ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|広瀬すず×松坂桃李W主演『流浪の月』5月公開決定


写真 (C) 2022「流浪の月」製作委員会

広瀬すず×松坂桃李W主演『流浪の月』5月公開決定

 
内容をざっくり書くと
共演は 横浜流星 、 多部未華子 、 趣里 、 三浦貴大 、 柄本明 ら。
 

広瀬すずと松坂桃李がダブル主演する映画『流浪の月』が5月に公開されることが決定した。あわせてポスター… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

柄本明

柄本 明(えもと あきら、1948年11月3日 - )は、日本俳優コメディアン演出家。愛称は、えもっちゃん、エモアキ。 ノックアウト所属。

東京都中央区銀座(旧・木挽町)出身。東京都立王子工業高等学校機械科卒業。妻は角替和枝、息子は柄本佑柄本時生安藤サクラ(佑の妻)、入来茉里(時生の妻)は義娘。

来歴・人物

父親は、殿山泰司の小学生時代の親友であった。母方の祖父は東京・銀座で箱屋(芸妓斡旋業)を経営していた。生家が歌舞伎座の裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなる。 工業高校卒業後、商社に就職。だが、俳優に憧れ、金子信雄が主宰する劇団「マールイ」の演劇教室の生徒となり、同じ教室にいた松田優作と知り合う。

NHKの大道具のアルバイトをしていた。当時の同僚に大杉漣小林薫秋田明大などがいた。うちに、1974年にへ参加、俳優として起用されるようになった(笹野高史吉田日出子などが当時在籍)ものの、串田和美の作風に肌があわず、1976年退団し、同年に自由劇場時代に知り合った、ベンガル綾田俊樹と共に劇団東京乾電池を結成する。その後、やはり自由劇場時代に知り合った、高田純次岩松了らが入団。1976年4月 - 1978年3月頃までベンガル・綾田と『ひらけ!ポンキッキ』のお兄さんを務めたことがある。

特異な容貌と独特の存在感で、テレビや映画等にも出演するようになる。

24歳からは下北沢に引越し、本多劇場こけら落しにも出演、下北沢ザ・スズナリでも活動した。そうした縁もあり下北沢の再開発に反対する住民運動のSave the 下北沢にも招かれている。

1998年、『カンゾー先生』で第23回報知映画賞主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。2004年、『座頭市』などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。2011年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

1992年、映画『』では監督を務めている。これ以降監督作は無く、「もう二度とやりません」と語っている[2]

2006年、NHK大河ドラマ『功名が辻』で次男・柄本時生と親子共演を果たした。『スタジオパークからこんにちは』でゲストとして呼ばれたときには、豊臣秀吉役の格好のままで登場。その姿で東京乾電池30年の歴史などを語った。

シリアスな演技だけではなく、笑いを呼ぶ演技も得意とする。『志村けんのだいじょうぶだぁ』や『志村けんのバカ殿様』などにおける志村けんとのコントについて本人は「コントは志村さんとしかやらない」と明言している。コントでは、柄本が強烈な個性を持つボケ役を演じ(婚期を逃した四十路女性、挙動不審なサラリーマン、年増の芸者など)、志村がツッコミに徹する形で笑いを誘発するパターンが一貫して取られている。2010年代になると刑事や寺の住職など癖のある初老の男性を演じるようになった[3]。当初は面識のない志村から突然オファーを受けた上、台本には冒頭の設定しか書かれておらず、「腕試しされているようで怖かった」と語っている。一方で志村は「笑いとかやるには得な顔」という理由で、直感的に柄本にオファーを出したと明かしている[4]

笹野高史とは自由劇場時代からの30年来の親友で、両者とも『男はつらいよシリーズ』、『釣りバカ日誌シリーズ』で何度も共演しており、どちらかがバラエティに出演した際、互いの愚痴をこぼし合う仲である。

芸能関係者とプライベートの交流をほとんど持とうとしなかった渥美清と親交の深かった数少ない芸能人である。笹野高史を加えた3人で連れ立って芝居を見に行ったり、バーに飲みに行くこともあったという[5]

2011年6月、紫綬褒章を受章[6]

2012年1月には下北沢ザ・スズナリにて、劇団東京乾電池35周年記念公演、『ハムレット』に出演。

2013年8月、NHKの番組『旅のチカラ』収録のためにスタッフとともにペルーの劇団を訪れていたところ、強盗事件に巻き込まれた。強盗団は銃で威嚇しながら放送機材などを奪って逃走したが、柄本や番組スタッフらに怪我はなかった[7]

