ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|今夜の金ロー『となりのトトロ』が長年愛され続ける理由


写真 (C) 1988 Studio Ghibli

今夜の金ロー『となりのトトロ』が長年愛され続ける理由

スタジオジブリの名作アニメーション映画『となりのトトロ』(1988)が、「金曜ロードSHOW!」(日… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

記事タイトルをもとにしたキーワードを利用しています。説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

金曜ロードショー

金曜ロードショー』(きんようロードショー)は、1985年昭和60年)10月4日から日本テレビ系列NNN[注 2]29局(テレビ大分を除く[注 3])で毎週金曜日21:00 - 22:54 (JST) に放送されている映画番組である。

2012年平成24年)4月6日-2021年令和3年)3月26日までの9年間は『金曜ロードSHOW!』という番組名で、映画の他に単発ドラマバラエティ枠としても扱われていた[2][3][4]が、2021年令和3年4月2日の放送より番組名が再び『金曜ロードショー』に戻り、映画番組への回帰となった。[5][6][7]

放送時間は21時台から22時台(JST。詳しくは後述参照)。新聞テレビ欄では、「金曜ロードショー」「金ロードショー」と表記される場合もある[注 4]

また、本項では姉妹番組として、2019年4月からBS日テレで放送されている『日曜ロードショー』(2021年3月までは『日曜ロードSHOW!』)(にちようロードショー)についても触れる。

なお、『金曜ロードショー』では映画の他に本番組の為に制作された「テレビスペシャル」も放送されており、本記事ではテレビスペシャルについても映画として扱っている。

概要

2021年現在、地上波のゴールデン・プライムタイムで定期放送されている唯一の映画番組である。

ラインナップについて、現在は子供と一緒に観られるようなファミリー層向けの作品を重視している[8]。ジャンルに関しては、邦画・洋画、実写アニメ、新作・旧作の一方に偏ることなくバランスを取っているが、2010年代以降は特定ジャンルの作品(ジブリ映画やハリー・ポッター等)を集中放送するケースが増えている。また、多くの映画が土曜日または金曜日に封切られることから、シリーズ物の映画の最新作公開の際は、前日(または当日)の当番組で前作や関連作が放送されるケースが多い。他局でのゴールデンタイムでの映画放送が減少している影響もあり、ヒット作が当番組で地上波初放送となる事も増えている。

アニメ映画に関しては、前身の『水曜ロードショー』時代から放送されていたが、日本テレビが独占放映権を持つスタジオジブリ作品はとりわけ定期的に放映されている。その他、1985年から1996年にかけて映画監督藤田敏八大森一樹などを起用して、オリジナルのテレビ向け映画(『法医学教室の午後』、『法医学教室の長い一日』など)や海外ドラマの『新・刑事コロンボ』を放送した実績があるほか、「金曜ロードSHOW!」へ改名後はテレビドラマも扱っていた。

年末年始および『日本アカデミー賞授賞式』(2月または3月)と『全国高等学校クイズ選手権』(8月または9月[注 5])が放送される際は番組が休みとなる。『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』も2013年から2016年までの4回は番組を休んで編成されていたが、2018年以降は本枠に統合され、『特別エンターテインメント』として放送されている。その一方、本来放送予定だった単発特別番組が放送できなくなり、その穴埋めとして本番組が急遽復活して放送された例もある(後述)。

放送時間

※作品によって拡大・遅延の場合あり。中でも60分以上拡大する場合は、20時台のレギュラー番組を休止して、20時台から前倒しで放送することがある。

放送期間放送時間
1985年10月4日 - 1986年3月28日21:00 - 22:54(114分)
1986年04月4日 - 1988年3月25日21:00 - 22:51(111分)
1988年04月1日 - 1993年3月26日21:00 - 22:52(112分)
1993年04月2日 - 2008年9月26日21:03 - 22:54(111分)
2008年10月3日 - 現在21:00 - 22:54(114分)

プレ番組

21:03からスタートしていた1993年4月2日から2008年9月26日までは、21:00から『今夜のロードショー』(こんやのロードショー)と題したプレ番組が放送されていた。

2008年10月3日の日本テレビにおける、21時台の番組のフライングスタート化に伴い、同年9月26日で番組宣伝『今夜のロードショー』が廃止された。そして、10月3日から本編の放送開始が3分繰上がり21:00開始に拡大され、同時に関東地区(日本テレビ)においては、その前の20:54から21:00の時間(それまでの『NNNニューススポット』の枠)に『今夜の…』に替わるプレ番組『まもなく!金曜ロードショー』が新設され、事実上20:54開始となる(ただし『まもなく…』をネットするのは、日本テレビと中京テレビの2局のみ。2009年6月26日までは読売テレビでもネットしていたが、その後天気予報へと切り替えられた。それ以外の系列局はローカルニュースもしくは天気予報の枠に充当するためネットしない)。2011年9月30日の放送を以て『まもなく…』枠は終了した。

