ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🤖|声優・金田朋子さんがTwitterアカウントを開設―記念すべき初ツイートは「今を生きる!!」


写真 声優・金田朋子さんがTwitterアカウントを開設―記念すべき初ツイートは「今を生きる!!」

声優・金田朋子さんがTwitterアカウントを開設―記念すべき初ツイートは「今を生きる!!」

 
内容をざっくり書くと
金田朋子さんは「あずまんが大王」ちよ役、「おしりかじり虫」おしりかじり虫役など、様々なアニメやゲームで活躍する声優で、その強烈な個性のキャラクターからテレビのバラエティ番組などへも多数出演しています。
 

今を生きる!! — 金田朋子 (@39Kr4luXB4tl414) May 29, 2021 アクロ… →このまま続きを読む

 インサイド

“人生にゲームという彩り”を与えるウェブメディア。家庭用ゲームからスマホゲームまで、ライト~ミドルゲーマーに向けて最新の情報をお届けしています。人気タイトルについては、他メディアの追随を許さない深掘りをし、SNS上で大きな反響を呼ぶアンケートや取材など独自企画も多数!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

バラエティ番組

バラエティ番組(バラエティばんぐみ)は、トーク報道ドキュメントコントコメディクイズゲームものまね教養ドッキリグルメロケ映像恋愛雑学奇術心霊お色気視聴者参加型の企画などのいくつかの種類の娯楽を組み合わせたテレビラジオ番組のことである。

概要

元来はバラエティショーを放送メディアに移植したもので、台本の存在するシチュエーションコメディと、ライブの2種類のバラエティ番組が存在する。用語そのものは日本産の造語であり英語圏などではReality Showと呼称する。

種類と歴史

コント番組

1960年代から1980年代まではバラエティ番組やお笑い番組フォーマットといえば『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』等の例外を除き、基本的に「コント番組」が主流であり、1980年代頃までは各局の看板番組や人気番組はコント番組も多く、芸人がブレイクするきっかけの番組も大半がコント番組であった。

1990年代の企画物バラエティの隆盛でコント番組は衰退するが、一方で、1998年から始まった『笑う犬』シリーズが人気になると、コント番組あるいはコントコーナーが存在する番組が一時的に増加した時期もあった。とくに2005年には、お笑いブームの影響もあり『ワンナイR&R』『リチャードホール』『はねるのトびら』『サラリーマンNEO』『10カラット』『落下女』『ミンナのテレビ』『歌笑HOTヒット10』と各局でコント番組が放送されていた。しかしその後、ゴールデンタイム進出を果たした『はねるのトびら』は2006年頃からコントが激減し、同年に『ワンナイ』は打ち切られ再びコント番組が激減することとなった。

ドキュメントバラエティ・企画物

1990年代に入ると「ドキュメントバラエティ」と呼ばれる『電波少年』がヒットし、その後も各局で『めちゃ2イケてるッ!』『ウリナリ』や『生ダラ』『鉄腕!DASH!!』『学校へ行こう』『ぷらちなロンドンブーツ』といった企画物のロケが中心の番組が増加した。

また、1990年代末から恋愛バラエティ番組が増加している。代表作は『あいのり』『キスイヤ』、初期の『ロンドンハーツ』『紳助社長のプロデュース大作戦』『もてもてナインティナイン』『ナイナイのお見合い大作戦!』『テラスハウス』『恋んトス』など。

トーク番組

21世紀の景気低迷とテレビ離れに加え、規制強化やネット炎上の恐れによって従来の綜合バラエティ番組がやりにくくなっていた[1]。これに対して1990年代後半から続く『踊る!さんま御殿!!』『ダウンタウンDX』や『行列のできる法律相談所』『アメトーク』『すべらない話』『しゃべくり007』といった安上がりなトーク番組がお笑い・バラエティ番組の主流となり、2009年には「雛壇芸人」が流行語大賞にノミネートされている。

2010年代もその流れは続いており、2016年に『SMAP×SMAP』が終了してからはゴールデンタイムプライムタイムでのコント番組のレギュラー放送は民放からは事実上消滅している。またSMAP×SMAPは音楽コーナーも存在していたため、テレビ黎明期から続いていた伝統的な音楽バラエティも衰退に追い込まれたといえる。

傾向

例えば1960年代までは視聴率が40〜50%を記録するバラエティ番組が日常的に存在していた。だが、時代の移り変わりと同時にテレビ番組の視聴率は年々全体的に低下しており(詳しくはテレビ離れを参照)、2010年代の現在ではゴールデンタイムの番組でも一桁が多くなっており、10%を取れば高視聴率扱いされることさえある。

2000年代後半から2010年代の現在にかけてトーク番組がバラエティ番組の主流になっており、その原因は製作費を抑えることができること、BPOPTAからの苦情やスポンサーへのクレームが比較的少ないと考えられるためである。

番組名のみを引き継ぎ、何の説明もなしに番組の内容が変わっていることも2000年代以降増えている。例として『行列のできる法律相談所』は当初法律を取り上げる番組だったが、現在では法律に全く関係のない話題で芸人やタレントをいじる雛壇のトークが主体となっており、『ロンドンハーツ』も当初は素人恋愛系の企画主体だったものが現在では女性タレントや芸人いじりの雛壇トークやドッキリ企画がメインとなっているほか、『Qさま!!』も当初とは全く違うクイズ番組となっていることが挙げられる。

