ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|『鳩の撃退法』藤原竜也×風間俊介、電話での謎のやりとり告白「あれ何だったんですか?」


写真 

『鳩の撃退法』藤原竜也×風間俊介、電話での謎のやりとり告白「あれ何だったんですか?」

 
内容をざっくり書くと
かつては直木賞も受賞した天才作家の津田伸一(藤原竜也)。
 

映画『鳩の撃退法』完成披露イベントが12日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、藤原竜也、土屋太鳳、風… →このまま続きを読む

 映画ランドNEWS

国内最大級の映画チケット予約サービス〈映画ランド〉が運営する公式ニュースサイト
映画・エンタメに関する最新情報をはじめ、人気俳優が登壇する舞台挨拶のレポート、映画や俳優の魅力に迫るインタビューを配信!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

直木三十五賞

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)は、大衆性[1]を押さえた長編小説作品あるいは短編集に与えられる文学賞である。通称は直木賞

概要

かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったといわれているが、1970年代あたりから中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々ある[注釈 1]。(もっとも、直木賞は設定当初ですら新人向けの賞であったとは言い難い面がある。第1回受賞の川口松太郎や第3回受賞の海音寺潮五郎からして既に新人とは言うには無理があったし、戦後第一回目である第21回受賞の富田常雄は『姿三四郎』発表後の受賞であり、既に文壇長者番付上位の人気作家であった。その他にも、候補者・受賞者の中には新人とは言い難い人物が少なくない[注釈 2]

沿革

文藝春秋社社長の菊池寛が友人の直木三十五を記念して1935年芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設し、以降年2回発表される。

授賞する作品は選考委員の合議によって決定される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。

2019年現在の選考委員は、浅田次郎伊集院静角田光代北方謙三桐野夏生高村薫林真理子三浦しをん宮部みゆきの9名(2020年上半期から)。選考会は、料亭・新喜楽の2階で行われる(芥川賞選考会は1階)。芥川賞と直木賞の受賞者記者会見とその翌月の授賞式は、ともに東京會舘で行われてきたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。

受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈呈され、受賞作は『オール讀物』に掲載される。なお、複数の受賞者がいる場合でもそれぞれに賞品と100万円の賞金が贈呈され分割授与にはならない。

傾向

発足当初の対象は新人による大衆小説であり、芥川賞とは密接不可分の関係にある。また、運営者である日本文学振興会の事務所が社内に置かれている文藝春秋から刊行、あるいは同社の雑誌に掲載された小説に対して多く授賞している傾向があり、文藝春秋とも事実上不可分の関係となっている。

創設時、選考の対象は「無名若しくは新進作家の大衆文芸」(直木賞規定)であったが、戦後になり回を重ねるごとに芥川賞と比べて若手新人が受賞しにくい傾向となった。これは1つには各回の選評にしばしばあるように大衆文学を対象とする賞の性質上、受賞後作家として一本立ちするだけの筆力があるかどうかを選考委員が重視したためであり、背景には「大衆小説は作品を売ることで作家として生計を立ててゆく必要がある」という考え方があったものと推測される。また創設時にはまだ新進のジャンルであった大衆文学の分野における実質唯一の新人賞であった直木賞が、戦後多くの出版社によって後発の大衆文学の賞が創設されていく中にあって、当該分野の中でもっとも長い歴史と権威を持つ、大衆文学の進むべき方向を明らかにする重要な賞として位置づけられるようになったこととも関係があるだろう。

現在ではこのような状態が長く続いたため選考基準に中堅作家という一項が新たに加えられ、実質的には既に一定のキャリアを持つ人気実力派作家のための賞という設定となり、直木賞が当初に持たされていた「文学界の有望新人を発掘する」という機能はおのずから他の新人賞に振られることとなった。結果としてすでに中堅・ベテランの著名作家として名を成している人物に対していわゆる「遅すぎたノミネート」「遅すぎた受賞」を行うケースが多く、さらに既に人気作家となっている者にあっては選考(候補)を辞退する事例も起きており[注釈 3][2]この点で文芸界・各種マスコミの内外で数多くの議論が巻き起こってきたことも事実である。

選考対象の「大衆小説」にまつわる問題としては、推理小説を主たる活動分野とする作家が受賞しにくい傾向が長く続いた点がある。受賞したのは多岐川恭の『落ちる』(第40回)、生島治郎『追いつめる』(第57回)、中村正䡄『元首の謀叛』(第84回)くらいで、笹沢左保真保裕一貫井徳郎湊かなえは4度、北方謙三志水辰夫西村寿行は3度候補となりながら受賞に至らず、赤川次郎小杉健治折原一島田荘司福井晴敏ら推理作家として大成した作家も届かず、三好徹陳舜臣結城昌治連城三紀彦皆川博子らも非ミステリー分野の作品で受賞していた[3]。しかし逢坂剛が『カディスの赤い星』で受賞(第96回)して以後は認められるようになり、笹倉明(第101回)、原尞(第102回)、髙村薫(第109回)、大沢在昌(第110回)、小池真理子藤原伊織(第114回)、乃南アサ(第115回)、宮部みゆき(第120回)とコンスタントに受賞者が出た1989年から1999年は「ミステリーの隆盛」とも呼ばれる[4]。北方、髙村、宮部は桐野夏生(第121回)、東野圭吾(第134回)と共に選考委員を務めることになり、第150回現在で選考委員9人のうち5人がミステリー畑出身者で占められた[5](東野圭吾は161回を最後に選考委員を退任し[6]、後任には角田光代が就任した[7])。

