ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|小松菜奈×坂口健太郎、『余命10年』W主演決定 切なさと生きる輝きが詰まった特報解禁


写真 映画『余命10年』ティザービジュアル(C)2022映画「余命10年」製作委員会

小松菜奈×坂口健太郎、『余命10年』W主演決定 切なさと生きる輝きが詰まった特報解禁

 
内容をざっくり書くと
二人が演じた10年の月日が刻まれた『余命10年』を楽しみにしていて下さい」と自信を見せている。
 

女優の小松菜奈と俳優の坂口健太郎が、2022年春公開の映画『余命10年』でダブル主演を務めることが発… →このまま続きを読む

 クランクイン!

国内外の映画&テレビドラマの最新情報を中心に、アニメ・海外ゴシップなどネットで話題になっているエンタメの「今」を毎日ニュースで発信!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

余命10年

余命10年』(よめいじゅうねん)は、小坂流加による日本恋愛小説文芸社より2007年6月15日に刊行され、同年12月20日にソフトカバー版が、2007年刊行の単行本に加筆・修正したうえでカバーイラストを変えて、2017年5月15日に文庫版がそれぞれ刊行された[1]。 なお、難病を患っていた著者の小坂は文庫版の編集が終わった直後に病状が悪化し、発売3か月前の2017年2月に逝去している[1]

2017年に静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」大賞[2]2021年6月時点で累計発行部数は47万部を記録している[3]

数万人に一人という不治の病を患い、余命が10年であることを知った、20歳の主人公の女性の死に向かって生きる様を描いた物語。

あらすじ

登場人物

高林茉莉(たかばやし まつり)
本作の主人公。  
20歳の時に国の難病に指定されている遺伝性の病を患っていることを宣告され、さらにこれまでその病を患った患者が10年までしか生きていないことを知る。結婚する友人のためにウェディングドレスを作る器用さを持つ反面、プロの漫画家になるのが夢だったが、叶うことはなかった。茉莉の没後8年を経て、亡くなる前に「思い出を捨てるために」母校の小学校を訪れて焼却炉に思い出のノートを捨てていたことが、茉莉と同じ目的で小学校を訪れた和人と8年前の現場を目撃していた小学校の校務員との会話で明らかになった。
真部和人(まなべ かずと)
茉莉の恋人。
茉莉が和人の家を訪れた際に死ぬ病気だからこれ以上付き合うことはできないと告白されても、何とか茉莉の気持ちを覆そうと必至に反論するが、結局は茉莉から指輪を返されて別れてしまう。茉莉の葬儀の際には袴を着用して出席し、棺で眠る茉莉に最後の別れをした。その際に茶道の流派の次期家元になることを伝えた。
桔梗(ききょう)
茉莉の姉。 
妹の茉莉だけが祖母が亡くなったのと同じ遺伝性の病を患ったことに対して後ろめたさを感じており、結婚してからも夫の聡のアドバイスで常に茉莉のそばに寄り添ってきた。
沙苗(さなえ)
茉莉の友人。コスプレマニアで「桜姫華」というペンネームを持っている。
生粋の美少女で、茉莉とは互いに結婚する際にはウェディングドレスを作るという約束をしていた。結婚の際に茉莉が製作したウェディングドレスを着用したが、沙苗が茉莉にウェディングドレスを製作することはなかった。茉莉の葬儀の際には友人として手伝いに来ており、会場に訪れた和人を茉莉が眠る棺に案内している。
新谷美幸(しんたに みゆき)
茉莉の友人。
小学校時代、運動会のリレー選手だった時に派手に転んでしまい、それがきっかけで集団シカトのターゲットに祀り上げられた。次第にクラスでも独りぼっちになることが多くなる。結婚後、自宅を訪れた茉莉から助けてあげられなかったことへの謝罪を受けている。
凛子(りんこ)
茉莉と同じ病棟に入院している20歳の患者。
茉莉と同じ病を患っており、数年前に茉莉と出会ってからの入院友達。ある日、検査に向かう途中で茉莉の病室を訪れてマメシバのあみぐるみをプレゼントする。
聡(さとし)
桔梗の夫。
とても優しく誠実な性格で、妻である桔梗だけではなく、義妹である茉莉にも気を遣う。

書籍情報

映画

2022年春に公開予定。監督は藤井道人、脚本は岡田惠和と渡邉真子[4]。主演は小松菜奈坂口健太郎[5][6]

製作

初めて原作を読んだ時のことについて、監督の藤井は「普段見落としがちな四季折々の自然の変化や、茉莉と和人が過ごした日々がまるで原作者が思い描いた『夢』だったように感じ、直感的に映画として残そうと思った」「当たり前と思っていた世相が当たり前として成り立たなくなっている今の状況に対し、この作品が明日を生きる糧となるようにという願いを込めた」としている[4]

茉莉役を務めた小松はこの1年の撮影を振り返る形で、「命は軽いものではないからこそ、中途半端な気持ちで挑むつもりはなかったし、どうすればこの気持ちを自分なりに伝えることができるのかを模索してきた。だからこそ自分ではない人間を演じた1年という年月は、何にも代えがたい、尊い時間が詰まっていると思うし、茉莉として精一杯生きてきたという思いが込み上げてくる」とコメントした上で、「私たちが紡いできた1年という時間に嘘はない。観る方々に後悔はさせません」とこの映画に対する熱い想いを綴った[5][6]

キャスト

スタッフ

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク

10年

10年(10 ねん)は、西暦ユリウス暦)による、平年

他の紀年法

この節は、ウィキプロジェクト 紀年法ガイドラインに基づいて記述されています。この節に大きな変更を加える場合には、あらかじめ上記プロジェクトのノートで提案し、合意を形成してください。

カレンダー

1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728
3月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
4月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
5月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
7月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
8月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
9月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
10月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
11月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
12月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

できごと

誕生

死去

脚注

注釈

出典

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close