ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|【追悼・千葉真一】世界的スターの“時代劇”への熱き想いと傑作の数々 『柳生一族の陰謀』『将軍家…


写真 Allstar Picture Library / Zeta Image

【追悼・千葉真一】世界的スターの“時代劇”への熱き想いと傑作の数々 『柳生一族の陰謀』『将軍家…

 
内容をざっくり書くと
そして『柳生一族~』と同じく、フカキン、ヨロキン、千葉さんが再結集した 『赤穂城断絶』 (1978年)が興行的に予想を下回る失敗に終わり、東映時代劇の復活はわずか2年で終了してしまう。
 

千葉真一さんを偲んで2021年8月19日、千葉真一さんが亡くなられた。 日本のアクション映画の第一人… →このまま続きを読む

 BANGER!!!

映画愛、爆発!!! もうフツーの映画だけでは満足できない映画ファンに味わい深いツボのある映画やドラマを、独自の視点でオススメする(ちょっとジャンルのかたよった)映画評論・情報サイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

柳生氏

柳生氏(やぎゅうし)は、武家華族だった日本氏族柳生宗矩徳川秀忠徳川家光の剣法指南役として台頭して柳生藩主となり、維新後、華族の子爵に列する[1]

概要

出自

新井白石が作成した系譜の『藩翰譜』(または後世の『寛政重修諸家譜』)によると、柳生氏の姓は菅原姓とされ、菅原道真が祖先とも言われている。使用の家紋は、「地楡に雀」、替紋に「柳生笠」。

実際の柳生氏の事項が明らかになるのは、南北期の(別名:宗珍、大膳亮の子とされる)の頃からで、柳生家の家譜である『』によると、元弘3年(1331年)に、南朝方として、六波羅探題北条仲時時益の軍勢と戦った永珍は戦功によって、後醍醐帝から賜った大和国小楊生庄(大楊生庄とも)の領主となり、柳生氏と名乗ったことから始まるとされる(ただし、『玉栄拾遺』の記述自体も伝承の域を出ないという)。

柳生家の発祥地は大和国添上郡柳生郷(現奈良市)で、大和国北部にある。また「楊生」・「夜岐布」・「夜支布」・「養父」とも記され、いずれも「やぎふ(やぎう)」と訓むという。

戦国期に、上泉信綱から新陰流を相伝された柳生宗厳(石舟斎)は、永珍(宗珍)から8代目の子孫に当たる人物である。

大名への出世

室町時代の柳生氏の動向は殆ど不明であり、木沢長政筒井順昭に属する小領主にすぎなかった。しかし永禄2年(1559年松永久秀の大和侵攻を機に柳生宗厳が久秀に仕官すると、宗厳は久秀の取次を務めるなど信頼を深めていく。久秀が織田信長と同盟を結ぶと、外部の信長からも認知される存在となり、久秀の下で興福寺在陣衆を指揮するなど松永軍の軍事的基盤にもなる[2]。しかし天正5年(1577年)に久秀が織田信長と争って滅亡すると、代わって大和を守護した筒井順慶にも従わず、縁の深い十市遠長と結託した(『多聞院日記』)。さらに豊臣秀吉太閤検地によって隠田の罪で2,000石の所領を没収されるなど、次第に落ちぶれていった。

領主として没落する一方で、宗厳は上泉より相伝を受けた剣豪として名声を得て、その門下には毛利輝元などの大名も名を連ねた[3]文禄3年(1594年5月3日には、黒田長政の仲介により当時秀吉に次ぐ実力者であった徳川家康と面会し、家康の前で「無刀取り」を披露したことにより、兵法指南役に迎えたいと申し出を受ける。宗厳は当時、すでに66歳という老齢だったため、これを辞退し代わりに、五男の柳生宗矩を指南役として推挙したのである。そのことが、『玉栄拾遺』にも詳細に記されている。

文禄甲午の年、聚楽紫竹村にて宗厳公の剣術始て神君(徳川家康)上覧。木刀を持玉ひ。宗厳是を執るべしと上意あり。即ち公無刀にて執り給ふ。其時神君後ろへ倒れ玉はんとし、上手なり向後師たるべしとの上意の上、景則の刀を賜ひて誓詞を辱くす。時に5月3日也。且俸禄200石を賜ふ