ワイプ

VTRと出演者のコメントを交互に配置する番組において増えた演出方式である。VTRの端(主に右上や右下)にそのVTRを見るタレントの顔を写すようになった。正式にはPinPと呼ぶ(Picture in Picture)。現在ではワイプの無い番組を探す方が難しくなっている。

テロップ

1990年代前半から増え始めた演出。『進め!電波少年』が元祖とされる説[2] と、『探偵!ナイトスクープ』が元祖とされる説[3] があるが、後者では『電波少年』が放送を開始する約4年前の1988年6月18日放送分で初めてコメントフォローテロップが使用されたとの記録があり、客観的な史実から見れば明らかに『探偵!ナイトスクープ』のほうが元祖である。宝くじを買う理由を道行く人にインタビューする際、ある老人が「難民に寄付する」と言ったところ泣き声になって聞き取りにくかったためテロップを出したのが始まりであり、『電波少年』ではプライムタイムの放送にもかかわらず低予算で組まれていた番組のためロケの模様を市販ビデオカメラ(民生用)で撮影する場合に、音声をうまく収音できなかったため、苦肉の策としてテロップを積極的に活用したものとされている[4]

『おすぎのピリ辛』(『朝日新聞』連載)では、少し前まではテロップは「うっとうしいからやめよう」という事にテレビ業界はなっていたが、小さくしたり消したりすると途端に視聴率が下がったため、余計にテロップが表示されるようになったと語られている。また、この現状について、「バラエティ番組の『突っ込みテロップ』は、誰かが突っ込みを入れてやらないと面白くならないようなことを、既に収録の時点でやってしまう。これはすごくおせっかいで、出演者をバカにしている」と語っている。

2000年代頃は各局のバラエティ番組でテロップが多用されており、出演者のほぼ全ての発言にテロップを出している時期もあったが、2010年代の現在ではテロップの使用は一時期よりは減少しており、出演者のオチボケツッコミの際に出されることが多い。

なお、日本韓国台湾などの東アジアのバラエティ番組では頻繁にテロップを表示しているが、韓国はコメントフォローテロップが頻繁に使用される。

効果音

こちらは1980年代後半〜1990年代前半に登場した手法。現在はテロップと一緒に登場することが多くなっている。

台湾中国香港なと中華圏のバラエティ番組では効果音が頻繁に流れる。これは撮影後に編集して加えたものではなく、鍵盤老師(中国では 音楽老師)と呼ばれる効果音専門の人がエレクトーンを使い、現場の雰囲気に合うように曲を入れたり効果音を付けたりしている。

なお日韓同様、テロップと一緒に効果音を鳴らすことも少なくない。

BGM

1970年代から始まった手法。当初は『8時だョ!全員集合』などでよく見られる生演奏が主流だったが、1980年代からは『オレたちひょうきん族』を筆頭に、フュージョン洋楽などの既存の楽曲や映画ドラマアニメサウンドトラックアルバムに収録された音楽などを後から付け加える事が多く見られるようになった。最近[いつ?]ではテーマに沿ったBGMが使用されることが多く、過去に使われたBGMが復活する例も少なくない。

CM中のチャンネル替え対策

21世紀に入ってから民放で一般的になった手法。出演者がクイズや質問への答えなど話題の要点を語るシーンを意図的に直前カットしたり伏字モザイクにしたりして、視聴者の興味を喚起した状態にした上でCMに切り替える。これにより、CM中に他チャンネルに替えられる恐れが減少し、継続的に番組を視聴してもらえると共に、スポンサーにとってもCMをきちんと観てもらえる効果がある。一方でCM前のテロップとCM後の内容が全く違っていることも多く、逆にクレームが入ることも多い。

観客の演出

2000年代に入ると笑ったら手を叩く演出が多くなり、視聴率だけではなく番組に対する好奇心を与えるようになってきた。元々はヨーロッパから来た演出で、日本では1980年代後半からであるが、当時はごくわずかな番組に限られていた。 しかし、2000年にレギュラー放送を開始した『いきなり!黄金伝説』を皮切りに徐々にこの演出が採用されるようになってからは、また、ラフトラックにも使われるようにもなってきた。この演出の特徴は、笑いに堪えるのに限界があるため、手を叩く若者(主に女性)が増えてきたからでもある。締める際はひき笑いや笑いで締めているが、放送局や番組によってはするあるいはしないなど完全に統一でない。  

日本のバラエティ番組

バラエティ番組に対する批判

日経ビジネス2006年1月30日号の中で、大橋巨泉は「バラエティーと称する、わけの分からないものは日本にしか存在しない。外国では台本がきちんとあるシチュエーションコメディーと、ライブだけ」「今のバラエティーは芸能界の内幕ネタばかりで芸能人が使い捨ての状態になっている」と批判している。

NHKプロデューサーである立元幸治の著作『誰がテレビをつまらなくしたのか』(PHP研究所刊)では、『テレビ番組がつまらなくなった原因は、多くはプロデューサーにある。』としており、『海外ではテレビ番組の国際市から売れている番組を購入したり、一流のプロデューサーを使ったり大金を投じて番組を作る。比べて日本はコネで入社した三流プロデューサーが思いつきで番組を作っている。彼らのほとんどは年収1,000万以上の高給取り。さらに、お笑い芸人やタレントらには1回の出演で数百万から数千万の給料をあげているにも関わらず、クイズやバラエティの景品は金をかけない安っぽいものがほとんど。そしてその芸能人共は大金をもらっている癖に安っぽい景品や食事で一喜一憂し、一般視聴者と同レベルの生活を演じている。完全に視聴者の事をバカにしている。』と切り捨てている。

