ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|窪田正孝、朝ドラ後初のドラマ主演 『ラジエーションハウス』続編、月9で10月スタート


写真 ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』10月スタート(C)フジテレビ

窪田正孝、朝ドラ後初のドラマ主演 『ラジエーションハウス』続編、月9で10月スタート

 
内容をざっくり書くと
このほか、 広瀬アリス 、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見の続投も決まった。
 

俳優の窪田正孝が主演するドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』が、フジテレビ系… →このまま続きを読む

 クランクイン!

国内外の映画&テレビドラマの最新情報を中心に、アニメ・海外ゴシップなどネットで話題になっているエンタメの「今」を毎日ニュースで発信!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

鈴木伸之

鈴木 伸之(すずき のぶゆき、1992年10月14日 - )[1]は、日本俳優劇団EXILEのメンバー。

神奈川県出身。LDH JAPAN所属。

略歴

2010年2月より行われた「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加[2]。2次審査で落選するも、その後事務所から連絡があり、EXPGに通ってみないかと誘われ東京校に通う[2]。同年8月より行われた「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し俳優として活動を開始する[3]

人物

  • 兄が2人いる[4]
  • 小学1年から中学2年まで野球をしていた[5]
  • 元プロ野球選手の桑田真澄の息子である桑田真樹[6]Mattは保育園が同じであった[7]
  • 劇団EXILEで特に仲がいいのは同期の町田啓太[8]
  • 2019年1月22日、劇団EXILEの八木将康とペアで「1分間でもっとも多く箸でマシュマロをキャッチした回数」のギネス世界記録を更新した[9][10]。同年6月、八木とペアで「1分間でもっとも多くマシュマロを口でキャッチした回数」のギネス世界記録を更新した[11]

出演

テレビドラマ

映画

短編映画

舞台

  • 劇団EXILE 華組×風組合同公演「ろくでなしBLUES」(2010年12月) - 坂元 / 沢村米示 役
  • 「12」〜12人の怒れる男より〜(2011年2月)
  • 劇団EXILE W-IMPACT「レッドクリフ -愛-」(2011年8月)
  • リーディングドラマ「もしもキミが。」(2011年9月) - 優基 役
  • シダの群れ 純情巡礼編(2012年5月)
  • 劇団EXILE公演「あたっくNo.1」(2013年8月 - 9月) - 二本柳肇 一等兵 役
  • 真田十勇士(2014年1月 - 2月) - 三好伊三 役
  • 劇団EXILE公演「歌姫」(2014年3月) - 神宮寺 役
  • 劇団EXILE あたっくNo.1スピンオフ朗読劇「眉毛一族の陰謀」(2014年4月)
  • 方南ぐみ企画公演朗読劇「逢いたくて…」(2016年5月)
  • 勇者のために鐘は鳴る(2020年1月 - 2月) - JACK 役[31][32]
  • 朗読劇 BOOK ACT「芸人交換日記」(2020年2月)[33]

配信ドラマ

テレビ番組

CM

広告

  • お嬢様・綾小路美優さんのヒミツ(2014年、エンジェル文庫) - カバーモデル
  • リベルタ「デンティス」(2018年)[44]