2019年11月、旭日小綬章を受章[8][9]

出演

テレビドラマ

映画

舞台

  • マーちゃんの神曲 ー藤沢悪魔払い儀式事件ー(旧転位・21 1988年 紀伊國屋ホール) 
  • おくりびと(2010年)
  • (2011年)
  • プルートゥ PLUTO(2015年) - 天馬博士
  • とりあえず、お父さん(2015年12月、天王洲 銀河劇場) - フィリップ[43]
  • てにあまる(2020年12月 - 2021年1月、東京芸術劇場 プレイハウス 他4会場)[44]
  • 『本日も休診』(2021年11月12日~28日 /明治座)- 見川鯛山役

テレビアニメ

  • ふるさと再生 日本の昔ばなし(2012年4月1日 - 2017年3月26日、テレビ東京) - 語り手
  • ふるさとめぐり 日本の昔ばなし(2017年4月2日 - 2018年3月25日、テレビ東京) - 語り手
  • ふるさと 日本の昔ばなし セレクション(2018年4月8日 - 2019年9月29日、テレビ東京) - 語り手

劇場アニメ

ラジオ

ラジオドラマ

ドキュメンタリー

+ 情熱大陸(2021年11月21日、毎日放送

その他

CM

著書

音楽作品

アルバム

  • What’s happenin(1986年)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 芸能プロダクション ノックアウト profile
  2. ^ “わたしの失敗”. 産経新聞. (2007年11月8日). オリジナルの2007年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071109184546/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/071108/tnr0711080334000-n1.htm 2014年7月24日閲覧。 
  3. ^ 週刊女性』2017年7月25日号、主婦と生活社[要ページ番号]
  4. ^ “志村けんが「柄本明にコント出演を依頼」した衝撃理由明かす”. ニュースサイトしらべぇ. (2019年9月16日). https://sirabee.com/2019/09/16/20162163555/ 2020年7月12日閲覧。 
  5. ^ 週刊女性』2011年1月18・25日号、主婦と生活社、 [要ページ番号]
  6. ^ “野田秀樹さんら705人・24団体に春の褒章 震災で発表遅れる”. 日本経済新聞. (2011年6月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO30415000V10C11A6CR8000/ 2014年7月24日閲覧。 
  7. ^ “柄本明さんペルー襲撃事件巻き込まれていた”. スポーツ報知. (2013年8月15日). オリジナルの2013年8月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130815035822/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130815-OHT1T00021.htm 2014年7月24日閲覧。 
  8. ^ “秋の叙勲、柄本明さんら4113人 伊達忠一氏に桐花大綬章”. 日本経済新聞. (2019年11月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51715440R01C19A1EA3000/ 2019年11月3日閲覧。 
  9. ^ 『官報』号外第151号、2019年11月3日
  10. ^ 『西郷どん』新キャスト発表!”. NHKドラマトピックス. NHK (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。
  11. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  12. ^ “柄本明、宮崎県を舞台に“もう一度、ハネムーン”をドラマ化”. ORICON STYLE. (2016年4月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2070810/full/ 2016年4月27日閲覧。 
  13. ^ 「精霊の守り人」シーズン2 出演者決定!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2016年4月8日). 2016年4月9日閲覧。
  14. ^ a b “「猫忍」映画&ドラマ版、佐藤江梨子や柄本明ら8名の追加キャストが発表”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212403 2016年12月8日閲覧。 
  15. ^ 東山紀之vs中島健人『砂の器』で攻防「光が見えてくると思う」”. マイナビニュース. マイナビ (2019年2月24日). 2019年3月2日閲覧。
  16. ^ 上野樹里主演「監察医 朝顔」新シリーズのスタート日発表、柄本明が再び大じいじに”. 映画ナタリー (2020年9月6日). 2020年11月6日閲覧。
  17. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月20日閲覧。
  18. ^ “木村拓哉主演ドラマ「未来への10カウント」安田顕が親友役、柄本明や内田有紀も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月5日). https://natalie.mu/eiga/news/468254 2022年3月5日閲覧。 
  19. ^ “「未来への10カウント」山田杏奈や村上虹郎が出演、木村拓哉のもとに集う生徒役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年3月13日). https://natalie.mu/eiga/news/469212 2022年3月13日閲覧。 
  20. ^ "神尾楓珠主演のNHKドラマ『17才の帝国』 追加キャストに柄本明、松本まりから". ORICON NEWS. oricon ME. 22 March 2022. 2022年3月22日閲覧
  21. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
  22. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. テレビ朝日. 2016年9月7日閲覧。