茂木健一郎はブログで「日本のアニメは最近はめざましく素晴らしく、日本の地上波テレビ(特に民放のバラエティ番組)は惨憺たるありさまだ。なぜ、これだけクオリティの違うものができるのか不思議だ。」「民放のバラエティ番組がダメになった理由の一つは、馴れ合い、ゆるさで席巻しているお笑いの文化のせいだろう。社会的な批評性を伴わないゆるい笑いは一つのあり方だが、それがモノカルチャーになるときつい。」「もう一つ、最近の日本のテレビ番組でどうしても理解できないのは、画面や音の「汚さ」。なぜ字幕やテロップを多用して画面を「汚す」のか、芸人たちのつまらぬ間の手や笑い声を強調するのか、全くよくわからない。」と批判している[5]

2009年11月、放送倫理・番組向上機構は「最近のテレビ・バラエティー番組に関する意見」を発表した[6]。「バラエティ番組がこれまで人々をタブーから解放し、より自由で、風通しのよい社会を作ることに貢献してきた事実を高く評価するがゆえに、一方でバラエティ番組がその自由で斬新な表現という特性をより発揮するように製作者を励ますことのできる方法はないものか」[7] を考えた末、意見書のバラエティ化を図って面白おかしく提言を行った。具体的には「下ネタ」「イジメや差別」「内輪話や仲間内のバカ騒ぎ」「製作の手の内がバレバレのもの」「生きることの基本を粗末に扱うこと」が視聴者から嫌われていると分析し[8]、「バラエティーは、テレビと視聴者と世の中のあいだにどんなコミュニケーション空間を築いている」[9] のかと問いかけ、「委員会はバラエティー番組制作者が視聴者一人ひとりの現実にしっかり目をむけていただきたいと考える。そこから新しいバラエティーを作り上げてほしい、と期待する」[9] とした。また「この四半世紀のあいだに行政当局によって行われた「注意」「厳重注意」「警告」は30余件に及ぶと見られるが、そのうち20余件、じつに7割近くが広い意味でのバラエティー番組に対してであった」[10] とし、「バラエティー番組が頻繁に公権力の干渉を受けるような隙を作っている現実」に自覚的か[10] と問いかけた。また日本民間放送連盟の「放送基準」の不備を指摘し[11]、放送倫理に則り「可能であれば、放送番組一般を対象とした放送基準とは別に、バラエティー番組についての実効的な指針というようなものを作ることが適切な場合もあるだろう」[12] とした。

これに対して日本民間放送連盟は2010年3月、「バラエティー向上委員会」というイベントを開催した。集まった製作者からは、BPOの意見書はうっとうしい(50人中22人)、視聴者が不勉強(37人)、不当な現場介入という反発の意見が寄せられた[13]。例えば、罰ゲームのリスクに対しては「要するに、番組全体には文脈がある。ちゃんと見てくださる視聴者ばかりなら、それほどリスクは大きくないと思う」とし、最近の番組は昔と比べて面白くないという意見に対しては「個々の番組のクオリティーは編集のテクニックや演出方法などで確実に以前より上がっていると思う」「テレビの限界を考えすぎた萎縮」が原因だと反論した。BPOの意見に対しては、不快で「面白くない番組は視聴率が落ちて終わる」ので「BPOがそんなに言わなくても自然淘汰されるから大丈夫ですよって、思います」とした[14]。日本民間放送連盟は2010年10月に「最近のテレビ・バラエティー番組に関する意見」を受けての民放連の取り組み」を発表し、「意見書においてご提言のあった「バラエティー番組に関する実効的指針の作成」については、民放連で作成することは会員各社の表現の幅を狭めることにつながりかねないと判断して、行わないことといたしました」[15] と回答した。またフジテレビは「私たちのフジテレビバラエティ宣言」を発表し、2010年3月27日(土曜日)10:40-11:40に「悪いのはみんな萩本欽一である」という番組を関東ローカルで放送した[15]