ミュージックビデオ

アニメ

ゲーム

書籍

写真集

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 鈴木伸之 Profile”. EXILE TRIBE mobile. 2021年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 「あなそれ」で注目の鈴木伸之 三代目JSBオーディション落選の過去”. WEBザテレビジョン (2017年5月2日). 2021年6月26日閲覧。
  3. ^ 第3回劇団EXILEオーディション合格者決定!!”. 劇団EXILE (2010年11月8日). 2013年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月19日閲覧。
  4. ^ 鈴木伸之の素顔に迫る、本音のボーイズトーク。【VOGUE GIRL with BOY FRIEND】”. VOGUE GIRL (2018年10月10日). 2018年10月17日閲覧。
  5. ^ 【ぴいぷる】劇団EXILE・鈴木伸之、目指すはハリウッド! 30歳まであと4年…夢へのアクションを”. zakzak (2019年3月21日). 2019年4月12日閲覧。
  6. ^ 鈴木伸之、桑田真澄氏に保育園の思い出語る - 親子リレーアンカーと肩車”. マイナビニュース (2017年8月19日). 2021年3月5日閲覧。
  7. ^ Matt「まさかの共演」劇団EXILE・鈴木伸之と意外なつながり…ファン驚き「世間狭っっ」”. スポニチ Sponichi Annex (2021年2月28日). 2021年3月4日閲覧。
  8. ^ 劇団EXILE同期の町田啓太&鈴木伸之、下積み時代は「週5、6日会ってました」”. 女子SPA (2018年12月8日). 2019年4月12日閲覧。
  9. ^ 劇団EXILE、鈴木伸之&八木将康がギネス世界記録を更新 「1分間に最も多く箸でキャッチしたマシュマロの数」で”. SPICE (2019年1月24日). 2019年4月11日閲覧。
  10. ^ ギネス世界記録 [@GWRJapan] (2019年1月22日). "/ 📢📢📢 マシュマロで新記録達成㊗️ 🥢🥢🥢 \ 劇団EXILE @gekidanexile の鈴木伸之さんと八木将康さんが、1分間でマシュマロを箸でキャッチする記録に挑戦💪 キャッチするだけでも大変ですが、更新するには、繊細さと大胆さが必要。華麗なチームプレーの結果、43回のキャッチに成功❗😆🎉" (ツイート). Twitterより2020年8月2日閲覧
  11. ^ “劇団EXILEの鈴木伸之さんと八木将康さんが再び!『顎チン』と『マシュマロ』のギネス世界記録を更新”. Guinness World Records Limited. (2019年6月30日). https://www.guinnessworldrecords.jp/news/2019/6/members-of-gekidan-exile-beats-two-guinness-world-records-titles-581265 2021年3月6日閲覧。 
  12. ^ 『ルーズヴェルト・ゲーム』、ライバルチームのピッチャーは…”. オリコンスタイル. オリコン (2014年4月27日). 2014年4月28日閲覧。
  13. ^ AKIRA主演ドラマに新世代の“連ドラ常連組”集結”. ORICON (2015年6月1日). 2015年6月2日閲覧。
  14. ^ “波瑠&東出、不倫ドロ沼夫婦…さわやか朝ドラから一転、4月TBS系連ドラ「あなたのことはそれほど」”. スポーツ報知. (2017年2月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170223-OHT1T50248.html 2017年2月24日閲覧。 
  15. ^ “鈴木伸之、“ゲス夫”から“癒し系”好青年に!「今からあなたを脅迫します」新キャスト発表”. シネマカフェ (イード). (2017年9月12日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/09/12/52451.html 2017年9月12日閲覧。 
  16. ^ “藤原紀香、ドラマで17歳差恋!鈴木伸之が相手役”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年11月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096147 2017年11月15日閲覧。 
  17. ^ “ドラマ「ラジエーションハウス」に鈴木伸之が出演、窪田正孝の恋敵に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/323618 2019年3月13日閲覧。 
  18. ^ “鈴木伸之、波瑠と再共演 桜井ユキの“元婚約者”ダメ男役「今まで演じた役とは違う」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2142761/full/ 2019年8月22日閲覧。 
  19. ^ “今日俺メンバー「親バカ青春白書」にゲスト出演!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイャ). (2020年7月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0117679 2020年7月31日閲覧。 
  20. ^ “ドラマ「私たちはどうかしている」追加キャストに高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎ら”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月27日). https://natalie.mu/comic/news/376979 2020年4月27日閲覧。 
  21. ^ “鈴木伸之と佐野勇斗、ドラマで“あぶなくない刑事”に!脚本は「バイプレイヤーズ」陣”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年8月2日). https://natalie.mu/eiga/news/390036 2020年8月2日閲覧。 
  22. ^ “<ボクの殺意が恋をした>鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、水野美紀が新キャストに!コメント&役柄を一挙紹介”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年6月11日). https://thetv.jp/news/detail/1036860/ 2021年7月20日閲覧。 
  23. ^ 杉咲花×杉野遥亮のドラマ「恋です!」に鈴木伸之、奈緒、岸谷五朗が出演”. 映画ナタリー (2021年8月25日). 2021年8月25日閲覧。
