ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|『竜とそばかすの姫』ブラバンは京都橘高校吹奏楽部がモデル!


写真 吹奏楽部でアルトサックスを担当するルカちゃん(声:玉城ティナ) – (C) 2021 スタジオ地図

『竜とそばかすの姫』ブラバンは京都橘高校吹奏楽部がモデル!

 
内容をざっくり書くと
作曲・編曲を、米グラミー賞ノミネート歴(ラージ・ジャズ・アンサンブル部門)もあるジャズ作曲家、編曲家、指揮者の 挾間美帆 が担当している。
 

現在公開中の細田守監督の新作アニメーション映画『竜とそばかすの姫』に登場する高校吹奏楽部のブラスバン… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

米グラミー賞ノミネート

挾間美帆

挾間 美帆(はざま みほ、1986年11月13日 - )は、日本ジャズ作曲家編曲家指揮者。下述のように、国立音楽大学で学んだこともあり、ジャンルはジャズにとどまらず管弦楽吹奏楽編成などの楽曲も手掛けている。

人物・来歴

父親が転勤族だったため、北海道、青森、東京と各地を転々としながら育つ。3歳からヤマハ音楽教室エレクトーンを習い始め、小学4年生で「ジュニアエレクトーンコンクール '96 全日本大会」に出場して頭角を現す[1]。その後、1999年に国立音楽大学附属中学校 音楽コース(ピアノ)、2002年に国立音楽大学附属高等学校 音楽科(作曲)に進学した。

2005年に国立音楽大学音楽学部 演奏・創作学科 (作曲専修)に入学。作曲(クラシックや現代音楽)を学び、夏田昌和丸山和範に師事[2]。国立音楽大学の在学中に、国立音楽大学のニュー・タイド・ジャズ・オーケストラに参加し、ジャズへの興味を深める。また、3年在学時に栗山和樹からの推薦で、山下洋輔のピアノ協奏曲第3番《エクスプローラー》のオーケストレーターに抜擢された。

2010年にマンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)へ留学し、ジム・マクニーリー (Jim McNeelyに師事。2012年11月にアルバム『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』をVerveレーベルからリリースし、2013年1月に「東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2013:山下洋輔プロデュース 挾間美帆のジャズ作曲家宣言!」[3]で本格的にデビューした。

2015年にアルバム『タイム・リヴァー』をVerveおよびSunnysideの両レーベルからリリース。2016年、アメリカの『ダウン・ビート』誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人として唯ひとり選出される。2017年5月、シエナ・ウインド・オーケストラのコンポーザー・イン・レジデンスに就任。

2017年9月には「第16回 東京ジャズ 2017」に出演し、デンマークの名門ビッグ・バンド、デンマーク・ラジオ・ビッグ・バンド (DR Big Bandと共演[4]。ジャズ生誕100周年記念ステージのプロデューサーを務めた。その後2019年10月、共演を重ねたデンマーク・ラジオ ビッグバンドの首席指揮者に就任した[5][6]

山下洋輔大西順子須川展也モルゴーア・クァルテットシエナ・ウインド・オーケストラ、ヤマハ吹奏楽団、東京フィルハーモニー交響楽団NHK BSプレミアムのプレミアムよるドラマランチのアッコちゃん』等に作曲した作品を提供してきた。また、坂本龍一鷺巣詩郎ヴィンス・メンドーザメトロポール・オーケストラ、NHK「歌謡チャリティコンサート」等に編曲した作品を提供した。

アルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』が2020年の米グラミー賞の最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム(Best Large Jazz Ensemble Album)部門にノミネートされた[7]

ディスコグラフィ

リーダー・アルバム

作曲・編曲・指揮(一部)

受賞歴等

脚注

[脚注の使い方]

注釈・出典

  1. ^ エレクトーンコンクール '96 ジャパンファイナル”. ヤマハ音楽振興会 (1996年10月13日). 2020年2月6日閲覧。
  2. ^ Miho Hazama Biogrhaphy”. Universal Music Japan. 2020年2月6日閲覧。
  3. ^ 東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2013: 山下洋輔プロデュース 挾間美帆のジャズ作曲家宣言!”. 東京オペラシティ (2012年12月18日). 2019年12月28日閲覧。
  4. ^ 「東京JAZZ 2017」に出演決定!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2017年4月24日). 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ “挾間美帆、デンマークラジオ・ビッグバンドの首席指揮者に就任”. CDJournal (音楽出版社). (2019年6月25日). https://www.cdjournal.com/main/news/hazama-miho/82941 2020年2月13日閲覧。 
  6. ^ Miho Hazama -News”. 2019年6月23日閲覧。
  7. ^ 62nd Annual GRAMMY Awards” (英語). GRAMMY.com (2019年11月19日). 2019年11月25日閲覧。

参考文献

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close