  23. ^ 仲間由紀恵が本木雅弘の恋人 原発テロ『天空の蜂』で鍵を握る女に”. シネマトゥデイ (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
  24. ^ ベトナムの風に吹かれて;作品情報”. 映画.com. 2015年7月9日閲覧。
  25. ^ 江口洋介は短髪!石橋冠監督作「人生の約束」に西田敏行&ビートたけしら主演級ずらり”. 映画.com (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  26. ^ “「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー. (2016年4月14日). http://natalie.mu/eiga/news/183481 2016年4月16日閲覧。 
  27. ^ なりゆきな魂公式サイト”. ワイズ出版. 2017年12月30日閲覧。
  28. ^ “「容赦のない激しさ」と主演・佐野史郎が認める映画『なりゆきな魂、』原作の「つげ忠男」と実兄「つげ義春」、マンガ界におけるレジェンド兄弟作品をeBookJapanが独占配信!!”. JIJI.COM. (2017年2月12日). オリジナルの2017年2月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170212091346/http://www.jiji.com/jc/article?k=000000596.000001485&g=prt 2017年12月30日閲覧。 
  29. ^ “前田敦子、柄本明、風吹ジュン、小林薫が綾野剛×熊切和嘉「武曲」に出演”. 映画ナタリー. (2016年12月19日). http://natalie.mu/eiga/news/213775 2016年12月19日閲覧。 
  30. ^ “玉木宏主演『悪と仮面のルール』に吉沢亮、中村達也、柄本明、光石研ら”. CINRA.NET. (2017年7月7日). https://www.cinra.net/news/20170707-akutokamennorule 2018年1月16日閲覧。 
  31. ^ “本田翼が綾瀬はるかと坂口健太郎を奪い合う、「今夜、ロマンス劇場で」出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月16日). http://natalie.mu/eiga/news/252750 2018年2月13日閲覧。 
  32. ^ “中村倫也、岡山天音らが波瑠×西島秀俊「オズランド」に出演、正式タイトルも決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月16日). https://natalie.mu/eiga/news/282295 2018年5月16日閲覧。 
  33. ^ 綾野剛主演作『楽園』追加キャスト発表 柄本明、村上虹郎、片岡礼子、石橋静河らが出演”. Real Sound|リアルサウンド 映画部 (2018年11月23日). 2019年9月10日閲覧。
  34. ^ 一度も撃ってません - allcinema
  35. ^ 劇場版『アンダードッグ』【前編】 (2020)”. シネマトゥデイ. 2020年12月16日閲覧。
  36. ^ “浅野忠信&宮沢りえが白洲次郎、正子夫妻 小林薫が吉田茂に 「日本独立」12月18日公開”. 映画.com. (2020年10月31日). https://eiga.com/news/20201031/3/ 2020年10月31日閲覧。 
  37. ^ Umami - IMDb(英語)
  38. ^ Cast”. 映画『のさりの島』公式サイト. 2021年4月10日閲覧。
  39. ^ “「燃えよ剣」来年10月公開 岡田准一主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年12月13日). https://www.sanspo.com/article/20201213-QTJYQFYSZ5LI7DWRIJLBTPGUKI/ 2021年1月19日閲覧。 
  40. ^ “尾上右近、岡田准一主演『燃えよ剣』でスクリーンデビュー 新キャスト12名発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2019年11月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0112604 2020年2月8日閲覧。 
  41. ^ “藤原竜也が絶望する『ノイズ』新予告&ポスター公開 伊藤歩、寺島進ら追加キャストも”. Real Sound映画部 (blueprint). (2021年10月26日). https://realsound.jp/movie/2021/10/post-889172.html 2022年1月28日閲覧。 
  42. ^ “映画『流浪の月』広瀬すずの幼少期を演じるのは人気子役の白鳥玉季”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2217348/full/ 2022年5月13日閲覧。 
  43. ^ 藤原竜也、本仮屋ユイカ、浅野ゆう子、柄本明出演×綾田俊樹演出でアラン・エイクボーンのヒット・コメディーを上演”. シアターガイド (2015年9月15日). 2015年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月21日閲覧。
  44. ^ 松井周脚本「てにあまる」に藤原竜也・高杉真宙・佐久間由衣、柄本明は演出も”. ステージナタリー (2020年9月4日). 2021年1月21日閲覧。
  45. ^ 映画『夜明け告げるルーのうた』 [@lu_no_uta] (2017年4月5日). "5月19日公開の「夜明け告げるルーのうた」のキャラクターを紹介! ★character file:07 カイの祖父(声:柄本明)★ 代々続く舟屋を営む傍ら、傘づくりも内職している。昔、母親が人魚に噛まれ海に消えたと主張しており町民に少し煙たがられている。 #夜明け告げるルーのうた" (ツイート). Twitterより2020年7月12日閲覧
  46. ^ “松田翔太さんの「座敷童子」新シリーズ公開!戸建てを建てる友人田中みな実さん宅の先輩座敷童子も正体が明らかに! オープンハウス新TV-CF 2022年1月7日(金)より放送開始!” (プレスリリース), 株式会社オープンハウスグループ, (2022年1月6日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000024241.html 2022年1月12日閲覧。 