視聴率

バラエティー番組の30年間【1クールの視聴率ランキング】

※1990~2020年に放送されたレギュラー番組 ~1クール(3ヵ月)の平均視聴率~

バラエティー番組・1990~2020年の視聴率ランキング
順位番組名視聴率(%)平均視聴率
最高記録クール
放送局
1マジカル頭脳パワー!!28.181996年1月~3月日本テレビ
2SMAP×SMAP27.232001年1月~3月フジテレビ
3進ぬ!電波少年26.551998年7月~9月日本テレビ
4伊東家の食卓26.182000年1月~3月日本テレビ
5投稿!特ホウ王国25.691995年1月~3月日本テレビ
6とんねるずの生でダラダラいかせて!!24.591994年1月~3月日本テレビ
7トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜24.532003年7月~9月フジテレビ
8関口宏の東京フレンドパークII24.121996年1月~3月TBSテレビ
9速報!歌の大辞テン23.852000年1月~3月日本テレビ
10平成教育委員会23.831993年1月~3月フジテレビ
11愛する二人別れる二人23.681999年10月~12月フジテレビ
12とんねるずのみなさんのおかげです22.751993年1月~3月フジテレビ
13さんまのSUPERからくりTV22.681998年1月~3月TBSテレビ
14クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!22.651992年1月~3月日本テレビ
15嗚呼!バラ色の珍生!!22.461997年1月~3月日本テレビ
16踊る!さんま御殿!!21.792003年1月~3月日本テレビ
17志村けんのだいじょうぶだぁ21.761990年1月~3月フジテレビ
18世界まる見え!テレビ特捜部21.752000年1月~3月日本テレビ
19クイズ!年の差なんて21.501992年1月~3月フジテレビ
20ネプリーグ21.422009年10月~12月フジテレビ
21加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ21.281990年1月~3月TBSテレビ
22THE夜もヒッパレ21.241996年1月~3月日本テレビ
23笑点20.912009年10月~12月日本テレビ
24行列のできる法律相談所20.662008年4月~6月日本テレビ
25ウッチャンナンチャンのウリナリ!!20.651999年1月~3月日本テレビ
26世界の果てまでイッテQ!20.482015年1月~3月日本テレビ
27特命リサーチ200X20.321999年1月~3月日本テレビ
28ポツンと一軒家20.232020年4月~6月テレビ朝日
29ザ!鉄腕!DASH!!20.092001年10月~12月日本テレビ
30ガチンコ!21.012001年1月~3月TBSテレビ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 業界ノリ・内輪ウケ・瞬発力・バカ…すべてを封じられた『めちゃイケ』『みなさん』終焉の必然 (1) | マイナビニュース
  2. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』巻末の土屋敏男との対談より
  3. ^ 松本修著『探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子』P139
  4. ^ 『TVの現場はどうなっている!? 「テロップ編」』(民放プロデューサー・谷スグル) 日刊ゲンダイ 2010年3月3日付(2日発行)
  5. ^ 日本のアニメ>>>日本の地上波テレビ(特に民放のバラエティ) 茂木健一郎 公式ブログ
  6. ^ 放送倫理検証委員会 (2009年11月17日). “最近のテレビ・バラエティー番組に関する意見”. 放送倫理・番組向上機構. 2013年1月27日閲覧。
  7. ^ P2
  8. ^ III バラエティーが「嫌われる」5つの瞬間
  9. ^ a b V バラエティーが成り立つ公共空間
  10. ^ a b I はじめに――バラエティーを検証しても意味がない?
  11. ^ II バラエティーを考えるということは、大変なのだ
  12. ^ VII おわりに――バラエティーに新しい力と魅力を
  13. ^ 民放側が本音の議論 バラエティー番組 BPO意見書巡り”. 朝日新聞 (2010年3月16日). 2010年3月16日閲覧。
  14. ^ 月間民放2010年5月号 特集「バラエティーなう」
  15. ^ a b 「最近のテレビ・バラエティー番組に関する意見」を受けての民放連の取り組み

関連項目

外部リンク

金田朋子

金田 朋子(かねだ ともこ、1973年[1][3]5月29日[6] - )は、日本女性声優ナレーター[7]タレント神奈川県横浜市出身[3]アクロス エンタテインメント所属[8]

関東学院大学工学部建築学科[3][5]学位学士(工学)青二塾東京校第二部一期生卒業後、2011年4月まで青二プロダクション所属、フリー期間を経て、同年8月より現事務所所属[9]。靴のサイズ21.5cm[10]

来歴

幼少時代、「この子に受験は難しいだろう」と判断した両親が、早いうちから受験をさせようと幼稚園受験をさせたが、不合格となり、その後小学校入学時に一貫校を受験し合格。小・中・高・大学とずっと一貫(関東学院)だったため、小学校入学時以降、受験経験はない。大学の建築学科を卒業するも、図面の1ミリの違いが結果を大きく左右する建築の世界は自分には向いていないと思い、建築関係の職を諦めた[5]

その後、製菓会社ブルボンに、ブルボンのお菓子が好きだという理由だけで入社、新潟本社勤務になる。労務課で外国人労働者への給与の手渡しや従業員の弁当の個数の確認などを担当した。本人曰く「新潟は雪がとても高く積もるので、背の低い自分は埋もれてしまう」という理由で退職。後に新規開店した髙島屋新宿店に転職し、おもちゃ売り場に配属される。その頃、当時電通に勤めていた姉から声優養成所を薦められ、夜間の青二塾東京校第二部に通い始める。

養成所のレッスンは夕方開始だったが、早番/遅番交替のあるデパート業務ではレッスンとの両立ができなかったため、高島屋を退職して三井住友銀行の前身である銀行に入り、貸金庫担当員に転職し、2000年4月に青二プロダクション主催のオーディション合格まで勤務した。

その後、オーディション合格から数ヶ月経った同年7月にOVA伝心 まもって守護月天!』の長沙役で声優デビューを果たし、2002年には、『あずまんが大王』の美浜ちよ役、『おねがい☆ティーチャー』のまりえ役などに抜擢され、知名度を上げていく。

2013年11月22日、10歳年下(学年は9つ下)の俳優森渉との結婚を発表した[11]。これ以降、バラエティ番組など顔出しでのテレビ出演が増えることとなる。

2015年Yahoo!検索大賞 2015・声優部門賞を受賞[12]

2017年2月9日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)の番組内で、妊娠6か月であることを公表[13]。2017年6月20日、第1子女児を出産した[14][15]

