ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|好きな巨大ザメ映画ランキングが発表!1位はやっぱりあの名作


写真 永遠のサメ映画

好きな巨大ザメ映画ランキングが発表!1位はやっぱりあの名作

 
内容をざっくり書くと
3位は伝説の超巨大ザメ・メガロドンが登場する『 MEG ザ・モンスター 』(349票)。
 

映像配信サービスdTVが実施した「巨大ザメが登場する好きなパニック映画作品」に関するアンケート調査が… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

メガロドン

メガロドン(英:Megalodon、学名:Otodus megalodon[1][2][3]は、約2300万年前から360万年前の前期中新世から鮮新世にかけて生息していた絶滅サメである[4]白亜紀初期にホホジロザメから分岐して絶滅したネズミザメ科に分類されている。属名についてはまだ議論があり、Carcharocles、Megaselachus、オトドゥス、Procarcharodonのいずれかに分類されている。これは、メガロドンが、暁新世に進化したオトドゥス属の巨大ザメの系統の最終種であることを示す移行化石が発見されたためである。

メガロドンは、史上最大級の強力な捕食者とされているが、断片的な遺骸からしか知られておらず、その姿や最大のサイズは不明である。ホホジロザメ、ジンベエザメ(Rhincodon typus)、ウバザメ(Cetorhinus maximus)、シロワニ(Carcharias taurus)のどれに似ているのか、科学者によって意見が分かれている。メガロドンの大きさのほとんどは歯から推定されており、最大全長は14.2~20.3メートル[5] [6] [7]、平均全長は10.5メートルと推定されている[8] [9]。 大きな顎は108,500~182,200ニュートン(24,400~41,000lbf)もの噛み砕く力を発揮したと推定されている[10]。 歯は厚く頑丈で、獲物を掴んで骨を壊すために作られていた。

メガロドンはおそらく、海洋生物の社会構造に大きな影響を与えたと考えられる。化石の記録は、メガロドンが世界中に分布をしていたことを示している。クジラアザラシウミガメなどの大きな獲物を狙っていたと思われる。幼魚は温暖な沿岸海域に生息し、魚や小型のクジラを食べていた。ホホジロザメのように柔らかい下半身で獲物を襲うのではなく、メガロドンはその強力な顎で胸腔を突き破り、獲物の心臓や肺に穴を開けていたのだろう。

メガロドンは、リヴィアタンなどの大型マッコウクジラや、より小型のシャチなど、クジラを食べる鯨類との競争にさらされていた。暖かい海を好むサメだったので、氷河期の始まりに伴う海洋の冷え込み、海面の低下、それに伴う適切な保育場所の喪失も衰退の原因になったのではないかと考えられている。また、ヒゲクジラの種類が減り、分布が極地に移ったことで、メガロドンの主な食料源が減った可能性もある。このサメの絶滅は、ヒゲクジラの巨大化の傾向と一致している。

特徴

全長は最大個体の推定値で最大10メートル[11]、約13メートル[12]、約15メートル[13]、またはそれ以上[14][15]など変動している。さらに巨大な20メートル説[16]や40メートル説は全ての歯が最大化石で構成されているとして復元したもので、現在では否定されている。[注釈 1]サメは軟骨魚類であり、化石には通常は歯しか残らない。そのため、化石のみで正確な生前の姿を復元することは困難であり、現行の生態復元図は全て想像によるものであり、各学者や使用された算出方法によって意見が分かれている[11](現生の近縁種のプロポーションを参考にした算出は最大18m[15])。地球上においても、海域ごとにサイズの違いが存在したという説もあり、その場合の平均を10.5mとした計算もある[17]

いずれにしても、現生のホホジロザメ(最大個体の推定値約6.0メートル)より大きく、各仮説を統合すると、現世魚類ではウバザメジンベイザメとほぼ同大である。

学名と分類

正式には学名が決まっていないがオトドゥス・メガロドンOtodus megalodon)という。なお、カルカロドン・メガロドンCarcharodon megalodon)の方は、本種を現生のホホジロザメ(Carchrodon carcharias)の同属とする説に基づく学名である。標準和名ではムカシオオホホジロザメ(昔大頬白鮫)と呼ばれる。

メガロドン(megalodon) という名は、古代ギリシア語: μέγας (megas; 語幹: megal-) 「大きい」 + ὀδούς (odous; 語幹: odont-) 「歯」の合成語である。 古生物は一般に、学名の「属名」部分で呼ばれる事が多いが、メガロドンの場合は「種小名」であって属名ではない。 シノニム(異名)には他に、 Procarcharodon megalodonCasier, 1960)もある。

現生のホホジロザメと近縁という考えから、カルカロドン(=ホホジロザメ属の)・メガロドンCarcharodon megalodon)という学名が主流であったが、近年では、完全には置き換わっていないものの、カルカロクレス・メガロドンCarcharocles megalodon)の方が、学術レベルにおいては広く受け入れられている[18]

