プロフィール

生い立ち

ロイ・ホルストン・フローウィックは、1932年4月23日、アイオワ州デモイン[5]で、ノルウェー系アメリカ人会計士James Edward Frowickと専業主婦Hallie Mae(旧姓Holmes)の次男として生まれた。 [6]ホルストンは祖母の影響で早くから縫製に興味を持ち、母や妹のために帽子を作ったり、服を仕立てるようになった。

デモインで幼少期を過ごした後、10歳の時にインディアナ州エバンズビルに引っ越した。1950年にベンジャミンボッセ高校を卒業し、インディアナ大学に短期間通った後、シカゴ美術館付属美術大学に入学した。 [2]

駆け出し時代期

1952年、ホルストンはシカゴに移り、の夜間コースに入学、学業と並行してウィンドードレッサーとして働いた。 1953年に、自身の帽子ビジネスを開業した。彼の最初の顧客はラジオ女優でコメディアンのフラン・アリソンであった。キム・ノヴァクグロリア・スワンソンデボラ・カーヘッダー・ホッパーなどの著名人がホルストンの帽子を購入した。 [7]

シカゴデイリーニュースがホルストンが手がけた帽子に関する短い記事を掲載したことをきっかけに、ホルストンの名が初めて広く知られるようになった。 1957年、最初のショップであるブルバードサロンをノース・ミシガン・アベニューにオープンした。ホルストンは子供の頃から、自身と同じ名前を持つ叔父ロイと区別するためにミドルネームで呼ばれることがあり、最初のショップをオープンしたちょうどこの頃から、ホルストンは仕事でもミドルネーム「ホルストン」を使うようになっていった。

1957目年後半にホルストンはニューヨークに拠点を移し、職人のの元で働き始めた。1年もしないうちに、ホルストンはダッシェの共同デザイナーに指名され、ファッションエディターや出版社と知り合いになると、ダッシェのスタジオを離れて、デパートのバーグドルフ・グッドマンの帽子サロンの責任者となった。 [7]

ブランドの人気の高まり

ホルストンは、1961年にジャクリーン・ケネディが夫ジョン・F・ケネディのの際に着用したピルボックス帽をデザインしたことで、大きな名声を博した。彼が婦人服のデザインを始めると、ニューズウィークは彼を「全米最高のファッションデザイナー」と評した [8]

帽子が時代遅れになると、ホルストンはテキサス州アマリロに住む億万長者Estelle Marshの助けを借りながら、服のデザインを精力的に行うようになった。Marshは、ホルストンが作品制作に行き詰まっている時期の唯一の支援者だった。その後、1968年にマディソン・アベニューに最初の自身のブティックをオープンした。同年のホルストンがデザインしたファッション・コレクションには広告会社重役ののためにデザインしたダーク・ジェイド・ベルベットのウェディングドレスなどがある。ブラニフ航空のCEOと結婚したメアリーは、1976年にホルストンをブラニフ航空に紹介し、ホルストンはブラニフ航空の客室乗務員パイロットグラウンドスタッフマーシャラー制服デザインを担当することになった。 [9]

ホルストンは1969年に最初のプレタポルテタイプのブランドであるホルストン・リミテッドを立ち上げた。[10]ホルストンのデザインは、シンプルかつミニマリスティックでありながらも洗練さと魅力に満ちており、快適な着心地を兼ね備えていた。ホルストンは、シルクシフォンのような柔らかく豪華な生地を好んで使った。のちにヴォーグの取材に、「機能性のない余計なものは全部取り除くんだ。結べないリボン、掛けることのできないボタン、閉まらないジッパー、体を包まないラップドレスとかね。機能しないものは大嫌いなんだ。」と語った。 [11]ホルストンのデザインのもう1つの特徴は、バイアス(生地を斜めに裁つこと)の使用だ。ホルストンは、斜めに裁断することで、どのような生地からも、セクシーで洗練されたイメージを生み出すことができると信じていた。