人物

愛称は朋先生朋ちゃん金朋(かねとも)など。

地声も子供のような特徴のあるアニメ声で、取材などでは声質について触れられることが多い。

主に幼女、少女役を担当することが多い。

非常に笑い上戸で明るい性格。天然な性格と奇怪な言動に人気があり、バラエティ番組などへの顔出し出演も多いが、突拍子もない発言を繰り返し、後にそれらの言動は「金朋地獄」とも評されている(公式ブログのタイトルもこれに由来)。日本テレビの深夜バラエティ番組『ナカイの窓』では「ムダに明るい人達」の1人として登場した[16]

趣味・嗜好

  • 食べることが大好きであり、特に肉料理スイーツ寿司ジャガイモなどには目がない。寿司に至っては、1回で80貫はいけるという大食いで、寿司ネタはウニが大好物[17]。また、思春期の頃はキュウリばかりよく食べていた[18]
  • 好きな異性のタイプについて坂口憲二織田裕二ペ・ヨンジュンなどを挙げている[19]
  • テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』について、子供の頃によく観ていたうえ、「ハイジに憧れて声優になった」と言うほど思い入れのある作品と語っている[20][21]
  • 料理はあまり得意ではないが、「クロマニョン」なる創作料理が唯一の得意料理。炒めたネギやタコなどの具材に水で溶いた小麦粉を加えウインナーをあしらったもので、5段階の硬さがある[22]
  • かぶりもの好きで50点以上のコレクションがあり、自宅では常に身につけ家事などをこなし、外出時にもかぶる。トイレでは地蔵、キュウリを食べるときには河童、夜の生活のときにはマリリン・モンローと行動に応じてかぶりわけているとのこと[23][24]

エピソード

  • 30代の時、居酒屋での注文の際、運転免許証などの身分証明書を見せるまで、成人と信じてもらえないことがたびたびあったという[25]
  • 番組などでは、147.7cmという身長について、「母も祖母も自分より身長が低く、金田家では背が高い方」だという。さらに「母の方が声が高いため、母親とケンカをすると2人とも声が似ているから、言い争っているとどっちが喋っているか解らなくなる」「家族全員自分のような声で、家族みんなでヘリウムガスを吸っても変化が今ひとつ判らないので盛り上がりに欠けます」などと語っていた[26]
  • グローランサーIV』に使い魔D-LN型レミィの声をあてた際、マスターボイスデータPlayStation 2の音声フォーマットに変換する時に、金田のボイスの箇所だけ異常なノイズが発生した。製作スタッフが原因を調べた結果、金田の声には人間の耳の可聴域を超えた20kHz超の超音波が含まれており、その部分が音声変換ソフトにノイズとして認識されていたことが判明した[27]
  • 2014年6月16日フジテレビ系のバラエティ番組「ジャネーノ!?」で、収録日前日の41歳の誕生日のビデオを披露した。バースディケーキならぬ大好きなチキンを41本、24時間で食べきるゲームをスタートするも結局33時間も掛かってこのゲームは失敗に終わった[28]

声優として

アスリートとして

(公式大会以外でのバラエティー含む)

  • 2012年初め頃からマラソン挑戦を開始。
  • 2012年2月4日「ひとり横浜マラソン」と称して自分でゼッケンを作りハーフマラソンを走った[31]
  • 2012年10月7日、青森県で行われた第10回弘前・白神アップルマラソンに参加、42.195kmを4時間31分34秒のタイムで完走[32][33]
  • 2014年11月9日、いびがわマラソン2014に参加、42.195kmを3時間59分40秒で完走[34]。いわゆる「サブ4」(=フルマラソン4時間切り)を達成した。
    • いびがわマラソンは高低差が127mありアップダウンも多く「大変厳しいコース」と言われている。NHK教育テレビの番組「3か月でフルマラソン 〜めざせ!サブ4〜」での番組連動チャレンジ企画となっており、番組ゲストの高橋尚子に「このいびがわマラソンでサブ4ならば、どこでも通用する」とお墨付きをもらった。なお、ゴール後一声目に言った言葉は「テキスト(番組のテキスト本)これで売れるよね〜?」だった。
  • 2015年4月4日、TBSテレビオールスター感謝祭'15春」のコーナー「赤坂5丁目ミニ駅伝」にて炎の体育会TVチームとして出走し、優勝。これ以降、ほぼ毎回「赤坂5丁目ミニマラソン」の一般女子枠で出走を続けている。
  • 2015年4月19日「チャレンジ富士五湖 FUJI 4 LAKESの部(女子)」に参加、13時間55分33秒の記録で100kmの完走に成功し、認定証とメダルを貰った。
  • 2016年1月9日「土曜スペシャル 北陸三県縦断 激走!300キロ 道の駅駅伝6」にてアンカー走者として参加。水沢アリー:75.5km、小島よしお:94.5kmという状況で、スタッフも完走はあきらめている中、残りの130キロを見事に走りきった。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

劇場アニメ

2001年
2002年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • わすれなぐも(娘蜘蛛)
2014年
2015年
2016年
2017年
  • DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(マンドラゴラ)
2018年

OVA

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
  • タイガードラマ(子供)
2007年
2008年
2009年
2010年

Webアニメ

2014年
2015年
  • プロン党二代目党首 吉田の大発表!(秘書・金田)
2017年

ゲーム

2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2007年
2008年
2009年
  • サモンナイトX 〜Tears Crown〜ムームー
  • BLEACH 〜ヒート・ザ・ソウル6〜(ネル・トゥ / ネリエル・トゥ・オーデルシュヴァンク)
  • Myself ; Yourself それぞれのfinale(織部麻緒衣)
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