本種が後者のカルカロクレスであるとする学説では、その系統はホホジロザメの属するネズミザメ科ではなく、(ネズミザメ目には含まれるが)メガロドンを最後に絶滅した otodus という古代ザメの系統に属するとする。

生息した時代

新生代第三紀始新世(約5,500万-約3,800万年前)に登場したクジラ(鯨)の仲間は、中新世(約2,300万-約500万年前)には様々な種類に進化し、生息数も増加した。現在のハクジラヒゲクジラの仲間のほとんどは中新世末期に登場している。こうした中新世から鮮新世にかけての脊椎動物が豊富にいたと思われる温暖な海域があった地域の地層から、クジラとともにメガロドンの化石が大量に見つかっており、大型のクジラの背骨やの骨格の化石には、ノコギリ状の縁が特徴的なメガロドンの歯による噛みあとが見られることから、メガロドンはクジラ類などを捕食していたことがわかる。

絶滅

従来の説ではメガロドンは鮮新世(約600万-約200万年前)中期に絶滅したと考えられている。これは、大陸棚の海水温低下と、クジラが寒冷な海域に逃げ込んだことによって、その生態的地位が存在しえなくなったためとされる。変温動物であるサメは恒温動物であるクジラのようには低温の環境に適応できない。

また、従来の説には超新星爆発による宇宙放射線の影響を絶滅の原因とする説もある[19]

一方、『アニマルプラネット[20]で放映された異説には、

  • メガロドンが属するとされるネズミザメ科は一般に奇網と呼ばれる体温維持システムを備えている。
  • ある程度寒冷化が進んだ後の高緯度地方からも本種の歯牙化石が発見されている。

ゆえに寒冷化が主因という見方はおかしく、

  • 同じく鯨類を捕食するシャチの祖先が出現するのとほぼ同時に本種が絶滅している。
  • サメ類は浮袋を備えないため巨大化するほど遅くなる傾向がある。奇網がなかったのならウバザメジンベエザメより著しく素早く機敏であったと考える合理的根拠は無い。奇網があったにせよ速度などでは、遊泳能力が高いとはいえないホホジロザメより劣るはずである。
  • 現生ナガスクジラと同大の鯨類を捕食していたように語られるが、外洋に適応したばかりの4m程度の原始的なクジラ類ケトテリウムなどが主食だったはずであり、彼らも現生のクジラ類に淘汰され、メガロドンにやや遅れて絶滅している。

つまり、ヒゲクジラ類も競合種も急激に強力になり、進化について行けず淘汰されたという異説である。

2019年に米国の学会誌に掲載されたチャールストン大学などの研究者らの研究チームによる研究論文によると、メガロドンの絶滅時期は化石の調査から360万年前と、その主な原因をホオジロザメ(ホホジロザメ)との生存競争に敗れたためとしている[19]

生存説

海中の大型捕食動物は、陸上よりも気候の変化等に影響されにくいと考えられており、1918年オーストラリアの巨大ザメ目撃談や1954年に船に突き刺さった“ホホジロザメの物と同様の形状を持つ巨大なサメの歯(長さ10センチメートル)”などから、今でも未確認動物学者などが生存説を主張している。約6,000年前のものと思われる歯の化石も発見したと主張されている[要出典]が、学問的には捏造とされている。またその個体数を維持するための獲物として不可欠であろう小型の鯨類がほぼ存在しないため、生存していたとしても生息数は非常に少ないとみられる。

日本とのかかわり

日本においてメガロドンの歯の化石は長らく「天狗の爪」とされていた。

完全に近いと思われるメガロドンの歯が1989年、埼玉県で出土している。サメの歯の化石は一本一本バラバラに発見されることが多いが、この化石には1個体の上下の歯が73本含まれていた。埼玉県自然史博物館(平成18年4月から埼玉県立自然の博物館)では、このセットを用いたメガロドンの顎の復元が展示されている。この復元はカルカロドン(ホホジロザメ属)説に基づき復元され、全長12メートルの個体であったと考えられている[21]

脚注

注釈

[脚注の使い方]
  1. ^ 20メートル説は、「この位の大きさの歯があるかもしれない。それ位の歯が存在したとすれば、全長はこれぐらいになるだろう」という想像によるもの。だが同著自体が、ホホジロザメの成長カーブをそのまま適用してこれらのサイズを算出する手法を、「空想的で恐らくやり過ぎ」と書いている。