2018年4月6日より20:54 - 21:00に『まもなく金曜ロードSHOW!』として事前枠を再開するも、わずか3ヶ月後の同年6月29日で終了、それから2年後の2020年4月3日より3回目の登場となる。

1997年3月28日までの番組進行

21:00(1993年4月以降は『今夜のロードショー』終了後の21:03)から番組の放送が始まり、オープニング映像の後、一旦CMを挟んで、水野晴郎本人によるその日の放映作品についての解説(基本的には「ご機嫌いかがですか。水野晴郎です」の挨拶の台詞からスタートした)があり、それから本編が開始する形になっていた。

金曜特別ロードショー』として時間枠を拡大するなどして放送する場合には、水野による解説の後、再び一旦CMを挟んでから、本編の放送が始まることもあった。

映画本編の終了後には、再び、水野本人によるその日の放映作品についての解説がなされた。

その後、水野が次回放映作品の紹介を行った。時間調整のため、「水野晴郎の映画がいっぱい」コーナーを放送することもあり、映画にまつわるうんちくを紹介したり、スタジオにゲストを招いてインタビューを行うなどした。水野が個人的に愛好していた世界の警察関連の知識を披露することもあった。

最後は水野本人による「いやぁ、映画って本当(ほんっとう)にいいもんですね! それではまた、ご一緒に楽しみましょう(回により変化あり)」という締めくくりの台詞で終わるのが基本的な流れとなっていた。

水野の最後の担当回となった1997年3月28日放送では、上記の台詞の後、「さて、私は金曜ロードショーを本日で卒業しますが、映画はこれからもいろいろなすばらしい傑作が出てきます!楽しみですね!では、またいつかお会いしましょう!それでは、ごきげんよう!」と締め括っている。

沿革

放送開始から「ロードSHOW!」まで

水曜ロードショー』が放送日を金曜日に移動する形で、『金曜ロードショー』として放送開始[9]。第1回放送作品は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』。金曜に番組が移動してからは、解説者である水野晴郎の嗜好が反映された作品は世間の嗜好を反映して徐々に姿を消し、ハリウッド映画の娯楽作品やアニメ作品などが多くラインナップされる様になっていった。

1986年7月25日には『風の谷のナウシカ』が本枠で初放送される。以降、宮崎駿監督作品は本枠で定期的に放送されることになる[注 6]

1987年12月25日には800回[注 7]記念と称して、水野が水曜ロードショーから放送された映画を紹介・放送した[注 8]

1989年から、それまで『木曜スペシャル』や『土曜スペシャル』で放送された『日本アカデミー賞授賞式』が、本番組に移動して1993年まで放送。この時期だけは『金曜ロードショー特別企画』と銘打って放送された。

1992年には1000回記念並びに20周年記念[注 9]として、「1000回記念メモリアル・テレフォンカード」のプレゼント企画が実施された。また、同年4月には「1000回記念特集」と題し『魔女の宅急便』『ニキータ』『フィールド・オブ・ドリームス』『ミザリー』の4作品が4週にわたり放送された。[10]

1997年3月28日、「水曜」時代からおよそ25年にわたり解説・司会を務めた水野晴郎が降板。以後は解説者は置かれていない(後述)。

2004年12月10日より、地上デジタル放送において番組連動型データ放送を実施。放送作品の紹介や次回予告の案内を行うほか、2010年からは場面ごとの解説を表示する「シーンガイド」をアニメ映画を中心とした一部の作品で行っている[注 10]。さらに2006年8月4日に、HDリマスターを含めてハイビジョン化された。2010年10月1日からは他局同様、デジタル放送のみ洋画作品でもステレオ放送2か国語放送解説放送を含む。副音声は「ステレオ2」)を開始した[注 11]

2010年7月2日からの一時期には「○○月間」、「○○シリーズ」と題して、月ごとに関連性を統一する試みもあり(例:「ジブリ月間」、「日テレMOVIE月間」、「ラブ&ファンタジーシリーズ」など)、この企画は現在も不定期に実施されている。

2010年10月1日から2012年3月30日までは、19時台から20時台に単発特別番組枠金曜スーパープライム』が編成されており、2時間拡大放送する場合、本番組は休止となっていた。