  24. ^ 鈴木伸之:「お茶にごす。」で連ドラ単独初主演 「今日俺」西森博之のマンガ原作”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2020年12月11日). 2020年12月11日閲覧。
  25. ^ 映画「東京喰種」亜門役は鈴木伸之!利世役に蒼井優、真戸役に大泉洋”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年8月6日). 2016年8月6日閲覧。
  26. ^ “「HiGH&LOW」チーム新企画は“全員王子”!片寄涼太、鈴木伸之、飯島寛騎らがバトル”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月12日). https://natalie.mu/eiga/news/281906 2018年5月13日閲覧。 
  27. ^ “貴族・白濱亜嵐VS王子・片寄涼太「貴族降臨」ビジュアル、吉野北人と塩野瑛久に異変”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年12月20日). https://natalie.mu/eiga/news/360215 2019年12月22日閲覧。 
  28. ^ “鈴木伸之が高校生ボクサー役、モロ師岡や松田るかと共演「時々もみじ色」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年1月29日). https://natalie.mu/eiga/news/317866 2019年1月29日閲覧。 
  29. ^ “新田真剣佑×三浦春馬×松山ケンイチ「群青戦記」特報、鈴木伸之や渡邊圭祐も出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年10月15日). https://natalie.mu/eiga/news/400614 2020年10月15日閲覧。 
  30. ^ “北村匠海が実写「東京リベンジャーズ」主演、吉沢亮と山田裕貴は最凶組織のコンビに”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年3月4日). https://natalie.mu/eiga/news/369629 2020年3月4日閲覧。 
  31. ^ “劇団EXILE 『勇者のために鐘は鳴る』で個性豊かなキャラにふんしてオンラインゲームの世界で奮闘中!”. TVfan Web (TVfan). (2020年1月28日). http://tvfan.jp/?p=1052651 2021年1月18日閲覧。 
  32. ^ “SWAYら劇団EXILE総出の舞台「勇者のために鐘は鳴る」上演決定、和気あいあいの発表会見”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年8月26日). https://natalie.mu/music/news/345049 2019年8月27日閲覧。 
  33. ^ 2020年2月上演!! LDHが贈る新たな朗読劇 『BOOK ACT』”. EXILE TRIBE mobile. LDH JAPAN (2019年). 2019年12月26日閲覧。
  34. ^ 中川大志、新木優子ら総出演 『ボクの殺意が恋をした』Huluオリジナルストーリー配信へ” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2021年6月27日閲覧。
  35. ^ 劇団EXILE総出演の「JAM」ドラマ版8月放送、八代亜紀と青柳翔がデュエット”. 映画ナタリー (2021年7月21日). 2021年7月23日閲覧。
  36. ^ 劇団EXILEの鈴木伸之 TBS「あさチャン!」マンスリープレゼンターに”. スポニチ (2021年1月3日). 2020年1月3日閲覧。
  37. ^ 一越観光、フジテレビ「5539」キャンペーン “「夢」寄せ書き”タクシーラッピングを12月31日まで実施 ~あなたの「夢」が、街を走ります~”. PR TIMES (2014年11月7日). 2014年11月8日閲覧。
  38. ^ 今市隆二、CMで「劇団EXILEになった」”. ORICON NEWS (2015年4月16日). 2015年4月17日閲覧。
  39. ^ “鈴木伸之、ドラマコラボCMに初挑戦 カメラマン絶賛のさわやかさ”. マイナビニュース (マイナビニュース). (2019年5月20日). https://news.mynavi.jp/article/20190520-suzuki_nobuyuki/ 2019年5月26日閲覧。 
  40. ^ “北村匠海、鈴木伸之とJT新CMで“凸凹コンビ”に!「あうんの呼吸が生まれた」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年8月23日). https://thetv.jp/news/detail/202268/ 2019年8月23日閲覧。 
  41. ^ “俳優 鈴木伸之さんが“直接”お花を届ける「花キューピット 母の日特別お届けキャンペーン」を実施します。” (プレスリリース), 花キューピット株式会社, (2020年3月5日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000017925.html 2020年3月5日閲覧。 
  42. ^ 劇団EXILEの鈴木伸之とオリラジ藤森慎吾がキュンでバトル!「下の名前がポイント」”. TOKYO HEADLINE (2021年3月25日). 2021年3月25日閲覧。
  43. ^ “鈴木伸之&かまいたちが新CMで信長、秀吉、家康に!鈴木の“大笑い演技”に「あんな迫力があるんやな」”. WEBザテレビジョン (ザテレビジョン). (2021年8月11日). https://thetv.jp/news/detail/1045196/ 2021年8月11日閲覧。 
  44. ^ “デンティスイメージキャラクター就任イベントに鈴木伸之、登場 同日公開「究極の朝キス動画」にも出演!目覚めてすぐのキスシチュエーションにキュンキュン必至!”. PR TIMES (株式会社リベルタ). (2018年6月5日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000015615.html 2019年1月11日閲覧。 
  45. ^ “「プリレジェ」の世界観が楽しめるスマホアプリ「PRINCE OF LEGEND LOVE ROYALE」がリリース”. 4Gamer.net (Aetas). (2019年3月6日). https://www.4gamer.net/games/443/G044328/20190306051/ 2020年5月7日閲覧。 
  46. ^ 鈴木伸之の2nd写真集発売、ラスベガスとロサンゼルスで撮影”. 映画ナタリー (2019年12月12日). 2019年12月12日閲覧。

