ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|『マスカレード・ホテル』オリジナルシーンの秘密 鈴木雅之監督、さんま出演にも言及


写真 映画『マスカレード・ナイト』より – (C) 2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

『マスカレード・ホテル』オリジナルシーンの秘密 鈴木雅之監督、さんま出演にも言及

 
内容をざっくり書くと
佐藤直紀 による荘厳なメインテーマが流れるなか、突如としてロビー内は無人となり、入り口から現れたのは、きらびやかな赤のドレスをまとった山岸。
 

2019年に公開された木村拓哉、長澤まさみ共演によるヒット作の続編『マスカレード・ナイト』(公開中)… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

メイン・テーマ

メイン・テーマ』は、1984年に角川春樹事務所が製作した日本の青春映画である。カラー・101分。森田芳光監督。主演は薬師丸ひろ子野村宏伸

片岡義男原作とあるが、片岡の書いている「メイン・テーマ」シリーズの中に、この映画と同じストーリーのものはなく、オリジナル・ストーリーである。ダットサントラック4WDで旅に出る青年など、映画と共通するキャラクターや部分的に重なるストーリーはある。片岡は初めから映画化を考え、20歳の薬師丸を意識して書き下ろした[1]

愛情物語』との2本立てで、配給収入18億5000万円のヒットとなった。1984年の邦画で2位[2]

ストーリー

幼稚園で先生をしていた小笠原しぶき(薬師丸ひろ子)はひょんなことで退職せざるを得なくなり、失業する。房総の海岸で偶然に知り合った見習いマジシャン(野村宏伸)と4WDでの旅をすることになる。しぶきの目的地は大阪。かつて幼稚園で面倒を見ていた子供が、親の転勤で転校していったのだが、その子供の父親(財津和夫)に心惹かれていたからだった。

その後、浜松、大阪、そして沖縄と舞台はうつっていく。

キャスト

スタッフ

劇中歌

  • こぶたぬきつねこ(歌:薬師丸ひろ子) - 山本直純作詞・作曲の童謡
  • オール・オブ・ミー (歌:桃井かおり) - ポピュラー・ソング、かつ、ジャズのスタンダード・ナンバー
  • 素敵なあなた (歌:桃井かおり) - ジャズのスタンダード・ナンバー

ロケ地

製作準備

オーディション

野村宏伸はこの映画の「薬師丸ひろ子の相手役募集」オーディションに妹が応募して、23000人の中から森田芳光に選ばれ合格した。野村は500万、妹は100万の賞金を得た。実は唐沢寿明もこのオーディションに参加しており、最終審査まで行ったという[3]。このとき野村が「将来は何になりたいか」という質問に「サラリーマンになりたいです」と答えたので印象に残ったという。津田寛治もこのオーディションを受け落選している。

運転免許

薬師丸は『里見八犬伝』(1983年)の撮影中、本作『メイン・テーマ』の撮影で自動車運転免許が必要になり教習所に通った[4]。同時期同じ教習所に竹内まりやが通っていた[5]

作品の評価

映画批評家レビュー

週刊平凡』1984年7月20日号「五ツ星採点表」、白井佳夫「森田監督はどんな題材もワンパターンの才気型映像演出で映画にしてしまうのでつまらない(5点/10点満点)」、藤枝勉「この映画を認知するのは高校や大学の映画同好会のみ。期待の森田監督の演出観に疑問(5点/10点満点)」、渡辺祥子「少女の部分を純粋培養されたひろ子ちゃんがイイけど、ひどい水着を着せたアホはだれだ!?(7点/10点満点)」[1]

賞歴

関連商品

Blu-ray / DVD

サウンドトラック

音楽は塩村修が手がけた。サウンドトラックは1984年8月1日に東芝EMIより発売された。

トラックリスト
#タイトル作詞作曲・編曲Vocal時間
1.「プロローグ (メイン・テーマ)」   
2.「ファースト・コンタクト (スロー・バラード)」   
3.「浜松ミステリアス・ナイト」   
4.「スロー・バラード」  薬師丸ひろ子
5.「JOTF1251 KHz」   
6.「オール・オブ・ミー」  桃井かおり
7.「渚の二人」   
8.「こぶたぬきつねこ」  薬師丸ひろ子
9.「4WDのバラード (スロー・バラード)」   
10.「メイン・テーマ」  薬師丸ひろ子
11.「揺れる心 (メイン・テーマ)」   
12.「シーサイド・バウンド」   
13.「君にマジック」   
14.「素適なあなた (BEIMIR BIST DU SCHON)」  桃井かおり
15.「エピローグ」   
合計時間:

書籍

  • 『シナリオ メイン・テーマ』(角川文庫 / 1984年6月発行 / ISBN 4041371988
  • 『メイン・テーマ カドカワフィルムストーリー』(角川文庫 / 1984年8月発行 / ISBN 4041595029

備考

脚注

注釈

  1. ^ エンドロールに名前がきちんと記載されている

出典

  1. ^ a b 「五ツ星採点表」『週刊平凡』1984年7月20日号、平凡出版、 146-147頁。
  2. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 唐沢の自伝書「ふたり」から
  4. ^ 竹内まりや、薬師丸ひろ子「卒業・恋のレッスン1」『月刊カドカワ1988年昭和63年)4月、角川書店、1988年、 104頁。
  5. ^ 竹内まりや、薬師丸ひろ子「卒業・恋のレッスン1」『月刊カドカワ1988年昭和63年)4月、角川書店、1988年、 103頁。
  6. ^ 「戦国自衛隊」や「七日間戦争」など角川映画20本BD化 - AV Watch” (2012年7月6日). 2014年11月4日閲覧。
  7. ^ 角川映画40周年記念、「犬神家」「セーラー服」など30タイトルの廉価版DVD発売 - 映画ナタリー” (2016年1月28日). 2016年8月14日閲覧。

関連項目

外部リンク

佐藤直紀

佐藤 直紀(さとう なおき、1970年5月2日 - )は、日本作曲家編曲家千葉県出身。日出学園中学校・高等学校東京音楽大学作曲科卒業。

人物

中学生の時、師事していたピアノ教師の影響で作曲に関心を持つ[1]。高校から和声対位法などの音楽理論を学び始め、音大への進学を目指すようになる。師事していた先生からの助言もあり、東京音楽大学作曲科の映画・放送音楽コースに進学。一期生として[2]大学在学中に様々なジャンルの音楽を学んだ[3]

活動は、クラシックからロックまで幅広く主に映画音楽ドラマアニメーションミュージカルなどの音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がける。

第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を『ALWAYS 三丁目の夕日』で受賞した。

サウンド面では、『GOOD LUCK!!』や『龍馬伝』のようにシンセサウンドを前面に出しつつオーケストラなど他の楽器の音を装飾音として加えるというパターンのものも少なくないが[4]、『カーネーション』のように電子楽器を使用しない楽曲も手掛けている[5]

映像音楽について映像に合っているものや感情移入しやすいものであることを第一に優先すべきと考えており、作曲においては自身の音楽性を主張するよりも監督やプロデューサーの意向に添うものを提供することを重視している[1]

既婚者で息子がいる[6]

受賞歴

主な作品

映画

ドラマ

アニメ

CM

ゲーム

その他

出演

参考文献

脚注

  1. ^ a b 腹巻猫「『ローレライ』の音楽 作曲家佐藤直紀INTERVIEW」『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ、2005年5月1日、 86頁、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ “作曲家、佐藤直紀先生が映画・放送音楽コースの客員教授に就任します!”. 東京音楽大学. (2019年12月24日). http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/news/20191224.html 2020年3月10日閲覧。 
  3. ^ 作家で聴く音楽JASRAC(2014年9月)
  4. ^ 龍馬伝』については加えて民俗楽器の音を前面に出した曲も多かった。
  5. ^ 『カーネーション』については同番組のガイドブックによると、舞台となっている大正時代のイメージを出すうえで電子楽器を使わない方が良いと判断したためという。
  6. ^ ふたりはプリキュア Splash Starサウンドトラック、ブックレット内ライナーノーツ。
  7. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  8. ^ 第44回 日本アカデミー賞 優秀賞決定!、日本アカデミー賞公式サイト、2021年2月16日閲覧。
  9. ^ 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー パンフレット』東宝、2019年8月2日、29頁。
  10. ^ 五輪表彰式の曲 桑子真帆アナ「この曲を聞くと」 作曲は佐藤直紀氏「三丁目の夕日」など”. デイリースポーツ (2021年8月9日). 2021年8月9日閲覧。
  11. ^ もやしもん : 作品情報”. アニメハック. 2020年9月4日閲覧。
  12. ^ BLOOD-C : 作品情報”. アニメハック. 2020年4月25日閲覧。
  13. ^ NHKスペシャル 恐竜VSほ乳類 1億5千万年の戦い - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  14. ^ 日テレ×佐藤直紀×読響、新元号への移行彩る楽曲制作「新時代へ」
  15. ^ 東京五輪、表彰式の音楽が破格の壮大さ…大河『青天を衝け』の作曲家が作曲、ロス五輪に匹敵 - Business Journal 2021年7月3日

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close