「ロードSHOW!」への変更

2012年4月6日から番組枠のタイトルを『金曜ロードSHOW!』に改題。ラインナップとしては『金曜ロードショー』時代から続く映画作品を中心とするも、新たに年間4本程度のスペシャルドラマ「特別ドラマ企画」を制作・放送するようになった[2]。なお、本枠での「特別ドラマ企画」の第1弾として、2012年7月27日に『家族、貸します 〜ファミリー・コンプレックス〜』(脚本:鴻上尚史[11]が放送された。

2013年4月からはさらにリニューアルされ、頻度は少なく不定期ではあるが、新たにバラエティー「特別エンターテインメント」も放送されることになった[12]。第1弾は、同年5月3日に放送された『池上彰くんに教えたいニュース』。その後、同年に別のもう1本と合わせ計2本放送された後、長らくこれは放送されていなかったが、2017年2月24日放送の『人生が二度あれば 運命の選択』で3年4か月ぶりに「特別エンターテインメント」としての放送が再開され、更に同年5月12日には『全国好きな嫌いなアナウンサー大賞2017』が放送された。同年12月22日に『BESTプレゼント』も放送され、この年だけで「特別エンターテインメント」が3本放送された。2018年には1月26日・2月2日の2週連続で「特別エンターテインメント」が放送された(ただし週ごとに放送内容は全く異なる)。

2013年10月11日放送の『舞妓Haaaan!!!』では、番組初の試みとして主演の阿部サダヲと監督の水田伸生によるオーディオコメンタリー副音声で放送された。

2016年1月15日放送の『天空の城ラピュタ』では、『バルス』までのカウントダウンが表示され、シータとパズーが「バルス」と言った瞬間にデータ放送が崩壊する演出が行われた。

2019年頃からは、視聴者の意見を反映した企画やラインナップが増加している。同年8月16日に『千と千尋の神隠し』と同時放送するスタジオポノック制作の3本の短編作品の内1本を、番組初となる公式サイトでの視聴者投票で決定[13]。結果、『透明人間』が放送された。2020年2月7日放送の『劇場版 名探偵コナン』シリーズは、放送する作品を公式サイト内の総選挙で選ぶこととなり、投票の結果、1位となった『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』が放送された[14]。2020年からは「見たい!見せたい!名作映画金曜“リクエスト”ロードSHOW!」と銘打ち、放送してほしい作品を募集[15]。この結果、同年5月15日にはその第1弾として『天使にラブ・ソングを…』が放送された。その後も第2弾に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作の放送が決定し、第3弾に『E.T.』『プラダを着た悪魔』を放送、第4弾に『タイタニック』を2週にわたって放送[16]するなど、今後も恒例企画としてリクエストを募集する予定とのことである[15]

2019年3月8日放送の『カメラを止めるな!』では、出演者及び監督による副音声生コメンタリーを実施した。また、冒頭37分にも及ぶ1カット1シーンでは、CMを一切挿入しなかった。

2020年4月以降、人工知能(AI)による視聴率予測システムをラインナップの選定に導入。8カ月間にわたり実験を重ねた結果、誤差が平均1%未満になるまで精度が向上したため実用化に至ったという[17]

2020年5月22日放送の『名探偵ピカチュウ (映画)』では、史上初となるテレビ東京以外の地上波でポケモン映画が放送された。

再び「ロードショー」へ

2021年4月2日放送分からは、再び番組枠のタイトルが『金曜ロードショー』に戻された。タイトルが戻るのはリニューアル前の2012年以来約9年ぶりであり、番組ロゴも初代をモチーフとしたものに変更された[5]。スペシャルドラマやバラエティー番組の放送は廃止となり、2012年3月以前と同様に映画のみ放送となる。[6][7]

プロデューサーの北條伸樹はこのリニューアルについて、ドラマやバラエティーの放送本数が減り映画放送が再び増え、番組も前年に放送35周年を迎えたことから、映画番組としての『原点回帰』『初心を忘れず』という思いを込めて元のタイトルに変更したと語っている。また、長年放送した「ロードショー」のタイトルになじみ深い視聴者が多かったことから、変更後はSNSを筆頭に『ロードSHOW!』と『ロードショー』のタイトルが混在する状況が続いたため、それを統一しようとしたことも理由の一つに挙げられている[6][7]

放送作品

アニメ作品

『金曜ロードショー』は他の映画番組と比べてアニメーション作品を放送する比率が極めて高い。2010年以降は毎年10本以上のアニメ映画を放送している。また、ディズニーピクサー作品も放映されている。