以前は、女性の体型は主に衣服の曲線を通して表現されることが多かったが、[要出典]ホルストンは、従来の体にフィットしたシルエットを打ち破り、自然に自由に流れる生地を用いて女性の体型を表現した。ホルストンは女性の権利とパンツについて、「パンツは女性に今までにない自由を与えます。もう低い位置にある家具にしゃがんだり、床の低いスポーツカーに乗り込むときに心配する必要はありません。パンツはこれから何年も私たちと共に存在し続けるでしょう—このような権利表明をファッションを通じて行うことができるのであれば、おそらく永遠に。」と発言した [12] 1970年代、彼のウルトラスエード・スーツは大流行した。[要出典]ホルストンは機能性をファッションに取り入れた。[要出典]彼はウルトラスエードのドレス・ワンピースをデザインし、女性用パンツを再導入しました。ドレス・ワンピースは、細長いメンズシャツとして受け入れられた。さらにホルストンは、スポーツウェアの要素を取り入れ、それを婦人服に組み合わせ、婦人服と紳士服の機能を統合した。

ホルストンのブティックは、グレタ・ガルボ、ベイブ・パリー、アンジェリカ・ヒューストンジーン・ティアニーローレン・バコールマーゴ・ヘミングウェイエリザベス・テイラー、ビアンカ・ジャガーとライザ・ミネリといった有名人を惹きつけ、特にジャガーとミネリはホルストンの親しい友人となった。 [13] 1968年から1973年の間で、ホルストンのファッションブランドは推定3,000万ドルを売り上げた。 [11] 1973年、ホルストンは自身のブランドをに1,600万ドルで売却したが、売却後もブランドの主要なデザイナーとして関わっていた。この売却により、ホルストンは金銭面を気にすることなく、創作活動に集中できるようになった。 1975年、マックス・ファクターから、ホルストンが手がけた初の女性向けの香水がリリースされた。 1977年までに、この香水は8,500万ドルの売り上げを記録した。 [10] 1970年代を通じて、ホルストンブランドは、メンズウェア、旅行かばん、ハンドバッグ、ランジェリー、寝具までをも扱うようになった。 [14]ヴォーグ後に、ホルストンこそがアメリカのファッション界に、カフタン、 マットジャージー素材のホルタートップドレス、ポリウレタンを広めた功労者であると指摘している。ちなみにホルストンはジャクリーン・ケネディのためにオリジナルのカフタンをデザインしたことがある

ホルストネッテ

ホルストンの人気と名声が高まるにつれ、ホルストンと仕事をした人々も知られるようになっていった。ホルストンの影響で有名になったモデルには、、アンジェリカ・ヒューストン、、 、、ナンシー・ノース、クリス・ロイヤー、、コニー・クック、そしてなどがいる[15]

このようなホルストン専属のモデルたちは、次第にファッション・ジャーナリストのアンドレ・レオン・タリーによって「ホルストネッテ(Halstonettes)」と呼ばれるようになった。 ホルストネッテは、ホルストンの衣料品や化粧品に関する取材、広告、イベントにホルストンと一緒に登場した。ホルストネッテ達はホルストンの引き立て役として、ホルストンが仕事で旅行するたびに行動をともにし、ホルストンのファッション・ガラに出席した。ホルストネッテは多様な人種背景を持つモデル達で構成されており、ホルストンは広告において多様な人種のモデルたちとランウェイを歩いた先駆者的ファッションデザイナーの一人となった。 [16] [17]

ブラニフ航空の制服

ホルストンは制服のデザインにも大きな変革をもたらした。 1977年にホルストンはテキサスでブラニフ航空客室乗務員の新しい制服をデザインする契約を結んだ。ホルストンは独特の「H」ロゴ散りばめられた落ち着いた茶色のユニフォームをデザインした。白色、小麦色、灰褐色を組み合わせた制服で、これらの色はブラニフ航空機のアルゼンチン革のシートにも使われた。ホルストンが生み出したこのカラー・スキームは、ホルストンのウルトラスエードデザインに関連づけて「ウルトラタッチ」と名付けられ、1970年代後半を印象付けるアイコニックなものとなった。 1977年2月、「アカプルコで過ごす三日間の夜(The Three Nights in Acapulco)」と呼ばれるパーティーが開催され、ブラニフ航空のエレガントな新しい制服が披露された。 [18]