なにはともあれ、信長・秀吉時代に落ちぶれた柳生氏は、家康時代に再び世に出ることとなったのである

宗矩の台頭

宗矩は宗厳の五男である。宗矩が徳川氏に仕えていたのは、長男の柳生厳勝は久秀配下として筒井順慶と戦ったとき、鉄砲により戦傷を負い、次男のと三男のは僧侶となり、四男の柳生五郎右衛門中村一氏に仕官していたからである。

家康の下、宗矩は、大いに活躍した。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康の命を受けて大和の豪族の調略に従事し、西軍の後方攪乱作戦も務めた。翌年、その功績により旧領2,000石に加えて新たに1,000石を加増され、徳川秀忠の兵法指南役となる。宗矩は秀忠からの信任が厚かったと言われている。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では徳川軍の大和国の道案内役を務め、翌年の大坂夏の陣では秀忠の身辺警護を務め、敵兵7名を斬殺した。

元和7年(1621年)からは徳川家光の兵法指南役となり、寛永6年(1629年)には従五位下但馬守を叙任する。寛永9年(1632年)には井上政重らと共に(後の大目付)に任じられ、3,000石を加増された。寛永13年(1636年)には4,000石を加増され、合計1万石の大名となる(柳生藩)。寛永19年(1639年)にも2,000石、翌年にも500石を加増され、合計して1万2,500石を領する大名となった。

宗矩と同時期に将軍家の兵法指南役であった一刀流の小野忠明(御子神典膳)の所領は600石ほどであった。一方の宗矩は家康・秀忠・家光の徳川三代に仕えて大名にまで栄進したのだから、相当の信任を受けていたことがうかがえる。

柳生藩

宗矩の死後、遺領は3人の息子(三厳宗冬列堂義仙)によって分知されたため、柳生氏は一代で旗本に戻るが、三厳の死後に家督を相続した宗冬の代に再び大名に復帰する。以後、明治維新まで柳生藩を領した。しかし藩主が江戸に定府していたこともあって、城下の発展はあまり見られなかった[4]

宗家の他に尾張藩に仕えた宗矩の甥・柳生利厳(兵庫助)の系統(尾張柳生)がある。

「柳生宗家」について

現在、利厳の子孫である尾張柳生家は、正しい柳生宗家(本家)は嫡流の自家であり、宗矩の家(江戸柳生家)は分家であると主張している[5]。その一方、この主張に対して以下の問題点が指摘される。

  1. 戦国時代において、宗家を継ぐ嫡男は必ずしも長男のことを指すとは限らず、当主の決定によって変えられることが多々あった。柳生家においても、関が原の戦いの後、代々の所領である柳生庄を取り戻した宗厳は、慶長6年、その全てを宗矩一人に継がせた。これにより宗矩の石高は元々の1000石に柳生庄2000石が加わり、計3000石となっている。これについて尾張柳生家の子孫である柳生厳長は、自著『正傳新陰流』において、「宗厳の長男である厳勝(新次郎)は宗厳から惣領分の所領を貰った」と主張しているが、もしそうであれば、厳勝の嫡男である利厳が、加藤清正に仕官するために家を出たのは不自然である(同時期に利厳の弟である権右衛門も伊達政宗に仕官しているため、厳勝の跡を継ぐ男子が一人も残らないことになる)
  2. 『徳川実紀』『寛政重修諸家譜』などの江戸時代の記録において、柳生宗家とされているのは一貫して宗矩の江戸柳生家である。これに対し、柳生厳長は自著『正傳新陰流』にて、これは事実が歪曲されたものだと主張している。
  3. この尾張柳生家が柳生宗家であるとする主張は、当の尾張柳生家の史料でも確認できず、資料上に登場し始めるのは、第20世当主・柳生厳長による著作(『柳生流兵法と道統』『正傳新陰流』など)が出始めた大正以降である。

明治以降

維新後に華族に列し、1884年(明治17年)7月8日に柳生俊郎子爵位を授けられた[6]。その息子柳生俊久子爵は陸軍軍人となり、歩兵大佐まで昇進した。柳生子爵家の邸宅は東京市渋谷区代々木にあった[1]