ドラマCD

吹き替え

映画・ドラマ

アニメ

国内ドラマ

CM

ナレーション

2001年
2008年
2009年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • 日曜ビッグ(2015年7月12日・11月15日、テレビ東京)
2017年
  • 世界で笑いと驚きが起きた瞬間200連発!(2017年12月23日、日本テレビ)

テレビドラマ

テレビ番組

※はインターネット配信

2002年
  • 金田朋子のコミックマスター 朋ちゃんねる(itv24※)レギュラー
2003年
  • 明日は明日の朋ちゃんねる(2003年1月18日 - 2006年2月27日、itv24※)レギュラー
2004年
2006年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
  • 週刊リノバンク(2013年5月31日 - 2014年1月24日、リノバンク※)金田編集長
2015年
  • おはスタ(2015年12月4日・7 - 11日、テレビ東京)カネトモ博士
2016年
  • 金田朋子・野島裕史の同い年、はじめました。(2016年7月26日 - 2018年4月3日、AT-X)レギュラー
2018年
2020年
2021年

ラジオ

※はインターネット配信

ラジオドラマ

  • どらま de にじちぅ?(てぃる)(ラジオ大阪『にじちぅ? ぱれ〜ど♪』内)
  • 悠幻の学び舎〜いもうと学園〜(璃呂)(KONAMI STATION悠幻の学び舎Radio いもうと学園!おにいちゃん時間だよっ!』内)
  • 報道特別番組 のんちゃんの靴下〜誰の記憶にも残れなかった子供たち(のんちゃん)(文化放送:2009年3月31日)
  • 野に咲く花 -誰も死なない2-(芥川れもん)(音泉:2010年7月14日 - 8月25日)

CD

DVD

  • 金田朋子とくばん。チョ〜気持ちいい、とことで。
  • 金朋声優ラボ 1・2
  • キャラメルアカデミーぷちっミュージカルDVD
  • 苦情★真に受けTV
  • 声優ドライブ旅 金朋タクシー 1・2・3
  • 声優旅行社へようこそ。1泊2日でもがっつり遊べます! 青二の売れっ子ですけど、何か? SP IN 韓国
  • 声優旅行社へようこそ2。1泊2日でもガツンと遊べます! 今回も青二の売れっ子があばれはっちゃけます! SP IN 台湾
  • 地獄の沙汰も金朋次第! 1・2
  • 天地無用!秘密鍋(えんたていめんと)
  • ともこチャチャチャチャレンジ 完全保存版 Vol.1・2
  • DROPS LIVE TOUR 2004“センセイ!DROPSはおやつに入りますかツアー”
  • 花の声優界! スター☆ボウリング プロダクション対抗ゲキ投SP
  • 花の声優界! スター☆ボウリング 新春から吠えて笑って大暴投SP
  • 百歌SAY!RUN!
  • らいむいろ戦奇譚スペシャルDVD『戦士の休息』
  • ロボやん

ユニット

舞台

  • ハートキャッチプリキュア! ミュージカルショー(2010年)デザトリアン役
  • 劇団天然工房 「手術(オペ)ニモマケズ」 声の出演(2010年9月16日 - 9月20日)
  • 劇団天然工房 「ピーチボーイズ」 (2011年6月8日 - 6月12日)[要出典][80][リンク切れ]
  • 劇団6番シード 「ザ・ボイスアクター」 特別ゲスト出演(2011年11月18日)
  • 喝采<アニソンミュージカルバージョン> 金田桃子役(2012年10月31日 - 11月4日)
  • 苦情★真に受けTV AP役(2012年11月22日 - 24日)25日(千秋楽)のみ潘めぐみが代演

その他

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 音声録音編集用ソフトはノイズ発生の場合に誤動作する場合がある。なお、現在利用されているデジタルコンテンツ用コピーガードも同じ原理に基づくが、こちらの方は録音正常化とは反対の方向で利用されている。
  2. ^ 吉田が休暇のため、メイン パーソナリティを務め、番組内の外中継コーナー 飛び出せ! 子ザルのリポーターも担当した。
  3. ^ NRN系列17局に全国ネットされた。
  4. ^ 隔週出演。