同様に大衆小説内でも発展期以降の歴史が比較的浅いSFファンタジーなども選考段階では幾度か俎上に上げられてはいるが、実際の受賞事例は景山民夫遠い海から来たCOO』(第99回)が唯一である(半村良はSF小説で2回候補になった後、人情小説で受賞している)。昭和末期に勃興したライトノベルのレーベルから刊行された作品の中にも広義にいえば若年層向けの大衆文学ともいえる要素を内含している作品が一部見られるが、日本文学振興会と密接な関係にある文藝春秋がこのジャンルに対するノウハウを持ち合わせていないためか、ほぼ目が向けられていないに等しい(ライトノベル出身の受賞作家としては桜庭一樹がいるが、受賞作は一般文芸誌に掲載された作品であった)。この様に現在でも空想性が極端に高いSF・ファンタジー等のジャンルに対する評価が総じて低いのも直木賞選考の特徴である。古くより選考委員の席の大半を過去の本賞受賞者が占めていることもあってか、毎回行われる選評での高評価も伝奇小説時代小説歴史小説・人情小説などといった多くの受賞者が属する従来型の大衆文学に属する作品に偏りがちで、新規に開拓された後発ジャンルや選考委員たちが専門知識を持たないか興味の薄いジャンルに対してはジャンルそのものへの理解が乏しい、言い換えれば守旧的な選考を行う傾向が根強い一面がある。この様な風潮によって受賞を逃した作家には小松左京星新一筒井康隆広瀬正万城目学などがおり、中でも不利とされるSFを専門範囲とし三度にわたり落選の憂き目を見た筒井は、後に『別冊文藝春秋』において、直木賞をもじった「直廾賞」の選考委員たちが皆殺しにされるという、直木賞選考を批判的に風刺した小説「大いなる助走」を発表している。

近年では、大衆文学の延長線上で生み出された[8]なるものにも受賞されることがある。現在は芥川賞作品の分量を超える小説のみが授賞対象になっている。このため、芥川賞では選考の対象にならない短編集も受賞している。

最年少・最年長受賞記録

最年少受賞記録
順位受賞者名受賞時期受賞時の年齢
1堤千代1940年上半期(第11回)
22歳10か月
2朝井リョウ2012年下半期(第148回)
23歳07か月
3平岩弓枝1959年上半期(第41回)
27歳04か月
4山田詠美1987年上半期(第97回)
28歳05か月
5三浦しをん2006年上半期(第135回)
29歳09か月
最年長受賞記録
順位受賞者名受賞年受賞時の年齢
1星川清司1989年下半期(第102回)0
68歳02か月
2青山文平2015年下半期(第154回)0
67歳01か月
3古川薫1990年下半期(第104回)0
65歳07か月
4黒川博行2014年上半期(第151回)0
65歳04か月
5佐藤得二1963年上半期(第49回)0
64歳05か月

受賞者一覧

上半期は同年8月に、下半期は翌年2月に授賞式が行われる。

第1 - 10回

第11 - 20回

  • 第11回(1940年上半期) - 堤千代「小指」他、河内仙介「軍事郵便」
  • 第12回(1940年下半期) - 村上元三「上総風土記」他
  • 第13回(1941年上半期) - 木村荘十「雲南守備兵」
  • 第14回(1941年下半期) - 該当作品なし
  • 第15回(1942年上半期) - 該当作品なし
  • 第16回(1942年下半期) - 田岡典夫「強情いちご」他、神崎武雄「寛容」他
  • 第17回(1943年上半期) - 山本周五郎「日本婦道記」(受賞辞退)
  • 第18回(1943年下半期) - 森荘已池「山畠」「蛾と笹舟」
  • 第19回(1944年上半期) - 岡田誠三「ニューギニヤ山岳戦」
  • 第20回(1944年下半期) - 該当作品なし