披露パーティーにはブラニフ航空会長の、妻の、リンドン・ジョンソン大統領の妻レディ・バード・ジョンソンが出席した。パーティーではホルストン自身が新しい制服を見にまとい、ホルストネッテ達と登場した。パーティーとホルストンの作品は、ファッション業界で高評価を得ただけでなく、ブラニフ航空の従業員からもこれまでに着用した中で最もシンプルかつ着心地の良い制服だと賞賛を受けた。 [18]

1976年には、米国オリンピック委員会からパンアメリカン競技大会と米国オリンピックチームのユニフォームのデザインを依頼された。そのほかにも、ガールスカウト、ニューヨーク市警エイビス・レンタカー・システムのユニフォームをデザインした。 [19]

ホルストンブランドの衰退

1983年、ホルストンは小売チェーンのJ.C.ペニーとレイセンス契約を結び、その契約金は10億ドルだったと言われている。この新ブランドは「ホルストンIII」と呼ばれ、24ドル〜200ドルの手頃な価格の衣類、アクセサリー、化粧品、香水のラインナップで構成された。当時、ホルストンのような高級デザイナーが中価格帯の小売チェーンと契約を結ぶことがなかったため、ホルストンの新ブランドはファッション業界で物議を醸した。ホルストン自身はJ.C.ペニーとの契約はブランド拡大につながるとして好意的に考えていたが、逆に新ブランドによりホルストンの名が「安っぽく」なったと考える風潮がファッション業界で広がり、ホルストンブランドのイメージダウンにつながってしまった。 [20]当時、高級デパートのバーグドルフ・グッドマンは、ホルストンIIIの計画発表後、ホルストン・リミテッドのラインナップを店舗から引き下げた。 [21]さらに他のデパートや店舗もこの動きに同調し、ホルストンへの発注が減少した。 J.C.ペニーと契約したホルストンIIIブランドの評判は散々なものであり、最終的にはラインナップは廃止された。ただし、高級ブランドデザイナーが異なる価格帯の商品を売り出す道を切り開いたという点で、ホルストンを評価する声も現在ではある。

1983年、当時ノートン・サイモン社が所有していたホルストン・リミテッドを、エスマーク社が買収した。エスマークによる買収後、ホルストンは自身が創始者であるはずのブランドの経営権を奪われていき、憤りを募らせていった。ブランドの経営権が 、 ベアトリス・フーズなど様々な会社に次々と移り変わる中で、[10] ホルストンのブランドへの影響力は弱まっていき、1984年には自身のブランドのためにデザインを提供することすら禁止されてしまった。そのような状況の中、ホルストンはブランドを買い戻そうと辛抱強く交渉を続けた [22]

1986年にホルストンはレブロン社に買収された。レブロン社はホルストンがブランドのデザインを手がけないことを条件に、ホルストンに報酬を支払った。しかしながらホルストンはこの間も、家族や友人のライザ・ミネリマーサ・グラハムのためにデザインを提供していた。レブロン社との契約が切れた後、ホルストンは再びレブロン社と契約を更新する話を進めていたが、レブロン社がホルストン抜きで新ホルストンブランドを立ち上げようとしている話が発覚し、交渉は決裂した。 [7]その後、レブロン社は様々なデザイナーのもとでホルストンブランドの衣類を発表したが、1990年に衣類の販売は廃止となった。しかしホルストンの香水だけは販売が続けられた。 [23]

1988年、ホルストンはHIVで陽性と診断された。 [10]彼体調が悪化すると、ホルストンは親族が住むサンフランシスコに移住した。 1990年3月26日、サンフランシスコのパシフィック・プレスビテリアン医療センターで、エイズ指標疾患であるカポジ肉腫により亡くなった。 [7]ホルストンの遺体は火葬された。 [24]