外部リンク

インタビュー

多部未華子

多部 未華子(たべ みかこ、1989年平成元年〉1月25日 - )は、日本女優東京都出身[2]ヒラタインターナショナル所属。夫は写真家の熊田貴樹。

来歴

小学5年生の頃、ミュージカルの『アニー』を観劇し、同作への出演を目指して中学2年生までオーディションを受けていた[3]

2002年、スカウトされてヒラタオフィスに所属(それ以前はムーン・ザ・チャイルドに所属していた[4])。Janne Da Arcの「Rainy 〜愛の調べ〜」のPV出演で女優デビュー。また、『HAPPY! HAPPY!スペシャル』(BS日テレ)でテレビドラマ初出演を果たす。

2003年、映画『HINOKIO』のメインキャストである工藤ジュン役に、オーディションで1,000人を超える応募者の中から抜擢される。『HINOKIO』と『青空のゆくえ』により、2005年第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞。

2007年、7月クールのドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS) で民放連続ドラマ初出演。

2009年NHK連続テレビ小説つばさ』に、オーディションで1,593人の中から選出されて[5]、主演を務める。

2010年エランドール賞新人賞を受賞。

2011年、1月クールのドラマ『デカワンコ』(日本テレビ)にて民放連続ドラマの初主演を飾る。

2015年、4月クールのドラマ『ドS刑事』(日本テレビ)の役作りのため、髪型をボブスタイルにヘアチェンジする[6]

2017年、劇場版アニメ映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』で声優に初挑戦する。同年~2021年現在Webマガジン (GINGER Web) にて、おすすめの本を紹介する連載を担当している[7]

2018年ヒラタオフィスから「ヒラタインターナショナル」へ社内移籍[8]

私生活

2019年10月1日、写真家の熊田貴樹と結婚したことを発表[9]。多部が三姉妹の次女役で出演している、UQコミュニケーションズUQモバイル」のCMを手掛けた熊田と同CMの撮影で出会い、3年間の交際を経て結婚に至った[10]

2021年3月1日、第1子を妊娠していることを公式サイトで報告、その後の活動は「体調含め相談をさせていただきながら務めてまいりたいと思っております」とした[11]。同年12月18日、第1子を出産したことをアニメ映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の公開記念舞台あいさつの場で報告した[12]

人物

出演

役名の太字は主演作品。

テレビドラマ

映画

吹き替え

ドキュメンタリー

  • カーズ」公開記念SP!アメリカ'ルート66'で見つけた日本人の忘れもの(2006年7月1日、日本テレビ)
  • 地球危機2008〜何気なく暮らしている人たちへ〜(2008年1月4日、テレビ朝日開局50周年記念特別番組)
  • 絶景!アジア紀行(2008年6月、TBS)
  • アジアンスマイル(2009年12月、NHK) - ナレーション
  • 課外授業 ようこそ先輩(2009年11月1日、NHK) - ナレーション
  • ザ・ノンフィクション(2010年2月、フジテレビ) - ナレーション
  • (2010年12月31日、フジテレビ) - 旅人
  • 本当にエコを考える地球旅行 〜明日へのチカラ〜(2011年6月3日、日本テレビ)- リポーター
  • BS-TBS 開局15周年特別企画「日本の夢、はやぶさ。ふたたび宇宙へ」(2015年3月1日、BS-TBS) - ナビゲーター[44]
  • 地球最高の楽園 知られざる奇跡の海! ブラジル大紀行(2015年7月20日、中京テレビ制作、日本テレビ系列) - ナビゲーター[45]
  • 華麗なるミュシャ 祖国への旅路 〜パリ・プラハ 二都物語〜(2017年3月16日、NHK) - ナビゲーター[46]

