ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🤖|大和の催事きららに初出張 アニメ「呪術廻戦」展


写真 片町きららで始まった人気アニメ「呪術廻戦」の催事=金沢市内

大和の催事きららに初出張 アニメ「呪術廻戦」展

 
内容をざっくり書くと
片町きららでは、呪物を模したあめや、缶バッジ、キーホルダーが並んだ。
 

大和(金沢市)は5日、同市の片町きららで初の出張催事を始めた。人気アニメ「呪術廻戦(じゅじゅつかいせ… →このまま続きを読む

 北國・富山新聞


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

キーホルダー

キーホルダー英語:key holder、 keyring、keychain)は、を一つにまとめて束ねておくための道具。複数の鍵をまとめることで、携帯しやすくなり、紛失しにくくなる。

種類・意匠

キーホルダーは、一つないし複数の鍵を紛失しないように携帯するための道具であるが、こと財布などのように日常的に持って歩くことを主眼とした製品が多く出回っている。これは建物より外に出る際に、建物の内と外を隔てる扉に外部から施錠し、この鍵を外出中は携帯し続ける必要があるためである。

今日広く用いられているのは、キーリングと呼ばれる鍵の着脱が可能なように切れ込みの入った金属製の小環に複数の鍵をぶらさげて使用するタイプで、構造も簡単である。普通、キーリングには持ち手が付されており、掴みやすくするほか何の鍵であるかや誰の所有物であるかなどの識別を容易にする機能がある。

持ち手には様々な意匠が凝らされ、デザインは多様である。例として、何らかのシンボルロゴが入ったプレート状のもの、キャラクターその他を模った立体的なものなど。安価で嵩張らないため、土産物・記念品・ノベルティとしても人気である。

なお鍵によってはその性質上において、外部との衝突や外圧によって変形してしまった場合に、鍵としての機能を果たさなくなるなどの問題も発生しうる。このためキーホルダーでも、鍵を保護するためのないし状の容器としての機能を備え、鍵を保護するものもあり、ルイ・ヴィトンでキーホルダー(key holder)と言えば革製のキーケースを指す。

また不用意に落としたり盗まれたりしても、それを得た側が悪用できないように工夫されているものもみられる。

意匠性を重視したものではアクセサリーとしての側面もあり、ことマスコットが取り付けられたキーホルダーを、キーホルダーとしてではなくマスコットグッズとしてストラップなどの飾りに利用する様式も見られる。 また、カバンやリュックへの飾りに利用する様式も見られる。

キーホルダーと機能

キーホルダーでも単純なものでは、単に鍵を保持するためだけの機能しか持たない。そのような単純な製品は、それ自体が主体ではなく鍵の付属品であったり、あるいは前述のノベルティあるいは粗品など広告のために無償で配布されるような物品にも見られる。単なる針金でも、鍵を束ねて利用していれば、それは実質キーホルダーである。

ただしよく持ち歩く物品であることから、これにほかの機能を付け足す(多機能化)という考えは広く存在し、この中には電子的な通信機を内蔵して遠隔操作を可能とするスマートエントリーなどの機能を付与したものも見られるが、これはむしろ鍵の一部である。こういった多機能化の方向性では、前述のマスコットなどは愛玩対象など他愛もない機能を付与したものであり、このほかにもナイフ懐中電灯工具といった機能をもつものも見られる。 反射材や、畜光材のチャームが付いたキーホルダーもあり、交通安全グッズとしても利用されている。

また持ち歩くということは失くしてしまい易いという面もあり、この捜索を容易にするために口笛の音に反応して音を出すような製品も見られる。また、プレジャーボートの鍵のように水辺で使うことを前提としたものには、浮きとしての機能を持つ(鍵束が付いた程度では絶対に沈まない)キーホルダーも利用される。比較的よく見られる製品では、ベルトなどに紐やリールなどで一端を固定し、より落としにくくしたものも販売・流通している。

観光地劇場ドライブインなどでその当地の名前などを記し、イラストや彫り物で立体的に表現したキーホルダーが出回ってはいるが、近年はキーホルダー自体の需要の少なさや、製造工程における金型のコスト面の問題、さらに同じキーホルダーでもキャラクターに名所、名産を絡ませたもの(キティちゃん加トちゃんONE PIECEの各ご当地シリーズなど)に取って代わっている感があり、旧態依然のモデルのものは淘汰されつつある。

危険性

自動車において、必要以上に大型のキーホルダーや重いキーホルダー(多くのキーをぶらさげることを含む)を使用することは、運転者の脚部に接触してハンドル操作を誤らせるきっかけを作ったり、意図せずキーが回転する動作を招く可能性があり危険である[1]。また、重いキーホルダーがイグニッションスイッチのセンサー類の動作を阻害し、死亡事故を招いた例も存在する(この事例は、結果的にリコールの対象となった(ゼネラルモーターズ大規模リコール (2014年)を参照))。

脚注

関連項目

片町きらら

片町きらら(かたまちきらら、英語: Katamachi Kirara)は、石川県金沢市片町にある複合商業施設である。建設中のビルの仮称は片町A地区再開発新ビルであった。

概要

2011年(平成23年)5月1日付で大和の社内に社長の宮二朗を委員長とする[1]「ラブロ再開発準備委員会」が設置されて[2]周辺の地権者と構成した「片町A地区再生推進協議会」で商業施設をベースとする整備構想を取りまとめ[3]、金沢市の2012年(平成24年)度当初予算案に周辺ビル約10棟を含む地区の再開発計画の策定支援費500万円が計上されるなど建替え構想が浮上した[3]