スタジオジブリの作品

本番組では特に、スタジオジブリ作品の地上波での放映権を日本テレビが独占的に有している関係で、ジブリ最新作の公開時期や夏休みなどの休暇時期になると、過去のジブリ作品を放送するのが恒例となっている。年に5本程度が放送され、一度放送された作品はおよそ2~3年ごとに再放送されるが、『天空の城ラピュタ』のように2年連続で放送されるものや、『ホーホケキョ となりの山田くん』のように1回しか放送されていない作品もある。『火垂るの墓』は第二次世界大戦をテーマとしている関係もあり、8月の放送が圧倒的に多くなっている[注 12]。また、唯一のテレビスペシャルとして制作されながらも、尺の短さから本放送以来一度も『金曜ロードショー』枠での放送実績が無かった『海がきこえる』が、2011年7月15日に『コクリコ坂から』の公開に合わせて『ゲド戦記』と共に『金曜特別ロードショー』として2本立てで放送された。一方で、『レッドタートル ある島の物語』のように、ジブリ作品でも現在まで本枠で放送されないケースがある[注 13]。ジブリ作品に関してはエンドロールを含め、ノーカット放送されるのが原則となっているが、近年は2016年11月18日放送の『猫の恩返し』や2018年1月12日放送の『ゲド戦記』などでエンディングを省略しており、エンドロールを含む完全ノーカット版を放送しない回も増えてきている。しかし、宮崎駿監督及び高畑勲監督、近藤喜文監督の作品に関しては金曜ロードショー枠での放送では現在までエンドロール含むノーカット放送がされている。

その他・日本テレビ関連アニメ作品

ジブリ作品以外で定期的に、以下のアニメ作品が放映されている。

以上のアニメ作品などが放送されており、挙げた作品は『時をかける少女』を除いて、いずれも日本テレビが制作に関わっている。その中でもスタジオ地図作品及び『サマーウォーズ』は本枠以外で放映された事例が無い。また、『ルパン三世 カリオストロの城』は2017年、『ヱヴァ新劇場版』は2020年まで当番組以外で放映されたことがなかった[注 15][注 16]

その一方で前述の『時をかける少女』や、2020年7月31日放送の『映画 聲の形[注 17]、8月7日放送の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?[注 18]のように、日本テレビが制作に関わっていないアニメ作品を放送する事例もある[18]

テレビスペシャル

既存の劇場公開作品に加え、『ルパン三世』については新作のテレビスペシャルが1990年[注 19]から2013年まで毎年放送されており、2014年以降は不定期に放送されている(旧作の再放送が行われることもある)。その他にテレビスペシャルを放送した作品は『タッチ』、『美味しんぼ』、『YAWARA!』、『シティーハンター』、『はじめの一歩』、『DEATH NOTE』など。『タッチ』はフジテレビ系列で本放送されたが、フジテレビが再放送権を喪失したために、日本テレビでの再放送・テレビスペシャルの放送が行われていた。

2014年12月26日には『名探偵コナン』のテレビスペシャル『名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜』が放送された。また、クロスオーバー作品である『ルパン三世VS名探偵コナン』も、2009年3月27日に同枠で放送された。

金曜特別ロードショー

『水曜ロードショー』が『水曜特別ロードショー』と題した時と同様に『金曜ロードショー』時代にも、長時間映画や超大作映画、日本テレビ製作のヒット作、死去した名優の作品(主に追悼特別企画)、本番組のための撮り下ろし作品等を放送する場合などは『金曜特別ロードショー』(きんようとくべつロードショー)というタイトルとして放送された[19]。初回は1988年1月1日に放送された『風と共に去りぬ (映画)[注 20]。2011年2月11日には『沈まぬ太陽』を4時間本編ノーカットで放送。番組開始以来、邦画では最長時間作品となった[19]

『金曜特別ロードショー』としてのタイトルでは、ジブリ作品のノーカット放送、ハリー・ポッターシリーズなどの長時間作品、『ルパン三世』などアニメ作品の新作テレビスペシャル、『太陽にほえろ!』、『あぶない刑事フォーエヴァーTV SPECIAL'98』といったドラマスペシャルなどがある。なお、2003年6月と2008年3月に放送された『タイタニック』は金曜日・土曜日の2日連続企画だったため、翌土曜日にも『2夜連続特別ロードショー』のタイトルで放送された。

