ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|齊藤工監督、別府を舞台にした短編映画を制作「恩返しができたら」


写真 左から安部賢一、岡村照館長、齊藤工監督

齊藤工監督、別府を舞台にした短編映画を制作「恩返しができたら」

 
内容をざっくり書くと
またコロナ禍で苦境に立つミニシアターを支援する「ミニシアター・エイド基金」「ミニシアターパーク」などに参加してみて、「皆さん、大変な状況が続いていると思いますけど、特に大分の劇場さんからはエネルギーをいただきました」という。
 

齊藤工(俳優・斎藤工の監督名義)が21日、大分県の別府ブルーバード劇場で行われた「別府短編映画制作プ… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]

「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(例:水禍、戦禍など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やインターネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]。(なお、その一方で放送界・出版界自ら「コロナ禍」の語の無限定な用法に対し、抑制的な姿勢や自己点検の動きを示す例も見受けられた[6][7]。)

「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「渦」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[8]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授である田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[9]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

参考文献

関連項目

劇場さん


 

Back to Top
Close