外部リンク

和久井映見

和久井 映見(わくい えみ、1970年12月8日 - )は、日本女優、元歌手。本名:和久井 良子[1]神奈川県横浜市出身[1]。はじめ藤賀事務所[2]、のちにアルファーエージェンシーに所属[3]

略歴

埼玉県立川口青陵高等学校在学中の16歳の時、東京ディズニーランドでスカウトされて芸能界入り[1][4]

1987年11月、雑誌『UP TO BOY』において第10代「ミスUP」を受賞[5]

1988年4月、ドラマ『花のあすか組!』で芸能界デビュー[1]。また同年、JR東日本「青春18きっぷ」のキャンペーンガールに起用された。

1990年1月、ポリスターから「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」をリリースし歌手デビュー。1997年までCDリリースは続き、康珍化が作詞・イメージプロデュース[要出典]を担当した。また、レコードレーベルとして当時同じくポリスター所属であったWinkと同様に音楽プロデュースを水橋春夫が手がけ[6]、大半の楽曲の編曲を門倉聡が担当している。歌手活動としては、『歌のトップテン』(日本テレビ[注釈 1]や『スーパージョッキー』(同前)[注釈 2]、『歌謡びんびんハウス』(テレビ朝日[注釈 3]のほか、いくつかのテレビ番組で歌唱したが[注釈 4]イベント、コンサート等の活動は行っていない[要出典]

1991年、映画『息子』『就職戦線異状なし』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。
1993年、映画『虹の橋』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などを受賞。サントリーモルツ」ビールのCM「うまいんだな、これが」が流行語になった。

1994年、『夏子の酒』で連続ドラマ初主演[7]

1990年代に主演した月9ドラマ、1994年の『妹よ』、1996年の『ピュア』、1997年の『バージンロード』は、いずれもヒットし、高視聴率を獲得した。

2013年2月、三谷幸喜の舞台『ホロヴィッツとの対話』で渡辺謙の妻役で舞台初挑戦[8]

私生活

妹がいる[9]。少女時代はベースキーボードファゴットの楽器演奏が趣味で[9]、高校生時代にはバンドを組んでいたことがあった[9]

1995年11月、テレビドラマ『夏子の酒』で共演した俳優萩原聖人と結婚[1]。1999年10月、第1子となる長男が誕生[1][10]。2003年、萩原と離婚[1][10]親権は和久井が持っている[10]

