ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|永野芽郁、親友の遺骨を抱えベランダから飛び降りる! 監督「最高に格好いい」


写真 

永野芽郁、親友の遺骨を抱えベランダから飛び降りる! 監督「最高に格好いい」

 
内容をざっくり書くと
永野が「初めてマリコになった奈緒ちゃんを見て感動しました」と言うように、一瞬の笑顔で心を揺さぶるマリコの姿も。
 

女優の永野芽郁が主演を務める映画『マイ・ブロークン・マリコ』(2022年秋公開)の特報、ティザーポス… →このまま続きを読む

 マイナビニュース

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。 ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    リンクを追加

    奈緒ちゃん

    奈緒ちゃん』(なおちゃん)は、重度のてんかん(レノックス症候群)と知的障害を持つ少女奈緒ちゃん(西村奈緒)の12年間を撮影した記録映画である。1995年公開。 監督は、伊勢真一。監督は、奈緒ちゃんの実の叔父に当たる。上映時間、1時間38分 芸術文化振興基金助成作品。

    あらすじ

    監督の伊勢真一が、「姉に娘が生まれた。しかし、なにか厄介な病気を抱えているらしい」と知ったのは、記録映画の編集の仕事をしていた父、伊勢長之助が亡くなった年のこと。 クランクインは1983年1月3日。8才になった奈緒ちゃんのお正月の初詣のシーンから始まる。 奈緒ちゃんの一家は、建売住宅を購入、その決め手になったのは、家のすぐ前に小さな公園があったこと。奈緒ちゃんは、いつもその公園で遊び、地域の人達と自然に交流し、その生活の中に溶け込んでいく。 12年の年月の中で、お父さん(大乗)も会社や地域の中で大事な役割を担当するようになり、お母さん(信子)は、奈緒ちゃんが働くことのできる場所づくりということで、お母さん仲間と立ち上げた地域の福祉作業所「ぴぐれっと」のリーダーになり、弟の記一君は高校生になっている。 奈緒ちゃんは、お母さんたちが運営する福祉作業所で働くことになる。 その後の物語は、これに続く記録映画のシリーズの中で描かれていく。

    続編

    • ぴぐれっと(2002年)- お母さんたちが立ち上げた福祉作業所。その後、作業所は5ヵ所、それにケアホーム10ヵ所、地域支援センターなどを含む大組織になっていく。
    • ありがとう ー「奈緒ちゃん」自立への25年ー(2006年)
    • やさしくなあに 〜奈緒ちゃんと家族の35年〜(2017年)

    受賞

    関連項目

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close