ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥| さんま ナイナイ矢部に「ちょっと説教しようと思って」…思わぬ怒りの発端とは


写真 さんまが怒っている(東スポWeb)

さんま ナイナイ矢部に「ちょっと説教しようと思って」…思わぬ怒りの発端とは

 
内容をざっくり書くと
ナインティナイン・矢部浩之は先日CD「スタンドバイミー」で〝ソロ歌手デビュー〟。
 

明石家さんまが13日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。後輩のCDデビューに難癖を… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ソロ歌手デビュー

ナインティナイン

ナインティナイン: NINETY-NINE)は、吉本興業(東京本社)に所属する岡村隆史矢部浩之からなる日本お笑いコンビ司会者1990年4月結成。略称は「ナイナイ」「99」。共に既婚。

メンバー

岡村 隆史(おかむら たかし、1970年7月3日 - )(51歳)
大阪府大阪市東淀川区出身。
ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。
矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年10月23日 - )(50歳)
大阪府吹田市出身。
ツッコミ担当、立ち位置は向かって左。

来歴

素人時代

大阪府立茨木西高等学校サッカー部の先輩後輩として出会う。岡村(当時高1)は矢部の兄・矢部美幸(当時高2)とサッカー部の先輩後輩で面識があり、自宅へ招かれたところに後の相方となる矢部(当時中3)がいたのが初対面となる。後に矢部が同じ高校のサッカー部へ所属し、練習中に矢部から岡村に「岡村さん、『夕やけニャンニャン』って見てはります? 僕あれ観てるとドキドキするんですよ」と話しかけたのが初めて交わした会話である。

サッカーのプロを目指していた矢部であったが、志半ばで断念。進路で悩んでいた中で昔からお笑いが好きであったことや、矢部の兄・美幸が吉本総合芸能学院(NSC)に入学したのがきっかけで芸人を志すようになった。そこで当時浪人生であった岡村を誘ってみると、「大学に合格できたら」という条件付きで承諾される。それから1年が経過した1990年、岡村が立命館大学経済学部第二部に合格したため改めて矢部からの誘いを承諾。ある日、「お笑い芸人になるからには笑いの聖地を見学しに行こう」という理由でなんばグランド花月に2人とも足を運んだところ、その日がたまたまNSC入学希望者の二次面接の日で矢部が願書の提出を忘れていたことが発覚。当時の担当者だった大崎洋(現・吉本興業ホールディングス会長)にNSC入学希望の旨を伝え、当初は門前払いされたものの面接終了まで待ち続けて頼み込み何とか入学の許可が下りた。そして2人は、NSCへ9期生として入学する。

NSC在学 〜 プロデビュー

コンビ結成時に初めて作ったネタでは岡村がツッコミ、矢部がボケを担当していた。しかしNSCでの最初の「ネタ見せ」の授業で、当時のNSC講師だった漫才作家の本多正識から「(ボケとツッコミが)逆やろ」と指摘されたため役割を交代している。

NSC在学中、NSC生が参加したお笑いのコンテスト「2丁目アマチュア大会」で優勝し、優勝特典である吉本が運営している心斎橋筋2丁目劇場の舞台出演権を獲得。しかしその直後、先輩である宮迫博之(元雨上がり決死隊)や矢部の兄・美幸から「授業料はほとんど払わなかったけど許してもらえた」という経歴を聞いていた2人は、NSCを授業料未納のままで乗り切ろうとしていたものの岡村曰く「自分たちの年から授業料未納に対する扱いが厳しくなった」らしく、2人とも授業料未納によりNSC除籍処分を通告される。2丁目劇場の舞台出演権を獲得しながらもNSCを退学させられたのを報告するため、2丁目劇場の支配人であったの下を訪れたところ木山の厚意により2丁目劇場の舞台へ立つことを許可される。NSCサイドから「なぜクビになった2人が出演しているんだ」とクレームが寄せられたが、木山は「うちらは面白い芸人をつくるのが仕事です。面白いヤツは出します」などとフォロー。最終的にNSCサイドから「ナインティナインを引き続き出演させる代わりに、NSC出身のへびいちごも出演させる」という条件を木山が受け入れる形で、2人は舞台に出演し続けられた。

以降も舞台への出演を続け、NSC9期出身として吉本所属の芸人となる。

東京進出後

1991年、吉本の若手コンビ6組で構成されるユニット「吉本印天然素材」に加わり東京進出[1]。1992年には第13回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞、頭角を現す。程なくして当時人気番組であった『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)の芸能人大会にコンビで出演した頃から人気・知名度が急上昇[2]

1992年に『新しい波』から選抜され、1993年には『とぶくすり』が放送開始。

1994年、「天素」から脱退。理由としては岡村曰く「ミーハーな女性ファンの多さに危機感を持った」とのこと[3]。その後、本格的に活動拠点を東京へ移す。東京本格進出1年目の1994年には放送時間こそバラバラなものの、『ナインティナインのオールナイトニッポン』『ぐるぐるナインティナイン』『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』と関東放送番組[注 1]3つのレギュラーを務めた。途中で『銀BURA天国』のメインMCにも抜擢されていたが、とぶくすり内の「うのうの団」ですぐ終わったと述べていた。