第21 - 30回

第31 - 40回

第41 - 50回

第51 - 60回

第61 - 70回

第71 - 80回

第81 - 90回

第91 - 100回

第101 - 110回

第111 - 120回

第121 - 130回

第131 - 140回

第141 - 150回

第151 - 160回

第161回 -

テレビ

ルポルタージュにっぽん』 直木賞の決まる日(NHK 1980年1月26日

参考文献

『直木賞物語』川口則弘著、バジリコ、2014年

『芥川賞・直木賞150回全記録』文藝春秋特別編集、文藝春秋、2014年

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 第157回の佐藤正午はデビュー34年目、第97回の白石一郎は32年目、第142回の佐々木譲は30年目、第122回のなかにし礼は(小説でのデビュー後)29年目、第89回の胡桃沢耕史は28年目、第148回の安部龍太郎、第163回の馳星周はともに25年目の受賞である。
  2. ^ いくつか例を挙げれば、第17回で受賞が決まった山本周五郎は、筆歴17年で著作もあり、「新人と新風とを紹介する点にこの種の賞の意味があるので、もちろん在来もそうであったとは思いますが、今後もなおそういうものが選まれてゆくことを希望したいと思います。」と述べて受賞を拒絶しているし、第26回受賞の久生十蘭や同回の候補者だった長谷川幸延摂津茂和は既に商業文芸誌に確固たる地位を築いていた人物である。第36回受賞の今東光に至っては35年以上前に文壇に登場していた。また、今の他にも第6回受賞の井伏鱒二や第24回受賞の檀一雄などのように、純文芸(純文学)では既によく知られていた人物に受賞させるケースもあった。その他にも、作品ではなくそれまでの業績で選ぶということが当初から幾度となく行われてきた。むしろ戦後の一時期に新人対象という当初の企図にたちかえったものの長くは続かなかったという方が実態に近い。
  3. ^ 2002年下半期(第128回)で、「半落ち」で3度目の候補に挙がるものの、選考委員からの「基本的な事実誤認がある」という批判から落選した横山秀夫と、2008年下半期(第140回)で、執筆活動に専念したいという理由から「ゴールデンスランバー」が候補になることを辞退した伊坂幸太郎が挙げられる。

出典

  1. ^ 直木賞は大衆文学の人気作家をさらに売れる流行作家にする役割があります”. asahi.gakujo.ne.jp. asahi.gakujo.ne.jp. 2021年7月17日閲覧。
  2. ^ asahi.com (2008年7月8日). “伊坂幸太郎さん、直木賞選考対象から辞退”. 2011年2月11日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 外部リンク『直木賞のすべて』の「候補作家たち」
  4. ^ 川口則弘『直木賞物語』339-401頁
  5. ^ 文藝春秋特別編集『芥川賞・直木賞150回全記録』331頁
  6. ^ オール讀物2019年9月号34頁
  7. ^ 日本文学振興会2019年9月18日付ツイッター
  8. ^ 蜜蜂と遠雷”. movies.yahoo.co.jp. movies.yahoo.co.jp. 2021年7月13日閲覧。
  9. ^ a b “芥川賞に松村栄子氏 直木賞 高橋義氏と高橋克氏”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 30. (1992年1月17日) 
  10. ^ a b “3氏が喜び語る 芥川・直木賞授賞式”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 15. (1992年2月27日) 

外部リンク

藤原竜也

藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年〈昭和57年〉5月15日 - )は、日本俳優ホリプロ所属。

埼玉県秩父市出身。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退[2]

来歴

1997年蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューする。バービカン・センターロンドン)での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され[3]、翌年の凱旋公演も行われた。

2000年、映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢された。

2001年新・星の金貨で連続ドラマで初主演を務める[注 1]

2003年、日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めにした。

2004年、『新選組!』の沖田総司役でNHK大河ドラマ初出演。

2005年リンカーン・センターニューヨーク)にて舞台『近代能楽集〜弱法師〜』の俊徳役を演じ、「NYタイムズ」でも評価を受けた[4]

2007年2月から6月まで仕事を一時休業し、ロンドンに留学した。帰国後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのグレゴリー・ドーラン演出の舞台『ヴェニスの商人』に出演。

2008年ジョン・F・ケネディ・センターに於ける『身毒丸ワシントンD.C.公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けた[5]

2009年井上ひさし作、蜷川幸雄演出による舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。

2010年、舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で台詞の7割が英語の宣教師役。バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)で舞台『ムサシ』を再演した。9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演を務める。

2011年、ドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎を演じ、第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

2014年、日本テレビ系ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』で13年ぶりにゴールデン・プライム帯の連続ドラマ主演を務める。

2015年、2003年に自身がタイトルロールを演じ、数々の演劇賞を受賞した舞台『ハムレット』で12年ぶりに再びハムレット役を演じる。

私生活では、2013年5月に一般女性との年内結婚を報告[6]2016年6月、第1子の誕生をウェブサイトで発表した[7]