系譜

凡例

  1. 実線は実子、点線は養子
  2. 数字は宗家家督継承順。括弧内の数字は藩主継承順。ローマ数字は尾張柳生家督継承順。
  3. 太字は柳生藩主。斜体は尾張柳生家当主。

注釈

  1. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 191.
  2. ^ 天野忠幸 2018 p.164
  3. ^ 本林義範、「柳生宗厳兵法伝書考 -毛利博物館所蔵資料を中心として-」『論叢アジアの文化と思想』 1995年 4巻 p.27-45, アジアの文化と思想の会
  4. ^ 藩名・旧国名がわかる事典『柳生藩』 - コトバンク
  5. ^ 柳生新陰流公式ホームページ「柳生新陰流道統」
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 338.

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク

1978年

1978年(1978 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる平年昭和53年。

この項目では、国際的な視点に基づいた1978年について記載する。

他の紀年法

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー

1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

  • 5月13日 - イタリア、世界初の精神科病院廃絶法「180号法(通称、バザリア法またはバザーリア法)」公布。
  • 5月17日 - エルサルバドルでインシンカ社社長・松本不二雄が誘拐される(半年後に遺体で発見)。
  • 5月23日 - 第1回国連軍縮特別総会開幕(7月1日最終文書を採択)。

6月

7月

8月

9月

  • 9月26日 - 東芝が世界初の日本語ワードプロセッサJW-10発表(翌年2月発売)。
  • 9月28日 - 日本テレビが世界初の音声多重放送(音声多重実用化試験放送)を開始。

10月

11月

12月

芸術・文化・ファッション

スポーツ

音楽

映画

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 2月 - 兵藤光彦教授、京都国際科学者会議でUFOと宇宙人の存在について演説。しかし、数日後に外国人によって拉致される。(映画『ブルークリスマス』)[2]
  • 春 - ソビエトの探検船「ソビエツキー・ソユーズ号」が初の月面着陸を目指すが、晴の海北東部へと降下中、着陸5分前に交信を絶つ。(小説『』)[3]
  • 夏 - インタープラネタリーの宇宙船「プロメテウス号」が、月面雨の海への着陸を目指してオーストラリアルナ・シティより打揚げられる。史上最初の月面への飛行。(小説『宇宙への序曲』)[4]
  • 秋 - アメリカの探検船「スターズ・アンド・アメリカン号」が月面晴の海東端に着陸。周囲の調査を行っている最中、「ペナントが崩れている!」という言葉を最後に通信が途絶する。(小説『晴の海一九七九年』)[3]
  • 後半 - 3名の宇宙飛行士を乗せたアメリカの宇宙船が金星へと出発するが、乗組員らは金星で知能を持つ寄生性のビールスに感染してしまう。(小説『』)[5]
  • 不明 - ハリマン・ストロング・アンド・ハリマン産業による最初の月ロケット「パイオニア号」がコロラド州ピーターソン基地から離陸し、月の英語版火口西方に着陸する。(小説『月を売った男』)[6]
  • 不明 - C・ワークッチャア博士、世界初の「電子脳」を発明。(漫画『鉄腕アトム』)
  • 不明 - 「時間の鍵」の3つ目の破片がストーンヘンジで発見される。同時にロマーナが宗教組織に捕獲され、生贄にされかける。(ドラマ『ドクター・フー』)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ コービー・ブライアント氏事故死 元NBAスーパースター、ヘリ墜落―米”. 時事通信 (2020年1月27日). 2020年11月3日閲覧。
  2. ^ ブルークリスマス - Movie Walker。2018年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 光瀬龍『宇宙年代記1 宇宙救助隊二一八〇年』早川書房、1975年、78・79頁。ISBN 978-4-15-030058-6
  4. ^ アーサー・C・クラーク『宇宙への序曲』早川書房、1992年、9 - 12・27・118・123・155・156・209・231・248 - 259・261・264頁。ISBN 978-4-15-010965-3
  5. ^ エリック・フランク・ラッセル『金星の尖兵』東京創元社、1965年、8・95 - 98・124・203 - 212頁。ISBN 978-4-488-63101-7
  6. ^ ロバート・A・ハインライン『月を売った男』東京創元社、1964年、105・181・219 - 231・332頁。ISBN 978-4-488-61802-5

関連項目


 

Back to Top
Close