出演

テレビドラマ

映画

アニメ映画

舞台

ナレーション

レギュラー

その他

  • 神様レイくんをありがとう 歌手・水越けいこ ダウン症児と乗り越えた愛と涙の感動(1997年12月29日、TBS)
  • 戦争を感じるいのちを描く・黒田征太郎(2002年6月24日、NHK『課外授業 ようこそ先輩』)
  • 紛争と混乱を越えて〜アジアで生きる若者たち〜(2002年9月22日、NHK BS1『ウイークエンドスペシャル』)
  • 画家ミロの残像(2002年10月20日、NHK BS2世界・わが心の旅』)
  • ジョン・レノン スーパーライヴ2002(2002年12月23日、NHK)
  • 絢爛、阿波人形浄瑠璃の世界(2003年1月2日、NHK)
  • 野生コウノトリ31年ぶりに舞う(2003年1月9日、テレビ朝日『ニュースステーション』内)
    • 甦れ 野生コウノトリ(2004年3月16日)
  • My Dream is…〜高校生12人のアメリカ体験記〜(2003年3月28日、テレビ朝日)
  • おばあちゃんは小学生(2003年5月18日、日本テレビ『NNNドキュメント'03』)
  • 世界は歌う 世界は踊る(2003年11月16日、NHK BS2『BSエンターテインメント』総集編)
  • 喜多郎の音遍路(2004年2月15日、日本テレビ『NNNドキュメント'04』)
  • ふた組の姉妹 アテネへの夢(2004年5月9日、NHK『スポーツ大陸』)
  • 三十一音 いのちの歌(2004年9月20日、NHK)
  • 完全実録!夜回り先生(2005年1月21日、TBS『スーパーフライデー』)
  • 不屈のトルネード〜野茂英雄 200勝の原点(2005年7月16日、NHK『スポーツ大陸』)
  • 妖怪・水木しげるのゲゲゲ幸福論(2006年3月18日、BSジャパン
  • 幸せを撮る 幸せを考える・綿井健陽(2006年1月18日、NHK『課外授業 ようこそ先輩』)
  • 見えないから見えるもの・梯剛之(2006年7月29日、NHK『課外授業 ようこそ先輩』)
  • 女王イサベル 終の楽園アルハンブラ(2006年10月2日、NHK BShiハイビジョン特集』)イサベル女王の声
  • 13歳の遺言(2006年12月17日、日本テレビ『NNNドキュメント'06』)
  • 病院が消えた(2007年10月21日、日本テレビ『NNNドキュメント'07』)
  • 民族をつなぐラジオ局 -インドネシア カリマンタン島-(2009年7月25日、NHK『アジアンスマイル』)
  • 全身"役者魂"大滝秀治〜84歳 執念の舞台〜(2010年1月23日、NHK BShi『ハイビジョン特集』)
  • 目を向ければ 見えてくる!?・湯浅誠(2011年1月30日、NHK『課外授業 ようこそ先輩』)
  • 第25回民教協スペシャル「母の衣に抱かれて〜津軽袰月ものがたり」(2011年2月、民間放送教育協会
  • サッカーW杯、夢のメダルをめざして(2011年6月20日、NHK『アスリートの魂』)
  • 挑戦は終わらない、なでしこジャパン五輪最終予選(2011年9月5日、NHK『アスリートの魂』)
  • 国宝 平家納経〜平清盛 その美の世界〜(2012年1月1日、NHK)

ドキュメンタリー番組

  • オランダファンタジー紀行(2002年9月16日、TBS) - レポーター
  • ゆめの瞬間 いのちの一枚(2007年2月12日、フジテレビ) - ナビゲーター

ラジオ

  • 和久井映見 もう一つのおもちゃ箱(1990年4月 - 1991年4月、ニッポン放送
  • ステレオ・ファンタジー・シアター(1992年4月 - 10月、TBSラジオ
  • ファンタジー・シアター(1992年10月 - 1993年3月、TBSラジオ)
  • カモン映見バディ!(1993年4月 - 1994年3月、TOKYO FM
  • コズミック・ラバーズ(1994年7月 - 1996年3月、J-WAVE
  • 和久井映見プロデュース・スーパーエディション(1996年4月、JFM

CM

受賞歴

1991年
1993年
  • 第17回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『虹の橋』)
  • 第17回山路ふみ子映画賞 女優賞(『虹の橋』)
1994年
1996年
2004年
2005年
2008年
2017年