但し、2010年代以降は長時間映画であっても放送時間の延長がされない事が多く、通常の2時間枠[注 21]に収めるために本編を大幅にカットして放送する事も少なくない。

また、映画本編とセットでその作品と絡めた特別番組を放送する場合もあった。参考として、2010年2月5日には、19:56から「金曜特別ロードショー『崖の上のポニョ』テレビ初登場 直前スペシャル!!“ポニョはこうして生まれた”」と題した特番ののち21:00から23:04まで『崖の上のポニョ』本編が放送された[20]。同年11月19日には、19:00からの『金曜スーパープライム』枠を吸収する形で『金曜特別ロードショー ハリー・ポッター4時間SP』を20:00までは第1部『ハリポタ好き芸能人VS「賢者の選択」フロリダ&ロンドン絶叫ツアーSP』として、22:54までは第2部『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』として放送された[21]

なお、作品によってプレ番組の放送が無かったり、時間枠の拡大により19時台・20時台のバラエティ番組を休止とすることがある。これは『金曜ロードSHOW!』に改題されてからも継続されている。

リニューアル後は『金曜特別ロードショー』のタイトルは使われていない。

出演者

映画解説者

  • 水野晴郎(1985年10月4日 - 1997年3月28日[9]) 水野が逝去した直後の2008年6月13日の放送回で追悼映像が流れた。

ナビゲーター

  • 坂上みき(1997年4月4日[9] - 2009年3月20日) ※作品解説がなくなり、それに替わって坂上がナビゲーターとしてナレーションを担当していた[9]
  • 森圭介(日本テレビアナウンサー)・西尾由佳理(当時日本テレビアナウンサー)(2008年10月3日 - 2011年3月25日) ※『まもなく!金曜ロードショー』の進行役を担当した。
  • 森圭介(日本テレビアナウンサー)・鈴江奈々(日本テレビアナウンサー)(2011年4月1日 - 2011年9月30日) ※『まもなく!金曜ロードショー』の進行役を担当した。
  • 加藤清史郎(2012年4月6日 - 2013年3月29日[12]) ※『金曜ロードSHOW!』にリニューアルして以降、ナビゲーターを務めていた[12]。「シネマボーイ」として番組キャラクターの「スタンリー」と共に本編の前後に出演し、番組冒頭では本編の見どころ、本編終了後には本編で印象的だった部分を「映画メモ」として紹介していた。
  • サッシャ朴璐美(2013年4月12日 - ) ※サッシャは「映画マイスター」、朴は「パートナー」としてナビゲーターを務めている[22]

番組キャラクター

  • スタンリー(2009年3月27日 - 2018年7月13日)
黒いうさぎ。他にも仲間が存在する。2012年のリニューアル後も継続して番組キャラクターを務め、関東ローカルの『映画天国』でも番組キャラクターとして扱われており、『金曜ロードSHOW!』卒業後も引き続き番組キャラクターとして活躍している。
  • ミアちゃん(2018年7月20日 - )
映画が大好きな17歳の女子高生。命名は『カイロの紫のバラ』主演のミア・ファローから。
  • アンク(2018年7月20日 - )
不思議な生き物。ツタンカーメンのマスクのような模様が付いている。古代エジプトで生命的宗教的象徴である「アンク」から命名。

演出

番組タイトルロゴ

初代(1985年10月4日 - 2012年3月30日、2021年4月2日 - 現在)
番組放送開始時から2012年3月30日まで、「金曜ロードショー」のタイトルロゴは”金曜”で一度改行した文字配置のタイトルロゴだった。「金曜特別ロードショー」の場合は”金曜”の隣に四角い枠で囲った”特別”という文字が追加されていた。番組オープニング以外のエンディングや番組公式ホームページでは改行されていない文字配置で表示されていた。例外で1993年までA枠提供クレジット後に流れていたネット局案内では「金」の一番下の8画目の横棒が伸びてその上に「曜ロードショー」を配置したものであった。
2021年4月2日からタイトル表記が初代に戻る(金曜ロードSHOW!→金曜ロードショー)ことに伴い、タイトルロゴも初代に近いものに変更となる[5]。発表されたものは初代ロゴとほぼ同様であるが日本テレビは「令和バージョンにアップデート」と発表しており、いわば”初代ロゴの令和版”であり、初代ロゴの復活ともいえるが、違いとしては、「ロードショー」の「ド」の濁点自体に白い縁取りが付き、"目玉"のようになっている事である。これは「様々な名作や大ヒットした話題作など、皆様に注目していただけるような作品をお送りしたい」という思いが込められている。しかし、オープニングに表示されるタイトルロゴは濁点に目玉は無く、番組本編では「初代ロゴ」が表示され「目玉ロゴ」はCM、公式サイト等にしか表示されない。
2代目(2012年4月6日 - 2018年7月13日)
新タイトルロゴマークでは基本的に文字の配置は同年3月30日までのものと同様で”ショー”から英語表記の”SHOW!”に変更された。
3代目(2018年7月20日 - 2021年3月26日)
文字配置が変更され、かつての2行のタイトルロゴではなく1行のタイトルロゴとなり、2代目と違い、シンプルなゴシック体となった。