ホルストンの死後

  • 1990年6月、ホルストンの長年の友人であるライザ・ミネリによる追悼式がリンカーン・センターのアリス・タリー・ホールで開かれ、追悼式の後に友人のエルサ・ペレッティ主催のお別れ会が開催された。 [25]
  • 2010年、ホルストンを題材にしたドキュメンタリーUltrasuede:In Search ofHalston公開された[26]
  • 2014年11月から2015年1月の間、アンディ・ウォーホール・ミュージアム主催の巡回展Halston and Warhol Silver and Suede、ホルストンの姪レスリー・フローウィックの協力のもと実現した。 [27]
  • 2017年3月、ホルストンのキャリアを振り返るホルストン・スタイルがにオープンした。回顧展は、ホルストンの姪であるレスリー・フローウィックによってキュレーションされ、ホルストンが亡くなる前にレスリーに遺したさまざまな衣類や私物などのコレクションが展示されている。 レスリーは回顧展のカタログHalston:Inventing AmericanFashionの執筆も行った。 [29]
  • 2019年5月、フレデリック・チェンが監督したドキュメンタリーHalstonが公開された。ドキュメンタリーにより、世間のホルストンとホルストネッテのモデル達への関心が高まった。 同年5月、ニューヨークタイムズ紙は、「Halston's Women Have their Say」という記事を発表した。この記事の中で、元ホルストネッテの女性達が自分たちの経験を振り返っている。 [30]同年8月にはCNNも、Free Inside Our Clothes: Top Models Remember What It Was Like to Walk a Halston Show、と題した特集を行った。 [17]
  • ファッション評論家の曰く、トム・フォードが1990年代後半にグッチイヴ・サンローランを復活させた時、フォードはホルストンのきらびやかな魅力にインスピレーションを得たと指摘しており、「1999年にフォードがイブ・サンローレンのデザインに携わるようになった時、フォードはイブ・サンローランらしさを大事にしました。しかしそれと同時にフォードのデザインは、ホルストンの最盛期を思い起こさせるような雰囲気を漂わせていのです」と語っている。 [31]

私生活

ホルストンはヴェベズエラ生まれのアーティストであると、別れてはよりを戻すといった恋人関係にあった。 [33]2人は1972年にヒューゴがメイクアップアーティストとして働いていたときに出会った。2人は付き合い始めると、ヒューゴはホルストンの家に住み始めた。 [34]ホルストンはヒューゴを専属のウィンドウドレッサーとして雇った。 2人の関係は10年以上にわたって続いた。 [35]

ニューヨークタイムズ紙よると、ホルストンはファッションデザイナーのルイス・エステベスとも関係を持っていたという。 [36]

ホルストンの遺産

歴史

1990年のホルストンの死後、ホルストン社は何度か経営者が変わっている。

1990年にレブロン社が衣料品の生産を停止した後、1991年にホルストンはボルゲーゼに買収された。 1996年、スポーツウェア会社Tropic Texがホルストンの衣料品ライセンスを購入(ホルストンの香水のライセンスはまだレブロン社が保持している)、デザイナーランドルフ・デュークのもとでホルストンブランドを再開させた。デュークが手がけた最初のコレクションは1997年秋にデビューし、高い評価を得た。マライア・キャリーセリーヌ・ディオンミニー・ドライバー第70回アカデミー賞授賞式でホルストンの真紅のドレスを着た)といった著名人が新生ホルストンのドレスを着た。 1998年にプライベート・エクイティ・ファンドであるにホルストンが売却されると、デュークはブランドを去った。 [37]同年後半、デザイナーのがヘッド・デザイナーとして雇われ、その当時ブランドはハウス・オブ・ホルストンと呼ばれた。ホールのが手がけたハウス・オブ・ホルストン初のコレクションは1998年春にデビューし、高い評価を得た。 [38] 1999年、Catterton-SimonはホルストンをNeema Clothingに売却した。 ヘッド・デザイナーのケバン・ホールは2000年にブランドを去った。 [39]