1995年に『森田一義アワー 笑っていいとも!』のレギュラー、『めちゃ2モテたいッ!』『ASAYAN』が放送開始。1996年10月に『めちゃ2イケてるッ!』が放送開始。1997年〜1999年『ナイナイナ』放送開始。このうち、『ナインティナインのオールナイトニッポン』『ぐるナイ』『めちゃイケ』の3番組については以後15年以上続くロングランの番組となっている。

1999年にはゴロ合わせで「ナイナイの年」と銘打ち、映画出演や多数のライブイベントなどを精力的に熟した。

2004年、中居正広と共に『FNS27時間テレビ めちゃ2オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ~ん!!』の総合司会を務めた。岡村はこの番組の企画においてボクシングに挑戦、本番では具志堅用高と対戦した。

2010年、岡村が7月15日から体調不良を理由に休養を発表。休養期間中のコンビ活動は休止となり、レギュラー番組には矢部が単独で出演していた。岡村は約5ヶ月後の11月27日放送(24日収録)の『めちゃ²イケてるッ!』にて復帰。以後はその他の番組にも順次復帰を果たしている。

2011年2月26日放送『めちゃイケ』ナインティナイン結成20周年記念SP内で、宣材写真を撮り直した。

2011年6月5日放送『爆笑!大日本アカン警察2時間スペシャル』で、ダウンタウン松本人志浜田雅功)と14年ぶりの共演を果たす。

2013年3月27日、矢部が予てから交際していた元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子と入籍。

2014年9月25日、『ナインティナインのオールナイトニッポン』終了、20年半と長い歴史に幕を閉じたとともに歴代最長記録を保持している。翌週10月2日から岡村のみとなり『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』が放送開始。

2015年、『FNS27時間テレビ めちゃ2ピンチってるッ! 1億2500万人の本気になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!』(フジテレビ系列)の総合司会を中居正広と共に務めた[1]

2018年3月31日、『めちゃイケ』放送終了。

2020年5月14日、『ナインティナインのオールナイトニッポン』放送再開。コンビ結成30周年を迎える。

2020年9月10日の 『ぐるぐるナインティナイン 2時間SP』で、15年ぶりにネタを披露[4]

2020年10月22日放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』内で、岡村が30代の一般人女性との結婚を報告した。

備考

コンビ名の由来

岡村によると、コンビ名の由来は岡村が嗜んでいたブレイクダンスの技の1つである「1990(ナインティーンナインティ)」から引用した。「NSC9期出身の2人だから」という説は後付けとしている[5]。26年間、中居はずっとコンビ名を『ナインティンナイン』と書くものだと思っていたのが『めちゃイケ』の企画「日本一周の旅FINAL」で発覚した。

芸風

初期は舞台を中心にコント漫才を行っていた。岡村の全身を使ったダイナミックなボケと、矢部の「〜じゃないスか」などの冷静な「敬語ツッコミ」が特徴的。岡村が「身長はひゃく○○じゅっ○○センチです」とゴマかす「チビネタ」等も多かった。ねるとん出演時にて、チビネタがとんねるず石橋貴明木梨憲武)にハマっていた。

大阪から東京に活動の場を移してからはテレビのバラエティ番組をメインに活動している。岡村が常識的なことをあえて知らないフリをしたり勘違いしたまま暴走し、それを矢部が軽くツッコみながらも岡村を泳がす「勘違いボケ」などを得意としている。

ネタ作りは岡村が担い、仕切りや司会などは矢部が担当している。仕事の比率で言えば岡村の仕事量の負担が多く、ネタを考える岡村の横において矢部が新聞や週刊誌を読んで休んでいることでケンカが頻繁にあった。矢部は岡村が苦手としている仕切りや司会の仕事を矢部が練習もせず見事に熟すこと、岡村の真面目にネタを考え笑いに真剣に取り組んでいる部分、お互いに長所・短所をカバーしてコンビのバランスを取っている。

お笑いを目指すきっかけ

立命館大学に在学中は国家公務員を目指していた岡村だったが、それは「安定した職についてほしい」という父・治雄の勧めによるものであった。矢部の誘いをきっかけに「俺は親父の敷いたレールの上を歩いていただけやった」(岡村談)と思い直し、お笑いへの方向転換を決意したという。

当時の岡村の父は「隆史をヤクザの世界に誘いおって、矢部を絶対に許さへん!」と大激怒し、矢部が岡村の家に遊びに行っても一切口を利いてくれなくなった。岡村が休養したのをきっかけに矢部は岡村の父から「矢部さん、本当に隆史を見捨てんといて下さい」と言われ、2人はメールでやり取りをする仲にまで進展したのを元マネージャーとの対談で語っている[6]