音楽

すべてポリスターから発売。

シングル

  1. マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ (1990年1月1日)
  2. 天使にスリルを教えてあげて (1990年9月5日)
  3. アキラが可哀想 (1991年7月1日)
    • 作詞:康珍化 / 作曲:小倉博和 / 編曲:門倉聡
    • (c/w) 花で言えばバラのようなあなた
  4. わかっているわ、ダーリン (1992年1月25日)
    • 作詞:康珍化 / 作曲:亀井登志夫 / 編曲:門倉聡
    • (c/w) なぜ愛されてるふりをするの?
  5. 抱きしめたいのはあなただけ (1992年10月25日)
  6. さよならを言わなかった (1993年7月25日)
    • 作詞:康珍化、本木紀子 / 作曲:林哲司 / 編曲:門倉聡
    • (c/w) どこにいてもだれといても
  7. 結婚しないでね (1994年3月25日)
    • 作詞:康珍化 / 作曲:石川Kanji / 編曲:門倉有希
    • (c/w) カサノバ・サーカス
  8. キスしたい (1994年7月10日)
    • 作詞:康珍化 / 作曲:後藤次利 / 編曲:門倉有希
    • 日本テレコム」CMソング
    • (c/w) あなたはひとりだけしかいない
  9. 赤と緑のリボン (1994年11月2日)
  10. 毎日会いたい (1995年5月25日)
  11. Living In The Town (1995年11月25日)
  12. だきしめてあげる。(1997年1月25日)
  13. 雨にもっと打たれて (1997年5月25日)
    • 作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:菅原弘明
    • (c/w) 話をしよう

アルバム

  • FLORA(1990年7月21日)
  • LUNARE(1991年7月25日)
  • なぜ愛してるふりをするの(1992年1月25日)
  • だれかがあなたにキスしてる(1992年11月26日)
  • PEARLY(1993年8月25日)
  • 愛しさのある場所(1994年11月26日)
  • Dearest(1996年1月25日)
  • 心に花が咲くように(1997年7月25日)

ベストアルバム

  • ふたりは夢であいましょう(1992年7月1日)
  • あなたがわたしにくれたもの(1994年4月25日)
  • SINGLES(1995年6月25日)

ビデオ

  • invisible(1992年2月26日)