人物

  • 竜也という名前は、祖父の「天に昇る竜の如くすくすくと育つように」との想いから命名された。父親は単身赴任が多く、ほとんど家にいなかった。母親は秩父で飲食店を経営している。顔は母親似。3人兄姉の次男(末っ子)で、兄と姉がいる。11歳の時に姪が生まれ、若くして叔父になった。幼少のころ帰宅した際に父親が小麦粉まみれになっていたというエピソードを番組「藤原竜也の一回道」で語っている。
  • 身長178cm、チェスト82cm、ウエスト75cm、ヒップ:86cm、シューズ27.0cm(公式HPより)。
  • 2013年に、一般女性との結婚を発表。妻との初デート場所は、京都鴨川だった。
  • パソコンなどのメディア機器等々を上手に使うことが出来ない、いわゆる機械音痴であり、パソコンのキーボード入力ですらままならない。また、スマートフォンが多く普及した今日でも、2014年まで従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)を使用していたという。
  • 蜷川幸雄曰く、「集中力があって、真面目で努力家。ストイックで、役の事しか考えられない」[8]

趣味・嗜好

  • 特技はサッカーで、埼玉県中学校大会ベスト4まで勝ち上がったことがある[9] 。好きな作家村上春樹漫画では『魁男塾』が好き。水が苦手であり、水泳も苦手な金槌である。以前、荒川で水難事故に遭い、何かを悟った。また、高所恐怖症である。幼少時から長渕剛の大ファン。「ていうか、同志」と、本人は言う。
  • 尊敬する俳優は、皆無。近年はキサラに出ている、ものまね芸人流コウキと親交がある。大杉漣に夢中になっていたことがあったが、「生まれ変わったらトンビになりたい。」と答えている。
  • 洋画よりも邦画が好きで、特に黒澤明監督や深作欣二監督など、昔の邦画が好きとのこと[10]
  • 好きなスポーツチームは、埼玉出身であることから、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズとプロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズのファンである。
  • 自身も酒豪且つ喫煙者(ヘビースモーカー)であることから、「酒場詩人」こと吉田類の大ファンであり、ゲストとして出演したメレンゲの気持ちではサプライズゲストとして吉田類との対面を果たした。現在は吉田兄弟のファンである。
  • 幼少期はが大好物で「タコのたっちゃん(トシちゃん)」というアダ名をつけられていた[11]