オープニング映像

 メインテーマ期間製作者備考
初代ピエール・ポルト(作曲)
フライデー・ナイト・ファンタジー
1985年10月4日 - 1997年3月28日不詳
  • 『水曜ロードショー』のオープニング映像と同じ構成である、夕日と海とヨットハーバーの2代目で、フィルム映像。
  • 演奏はピエール・ポルト&ヒズ・オーケストラ。Tpのソロは、日本人トランペット演奏家である数原晋が日本で演奏した。当時、実際の演奏者のクレジットがきちんと記載されない事が多かった)
  • オープニング内容…海辺のボートハウスで景色を眺める人→夕日と→ヨットハーバーでと戯れる人→眼鏡をかけた黄昏の男性→夕焼けの海に浮かぶヨット→画面中部に番組ロゴ表示(夕焼けの風景から大きくフェードインし、ヨットハーバーの風景が一瞬にして夜になる)→映画名表示→提供クレジット表示
  • オープニング曲の原調はヘ短調である。
  • オープニング曲は、ピアノの出だしから始まるパターンとトランペットから始まるパターンがある。[注 22]
  • このテーマソングが発売されると、LPレコード版を100名・シングルレコード版を200名に番組からプレゼントした。その告知の際[23]、水野は「こうした素晴らしい音楽、私達の胸に忘れぬ感動を捧げてくれます。」と語っている。
  • このオープニング映像の撮影地は、相模湾(正確には、相模湾の小湾である小和田湾)に面した、(三浦半島西岸側の)神奈川県横須賀市佐島地区の佐島漁港(佐島マリーナ)、並びに、同じく三浦半島西岸側の神奈川県葉山町堀内(ほりうち)字鐙摺(あぶずり)地区の鐙摺漁港(葉山マリーナ)である。桟橋の映像は千葉県館山市の北条海岸の桟橋である。[独自研究?]
  • フェードインして一瞬にして夜になった際にスクリーンの左側後方に見える建物は『パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ 葉山本店』という洋菓子店である。[独自研究?]
  • 前述の水野死去時の追悼映像ではBGMに本オープニング曲が使われており、水野降板以来11年ぶりに番組内で流れた。
  • 2010年10月1日の放送では「金曜ロードショー25周年記念」として、このオープニングが編集が入ったものの流れた。
  • 2015年10月23日10月30日11月6日の放送では「金曜ロードSHOW!30周年記念」として、このオープニングが3週限定で復活した[注 23]
  • 2021年1月8日の放送では「金曜ロードSHOW!35周年記念」として、このオープニングが流れた[注 24]
2代目久石譲(作曲)
Cinema Nostalgia
1997年4月4日 - 2009年3月20日製作:宮崎駿
作画・演出:近藤喜文
  • 画面上部に番組ロゴ表示(紳士が映写機を動かすアニメーション。また画面の左右は映画フィルムのパーフォレーションとなっている。ポケモンショックの影響で左右の縁の速さは少し遅く修正された)→提供クレジット表示→映画名表示(映写機のレンズが拡大し放送する映画名がフェードインで表示される)
    尚、このオープニング映像は、スタジオジブリが制作した短編アニメやCMなどを収めたDVD『ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート』に収められている。
    • なお、左右両端が映画フィルムのパーフォレーションになっているので、地上デジタル放送でも違和感なく表示されていた。初代と同様に12年間使用された。
  • 2015年10月2日10月9日の放送では「金曜ロードSHOW!30周年記念」として、このオープニングが2週限定で復活した。宮崎駿が関わった都合上、編成された作品は両日ともスタジオジブリが制作した映画だった。
3代目岩代太郎(作曲)
スタンリーの週末
2009年3月27日 - 2012年3月30日アニメーション制作:Airside
  • 映像のタイトルは、「The Moon and The Rabbit」。
  • 金曜の夜、月が出る頃に始まる『金曜ロードショー』を見るためにうさぎのスタンリーと仲間たちが映画館に向かって必死に走る様子を描く。先代同様ロゴ表示→提供クレジット表示→映画名表示(スタンリーが駆け込んで席についた後、スクリーンに放送する映画名が表示される)の順で、地上波デジタル放送に合わせて、オープニング映像としては初のハイビジョン制作となった。アニメーションを制作したAirsideは英国のデザイン会社。テーマ曲を作曲した岩代は「どんな映画が放送されても本編の邪魔にならないように心掛けた」とコメントしている[注 25]
  • 『金曜特別ロードショー』バージョンは、スタンリーたちの衣装がタキシードなどフォーマルなものに変わるほか、花火や観客の歓声の効果音を追加した別バージョンとなる。
  • このアニメーションは『映画天国』へと引き継がれている。
4代目大野哲二(作曲)
TGIF(Thank God, It's Friday!)
2012年4月6日 - 2016年3月25日
  • オープニングアニメ映像・テーマ曲制作:オムニバス・ジャパン
  • スタンリーと仲間たちがアクション、SF、サスペンス、ラブストーリー、アニメといった映画の世界に迷い込んでワクワクドキドキしている様子を描く。
  • 『金曜ロードSHOW!』に改題後のオープニング。
  • 背景色は毎月変わっていた。
5代目上白石萌歌(歌)
Era[24]
2018年7月20日 - 現在スタジオ地図
  • 細田守が監督のスタジオ地図が制作したオープニング・アニメーション。
  • 17歳の女子高生「ミアちゃん」は肩に不思議な生物「アンク」を乗せて虚無空間を歩いている。行く先に光が漏れる扉が見える。導かれるようにその扉を開けると、椅子に腰掛けている伯爵夫人の「ターニャ」が振り返って出迎えた。そこはエジプトカイロ。彼女は秘密のプライベート映画サロンを主催している女性支配人だった。そこでは世界中から招かれた女優や動物たちが寛いでいた。ミアちゃんも腰を下ろし、わくわくしながら映画のスタートを待つことにした。
  • 細田曰く、「『金曜ロードSHOW!』が若い人と映画との出会いの場であり続けたい」、「今の若い世代にめくるめく映画の世界を感じてほしい」、「今まで映画とあまり向き合った経験のない若い女の子に、映画を通じて人生を変えるような出会いがあれば」との思いで制作された。
  • 番組タイトル表示の際は番組名の上に「FRIDAY NIGHT DELIGHT since 1985」と表記されている。
  • 2019年4月からBS日テレで日曜夜放送の『日曜ロードSHOW!』でも同じオープニングが使用され、BSの日曜版のタイトルは「SUNDAY NIGHT DELIGHT since 2019」と表記されている。
  • 2021年4月2日からタイトルロゴが初代に戻ったが、OP映像に変更はない。
  • オープニングアニメ制作スタッフ
  • キャラクターデザイン・作画:森川聡子
  • 美術設定:上條安里
  • 美術監督:
  • 衣装:伊賀大介
  • 音楽:高木正勝