教育番組

音楽番組

WEB

  • NTT西日本 第4回コミュニケーション大賞 電話部門グランプリ受賞作品「初恋」- 鈴木さくら
  • OCN無料動画番組 Talking Japan
  • UULAオリジナルドラマ「I LOVE YOU 〜魔法のボタン〜」 - 萌枝 役
  • Netflix
    • NETFLIXオリジナル作品深夜食堂-Tokyo Stories- (Midnight Diner)
      • 第10話(劇場版を含まない、TVシリーズからの通算では、第40話)栗山みちる 役
    • NETFLIXオリジナル作品 リラックマとカオルさん(配信日:2019年4月19日) カオルさん役

CM

舞台

ゲーム

PV

広告モデル

その他

  • 「バイバイ、ベアー〜青いエアメイル」(「Yuming Films Project」)
松任谷由実のベストアルバム「SEASONS COLOURS -秋冬撰曲集-」のPRとして、ユーミンの曲をもとにショートフィルムを制作する企画。その第2弾に出演。2007年10月31日よりYahoo!動画にて無料独占配信。
  • NHK-FM放送ジングル「ビリーブ イン ミュージック ビリーブ イン ボイス」(2009年 - )
  • コニカミノルタプラネタリウム「南極ヒーリング~この地球(ほし)の果で~」ナレーション(2015年12月-2016年8月頃)
池袋サンシャインシティ”満天”で開催のプラネタリウムのナレーション
  • NHK総合-松尾スズキアワー「恋は、アナタのおそば」という喜劇に出演。(2016年3月30日・31日)