ラブロ片町を含む片町地区の再開発を行うため、2014年平成26年)に片町A地区市街地再開発組合が設立され[4]2015年(平成27年)9月18日に再開発ビル「片町きらら」が開業した[5]。フロア面積が再開発前よりも減少する、全国的に珍しい再開発となった。

名称は公募で決められ、2015年(平成27年)4月に名称を片町きららと決定した。この名前には、片町にふさわしい輝くように美しくきららかな未来を感じさせるランドマークになってほしいという思いが込められている[6]

2016年(平成28年)、片町きららの商業フロアの施設管理者である株式会社 プロパティマネジメント片町(PM片町)が、施設所有者である株式会社大和持分法適用会社となった[7]

テナント

現在のフロア・テナントは、公式サイトのフロアガイドあるいはショップリストを参照。

H&Mが北陸地方初出店、ロフトが石川県内初出店[9]となった。

まちかど思い出ピアノ

2017年10月に、通る人が気軽にピアノできるようにストリートピアノ「まちかど思い出ピアノ」を金沢市が設置した[10][11][12]。当初は金沢駅もてなしドーム地下広場と片町きららの2か所に設置した[13]。片町のピアノは、旧金沢市立菊川町小学校(廃校、現在の金沢市立犀桜小学校)で使用されたピアノを金沢美術工芸大学の学生が装飾を施し再生したものであった[10][11]

2018年7月、片町きららに設置されていたピアノを学生(当時)が破壊(事件後器物損壊罪で逮捕)[13][14]。翌月に撤去されたが、2019年9月に金沢市立北鳴中学校で使用されたピアノが再生され展示されることになった[15]。事件を受け、防犯カメラが設置され[13]監視できるよう防犯対策が強化された。なお、新型コロナウイルスへの感染防止の観点から、2020年4月に撤去されたが再開は未定となっている[16]

交通アクセス

路線バス
北陸鉄道またはまちバス「片町」バス停下車、徒歩すぐ。
レンタサイクル
まちのりの[20]片町ポートが片町きらら裏の駐輪場に設置されている。
駐車場
「金沢まちなかパーキングネット」と提携している。

周辺

脚注

  1. ^ “香林坊大和全フロア改装「デパ地下」機能など充実へ”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 24. (2011年4月15日) 
  2. ^ “片町再開発が始動 基本計画策定に着手”. 北國新聞 (北國新聞社). (2012年2月25日) [要ページ番号]
  3. ^ a b “6千平方メートルを想定 片町再開発”. 北國新聞 (北國新聞社). (2012年2月28日) [要ページ番号]
  4. ^ 谷口大河(2014年2月18日). “片町再開発で組合設立 16年春開業へ事業費54億円”. 北陸中日新聞 (中日新聞社)[要ページ番号]
  5. ^ “金沢市に「きらら」オープン 再開発ビル、片町再生へ一歩”. 北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2015年9月18日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000004129 2018年9月30日閲覧。 
  6. ^ “金沢・片町の新複合ビルの名称が決定 9月開業予定”. 金沢経済新聞. (2015年4月29日). https://kanazawa.keizai.biz/headline/2435/ 2018年9月30日閲覧。 
  7. ^ 大和/金沢市の再開発事業会社を持分法適用関連会社化”. 流通ニュース. (2016年05月26日)
  8. ^ 片町きらら内に新店 スギ薬局”. 北國新聞 (2020年11月20日). 2021年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年2月11日閲覧。
  9. ^ “金沢の新複合ビル「片町きらら」にロフト出店へ 待望の決定に喜びの声も”. 金沢経済新聞. (2015年5月19日). https://kanazawa.keizai.biz/headline/2445/ 2018年9月30日閲覧。 
  10. ^ a b “金沢駅と片町にストリートピアノ設置 小学校の廃ピアノ再利用、にぎわい創出狙う”. 金沢経済新聞. (2017年10月16日). https://kanazawa.keizai.biz/headline/2916/ 2021年2月11日閲覧。 
  11. ^ a b “学校でリタイアの思い出ピアノ、街角で「ご自由にお弾きください」 金沢、ネットで話題、訪問者増”. 産経WEST. (2017年11月2日). https://www.sankei.com/west/news/171102/wst1711020016-n1.html 2021年2月11日閲覧。 
  12. ^ 思い出ピアノ、独占やめて 金沢市が呼び掛け”. 北國新聞 (2020年3月9日). 2020年3月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年2月11日閲覧。
  13. ^ a b c “思い出ピアノ、いつでも演奏を 金沢駅西地下に設置”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2018年9月13日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000016247 2021年2月11日閲覧。 
  14. ^ “思い出ピアノ壊したのはなぜ・・・ 器物損壊容疑で学生逮捕”. 北陸朝日放送公式ページ. (2018年8月2日). https://www.youtube.com/watch?v=ZotSqYdKur8 2021年2月11日閲覧。 
  15. ^ “石川)おかえり「思い出ピアノ」 片町きらら広場”. 朝日新聞デジタル. (2019年9月29日). オリジナルの2019年9月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190929053650/https://www.asahi.com/articles/ASM9V4T8JM9VPJLB00J.html 2021年2月11日閲覧。 
  16. ^ “思い出ピアノ 止まった調べ 金沢の3台 再開めど立たず”. 中日新聞Web. (2020年11月30日). オリジナルの2020年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201207104601/https://www.chunichi.co.jp/article/162415 2021年2月11日閲覧。 

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close