エピソード

  • 1997年3月、遊びに来ていた池袋の街角で、ホリプロ入社3年目の女性社員「児玉さん」に『身毒丸』主役オーディションのチラシを渡される。その時は名前を聞かれただけで連絡先も聞かれなかったため、オーディションに応募していなかったら現在の藤原竜也は誕生していなかった。実はオーディションでは第1次書類選考の段階で落とされていたが、チラシを渡した女性社員が何度も合格書類に紛れ込ませ、選考を残る[12][13]
  • 藤原が池袋でスカウトされた当日の数十分前に、同じホリプロの別の社員によって、のちにグラビアアイドルとして活躍する優香がスカウトされている。
  • 最終審査で蜷川幸雄の面接と演技テストを受け、そのダメ出しの反応のよさと、何の色にも染まっていない演技に選考委員9名の票が集まり、応募総数5537名の中からグランプリに選ばれる。採用後の稽古では、蜷川の指導の厳しさに何度も泣いたことがあり、「辞めたい」と思ったこともあると語っている。
  • 進学した高校を4日で中退している。理由は、学校帰りに稽古場を訪れた際、蜷川幸雄と唐十郎の会話を聞いて、「小説を読んでいるような高貴な言葉の連続で、僕が学ぶべき場所は高校じゃなくて稽古場なんだ」と思ったからだという[2]
  • 1997年の『身毒丸ロンドン公演千秋楽前日に持病の腰痛が悪化し、千秋楽昼公演は急遽代役を立てて行われた。夜公演もそのまま代役で行う予定だったが、それを知った藤原は蜷川に「どうしても舞台に立ちたい」と懇願し、それに蜷川が折れ、代役を舞台袖に待機させたまま藤原が舞台に立った。動くことすら出来なかった藤原は、それまでの公演を上回る鬼気迫る演技を見せ「あの千秋楽は一生忘れられない、それくらい凄かった」と、蜷川は後に語っている。
  • 2004年の『ロミオとジュリエット』東京公演の際にも、再び腰痛が悪化。特に12月11日の公演直後、全く足が上がらない状態になってしまった。しかし著名な整体師にかかったことで、翌日にはなんとか回復し、2005年2月25日までの約3ヶ月に及ぶ公演を一度も穴をあけることなく、やり遂げる事ができた。
  • 深作欣二監督に才能を認められ、『バトル・ロワイアル』と監督の遺作となった『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』で共に仕事をしている。9・11の影響で制作が中止になった『愛と幻想のファシズム』など他にも何作か映画が制作される予定だったが、実現することはなかった。それについて本人は後に「映画の楽しさを教えてくれた方だった。もっと一緒に仕事をして、色々な事を学びたかった。でもそういう運命だったんだと思う」と語っている。
  • ハムレット』公演の際には、「絶対に成功しない」「無謀だ」など周囲の雑音が物凄く、非常にプレッシャーを感じていた。そのため、全公演終了後しばらく経ってから、円形脱毛症に悩まされた。
  • 『新選組!』で沖田総司を演じたが、偶然にも彼を見出した蜷川幸雄竜馬がゆくで沖田役を演じている。
  • 2006年1月3日に「古畑任三郎 ファイナル」に犯人役として出演。歴代の犯人役の中では唯一1980年代生まれである。
  • 2006年に出演した舞台『オレステス』では、役作りのため、デビュー以来初めて髭を伸ばした。
  • 映画『カイジ 人生逆転ゲーム』では、役作りの為に10kgの減量をし、世界観を味わう為に自腹でパチンコ店に通った。
  • 舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』では役のために2ヶ月間ロンドンやイギリスに語学留学。現役俳優が講師で、“攻撃的な教え方”という指導を受けた[14]
  • 2009年に演歌歌手の冠二郎、落語家の林家たい平THE ALFEE桜井賢と共に秩父市の観光大使に任命されている[15]
  • 過去に酔っぱらった状態で船越英一郎に電話をかけ「英ちゃん」と呼んだことがあり、後に親交のある宇梶剛士から電話で怒られ、後日謝罪した[16]
  • 2010年に井上ひさしの書き下ろし新作舞台『木の上の軍隊』(藤原、北村有起哉吉田鋼太郎の三人芝居)が上演される予定であったが、井上の病状悪化に伴い、演目が『黙阿彌オペラ』に変更された。その数週間後、井上は死去した。生前の井上は「藤原さんをもっと成長させたければ五郎蔵役はぜひやってほしい」と語っていた。2013年に井上の遺志を引き継ぎ蓬莱竜太脚本で上演。
  • 2014年、第六回沖縄国際映画祭で行われた、映画『サンブンノイチ』の舞台挨拶を欠席した。欠席理由は、韓国の空港で迷子になり、舞台挨拶に間に合わなかったため。これに対して、監督の品川ヒロシは「あの男ね、天然なんです。」「100番ゲートなのに、40番代のゲートにいたみたい。アホなんですよ」と呆れながらも、「今飛行機に乗ったみたいです。謝罪メールもきて、反省しているみたいです」とフォローした[17]
  • 映画『カイジ 人生逆転ゲーム』や『藁の楯』などで人間のクズのような役を演じていることから、「人間のクズみたいな役多くなったけど何かあったの?」という問いに対して、「クズの役しかこなくなった」と発言している[18]
  • 映画『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』で志々雄真実役を演じた。撮影の際に、全身に包帯を巻いているという原作での志々雄の容姿を再現するためにスーツを着用。
  • そのスーツに関して、「志々雄スーツは着ると機嫌が悪くなる(笑)。耳が聞こえないし、ご飯も食べられないし、トイレにも行けなくて大変(笑)」と発言している[19]
  • ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』で共演した芦名星柴本幸は、「竜也さんは(撮影の)前日に台本が上がっても、完璧に(頭に)入れてらっしゃる。『頑張ろう』とかいう言葉があるわけではないんですが、いい緊張感がある。意識の高さ、迫力がある」(芦名)、「竜也さんの集中力がすごい現場だった。それに私たちが『頑張ろう』とついていけた」(柴本)と感服している[20]
  • 2014年に公演した『ジュリアス・シーザー』では、「初日の幕が開いた後も、旅公演中もずっと、いくら追求してもやるべきこと、自分にとっての課題が果てしなくある戯曲だと思いつづけていました。」と語っており、演出の蜷川には「稽古場では言われ放題でした」と言っている。また、通常の稽古だけでは足りなくなり、共演した吉田や横田栄司に一緒に残って稽古をつけてもらえるようにお願いをしたほどの、藤原にとって多くの苦悩を抱えながらも、たくさんの経験を積んだ作品となった[21]
  • 蜷川が主宰しているさいたまネクスト・シアターが公演した『ハムレット』を観た際に、「もう一度自分は『ハムレット』の世界に入りたい」と思い、その思いを蜷川に直訴した。そして2015年に、蜷川新演出の『ハムレット』で、2003年以来にハムレットを再び演じた。その初日公演直前には、「蜷川さんとの集大成だと思っている。あらゆることに決着をつける時が来たのかもしれない」と発言している。