マネージャー

ナイナイ担当の歴代マネージャーはあだ名を付けられるのが恒例になっている。その命名は何故か有野晋哉よゐこ)。特にキャラクターが特徴的な人物は『ナインティナインのオールナイトニッポン』で面白いエピソードとして語られるため、リスナーにもネタにされることが多い。

歴代マネージャーのあだ名には、河内マン(河内)・坪倉大臣(ツボクレンジャー、坪倉)・磯塚センターフライ(磯塚)・イトックス(伊藤)・なかなかじま(中島)・お茶子さん(中村)・満喫太郎(織田)・サトスター(佐藤)・居眠り姫(古瀬)・アジアンビューティー(土橋)・大森二等兵(大森)・ジム大谷(大谷)・なうかど(今門)・新車車谷(車谷)などがある。

新しいマネージャーが付いた際に、大阪時代のマネージャーが矢部のファンに手を出して吉本をクビになった旨がオールナイトニッポンで半ばお約束として語られる。

ナイナイのオールナイトニッポンでよくマネージャーイジりをしていた。坪倉が野猿で唯一女性ボーカルで一度だけ参加したCA(あらいちか)との入籍を「嫁が野猿」とイジったり、アナウンサーの内田恭子が週刊誌に「吉本のマネージャーKと熱愛(のちに結婚)」を岡村に「河内マンだと思う」と言われたが、矢部に「(河内マネージャーが)体型ちゃうし、河内は角刈りやん!」とイジられた。

ナイナイ会議

ナイナイが今後どのような活動をしてゆくのか、壁にぶち当たった時などに2人だけで会議が行われている。テレビやラジオで会議が行われる場合もあるが、それ以外に他人から知られたくない議題は主にメールで行うことになっている。年齢と共に仕事への向き合い方での修正や活躍の仕方、コンビでの活動などが話し合われる。

受賞歴

漫才

映画

テレビ

出演

テレビ

現在
レギュラー番組
スペシャル番組
過去の出演番組
ドラマ
アニメ
  • サザエさん(2004年7月25日・2011年7月24日・2015年7月26日、フジテレビ)- 本人 役

インターネット配信

ラジオ

現在
過去

映画

作品

ライブ

毎年9月9日を「ナインティナインの日」と位置付け、2人の地元である大阪で毎年同日に『ナイナイライブ』と題し2005年まで開催されていた。詳細は『ナイナイライブ』を参照。

イベント

「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭 in横浜アリーナ」(岡村のみ)2015年から2019年まで開催。

「ナインティナインのオールナイトニッポン歌謡祭 in横浜アリーナ」2021年10月31日開催。

ゲーム

CM

CD

  • 『愛した人はバツイチ』 ナインティナイン with 清水ミチコ1994年
  • 『想い出がいっぱい』 岡村隆史(映画『無問題』主題歌、H2Oの広東語カヴァー)
  • 『無問題2 - オリジナル・サウンドトラック』
  • めちゃイケCD Vol.1

書籍

  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.1〜スキャンダル事件史 94-99年 永久保存版 大年表 少年ナイフ編〜』(ヨシモトブックス、2009年9月9日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.2〜お台場激闘史!湾岸スキーヤー編〜』(ヨシモトブックス、2010年2月15日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.3〜ナイナイと99人の女たち編』(ヨシモトブックス、2011年5月19日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 スペシャル〜ナイナイと99の超常現象編 金(vol.4G)』(ヨシモトブックス、2012年7月19日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 スペシャル〜ナイナイと99の超常現象編 銀(vol.4S)』(ヨシモトブックス、2012年7月19日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.5〜有楽町絶体絶命史 05-07年 永久保存版 大年表 ホワイトナイト編〜』(ヨシモトブックス、2013年9月9日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6〜絶体絶命 岡村隆史 08-10年 永久保存版 大年表 エバーグリーン編〜』(ヨシモトブックス、2014年3月3日発売、税込み1,000円)
  • 『ナインティナインの上京物語』黒澤裕美(大和書房)(2012年)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ このうち『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』は在阪局毎日放送東京支社制作扱い[要出典]

出典

  1. ^ a b ナインティナインが25年をかけて到達した「本気の仕事論」”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年7月15日). 2015年9月21日閲覧。
  2. ^ KING[要ページ番号]講談社 2008年5月、『ナインティナインのオールナイトニッポン』2008年10月30日より[出典無効]
  3. ^ 天素ビデオなど[どれ?]の岡村本人談
  4. ^ ナイナイ、タモリの前で久々ネタ披露「恥かくよ」「震えるわ」” (日本語). マイナビニュース (2020年9月9日). 2021年2月17日閲覧。
  5. ^ 踊れて感動! 岡村隆史「ナインティナイン」由来はブレイクダンスの技から”. スポーツ報知. 株式会社報知新聞社 (2015年9月19日). 2015年9月21日閲覧。
  6. ^ 『ナインティナインの上京物語』[要ページ番号]大和書房、2012年。
  7. ^ ナインティナイン - オリコンTV出演情報
  8. ^ https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/10311

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close