出典

  1. ^ a b c d e f 金田朋子”. goo人名事典. 2019年11月22日閲覧。
  2. ^ 金田朋子、YouTuberの才能開花! ゲーム実況動画に意欲「やりたいことしかやってない」”. AbemaTIMES. AbemaTV (2019年10月30日). 2020年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c d “強烈キャラ”金田朋子の素顔に…夫・森渉も「見たことない」と困惑!”. テレ朝POST (2019年3月5日). 2019年9月20日閲覧。
  4. ^ 金田朋子. “金田朋子さんのプロフィール ”. カネトモ地獄。早起きは三文の毒!!. サイバーエージェント . 2019年9月20日閲覧。
  5. ^ a b c NHK『週刊!ハタラキング』ぶっちゃけ大変でした!〜20代、私の仕事〜 Vol.29 金田朋子(前編) Archived 2008年7月27日, at the Wayback Machine.
  6. ^ a b 金田朋子(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月20日閲覧。
  7. ^ a b 金田 朋子”. タレントデータバンク. 2019年11月22日閲覧。
  8. ^ a b 金田 朋子|ACROSS ENTERTAINMENT”. 2019年11月22日閲覧。
  9. ^ 金田朋子ブログ2011年8月1日
  10. ^ 公式ブログ2008年11月13日記事本文より
  11. ^ 公式ブログ2013年11月22日記事本文より
  12. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  13. ^ “声優・金田朋子が第1子を妊娠!6月出産予定で「多分人間です」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年2月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089534 2017年2月9日閲覧。 
  14. ^ “金田朋子&森渉に第1子女児誕生「これからは3人で力を合わせて」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2092816/full/ 2017年6月22日閲覧。 
  15. ^ “金田朋子&森渉夫妻 44歳出産喜びの陰にあった「流産の悲劇」”. エンタメウィーク. (2017年8月30日). https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/441545 2018年3月2日閲覧。 
  16. ^ 2014.8.13 onair”. 「ナカイの窓」番組公式サイト (2014年8月13日). 2014年9月9日閲覧。
  17. ^ 2014年1月14日放送『もてもてナインティナイン』”. TVでた蔵 (2014年1月14日). 2014年9月9日閲覧。
  18. ^ 声優・金田朋子の強烈キャラに岡村隆史が大喜び”. GREEニュース (2014年1月15日). 2014年9月9日閲覧。
  19. ^ DVD『金田朋子とくばん。チョ〜気持ちいい、とことで。』にて“会いたい人”として紹介。
  20. ^ DVD『金田朋子とくばん。チョ〜気持ちいい、とことで。』などより。
  21. ^ NHK『週刊!ハタラキング』ぶっちゃけ大変でした!〜20代、私の仕事〜 Vol.29 金田朋子(後編) Archived 2009年5月17日, at the Wayback Machine.
  22. ^ 「もてもてナインティナイン 【SP】 」の番組概要ページ - gooテレビ番組2015年6月12日閲覧
  23. ^ 「ダウンタウンDX 【ダウンタウンDXDX密着&豪華私服スペシャル】 (2015年4月9日放送回)」の番組概要ページ - gooテレビ番組2015年6月12日閲覧
  24. ^ 「ダウンタウンDX(2015年6月11日放送回)」の番組概要ページ - gooテレビ番組2015年6月12日閲覧
  25. ^ 公式ブログ2008年11月15日記事本文より
  26. ^ ザ☆ネットスター! 2008年4月号 ねとすた動画より Archived 2010年1月27日, at the Wayback Machine.
  27. ^ アトラスネット (2007年12月27日). “グローランサーねたばらし☆ Vol.8” (日本語). 2010年3月4日閲覧。
  28. ^ 2014年6月16日放送『ジャネーノ!?』”. TVでた蔵 (2014年6月16日). 2014年9月9日閲覧。
  29. ^ 『my god! it's full of stars! 』 アニメ「貧乏姉妹物語」演出 杉山慶一のブログ 2006年8月30日記事本文より
  30. ^ [重要]PND用金田朋子さんの音声データについて、2009年11月18日付
  31. ^ 公式ブログ2012年2月4日記事本文より
  32. ^ 公式ブログ2012年10月7日記事本文より
  33. ^ RUNNET大会結果 第10回弘前・白神アップルマラソン 氏名:金田 朋子 ナンバー:1611 種目:フル女子
  34. ^ [1]氏名:金田 朋子 ナンバー:16666 種目:フルマラソン女子40歳代:種目別順位77/327:総合順位152/722
  35. ^ カスミン”. メディア芸術データベース. 2017年1月2日閲覧。
  36. ^ a b c d e f 声優・金田朋子さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版)”. アニメイトタイムズ (2020年5月29日). 2021年1月31日閲覧。
  37. ^ エアマスター : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月1日閲覧。
  38. ^ ボボボーボ・ボーボボ:原作20周年で“成人式” オンラインイベントに子安武人や小野坂昌也も 声優陣集結”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2021年1月20日). 2021年1月31日閲覧。
  39. ^ 第3回 金田朋子さん”. ぽかぽか森のラスカル 公式ホームページ. 2021年1月31日閲覧。
  40. ^ キャスト”. TVアニメ「織田信奈の野望」スペシャルサイト. 2012年4月27日閲覧。
  41. ^ ルパン三世 princess of the breeze 〜隠された空中都市〜”. 金曜ロードSHOW!. 2013年10月28日閲覧。
  42. ^ オレカバトル”. テレビ東京・あにてれ オレカバトル&ドラゴンコレクション. 2014年3月17日閲覧。
  43. ^ EPISODE09”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年3月1日閲覧。
  44. ^ おくさまが生徒会長!:ヒロイン声優に竹達彩奈 興津和幸や津田美波、金田朋子も出演”. MANTANWEB. 2015年5月23日閲覧。