オープニングがない期間

  • 2016年4月1日放送分から2018年7月13日放送分まではオープニングは存在せず、予告の後すぐに映画本編が始まっていた。

エンディングの映像

初代

  • エンディング内容…提供クレジットの後の5秒のエンドパターンについては、1991年9月までは静止画(設定は夜になるまでヨットが浮かんだままと言うもの。金曜ロードショーのロゴが上に表示し、下に「(旧ロゴ、後にロゴなし)日本テレビ END」と表示)で、同年10月頃から1996年9月頃までは動画(設定はヨットのバテン部分が潰れ、ヨットに乗っていたシルエットの人はカヌーに乗り換えると言うもの。『金曜ロードショー』のロゴの部分で下の「ロードショー」が上の「金曜」の隣に入り、下に「THE END」と表示)によるものだった。1996年10月頃からはエンドパターンは廃止された。
    • なお、のちに、その週に放映された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供クレジットが表示され、その後、5秒のエンドパターンとなるバージョンも登場した。また、その週に放送された映画作品の1シーンのスチール写真(または、映像)をバックに提供クレジットが表示された後、いつもの5秒のエンドパターンが流れずに番組が終了したケースもある(例:1990年8月3日に、「終戦45周年特別企画」の第一弾として放送された『連合艦隊』など)。また、1990年代序盤には、スチール写真(または、画像)をバックに提供クレジットが表示された後、一旦CM、もしくは視聴者プレゼント告知を挟んでから5秒のエンドパターンが流れたパターンもあった(例:1990年10月5日に放映された『魔女の宅急便』)。なお、1988年1月1日に放送された『風とともに去りぬ』は、スチール写真と提供クレジットが表示された後、スチール写真のまま、「金曜特別ロードショー 日本テレビ開局35周年特別番組 風と共に去りぬ 完」と流れた。
    • 初期のスタッフロールは、水曜ロード時代の背景を使用していた。