受賞歴

書籍

フォトブック

写真集

その他書籍

  • 眠れる美女(作:川端康成、グラビア出演、2008年6月20日、)ISBN 978-4903267708

雑誌

新聞

音楽

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 多部未華子ぶっちゃけ結婚出産直後に女優休業!? 日刊スポーツ [2016年3月25日]
  2. ^ 公式プロフィール”. ヒラタオフィス. 2014年4月27日閲覧。
  3. ^ あこがれスター★デビューストーリー”. Audition. 2015年5月9日閲覧。
  4. ^ MOON THE CHILD”. 2002年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  5. ^ “来年度・連続テレビ小説のヒロインに多部未華子 記念すべき80作目で“二十歳のおかん”に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/56644/full/ 2020年3月19日閲覧。 
  6. ^ 前髪ぱっつんボブヘアに イメージは「レオンのマチルダ」”. まんたんウェブ (2015年3月5日). 2022年4月5日閲覧。
  7. ^ “多部未華子がBOOKコンシェルジュ! | 自分を主役にした人生を。”. GINGER Web. https://gingerweb.jp/tag/book-concierge 2021年6月19日閲覧。 
  8. ^ “宮崎あおい、多部未華子、松岡茉優が事務所移籍”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2111423/full/ 2018年5月15日閲覧。 
  9. ^ “多部未華子が写真家の熊田貴樹氏と結婚”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年10月1日). https://hochi.news/articles/20191001-OHT1T50166.html 2019年10月1日閲覧。 
  10. ^ “多部未華子と結婚、写真家・熊田貴樹氏はUQモバイルCM担当の敏腕クリエーター”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年10月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/01/0012751607.shtml 2020年3月19日閲覧。 
  11. ^ “多部未華子、第1子妊娠を発表「無事に安定期を迎えることができました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2185978/full/ 2021年3月1日閲覧。 
  12. ^ “多部未華子、第1子出産を報告「すっごく幸せ」 環境の変化も語る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2218077/full/ 2021年12月18日閲覧。 
  13. ^ 多部未華子、高橋一生との相性は……「恋愛はした方がいい!」持論も展開<モデルプレスインタビュー>”. モデルプレス (2016年12月19日). 2016年8月30日閲覧。
  14. ^ 噂の深層 若手女優イチの不思議ちゃん!? 多部未華子の魅力”. リアルライブ (2013年5月30日). 2022年4月5日閲覧。
  15. ^ a b 【連載】『あの人の学生時代。』#16:多部未華子「復学の決断が今に活きる」”. マイナビ 学生の窓口 (2017年11月2日). 2020年3月19日閲覧。
  16. ^ 活躍する卒業生”. 東京女子大学 キャリア・センター (2016年5月23日). 2016年8月30日閲覧。
  17. ^ 多部未華子、大学卒業!ファンへの感謝をつづる”. シネマトゥデイ (2013年3月21日). 2022年4月5日閲覧。
  18. ^ 田中亜紀子 (2015年4月6日). “私を「姉さん」と呼ぶ親友に助けられ 多部未華子さん - 私の一枚”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015040312571.html 2015年6月15日閲覧。 
  19. ^ 多部未華子、「続・深夜食堂」の見どころは“いつも通り””. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2016年11月8日). 2021年12月18日閲覧。
  20. ^ “「世にも奇妙な物語 ’14秋の特別編」はオムニバス5本+超短編5本!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年9月25日). https://thetv.jp/news/detail/50752/ 2017年4月24日閲覧。 
  21. ^ キャスト│「永遠の0」”. テレビ東京. 2022年4月5日閲覧。
  22. ^ “多部未華子、ドSな女刑事に 関ジャニ∞大倉忠義を攻める”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1465361 2017年4月24日閲覧。 
  23. ^ 松坂桃李、SPドラマで“視覚探偵”に 堤幸彦監督とタッグ”. ORICON (2015年9月16日). 2022年4月5日閲覧。
  24. ^ “キャスト&スタッフ|視覚探偵 日暮旅人|日本テレビ”. 日本テレビ. https://www.ntv.co.jp/tabito/cast-staff/index.html#comment_02 2022年4月5日閲覧。 
  25. ^ ネットでアツく盛り上がる“ベランダー事情”とは?”. NHKエンタープライズ (2015年9月7日). 2017年4月24日閲覧。
  26. ^ “寺尾聰&多部未華子、TBS日曜劇場で初共演 実在の弱小吹奏楽部モチーフ”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年6月3日). https://www.crank-in.net/news/43383/1 2022年4月5日閲覧。 
  27. ^ “多部未華子&高橋一生が王道ラブコメ クリスマス特別ドラマで共演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2081752/full/ 2022年4月5日閲覧。 
  28. ^ 多部未華子さん主演「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」制作開始!”. ドラマトピックス. NHK (2017年3月7日). 2017年4月24日閲覧。
  29. ^ “嵐・櫻井翔:初の校長役「まさか35歳で…」 今秋4年半ぶり連ドラ主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月24日). https://mantan-web.jp/article/20170423dog00m200035000c.html 2022年4月5日閲覧。 
  30. ^ “多部未華子&仲里依紗:小栗旬とムロツヨシが“奪い合う女性”に SPドラマ「二つの祖国」でヒロイン”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月20日). https://mantan-web.jp/article/20190219dog00m200045000c.html 2019年5月29日閲覧。 
  31. ^ “多部未華子、恋にオクテな“経理女子” 相手役にジャニーズWEST・重岡大毅”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2136478/ 2019年5月29日閲覧。 