ホールがブランドを去った後、ホルストンの新しい所有者であるJames J. Ammeenは、ホルストンを高級ブランドとして生まれ変わらせる計画を立て、デザイナーのブラッドレイ・バイユーを雇った。バイユーが手がける新ブランド「ブラッドリー・バイユー・フォー・ホルストン」はオプラ・ウィンフリークイーン・ラティファが着用した。バイユーは、広告費用に関してAmmeenと衝突し、2005年にブランドを去った。 [37]

2006年には、ジミー・チュウの共同創設者、スタイリスリストのレイチェル・ゾーイ、映画プロデューサーハーヴェイ・ワインスタインがヒルコ・コンシューマー・キャピタルと提携し、ホルストンを復活させようする試みがなされた。タマラ・メロンとレイチェル・ゾーがデザイナーと衝突するなどし、新ブランド立ち上げ後すぐにブランドの方向性で問題が起きた。元ヴェルサーチのデザイナーのマルコ・ザニーニが2007年7月に採用された。後にゾーイは、ザニーニのデザインに失望し、デザインプロセスからザニーニを締め出したことを明かしている。

2007年から2008年にかけて、タマラ・メロンの経営下にあるホルストンはクリス・ロイヤーに声をかけ、クリスをホルストン・アーカイブとホルストンの諮問委員会のメンバーに選任した。ロイヤーは、300点を超えるホルストンのオリジナルビンテージ作品を集めたヒルコ/ホルストン・アーカイブをまとめた。コレクションには、ホルストンのデザインに関する記事などのありとあらゆるものが揃っている。 2008年、ロイヤーは、ヒルコ/ホルストン・アーカイブのコレクションをもとに、「NeimanMarcusHalstonGlam」展を開催した。2014年の巡回展Halston and Warhol: Silver and Suedeにもアーカイブからコレクションの一部が提供された。

ザニーニが手がけたホルストンコレクションが2008年2月にデビューしたが、賞賛する声もあれば批判する声もあり、評価は二分した。2008年7月にザニーニがホルストンを去ると、英国人デザイナーのマリオス・シュワブは2009年5月がホルストンのデザインを担当するようになった。 [37]その後ホルストン社は、ホルストン・ヘリテージと呼ばれる第二の新ブランドラインを立ち上げた。ヘリテージのコレクションは、アーカイブに残されたホルストンのスケッチをもとに、そのデザインを現代風にアレンジしたものである。 [31] 2009年、女優のサラ・ジェシカ・パーカーは映画セックス・アンド・ザ・シティ2」でハルストン・ヘリテージのドレスを2枚着用した。ハルストン社はサラ・ジェシカ・パーカーをハルストンブランドの社長兼最高クリエイティブディレクターとして採用した。サラ・ジェシカ・パーカーはハルストン・ヘリテージの監修も行った。 [40]

2011年2月、マリオス・シュワブは自身が手がけた初のホルストンの秋冬コレクションを発表した。 [37]クリエイティブ・ディレクターとしての在職中、サラ・ジェシカ・パーカーは有名ジュエリー・デザイナーのを選任し、オーダーメイドののシルバーアクセサリーをデザインさせた。 [41]

シュワブの初デビューコレクションは良い評価を受けなかった。 [37] American Vogueの2011年8月号で、サラ・ジェシカ・パーカーは彼女がホルストンを辞めたことを明らかにした。 [42]シュワブとハーヴェイ・ワインスタインもサラに続くようにホルストンを去っている。 [43]

2011年後半、ヒルコ・コンシューマー・キャピタルはBCBGの前社長ベン・マルカを招き入れ所有権を統合し、マルカを会長兼CEOとしてハルストン・ヘリテージ事業を継続させた。マルカはマックス・アズリアとエルベ・レジェの元クリエイティブディレクターであるマリー・マゼリスの助けを借り、より現代的なブランドの改変に着手した。ヒルコ・コンシューマー・キャピタルは、ハルストン・ヘリテージのプレタポルテタイプのコレクションに的を絞ることにし、この計画に7,500万ドルの追加投資をした。 [31]

2012年9月、同社は本社をニューヨークからロサンゼルスに移した。 [44] 2013年2月、ホルストン・ヘリテージは、アラブ首長国連邦で製品を流通させるためにMajid Al Futtaim Groupと契約を締結した。 [45] 2015年、同社はホルストンブランドのH by HalstonとH Halstonを、有名ブランドを大衆アウトレット市場に売り出すこと専門とするXcel社に売却した。 [31]

