ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🤖|北朝鮮の過酷な強制収容所を描く アニメーション映画で学ぶ“生きる意味と人権”


写真 

北朝鮮の過酷な強制収容所を描く アニメーション映画で学ぶ“生きる意味と人権”

 
内容をざっくり書くと
監督・脚本/清水ハン栄治 声の出演/ジョエル・サットンほか TOHOシネマズ シャンテほかにて上映中。
 

主人公のヨハンとミヒの兄妹は、在日朝鮮人の帰還事業で北朝鮮に渡った両親とともに平壌で幸せに暮らしてい… →このまま続きを読む

 ananweb

常に「時代」を作り、「話題」を発信し、女性の「トレンド」を創ってきた『anan』。
そんな『anan』のweb版『ananweb』では、20代後半~40代の好奇心旺盛な女性たちに向け、恋愛・エンタメ・ビューティ・ファッション・占い・ヘルスなど、幅広い分野の「素敵!」と「リアル」をお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

サットンほかTOHOシネマズシャンテほか

清水ハン栄治

清水ハン栄治(しみずハンえいじ、1970年 - )は、在日コリアンのプロデューサー、アニメーション映画監督。

来歴

横浜市に在日1世の父と3世の母の間に生まれる[1]帰還事業北朝鮮に渡航後に消息を絶った在日同胞の話を幼い頃から聞いて育った[2]。祖父母からは「悪さをすると収容所に連れて行かれるよ」と聞かされたと話している[1][3]

後述の『happy-しあわせを探すあなたへ』のプレス発表資料に寄せたコメントおよびプロフィールによると、アメリカ合衆国MBAを取得して東京で「⼤企業に勤め高給をもら」う生活を送っていたが、監督となる英語版からドキュメンタリー映画のプロデュース依頼を受け、プロデュースに専念することになった[4]。制作に6年をかけた後、2012年に『英語版』として公開され、世界の映画祭で12の賞を受賞した[4]。また、人権をテーマにした偉人伝の漫画を界25か国(12言語)で出版した[4]

東南アジアのアニメーターのネットワーク「すみません」を主宰する[2]

北朝鮮の強制収容所を題材とした3DCGアニメ映画『トゥルーノース』(2020年完成、2021年公開)で初めて監督を務める[1][2][3]。この作品は、北朝鮮の収容所に関する書籍を渡されて読んだことが契機となり、10年の歳月をかけて自己資金で制作された[3]

著書に『HAPPY QUEST』がある。

脚注

  1. ^ a b c “ひと 清水ハン栄治さん=北朝鮮の強制収容所の実相をアニメで訴える”. 毎日新聞. (2020年9月10日). https://mainichi.jp/articles/20200910/ddm/012/070/081000c 2021年7月2日閲覧。 
  2. ^ a b c 『トゥルーノース』東映ビデオ株式会社、2021年6月4日。
  3. ^ a b c “在日コリアン4世が描く北朝鮮帰還家族の困難と情愛 劇場アニメ「トゥルーノース」監督・清水ハン栄治”. 時事通信. (2021年6月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060300953&g=soc 2021年7月2日閲覧。 
  4. ^ a b c 映画『 happy – しあわせを探すあなたへ 』プレス資料 (PDF) - ユナイテッドピープル

外部リンク


 

Back to Top
Close