  32. ^ “新婚・多部未華子、家事ダメダメの独身女子に「愛らしくも応援したくなるキャラクター」…昨年10月の結婚後連ドラ初主演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年2月11日). https://hochi.news/articles/20200210-OHT1T50230.html 2020年2月11日閲覧。 
  33. ^ “二宮和也「感慨深い」多部未華子「時の早さ驚き」15年ぶり共演で夫婦役 4月スタート日曜劇場”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202202140001035.html 2022年2月15日閲覧。 
  34. ^ “二宮和也主演「マイファミリー」世界配信決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/3071930 2022年3月25日閲覧。 
  35. ^ ““ダメ女”多部未華子、“ヒゲ男”綾野剛と初共演映画で脱清純派!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年9月23日). https://www.sanspo.com/article/20140923-3XOMVWIMGJNMPG2TEU5UQI7BEQ/ 2020年3月19日閲覧。 
  36. ^ 多部未華子、倍賞美津子と二人一役 “73歳”役で歌唱シーンも挑戦”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2022年4月5日閲覧。
  37. ^ 作品情報”. 2017年えいが 『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』公式サイト. 2017年6月3日閲覧。
  38. ^ “黒木華主演で茶道エッセイ「日日是好日」映画化、共演に樹木希林と多部未華子”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月30日). https://natalie.mu/eiga/news/254695 2022年4月5日閲覧。 
  39. ^ “キスマイ北山宏光、映画初主演!「トラさん」で多部未華子と夫婦役”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年2月9日). https://eiga.com/news/20180209/3/ 2022年4月5日閲覧。 
  40. ^ “高良健吾、中島貞夫監督新作で極限の殺陣を披露! 共演は多部未華子&木村了”. エイガドットコム. (2018年8月21日). https://eiga.com/news/20180821/1/ 2018年8月21日閲覧。 
  41. ^ “サンドウィッチマンも!三浦春馬主演作、追加キャスト発表”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年4月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0099738 2018年4月2日閲覧。 
  42. ^ 多部未華子「流浪の月」で松坂桃李に寄り添う看護師に、李相日も期待”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年10月25日). 2022年4月13日閲覧。
  43. ^ “多部未華子が洋画吹き替えに初挑戦 ボス・レディに”. サンスポ (産経デジタル). (2021年9月29日). https://www.sanspo.com/article/20210929-SYKKKR2F7RK4FIU2SCQCTPXAC4/ 2021年9月29日閲覧。 
  44. ^ BS-TBS 開局15周年特別企画「日本の夢、はやぶさ。ふたたび宇宙へ」(BS-TBS) Archived 2016年1月19日, at the Wayback Machine.、2015年2月28日閲覧
  45. ^ エクスコムグローバルpresents 地球最高の楽園 知られざる奇跡の海!ブラジル大紀行”. 中京テレビ. 2017年10月30日閲覧。
  46. ^ NHKドキュメンタリー - 華麗なるミュシャ 祖国への旅路 パリ・プラハ 二都物語”. NHK. 2017年10月30日閲覧。
  47. ^ “新鋭女優、多部未華子が新たな活躍の場へ!?”. ORICON NEWS. (2006年11月8日). https://www.oricon.co.jp/news/38789/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  48. ^ “多部未華子、「朝食を抜いて」“チキン”に挑む”. ORICON NEWS. (2008年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/58293/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  49. ^ “2009年注目の女優・多部未華子(たべ みかこ)さんがKFCのTVCMに再び登場!!” (プレスリリース), 日本ケンタッキー, (2008年12月22日), https://japan.kfc.co.jp/news/news081222kfc.html 2020年11月21日閲覧。 
  50. ^ “CM初共演 オードリー春日、清原にビビり多部からすかされる”. ORICON NEWS. (2009年7月7日). https://www.oricon.co.jp/news/67486/ 2020年11月21日閲覧。 
  51. ^ “多部未華子と“美人すぎるピアニスト”が化粧品CM初出演! ともに21歳フレッシュな“美”の競演”. ORICON NEWS. (2010年3月20日). https://www.oricon.co.jp/news/74500/ 2020年11月21日閲覧。 
  52. ^ “ハウスウェルネスフーズ、「C1000ビタミンレモン」20周年 新CMに多部未華子起用”. 日本食糧新聞. (2011年2月18日). https://news.nissyoku.co.jp/news/yamamoto20110213120346619 2020年11月21日閲覧。 
  53. ^ “多部未華子、ハッピーなときは「常にです」”. ORICON NEWS. (2012年10月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2017866/full/ 2020年11月21日閲覧。 
  54. ^ “andropが福士蒼汰ら出演のCMソングを書きおろし!”. ウォーカープラス. (2015年3月3日). https://thetv.jp/news/detail/55993/ 2015年3月3日閲覧。 
  55. ^ “櫻井翔×多部未華子が初の夫婦役で共演 花王「エッセンシャルflat」新CM”. CINRA. (2019年10月10日). https://www.cinra.net/news/20191010-kao 2020年4月14日閲覧。 
  56. ^ reserved, Copyright © Kao Corporation All rights. “花王株式会社 | キュキュット | CMギャラリー” (日本語). www.kao.co.jp. 2022年3月5日閲覧。
  57. ^ 多部未華子、“森の音楽家”に扮し歌声&演奏披露”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2022年4月5日閲覧。
  58. ^ “「やよい軒」のイメージキャラクターに多部未華子さんを起用!” (プレスリリース), 株式会社プレナス, (2015年9月29日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201509294015 2021年6月7日閲覧。 