2018年秋のコレクションは、アスレジャーアパレルに焦点を当てたものであった。 [46] [47]

外部リンク

参考文献

  1. ^ “1970s Fashion: The Moments That Defined Seventies Style” (英語). Marie Claire. (2016年9月26日). http://www.marieclaire.co.uk/fashion/1970s-fashion-moments-that-defined-seventies-style-96107 2016年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b Sporkin, Elizabeth; Waggoner, Dianna; McNeil, Liz; Stark, John; Kahn, Toby; Wilson, Jana (April 9, 1990). “The Great Halston”. People 33 (14). ISSN 0093-7673. https://people.com/archive/cover-story-the-great-halston-vol-33-no-14/. 
  3. ^ Halston, 57, Icon of Fashion Industry, Dies” (英語). Los Angeles Times (1990年3月28日). 2021年4月13日閲覧。
  4. ^ Morris, Bernadine (1990年3月28日). “Halston, Symbol of Fashion In America in 70's, Dies at 57” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1990/03/28/obituaries/halston-symbol-of-fashion-in-america-in-70-s-dies-at-57.html 2021年4月13日閲覧。 
  5. ^ Morris, Bernadine (1990年3月28日). “Halston, Symbol of Fashion in America in 70's, Dies at 57”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1990/03/28/obituaries/halston-symbol-of-fashion-in-america-in-70-s-dies-at-57.html 2019年4月9日閲覧。 
  6. ^ Gaines, Steven S. (1991). Simply Halston: The Untold Story. Putnam. p. 18. ISBN 0-399-13612-6 
  7. ^ a b c d Oliver (1990年3月28日). “Halston, 57, Icon of Fashion Industry, Dies”. latimes.com. p. 1. 2014年11月23日閲覧。
  8. ^ "As Good As the People He Dressed", January Magazine. Accessed February 1, 2007
  9. ^ Lawrence, Mary Wells (2002). A Big Life in Advertising. New York: Touchstone Simon and Schuster. p. 57. ISBN 0-7432-4586-5. https://archive.org/details/biglifeinadverti00mary/page/57 
  10. ^ a b c d Halston: A Brand's Lifetime”. wsj.com (2008年9月8日). 2014年11月23日閲覧。
  11. ^ a b Halston”. vogue.com. 2014年11月23日閲覧。
  12. ^ Morris, Bernadine (1972年12月4日). “Pants Have Come a Long Way And They're Coming Further”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1972/12/04/archives/pants-have-come-a-long-way-and-theyre-coming-further.html 2019年4月9日閲覧。 
  13. ^ "Halston (Roy Halston Frowick) (1932–1990)" Archived February 5, 2007, at the Wayback Machine. Obituary. Accessed February 1, 2007
  14. ^ Blanks (2001年12月6日). “The Mad Hatter”. telegraph.co.uk. 2015年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月23日閲覧。
  15. ^ A Story Lately Told: Coming of Age in Ireland, London, and New York. Simon and Schuster. (October 14, 2014). pp. 236–. ISBN 978-1-4516-5630-5. https://books.google.com/books?id=4NO5BAAAQBAJ&pg=PA236 
  16. ^ Exhibitions: The Halstonettes”. Museum at FIT. 2019年12月5日閲覧。
  17. ^ a b Dixon (2019年8月22日). “Top models recall walking Halston shows” (英語). CNN Style. 2019年12月5日閲覧。
  18. ^ a b Nance, John J (1984). Splash of Colors The Destruction of Braniff International Airways. New York: William and Morrow Company. p. 108. ISBN 0-688-03586-8. https://archive.org/details/splashofcolorsse00nanc/page/108 
  19. ^ Barnes, Bart (1990年3月28日). “FASHION DESIGNER HALSTON, 57, WINNER OF 4 COTY AWARDS, DIES”. The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/archive/local/1990/03/28/fashion-designer-halston-57-winner-of-4-coty-awards-dies/d1e42f81-9e9a-4c0f-a761-7800fb528675/ 2019年4月9日閲覧。 
  20. ^ Petro (2010年2月28日). “Retailer/Designer Collaborations – The Missing Link”. forbes. 2014年11月21日閲覧。
  21. ^ Hyland (2010年5月12日). “Halston's Penney's Serenade”. wwd.com. 2014年11月21日閲覧。
  22. ^ Kirby (1998年4月5日). “Making It Work; Dig Out the Ultrasuede! Halston's Coming Back”. nytimes.com. 2014年11月21日閲覧。