出典

  1. ^ Shimada, K.; Chandler, R. E.; Lam, O. L. T.; Tanaka, T.; Ward, D. J. (2016). “A new elusive otodontid shark (Lamniformes: Otodontidae) from the lower Miocene, and comments on the taxonomy of otodontid genera, including the 'megatoothed' clade”. Historical Biology 29 (5): 1–11. doi:10.1080/08912963.2016.1236795. 
  2. ^ Shimada, Kenshu (2019). “The size of the megatooth shark, Otodus megalodon (Lamniformes: Otodontidae), revisited”. Historical Biology: 1–8. doi:10.1080/08912963.2019.1666840. ISSN 0891-2963. 
  3. ^ Cooper, J. A.; Pimiento, C.; Ferrón, H. G.; Benton, M. J. (2020). “Body dimensions of the extinct giant shark Otodus megalodon: a 2D reconstruction”. Scientific Reports 10 (14596): 14596. Bibcode2020NatSR..1014596C. doi:10.1038/s41598-020-71387-y. PMC 7471939. PMID 32883981. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7471939/. 
  4. ^ Giant 'megalodon' shark extinct earlier than previously thought”. Science Daily (2019年2月13日). 2021年9月11日閲覧。
  5. ^ Shimada, Kenshu (2019). “The size of the megatooth shark, Otodus megalodon (Lamniformes: Otodontidae), revisited”. Historical Biology: 1–8. doi:10.1080/08912963.2019.1666840. ISSN 0891-2963. 
  6. ^ Cooper, J. A.; Pimiento, C.; Ferrón, H. G.; Benton, M. J. (2020). “Body dimensions of the extinct giant shark Otodus megalodon: a 2D reconstruction”. Scientific Reports 10 (14596): 14596. Bibcode2020NatSR..1014596C. doi:10.1038/s41598-020-71387-y. PMC 7471939. PMID 32883981. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7471939/. 
  7. ^ Perez, Victor; Leder, Ronny; Badaut, Teddy (2021). “Body length estimation of Neogene macrophagous lamniform sharks (Carcharodon and Otodus) derived from associated fossil dentitions”. Palaeontologia Electronica. doi:10.26879/1140. https://palaeo-electronica.org/content/2021/3284-estimating-lamniform-body-size. 
  8. ^ Pimiento, C.; MacFadden, B. J.; Clements, C. F.; Varela, S.; Jaramillo, C.; Velez-Juarbe, J.; Silliman, B. R. (2016). “Geographical distribution patterns of Carcharocles megalodon over time reveal clues about extinction mechanisms”. Journal of Biogeography 43 (8): 1645–1655. doi:10.1111/jbi.12754. https://semanticscholar.org/paper/33f8fdc5db865749b334dba9dc3d0d8e15fb5b06. 
  9. ^ Pimiento, C.; Balk, M. A. (2015). “Body-size trends of the extinct giant shark Carcharocles megalodon: a deep-time perspective on marine apex predators”. Paleobiology 41 (3): 479–490. doi:10.1017/pab.2015.16. PMC 4541548. PMID 26321775. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4541548/. 
  10. ^ Wroe, S.; Huber, D. R.; Lowry, M.; McHenry, C.; Moreno, K.; Clausen, P.; Ferrara, T. L.; Cunningham, E. et al. (2008). “Three-dimensional computer analysis of white shark jaw mechanics: how hard can a great white bite?”. Journal of Zoology 276 (4): 336–342. doi:10.1111/j.1469-7998.2008.00494.x. http://www.bio-nica.info/Biblioteca/Wroe2008GreatWhiteSharkBiteForce.pdf. 
  11. ^ a b Bradford, Alina (2018) Facts About Megalodon: The Long-Gone Shark, Live Science
  12. ^ Helfman, Gene; Collette, Bruce; Facey, Douglas (1997). The diversity of fishes. Wiley Blackwell. ISBN 978-0-8654-2256-8.
  13. ^ Shimada, Kenshu (2019). “The size of the megatooth shark, Otodus megalodon (Lamniformes: Otodontidae), revisited”. Historical Biology: 1–8. doi:10.1080/08912963.2019.1666840. ISSN 0891-2963. 
  14. ^ Randall, John (July 1973). "Size of the Great White Shark (Carcharodon)". Science Magazine: 169–170.
  15. ^ a b Cooper, J. A.; Pimiento, C.; Ferrón, H. G.; Benton, M. J. (2020). “Body dimensions of the extinct giant shark Otodus megalodon: a 2D reconstruction”. Scientific Reports 10 (14596). doi:10.1038/s41598-020-71387-y. 
  16. ^ Klimley, Peter; Ainley, David (1996). Great White Sharks: The Biology of Carcharodon carcharias. Academic Press. ISBN 0124150314.
  17. ^ Pimiento, C.; Balk, M. A. (2015). “Body-size trends of the extinct giant shark Carcharocles megalodon: a deep-time perspective on marine apex predators”. Paleobiology 41 (3): 479–490. doi:10.1017/pab.2015.16. PMC 4541548. PMID 26321775. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4541548/. 
  18. ^ http://www.fossilguy.com/topics/megshark/megshark.htm
  19. ^ a b 太古の巨大ザメ、メガロドン ホオジロザメに敗れ絶滅か CNN、2019年2月19日閲覧。
  20. ^ http://animal.discovery.com/
  21. ^ http://www.kumagaya.or.jp/~sizensi/exhibit/shark/sharktop.html

関連項目

外部リンク

349票


 

Back to Top
Close