書籍

写真集

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1990年2月5日放送分で「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」をゲストとして歌唱。
  2. ^ 1990年3月11日放送分で「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」、1991年8月11日放送分で「アキラが可哀想」を歌唱。
  3. ^ 1990年2月18日放送分で「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」、同年10月7日放送分で「天使にスリルをおしえてあげて」を歌唱。
  4. ^ その他として、1990年10月12日放送の『』(日本テレビ)における「天使にスリルをおしえてあげて」の歌唱など。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 和久井映見”. KINENOTE. 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ TVスター名鑑』(東京ニュース通信社)の1992年版(1992年10月15日発行)から2002年版(2001年12月1日発行)までの「和久井映見」の項。
  3. ^ 『TVスター名鑑』(東京ニュース通信社)の2003年版(2002年12月1日発行)以降の「和久井映見」の項。
  4. ^ “和久井映見、デビューのきっかけは東京ディズニーランド「乗り物に乗りたくて並んでいた”. SANSPO.COM. (2017年5月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170519/geo17051916460027-n1.html 2017年5月21日閲覧。 
  5. ^ 『UP TO BOY』1988年1月号。
  6. ^ 「ジャックス、横浜銀蝿そしてWINK、トップ・ディレクターの略歴 水橋 春夫氏」(『ディレクターの仕事がおもしろい レコード業界/第一線ディレクター15人に聞く。』ビクター音楽産業、1990年1月20日)p.10。
  7. ^ “和久井映見「夏子の酒」が縁、日本酒女子会を「ぜひ経験してみたい」”. Sponichi Annex. (2015年9月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/14/kiji/K20150914011131410.html 2017年5月21日閲覧。 
  8. ^ a b 和久井映見が女優デビュー25年目にして舞台初挑戦 三谷幸喜作・演出×渡辺謙主演『ホロヴィッツとの対話』のキャストが発表に”. シアターガイド (2012年10月18日). 2018年10月17日閲覧。
  9. ^ a b c ラジオパラダイス 1990年5月号「春の新番組大特集」p.7「和久井映見の30分プログラム」
  10. ^ a b c 和久井映見悩ます長男の芸能界志望 元夫・萩原聖人と同じ道へ” (2019年6月27日). 2020年12月22日閲覧。
  11. ^ “和久井映見、獣医学部の大学院生役”. SANSPO.COM. (2003年3月25日). オリジナルの2003年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031211125656/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032516.html 2017年3月22日閲覧。 
  12. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  13. ^ 東山紀之&松岡昌宏、最後の『必殺』野際陽子さんの女優魂に感服”. マイナビニュース (2017年12月21日). 2018年1月25日閲覧。
  14. ^ 連続テレビ小説「ひよっこ」出演者発表!〈東京編〉”. NHK (2017年1月30日). 2017年1月30日閲覧。
  15. ^ “和久井映見:おばちゃんキャラ全開に「申し訳ない」”. MANTANWEB. (2014年1月6日). https://mantan-web.jp/2014/01/06/20140106dog00m200026000c.html 2017年4月27日閲覧。 
  16. ^ 和久井映見、脚本家・北川悦吏子と初タッグ「なんだか不思議」”. ORICON STYLE (2014年9月8日). 2015年9月23日閲覧。
  17. ^ “杏主演月9、国仲涼子・Hey! Say! JUMP中島裕翔ら新キャスト発表”. modelpress. (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451344 2014年12月5日閲覧。 
  18. ^ “唐沢ドラマ「ラストコップ」、妻役に和久井映見!娘役に佐々木希”. SANSPO.COM. (2015年4月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150422/geo15042205030019-n1.html 2017年3月22日閲覧。 
  19. ^ TBSドラマ『天皇の料理番』第十話 人物相関図
  20. ^ TBSドラマ『天皇の料理番』第十一話 人物相関図
  21. ^ “和久井映見 渡部篤郎と12年ぶり共演!夫婦役に「頑張らねば」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/16/kiji/K20151216011695830.html 2015年12月16日閲覧。 
  22. ^ TBSテレビ:月曜名作劇場 横山秀夫サスペンス 陰の季節
  23. ^ TBSテレビ:月曜名作劇場 横山秀夫サスペンス 刑事の勲章
  24. ^ 和久井映見、西田尚美、木村多江を前に志尊淳「大人の魅力を感じてほしい」”. テレビドガッチ (2018年9月26日). 2018年10月17日閲覧。
  25. ^ “遠藤憲一、20年ぶり月9レギュラー出演 窪田正孝主演「ラジエーションハウス」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/06/kiji/20190305s00041000162000c.html 2019年3月6日閲覧。 
  26. ^ “反町隆史と和久井映見が22年ぶり共演、ドラマ『リーガル・ハート』で夫婦役”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年6月3日). https://www.cinra.net/news/20190603-legalheart 2019年6月3日閲覧。 
  27. ^ “「姉ちゃんの恋人」に藤木直人、小池栄子、奈緒ら、有村架純の弟はキンプリ高橋海人”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年9月18日). https://natalie.mu/eiga/news/396875 2020年9月18日閲覧。 
  28. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  29. ^ “佐藤大樹×橋本環奈『小説の神様』に佐藤流司、柴田杏花、片岡愛之助ら7人”. CINRA.NET. (2020年1月17日). https://www.cinra.net/news/20200117-shoukami 2020年1月18日閲覧。 
  30. ^ 和久井映見、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』ヒロイン母親役で声優初挑戦”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2018年7月16日). 2018年10月17日閲覧。
  31. ^ “山口さん起用 日本テレコム新キャラクター”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1996年10月9日) 
  32. ^ 主演女優賞 受賞インタビュー 和久井映見|第3回”. ザテレビジョン. KADOKAWA (1994年). 2018年12月10日閲覧。
  33. ^ 主演女優賞 受賞インタビュー 和久井映見|第8回”. ザテレビジョン. KADOKAWA (1994年). 2018年12月10日閲覧。
  34. ^ ““最も質の高いドラマ”に『ひよっこ』〜第9回「コンフィデンス」ドラマ賞で最多3部門受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2099708/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  35. ^ “【2017年間ドラマ賞】「助演女優賞」に“ひよっこ”和久井映見「毎日緊張しながら、本当に幸せな日々でした」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2106374/full/ 2018年2月26日閲覧。 

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close