出演

※出演作品(時期)(役名)の順に記載。役名が太字のものは主演。

舞台

映画

テレビドラマ

バラエティ

ドキュメンタリー

  • 身毒丸と呼ばれた少年〜ロンドン公演から生まれた15歳の天才役者 (1998年6月8日、フジテレビ)
  • 世界ウルルン滞在記 (毎日放送)
    • 氷点下35度・カナダの狩人に…藤原竜也が出会った (1999年2月14日)
    • ネパール下町の6人姉妹に…藤原竜也が出会った (2000年3月26日)
    • カナダ最後の狩人に…藤原竜也が再び出会った (2001年9月23日)
  • いま、裸にしたい男たち〜藤原竜也・18歳 何やってんだろ、俺 (2001年2月23日、NHK-BShi)
  • 情熱大陸 (2002年10月20日、毎日放送)
  • 蜷川幸雄×藤原竜也〜ハムレットへの軌跡 (2004年4月11日、WOWOW)
  • 藤原竜也〜ロンドン紀行 (2004年5月4日、テレビ東京)
  • 子どもたちはペンをとった〜テレジン強制収容所 (2004年8月3日、NHK) - ナレーション
  • プルミエール〜総力特集 藤原竜也 in NY 23歳の挑戦 (2005年8月24日、WOWOW)
  • 蜷川幸雄2005〜疾走する70歳 (2005年12月3日、WOWOW) - ナレーション
  • 愛と生命と涙の全記録『余命1ヶ月の花嫁』乳がんと闘った24歳最後のメッセージ (2007年7月18日、TBS) - ナレーション
  • 地球危機2008 何気なく暮らしている人たちへ (2008年1月4日、テレビ朝日) - リポーター
  • ドキュメントスポーツ大陸『世界で闘うために〜浦和レッズ 闘莉王〜』 (2008年1月12日、NHK) - ナレーション
  • スポーツ大陸 (2008年4月 - 2009年3月、NHK) - ナビゲーター
  • 愛と生命のメッセージ『余命1ヶ月の花嫁』千恵さんが残したもの (2008年5月7日、TBS) - ナレーション
  • HVプレミアム8「偉大なるミステリー作家たち(1) エドガー・アラン・ポー 200年目の疑惑 〜探偵・明智小五郎の調査報告〜」(2009年3月31日、NHK-BShi)
  • 第18回FNSドキュメンタリー大賞『罪と罰〜娘を奪われた母、弟を失った兄、息子を殺された父〜』(2009年4月12日、東海テレビ) - ナレーション
  • テレメンタリー『語り継がれる星に〜菊池雄星18歳の真実』(2010年1月11日、岩手朝日テレビ) - ナレーション
  • 長渕剛 30th Anniversary BOX〜PREMIUM of the DOCUMENT (2010年6月9日、ユニバーサル) - ナレーション
  • ソロモン流 (2010年6月27日、テレビ東京)
  • 藤原竜也〜演劇の遺伝子 (2010年9月11日、テレビ朝日)
  • あの日の携帯メール〜3・11アスリートの葛藤と決断〜 (2011年6月11日、日本テレビ) - ナレーション
  • NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか(全4回)」(2012年1月22日、29日、2月19日、26日、NHK) - プレゼンター
  • WOWOWノンフィクションW 映画「仁義なき戦いを書いた男 脚本家・笠原和夫 創作の記録」(2014年1月10日、WOWOW) - ナレーション
  • THE世界遺産 (2014年4月6日 - 2017年9月24日、TBS) - ナレーション
  • その生涯には謎がある~ケネディ生誕100年 暗殺の真相と知られざる素顔に迫る(2017年11月14日、BS-TBS) - ナレーション
  • NHKスペシャル「看護師たちの限界線 〜密着 新型コロナ 集中治療室〜」(2021年4月17日、NHK) - ナレーション[49]
  • いまこそ、シェイクスピア(2021年5月15日、NHK BSP[50]

ラジオ

  • 藤原竜也と妻夫木聡のチャレンジ・ナイツ (1999年5月 - 2000年3月、ニッポン放送)
  • 藤原竜也のオールナイトニッポンSUPER (2000年7月28日、ニッポン放送)
  • 藤原竜也inバトルロワイアルII (2003年6月27日、ニッポン放送)
  • SUNTORY THEATER ZERO-HOUR (2004年4月19日 - 23日、J-WAVE)ゲスト、『美しい星 (小説)』朗読
  • 日本昔ばなし〜セブンイレブン フェアリー・ストーリーズ (2005年6月26日、TOKYO FM)『宝くらべ』朗読
  • 小栗旬のオールナイトニッポン (2009年2月18日、10月7日、2010年2月17日、ニッポン放送)ゲスト
  • 藤原竜也のオールナイトニッポン 『インシテミル』スペシャル (2010年10月18日、ニッポン放送)
  • Sky presents 藤原竜也のラジオ (2019年1月18日~朝日放送ラジオ)

声優

洋画吹替

海外ドラマ吹替

劇場アニメ

テレビアニメ

OVA

Webアニメ

ゲーム

人形劇

CM・観光大使

DVD

  • 『JUNK+FUNK』(2002年3月、ポニーキャニオン
  • 『moon』(2004年8月、ポニーキャニオン)
  • 『世界ウルルン滞在記 Vol.5 藤原竜也』(2009年1月、CKエンタテインメント)
  • 『情熱大陸×藤原竜也』(2009年1月、ジェネオン エンタテインメント)
  • 『藤原竜也 演劇の遺伝子』(2010年10月、ポニーキャニオン)

