ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|『ストレンジャー・シングス』製作総指揮が手掛ける『フリー・ガイ』はあの映画の影響を受けていた!


写真 

『ストレンジャー・シングス』製作総指揮が手掛ける『フリー・ガイ』はあの映画の影響を受けていた!

 
内容をざっくり書くと
実際に、仮想ネットワークを舞台にしたSFアドベンチャー『レディ・プレイヤー1』と革新的なビジュアルで仮想世界を描いた『マトリックス』の要素は、本作の”ゲームの世界”という設定に影響を与えていることが見受けられる。
 

何でもアリな”ゲームの世界”を舞台に「ゲームの脇役(モブキャラ)」が「ヒーロー」を目指す爽快アクショ… →このまま続きを読む

 海外ドラマNAVI

最新ニュースやコラムなど、海外ドラマ情報を網羅的にチェックできるサイト。ドラマの見どころや出演キャストをチェックできる作品データベースもあります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

仮想世界

仮想世界(かそうせかい)とはコンピューターネットワークサービスの一つである。

なお、コンピュータ上にではなく、自分の意識の上で、あるいは可能性としてのみ存在する仮想世界を考えることもできるが記事構成上の都合上ここでは取り上げないこととする。

概要

野村総合研究所によると英語ではVirtual Worldと呼ばれるコンピューターネットワークサービスの一つである[1]

そのうちの仮想現実は、コンピュータ上に構築された現実を模した「世界」であると考えることができる。また、現実とは違った法則物理法則など)を設定した世界を作り出すことも考えられる。

仮想世界の代表格のサービスが米リンデンラボが運営するSecondLifeで、知名度向上には貢献したものの、機能制約が多く自由な利用が難しかった。またユーザー数増加に従いセキュリティ面にも課題を残した[2]

歴史

1985年にルーカスアーツが運営していた(日本では1990年の富士通Habitat)が初とされる[3]

2000年ごろから始まり、2006年ごろから話題になり聡明期になり、2007年後半SecondLifeは順調に伸びていたユーザー数が頭打ちになった。その後はコンピューターネットワーク上のサービスが増え、マルチバース化すると予測していた[4]

マルチバース

2009年当時の未来予測によるとSecondLife等以外にも

  • イントラマルチバース - 企業内仮想世界
  • エクストラマルチバース - 企業間仮想世界
  • 仮想空間 - 特定の目的のために用意された狭い部屋

が想定されていた。それらは2010年頃には相互に連携されるようになるとされた[5]

各言語によるニュアンスの違い

現在、「仮想」という言葉の使われ方は混乱している。この混乱は、「Virtual」という英単語に「仮想」という日本語単語を当てはめたために生じている。元々「Virtual」を「仮想」と訳すのは力学用語で用いられていたが、それが一般にも広まったものと考えられる。

日本語の「仮想」という言葉は「仮の想定、想像」というニュアンスが強い。一方、英語の Virtual には「事実上の、実質上の」というニュアンスがあり、仮の想像というわけではない。

例えば先の仮想現実(Virtual reality)は、単なる「想像された現実」ではなく、「これまで現実と呼ばれてきたものとは異なるが事実上の現実」ということである。特にコンピュータの世界では「仮想」とはこのような積極的な意味を持っているため、「仮想世界」という言葉がコンピュータに関する文脈で出てきたときは、単なる想像世界以上のことを意味していることに注意しなければならない。

主なサービス

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p14
  2. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p15-16
  3. ^ 週刊アスキー臨時増刊号 2007年7月24日 p76-79
  4. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p14-15
  5. ^ 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年 p17

参考文献

  • 仮想世界ロードマップ 野村総合研究所技術調査部 東洋経済新報社 2009年
  • 週刊アスキー臨時増刊号 2007年7月24日

関連項目

SFアドベンチャー

SFアドベンチャー』(SF Adventure) は、1979年春に徳間書店から創刊されたSF雑誌である。創刊号にはタイトルの脇に「問題小説 SPECIAL [春季号]」と銘打たれていた。創刊編集長は。1982年からが編集長。三代目編集長は。

掲載作品は、小松左京半村良ら第一線の作家による連載、主軸となった平井和正の『真幻魔大戦』、『狼のレクイエム・黄金の少女』、『地球樹の女神』など、日本人作家のSF作品を主体としていた。1981年に同時期に創刊した光文社のSF雑誌『SF宝石』が休刊したのち、同誌のSF書評連載「新刊チェック・リスト」を受け継いでいる。

日本SF大賞の発表誌でもあった。

表紙絵は創刊時は永井豪が担当。1980年から1987年まで生賴範義が、神話や歴史上の美女画で長らく担当。1988年・89年は加藤直之が担当。1990年は号によって担当イラストレーターが入れ替わり。1991年からは伊藤桂司が担当。

1992年3月号をもって月刊での刊行は終了、季刊のポップカルチャー誌に転身し、判型を大判に変えて4号続くも、1993年夏号で杜絶した。ちなみに最終号の表紙はダウンタウンの顔をポップアート風にしたものであった。徳間書店のSF雑誌としては、2000年から新たに『SF Japan』が創刊されている。

外部リンク


 

Back to Top
Close