  59. ^ 多部未華子が天才バンドを聴いて泣く「Google Play Music」CM”. 音楽ナタリー (2016年1月21日). 2022年4月5日閲覧。
  60. ^ “多部未華子:小出恵介と兄妹役で“ちぐはぐ”なやり取り 「マウントレーニア」のCMで”. MANTANWEB. (2016年4月8日). https://mantan-web.jp/article/20160408dog00m200006000c.html 2022年4月5日閲覧。 
  61. ^ “深田恭子&多部未華子&永野芽郁、新CMで仲良し3姉妹役”. ORICON STYLE. (2016年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2080397/full/ 2022年4月5日閲覧。 
  62. ^ “創業100周年に向けて、テレビCM第1弾を放映開始” (プレスリリース), NTN株式会社, (2017年4月1日), https://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201700020.html 2021年6月7日閲覧。 
  63. ^ “『三井アウトレットパーク』新CM 新イメージキャラクターに多部未華子さん就任!” (プレスリリース), 三井不動産商業マネジメント株式会社, (2017年4月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000007685.html 2021年6月7日閲覧。 
  64. ^ “多部未華子×Fukase、CM第2弾は「スターライトパレード」アコースティックver.”. シネマカフェ. (2018年7月9日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/07/09/57488.html 2018年7月10日閲覧。 
  65. ^ “旅行情報サービス『じゃらん』新CM 2月15日(金)よりオンエアスタート 多部 未華子が旅の達人「にゃらん」と初共演 演技派女優と旅猫の息ぴったりの演技に注目!” (プレスリリース), 株式会社リクルートライフスタイル, (2019年2月13日), https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruit-lifestyle/news/travel/nw27429_20190213 2021年6月7日閲覧。 
  66. ^ 『スタディサプリENGLISH』新CMキャラクター 多部 未華子さんが英会話を披露!1月4日(火)より公開 “英会話もスタディサプリ””. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月4日閲覧。
  67. ^ “塗料のワクワク・オドロキを伝える企業CM、10月3日(土)に公開~多部未華子さんがメッセンジャー役として塗料の魅力を伝える~” (プレスリリース), 日本ペイントホールディングス株式会社, (2020年9月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000218.000007223.html 2021年6月7日閲覧。 
  68. ^ 多部未華子、タクシー運転手の言葉で涙目に…環境変わった1年振り返る”. マイナビニュース. マイナビ (2021年11月24日). 2021年12月3日閲覧。
  69. ^ Narinari.com (2021年11月24日). “多部未華子が初のマックCM、“グラコロソング”も歌う”. エキサイト. 2021年12月3日閲覧。
  70. ^ “多部未華子、東京03角田と共演も撮影は別日「完成したCM見るのが楽しみ」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月4日). https://news.mynavi.jp/article/20220304-2284715/ 2022年3月5日閲覧。 
  71. ^ “多部未華子、美しい歌声を披露! 初挑戦のハモリは「難しかった」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月14日). https://news.mynavi.jp/article/20220314-2290864/ 2022年3月14日閲覧。 
  72. ^ “多部未華子、まさかの落とし物に驚き「どうやって落としたのか”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年3月30日). https://news.mynavi.jp/article/20220330-2306624/ 2022年3月30日閲覧。 
  73. ^ “多部未華子、“仕事”と“プライベート”の両立で心がけていること「どっちも…」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年4月26日). https://news.mynavi.jp/article/20220426-2329271/ 2022年4月26日閲覧。 
  74. ^ “多部未華子「性別意識せず」男と女の1人2役初挑戦”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年5月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1816090.html 2022年4月4日閲覧。 
  75. ^ “ミュージカル「TOP HAT」上演決定、坂本昌行・多部未華子らが出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年5月1日). https://natalie.mu/stage/news/280384 2018年7月18日閲覧。 
  76. ^ 「ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜」”. KAAT 神奈川芸術劇場. 2019年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月29日閲覧。
  77. ^ 主演女優賞 受賞結果 1位:多部未華子 | 第68回 - ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2011年5月11日)、webザテレビジョン、角川マガジンズ、2022年4月5日閲覧。
  78. ^ 『週刊ザテレビジョン』7号(2013年2月13日)、角川マガジンズ
  79. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). https://natalie.mu/eiga/news/180925 2022年4月5日閲覧。 
  80. ^ 日本映画批評家大賞 第25回受賞作品”. 日本映画批評家大賞. 2022年4月5日閲覧。
  81. ^ 第8回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. コンフィデンス. oricon ME. 2017年7月21日閲覧。
  82. ^ “【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「主演女優賞」に多部未華子、小川糸原作のゆるやかな人間ドラマで名演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年7月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2094439/full/ 2022年4月5日閲覧。 

外部リンク


 

Back to Top
Close