  45. ^ アニメ「おくさまが生徒会長!+!」公式サイト”. 2016年9月22日閲覧。
  46. ^ 7月新番『パズドラクロス』吉永拓斗さん・柿原徹也さんらメインキャスト5名が解禁! 監督やOP&EDテーマアーティストも”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年5月30日). 2016年5月30日閲覧。
  47. ^ STAFF&CAST スタッフ&キャスト”. けものフレンズプロジェクト|公式サイト. 2017年1月10日閲覧。
  48. ^ 「ポプテピピック」第5話は金田朋子&小林ゆう“混ぜるな危険”コンビ登場! 中村悠一&杉田智和も”. アニメ!アニメ! (2018年2月4日). 2021年1月31日閲覧。
  49. ^ リヨ「マンガで分かる!FGO」がショートアニメ化、YouTubeで公開中(動画あり)”. コミックナタリー. Natasha (2019年1月1日). 2021年1月31日閲覧。
  50. ^ 冬アニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』先行上映会公式レポート|声優・梶裕貴さん&前野智昭さん登壇!OP映像や追加声優陣も解禁”. アニメイトタイムズ (2018年12月17日). 2018年12月17日閲覧。
  51. ^ 三代目JSBをデフォルメしたキッズアニメ「KICK&SLIDE」に花江夏樹、安元洋貴ら出演”. コミックナタリー (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。
  52. ^ 銀色の髪のアギト”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  53. ^ 『映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』に金田朋子さん、まさかの “怪獣役”で出演していた!?”. アニメイトTV. 2015年9月21日閲覧。
  54. ^ Re:キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  55. ^ 星の海のアムリ”. メディア芸術データベース. 2016年8月30日閲覧。
  56. ^ 「神撃のバハムート」TVCMキャンペーン スペシャル動画公開のお知らせ”. 株式会社Cygamesのプレスリリース. 2014年5月31日閲覧。
  57. ^ ルナたん〜1万年のひみつ〜公式サイト”. 2017年6月9日閲覧。
  58. ^ ルーンファクトリー4”. ファミ通.com. 2012年5月10日閲覧。
  59. ^ 青春姫 SCHOOL PRINCESS 生徒紹介”. 青春姫 SCHOOL PRINCESS 公式サイト. 2014年3月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月18日閲覧。
  60. ^ 週刊ファミ通』2013年1月24日号。
  61. ^ 『ファントムブレイカー:エクストラ』 原由実が歌うオープニングムービーが公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2013年7月8日閲覧。
  62. ^ キャラ紹介”. 幻獣姫. 2014年4月21日閲覧。[リンク切れ]
  63. ^ 【82Hブロッサム】リリースのお知らせ♪”. 〔82Hブロッサム公式〕ハニブロ通信. 2014年3月8日閲覧。
  64. ^ 『スクール オブ ラグナロク』に新たな学園神の存在が判明!”. ファミ通.com. 2015年8月5日閲覧。
  65. ^ 自分好みに魔法少女を育成!『魔法少女(仮)』Android版オープンβ開始”. アニメイトTV. 2015年1月12日閲覧。
  66. ^ 田村ゆかりさん、内田真礼さんら人気声優陣が出演するスマートフォン向けゲーム『魔法少女(仮)』正式タイトル発表! OPテーマは黒崎真音さんが歌唱”. アニメイトTV. 2015年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月18日閲覧。
  67. ^ タコパスの評価とスキル、ステータス”. 白猫プロジェクト公式攻略データベース - ファミ通. 2015年10月18日閲覧。
  68. ^ a b Shadowverse【シャドウバース】公式サイト”. Cygames. 2016年12月20日閲覧。
  69. ^ 『スカルガールズ 2ndアンコール』沢城みゆきさん、杉田智和さん、松浦チエさん演じるキャラ情報が公開”. 電撃オンライン. 2015年10月8日閲覧。
  70. ^ TVアニメ「ボボボーボ・ボーボボ」コラボイベント開催!!”. 【公式】共闘ことばRPG コトダマン. XFLAG (2021年2月14日). 2021年2月14日閲覧。
  71. ^ 電撃PlayStation』Vol.661、KADOKAWA、2018年4月26日。
  72. ^ 一部キャラクターのボイス追加&『カーバンクル ver.ぷよテト2』CV担当変更のお知らせ”. ぷよぷよ!!クエスト(ぷよクエ)公式サイト. セガ (2020年12月9日). 2020年12月10日閲覧。
  73. ^ STAFF&CAST”. ファンタジア・リビルド - ファンタジア文庫作品が集うクロスオーバーRPG. KADOKAWA. 2020年11月1日閲覧。
  74. ^ 【公式】ファンタジア・リビルドの2021年3月25日のツイート2021年3月28日閲覧。
  75. ^ 妹といっしょに眠れるCD”. 【EDGE RECORDS】. 2013年8月23日閲覧。
  76. ^ 『インセプション』配役を公開です(水谷)”. Twitter / nichiyo youga. 2012年5月26日閲覧。
  77. ^ 「ゴーゴーイコー667!」キャンペーンスタート! AT-Xニュース2013年2月5日
  78. ^ 移行部長・金田朋子さんの歌う"AT-X社歌"
  79. ^ http://www4.nhk.or.jp/nhktanka/x/2018-11-11/31/30156/2013041/
  80. ^ 稽古中の風景[リンク切れ]
  81. ^ a b 【晋遊舎】Windows100% 2011年11月号”. 晋遊舎公式ウェブサイト (2011年10月). 2012年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年5月30日閲覧。
  82. ^ 収録時に前述の騒動の逸話を持つ。[重要]PND用金田朋子さんの音声データについて、2009年11月18日付
  83. ^ 野中藍/白石涼子/金田朋子/伊藤かな恵ケータイメニュー
  84. ^ bisei-tokei超カスタマイズカレンダー(ポータル)
  85. ^ https://www.youtube.com/watch?v=5faCyJuc5PE [リンク切れ]
  86. ^ 『Fate/Grand Order 3rd Anniversary ALBUM』、「Carnival STAGE」声の出演より。

外部リンク


 

Back to Top
Close