  23. ^ Hochswender (1990年8月18日). “Revlon Will Discontinue the Halston Label”. nytimes.com. 2014年11月21日閲覧。
  24. ^ “Designer dies from AIDS complications”. Gainesville Sun: p. 3A. (1990年3月28日). https://news.google.com/newspapers?nid=1320&dat=19900328&id=YklWAAAAIBAJ&pg=6767,9034884 2014年11月21日閲覧。 
  25. ^ Reed, J.D. and Kathryn Jackson Fallon. "Dressed To sex – and Die." Time. April 9. 1990.
  26. ^ Ultrasuede: In Search of Halston”. 2011年9月23日閲覧。
  27. ^ Halston and Warhol: Silver and suede”. Desmoisnesartcenter.org (2014年). 2018年6月27日閲覧。
  28. ^ Yves Saint Laurent + Halston: Fashioning the 70s”. Fitnyc.edu (2015年). 2018年6月27日閲覧。
  29. ^ Rumsey (2017年3月25日). “Nassau Art Museum Honors Halston, Once America's Fashion Superstar”. longislandpress.edu. 2020年5月2日閲覧。
  30. ^ La Ferla, Ruth; Trebay, Guy (2019年5月24日). “Halston's Women Have Their Say” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2019/05/24/fashion/the-halstonettes.html 2019年12月5日閲覧。 
  31. ^ a b c d Lauren Sherman (2015年5月26日). “Why the Halston name lives on”. Fashionista.com. 2018年6月27日閲覧。
  32. ^ Petski (2021年4月23日). “'Halston': Ryan Murphy's Netflix Limited Series Gets Premiere Date, First-Look Photos”. Deadline Hollywood. 2021年5月4日閲覧。
  33. ^ Kent, Rosemary (May 24, 1976). “Drama Department: Comedy, Sex and Violence In Store Windows”. New York Magazine 9 (21): 85. ISSN 0028-7369. https://books.google.com/books?id=BOQCAAAAMBAJ&q=halston+victor+hugo&pg=PA85. 
  34. ^ Gaines (1991年9月). “How Halston Became Halston”. vanityfair.com. 2014年11月23日閲覧。
  35. ^ Leigh, Wendy (1993). Liza: Born a Star. Wheeler Pub Inc. p. 211. ISBN 1-568-95010-1. https://archive.org/details/lizabornstar00leig/page/211 
  36. ^ Jacobs, Alexandra (2015年5月27日). “Luis Estévez, a CFDA Loss” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2015/05/28/fashion/luis-estevez-a-cfda-loss.html 2019年12月5日閲覧. "Mr. Estévez’s personal life favored licentiousness over licenses. He claimed many affairs with men and women, including Halston and Ethel Merman, despite a wedding to Betsy Dew, a socialite, at which Hubert de Givenchy was his best man." 
  37. ^ a b c d e Holson (2011年9月2日). “The Men (and Women) Who Would Be Halston”. nytimes.com. 2014年6月6日閲覧。
  38. ^ Collier, Aldore D. (February 2000). “Reviving Halston's Glory”. Ebony 55 (4): 133–134. ISSN 0012-9011. https://books.google.com/books?id=XtYDAAAAMBAJ&q=kevan+hall+ebony+halston&pg=PA133. 
  39. ^ Lockwood (2019年2月13日). “Black Design Collective Established to Help Designers Navigate Industry”. wwd.com. 2020年5月2日閲覧。
  40. ^ Sarah Jessica Parker reportedly signs on to be 'creative director' for Halston Heritage line”. Nydailynews.com (2010年1月14日). 2018年6月27日閲覧。
  41. ^ Jacqueline Rabun jewels light up NY Fashion Week”. Professionaljeweller.com (2010年2月16日). 2018年6月27日閲覧。
  42. ^ Karimzadeh (2011年7月13日). “Sarah Jessica Parker Exits Halston, Is Harvey Weinstein Next?”. wwd.com. 2014年6月6日閲覧。
  43. ^ Lauren Sherman (2011年7月15日). “Harry Weinstein, Marios Schwab exit Halston”. Fashionista.com. 2018年6月27日閲覧。
  44. ^ Dhani Mau (2012年9月21日). “Halston Heritage moves operations to LA, will lose the 'Studio 54' image”. Fashionista.com. 2018年6月27日閲覧。
  45. ^ Halston Heritage enters UAE”. Emirates247.com (2013年2月25日). 2018年6月27日閲覧。
  46. ^ Brooke Bob (2018年2月9日). “FALL 2018 READY-TO-WEAR Halston Heritage”. Vogue.com. 2018年6月27日閲覧。
  47. ^ Andrew Shang (2018年2月9日). “Halston Heritage RTW Fall 2018”. Wwd.com. 2018年6月27日閲覧。

