ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|亀梨和也の金髪姿が公開!ジャニーズWEST・濱田崇裕と「正体」で共演


写真 亀梨和也(左)と新たに出演が発表されたキャスト陣

亀梨和也の金髪姿が公開!ジャニーズWEST・濱田崇裕と「正体」で共演

 
内容をざっくり書くと
亀梨と映画『 事故物件 恐い間取り 』の 中田秀夫 監督が再タッグを組み、 染井為人 のサスペンス小説を映像化する本作。
 

亀梨和也が主演を務めるWOWOWの「連続ドラマW 正体」(毎週土曜夜10時~放送・配信)の初回放送日… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

染井為人

染井 為人(そめい ためひと、1983年[1]7月21日[要出典] - )は、日本小説家

経歴・人物

千葉県生まれ[1]。2017年、「悪い夏」[2]横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞。
芸能マネージャー、舞台演劇ミュージカルプロデューサーを経て作家デビュー[1]

単行本

  • うちらのオーデイション物語(2012年1月 学研パブリッシング
  • 悪い夏(2017年9月 KADOKAWA / 2020年9月 角川文庫
  • 正義の申し子(2018年7月 KADOKAWA / 2021年8月 角川文庫)
  • 震える天秤(2019年8月 KADOKAWA)
  • 正体(2020年1月 光文社
  • 海神(2021年10月 光文社)

雑誌掲載

  • クランクアップ(『小説宝石』2019年12月号)
  • 多少の犠牲(『小説現代』2020年10月号)
  • たとえ火の中、水の中(『小説宝石』2020年10月号)

メディア・ミックス

テレビドラマ

舞台・ミュージカル(プロデュース作品)

  • グラファーvol.2(2016年4月)
  • マジカル・リバース・ワールド(2015年3月)
  • MOSH 08〜恋する惑星〜(2015年2月)
  • 鬼切丸(2015年1月)
  • 鬼斬(2014年12月)
  • のぶニャがの野望 弐(にゃん)(2014年11月)
  • EarthRise〜世界のはじまりに君に逢いにいく〜(2014年10月)
  • 人猫(2014年9月)
  • 旦那er's High!!(2014年6月)
  • MOSH007〜私を愛したスパイ〜(2014年5月)
  • 恋する、プライオリティシート(2014年4月)
  • MOSH 06〜悪い奴ほどよく眠る〜(2014年1月)

脚注

  1. ^ a b c 染井為人 (2021年10月27日). (インタビュー). “『海神』刊行記念インタビュー 染井為人”. 本がすき。 (光文社). https://honsuki.jp/pickup/49630.html 2021年11月19日閲覧。 
  2. ^ 第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞! 迫真の犯罪小説 ”. 2017年9月29日閲覧。

外部リンク

サスペンス

サスペンス英語: suspenseラテン語: suspēnsus)は、ある状況に対して不安緊張を抱いた不安定な心理、またそのような心理状態が続く様を描いた作品をいう。シリアススリラー(サイコスリラー)、ホラーサイコロジカルホラー)、アクションものといった物語の中で重要な位置を占める。単純に「観客の心を宙吊りにする」という意味でズボンサスペンダーを語源だとする説明もある。

また、より広い意味においては、観客や読者が作品(の行く末や登場人物など)に対して不安や緊張の心理、物語の結末を知る事への希求を抱かせ、その作品に対しての興味と関心を持続させる事ができる(あるいは、製作者がそのように意図した)作品もサスペンスといわれる事が多い。この場合には、宣伝などに「ハラハラドキドキ」や「手に汗握る」といった表現(惹句)が用いられる事も多い。

概要

孤立した山荘孤島に閉じ込められた人々が犯人がわからないまま次々殺害されていくような事態(クローズド・サークル)、犯人はわかっているがなかなか捕えられず、早く捕らえないと被害が及ぶような事態、捕らえられた登場人物がどこかから脱出を試みるもの(例:映画パニック・ルーム』)、何か恐ろしい物から逃げ続けるもの(例:テレビ映画激突!』)、周囲の猜疑心や悪評に取り囲まれた主人公が真実を追求して潔白を証明するもの(例:映画『レベッカ』、テレビドラマ逃亡者』)などがサスペンスの例である。この中でも犯罪(クライム)を描いた物はクライム・サスペンスと呼ばれている。

ミステリ推理小説と混同されがちだが、これらは推理を楽しむ物語のことである。すべてのサスペンスに必ずしも推理が伴うとは限らないし、全てのミステリがサスペンスを利用しているわけでもない(例:東野圭吾秘密」)。特に「日常の謎」系の作品ではサスペンスを強調しない場合が多い。他方、アクション映画においては、謎解きの要素が乏しくても、サスペンスを強調する場合がある(例:映画『ランボー』、『クリフハンガー』、『DENGEKI』、『網走番外地』など)。また、時代劇昼メロ戦争映画サイエンスフィクションを含む冒険映画スポーツギャンブルを取り扱った作品などでも局面的にサスペンスの要素を持つ作品が存在する。

しかしながら、本来の意味から離れて両者が混同されることも多い。また、ホラーというジャンル超能力超常現象)が関わり、サスペンスは現実に基づいた人間の起こすもの、という分け方が本来の分類と言われている。

「サスペンス小説」[要出典]、「サスペンスドラマ」[要出典]サスペンス映画[要出典]、「サスペンス漫画」[要出典]等、様々な媒体で表現される。

関連項目


 

Back to Top
Close