書籍

写真集

著書

  • 『ボクらの時代 自分を「美しく」見せる技術』(中村勘太郎、高橋大輔との共著。2008年8月、扶桑社

連載

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 星野真里とのW主演。

出典

  1. ^ 藤原竜也結婚!交際9年ミーアキャット似”. 日刊スポーツ (2013年6月1日). 2021年5月28日閲覧。
  2. ^ a b 藤原竜也「3日で高校中退」の噂を訂正「4日です」 決意したきっかけは…”. スポニチannex (2020年1月7日). 2020年1月7日閲覧。
  3. ^ 『身毒丸』藤原竜也×白石加代子”. ホリプロ (2001年). 2008年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月3日閲覧。
  4. ^ “A Cycle of Destruction, From Love to Despair” (英語). NYタイムズ. (2005年7月30日). オリジナルの2012年7月20日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/BlHX 2008年12月3日閲覧。 
  5. ^ “'Shintoku-Maru': At a Loss for Words” (英語). ワシントン・ポスト. (2008年2月8日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/02/08/AR2008020803525.html 2008年12月3日閲覧。 
  6. ^ “藤原竜也、結婚会見で大のろけ お相手は「ミーアキャット似」”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年5月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2025116/full/ 2016年3月15日閲覧。 
  7. ^ “藤原竜也に第1子が誕生「守るべき家族が増え 俳優業に精進」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/16/kiji/K20160616012792690.html 2016年6月16日閲覧。 
  8. ^ 人物&インタビュー「男の履歴書 藤原竜也」”. INLIFE. 2015年2月8日閲覧。
  9. ^ “今こそ稼げ! サッカーが得意な芸能人”. リアルライブ. (2010年6月24日). http://npn.co.jp/article/detail/48386232/ 
  10. ^ 藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に”. 楽天WOMAN (2015年1月6日). 2015年2月8日閲覧。
  11. ^ 男の履歴書 藤原竜也編|インライフ
  12. ^ 藤原竜也がデビュー秘話を語る「オーディションで3回落とされて…」”. livedoorNEWS (2014年7月27日). 2015年2月8日閲覧。
  13. ^ 【エンタがビタミン♪】本当はホリプロに落とされていた藤原竜也。それを救った一人の女性。”. Techinsight (2011年11月12日). 2015年2月8日閲覧。
  14. ^ vol.15 俳優 藤原竜也 自分で決めたことを信じて”. マイナビニュース. 2015年2月8日閲覧。
  15. ^ 全国へ秩父を発信! ~秩父市観光大使~ 秩父市役所 (PDF) (2015年2月24日時点のアーカイブ
  16. ^ 【藤原竜也】進化する男前。”. 夕刊フジ (2010年11月15日). 2015年2月8日閲覧。
  17. ^ 藤原竜也、“迷子”でイベント欠席 品川ヒロシ監督が暴露「天然なんです」
  18. ^ 藤原竜也「クズの役しか来なくなった」と告白 ネットでは「演技力がある証拠」と励ます声”. ジェイ・キャスト (2014年5月21日). 2015年2月8日閲覧。
  19. ^ “藤原竜也、志々雄真実役の苦労を明かす「スーツ着ると機嫌が悪くなる」”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年7月3日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/03/209/ 2016年8月10日閲覧。 
  20. ^ 芦名星、酔った岡田将生の素顔を暴露
  21. ^ シアターガイド 2015年2月号より
  22. ^ “最後の蜷川ハムレット、藤原竜也が直訴主演 12年ぶり「初心に」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年8月7日). オリジナルの2014年8月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140809025709/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140807-OHT1T50015.html 
  23. ^ 藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明出演×綾田俊樹演出でアラン・エイクボーンのヒット・コメディーを上演”. シアターガイド (2015年9月15日). 2015年9月16日閲覧。
  24. ^ a b 2002年5月14日にテレビ朝日系で放送され、未放送のシーンが追加された再編集劇場版が、同年10月5日より全国4ヵ所で順次公開された。
  25. ^ 『デスノートLNW』藤原竜也さん演じるキラ=夜神月も登場!? 10年ぶりにキラを演じた藤原さんの胸中は……”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年10月14日). 2016年10月15日閲覧。
  26. ^ “藤原竜也&山田孝之、中田秀夫監督新作で初共演!大ヒット韓国映画をリメイク”. 映画.com. (2013年7月1日). http://eiga.com/news/20130701/1/ 2013年7月2日閲覧。 
  27. ^ “藤原竜也主演ドラマ『ST』が映画化 来年1月公開へ”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2040660/full/ 2016年8月10日閲覧。 