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。

できごと

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

世相

社会

文化

人物

アメリカ合衆国と西ヨーロッパ

政治と軍事

哲学と思想

文学

芸術

ファッション

映画・舞踏・エンターテイナー

音楽

クラシック音楽
現代音楽
ポピュラー音楽

科学

料理

その他

ソ連と東ヨーロッパ

ラテン・アメリカとカリブ海諸国

サハラ以南のアフリカ

西アジアと北アフリカ

南アジア

東南アジア

中国

香港

台湾

フィクションのできごと

  • 後半 - 宇宙人「オーバーロード」が地球に来訪。巨大な宇宙船が世界各地の都市上空に飛来し、その6日後にオーバーロードの地球総督カレルレンが全世界に向けて、電波による音声のみの自己紹介を行う。(小説『幼年期の終り』)[注 1][1][2]
  • 末 - に初めての恒久的コロニーが建造される。また、火星に着陸したロボット車が、のちに「放浪石」と呼ばれるようになる生命と太陽の湖で接触する。(小説『2001年宇宙の旅』第一稿)[3]
  • 高等研究所のソウル・ラッパポート博士が、パロマ天文台ニュートリノ転化装置が記録していた雑音が、小熊座α星の方向から反復して放たれているニュートリノ・レーザーの搬送波と見られることを発見。これは未知の地球外文明が発信した「メッセージ」だと判断され、全面的な研究と解読を目的とした「マスターズ・ヴォイス計画」(MAVO計画)が、アイヴァー・バロイン教授を科学部門の最高責任者として秘密裏に開始される。(小説『英語版』)[4]
  • 人工知能に類する存在によってケンタウルス系から放たれた通信が8年間に渡り記録されるが、この時点では誰にも気づかれずに終わる。(小説『ニューロマンサー』)[5]

脚注

注釈

  1. ^ 新版では21世紀前半の出来事に書き直されている。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』早川書房、1979年、12 - 18・23・28 - 30頁。ISBN 978-4-15-010341-5
  2. ^ アーサー・C・クラーク『幼年期の終わり』光文社、2007年、9・20 - 22・450頁。ISBN 978-4-334-75144-9
  3. ^ アーサー・C・クラーク『失われた宇宙の旅2001』早川書房、2000年、11・16 - 19頁。ISBN 978-4-15-011308-7
  4. ^ スタニスワフ・レム『天の声』サンリオ、1982年、6・35・42・62 - 75・86・89・99・130 - 133・206 - 211・329頁。NCID BA58553778
  5. ^ ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』早川書房、1986年、121・122・435頁。ISBN 978-4-15-010672-0

関連項目

外部リンク

  • ウィキメディア・コモンズには、1970年代に関するカテゴリがあります。

 

Back to Top
Close