  28. ^ 藤原竜也「記憶が飛ぶくらい」過酷な秘境ロケ!『探検隊の栄光』映画化”. シネマトゥデイ (2015年5月6日). 2015年5月6日閲覧。
  29. ^ 『僕だけがいない街』実写映画化 藤原竜也&有村架純が初共演”. ORICON STYLE (2015年7月24日). 2016年2月15日閲覧。
  30. ^ ““殺人犯”藤原竜也&“刑事”伊藤英明、初共演でW主演”. ORICON STYLE. (2016年7月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2075052/full/ 2016年4月14日閲覧。 
  31. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」上白石萌音&石橋静河&板尾創路&藤原竜也らが参戦!”. 映画.com. (2018年7月1日). https://eiga.com/news/20180701/2/ 2018年7月1日閲覧。 
  32. ^ “佐藤健×高橋一生、初共演!大友啓史監督「億男」に藤原竜也、沢尻エリカら豪華布陣”. 映画.com. (2018年3月5日). http://eiga.com/news/20180305/1/ 2018年3月6日閲覧。 
  33. ^ “藤原竜也&蜷川実花、初タッグ!舞台は殺し屋専用の“ダイナー””. 映画.com. (2018年5月15日). http://eiga.com/news/201805/15/ 2018年5月15日閲覧。 
  34. ^ 藤原竜也が坂口安吾に!小栗旬主演『人間失格』新キャスト5名”. シネマトゥデイ (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  35. ^ a b “藤原竜也主演×羽住英一郎監督 吉田修一『太陽は動かない』映画&ドラマ化”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年7月31日). https://www.cinra.net/news/20180731-taiyouhaugokanai 2017年7月31日閲覧。 
  36. ^ “藤原竜也「鳩の撃退法」映画化で謎の天才作家役”. cinematoday. (2021年2月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121909 2021年2月25日閲覧。 
  37. ^ 藤原竜也×松山ケンイチ、W主演『ノイズ』実写化 『デスノート』名ライバルが人殺しの共犯に(オリコン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年6月3日閲覧。
  38. ^ 藤原竜也主演『探検隊の栄光』 スピンオフドラマ配信決定”. ORICON STYLE (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  39. ^ 藤原竜也年収1億円IT社長役に「おかしの家」ゲスト出演”. スポニチ (2015年10月21日). 2015年10月21日閲覧。
  40. ^ 成海璃子、海に飛び込むシーンで泣きそうに 藤原竜也「女優さんたくましい」”. ORICON STYLE (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  41. ^ “精霊の守り人:綾瀬はるか主演の大河ファンタジー 帝役に藤原竜也 木村文乃、東出昌大も”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年7月13日). オリジナルの2015年7月17日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150717231944/http://mainichi.jp/mantan/news/20150713dyo00m200004000c.html 2015年9月10日閲覧。 
  42. ^ 藤原竜也が人生を乗っ取られてどん底に…”. ニュースウォーカー (2016年5月12日). 2016年5月12日閲覧。
  43. ^ 藤原竜也主演で湊かなえ『リバース』ドラマ化! 戸田恵梨香・玉森裕太ら出演”. マイナビニュース (2017年2月13日). 2017年3月23日閲覧。
  44. ^ “藤原竜也『世にも奇妙な物語』初出演 手塚治虫の知られざる名作に挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2098582/full/ 2017年10月7日閲覧。 
  45. ^ Inc, Natasha. “藤原竜也主演の警察×学園ドラマが来年放送、ヒロインは真木よう子(動画あり / コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年10月15日閲覧。
  46. ^ "中村勘九郎、伝説の歌舞伎役者役でドラマ主演「不思議な縁を感じます」 上白石萌音が妻役". ORICON NEWS. oricon ME. 19 July 2021. 2021年7月19日閲覧
  47. ^ 藤原竜也「何も考えずに見て楽しんで」『三回道』4・15スタート”. TVLIFE web (2020年3月6日). 2020年3月6日閲覧。
  48. ^ 藤原竜也「まだ企画内容すら聞いていないので正直困惑しています」素の部分を余すところなく惜しげもなく無駄にさらけ出す新レギュラー番組がスタート”. music.jpニュース (2021年1月13日). 2021年1月16日閲覧。
  49. ^ NHKスペシャル 看護師たちの限界線 〜密着 新型コロナ 集中治療室〜”. NHKスペシャル (2021年4月17日). 2021年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月24日閲覧。
  50. ^ 吉田鋼太郎、中嶋朋子、藤原竜也らがシェイクスピアの魅力を語り尽くす!”. NHK (2021年5月10日). 2021年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月16日閲覧。
  51. ^ 藤原竜也、「インデペンデンス・デイ」新章で洋画実写吹き替えに初挑戦!”. 映画.com. 2016年5月25日閲覧。
  52. ^ CHARACTER”. ファントム オブ キル『プロジェクトZERO:Concept Film』公式サイト. 2021年8月15日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close