各年での年間1位作品

ここでは、放送開始された1985年10月4日から2020年11月25日現在までの当番組内で放送された作品の中で各年視聴率1位となった作品を表記する。なお、放送休止番組は含まない。

ここに記載する視聴率は全て国会図書館に所蔵されているビデオリサーチの視聴率を閲覧・引用している。なお、数字は全て世帯視聴率である。

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯・リアルタイム。[25]

金曜ロードショー時代
放送日タイトル視聴率備考
1985年10月25日ランボー25.3%
1986年10月10日スター・ウォーズ 帝国の逆襲23.0%30分拡大。
1987年10月16日インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説26.9%30分拡大。
1988年4月8日ランボー22.8%
1989年4月14日ランボー/怒りの脱出24.2%
10月13日ランボー3/怒りのアフガン
10月20日インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説32分拡大。
1990年10月5日魔女の宅急便24.4%20分拡大。
1991年10月11日E.T.23.5%金曜特別ロードショー。30分拡大。
1992年12月25日釣りバカ日誌422.0%
1993年12月17日釣りバカ日誌523.6%
1994年2月4日釣りバカ日誌428.4%
1995年1月13日釣りバカ日誌227.7%
1996年8月9日男はつらいよ 寅次郎真実一路27.6%渥美清さん追悼企画。20分拡大。
1997年3月28日Shall we ダンス?27.4%水野晴郎が最後の解説をした放送回。50分拡大。
1998年8月28日あぶない刑事フォーエヴァーTVスペシャル'9825.7%開局45年記念番組
1999年1月22日もののけ姫35.1%50分拡大。
2000年2月11日風の谷のナウシカ23.3%30分拡大。
2001年1月26日もののけ姫26.9%50分拡大。
2002年7月12日スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス21.4%45分拡大。
2003年1月24日千と千尋の神隠し46.9%日本テレビ開局50周年 金曜特別ロードショー。

放送時間は20:30~23:09。

日本で放送された映画番組全体でも歴代1位である。

また、直前に放送された特別番組は27.3%の視聴率であった。

2004年6月25日ハリー・ポッターと賢者の石30.8%金曜特別ロードショー。

放送時間は20:00~23:09。

2005年12月2日ハリー・ポッターと秘密の部屋21.7%金曜特別ロードショー。

放送時間は20:00~23:19。

2006年7月21日ハウルの動く城32.9%30分拡大。
2007年11月2日ALWAYS 三丁目の夕日20.8%35分拡大。
2008年2月8日DEATH NOTE THE LAST NAME23.6%45分拡大。
2009年6月5日千と千尋の神隠し21.4%40分拡大
2010年2月5日崖の上のポニョ29.8%金曜特別ロードショー。

放送時間は19:56~23:04。

2011年1月7日千と千尋の神隠し16.5%40分拡大。
2012年1月20日ALWAYS 続・三丁目の夕日17.0%30分拡大。
金曜ロードSHOW!時代
放送日タイトル視聴率備考
2012年7月6日千と千尋の神隠し19.2%40分拡大。
2013年8月2日天空の城ラピュタ18.5%
2014年7月4日もののけ姫21.9%50分拡大。
2015年2月20日風立ちぬ19.5%40分拡大。
2016年1月22日魔女の宅急便18.8%15分拡大。
2017年1月20日千と千尋の神隠し18.5%40分拡大。
2018年8月10日ハウルの動く城14.5%35分拡大。
2019年8月16日千と千尋の神隠し17.9%放送時間は19:56~22:54。
2020年5月29日キングダム16.5%45分拡大。地上波初放送。本編ノーカット。
8月14日となりのトトロ

歴代高視聴率獲得作品

ビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯・リアルタイム。

順位放送日タイトル視聴率備考
12003年1月24日千と千尋の神隠し(2001年)46.9%日本テレビ開局50周年記念番組
『金曜特別ロードショー』
21999年1月22日もののけ姫(1997年)35.1% 
32006年7月21日ハウルの動く城(2005年)32.9%
42004年6月25日ハリー・ポッターと賢者の石(2002年)30.8%『金曜特別ロードショー』
52010年2月5日崖の上のポニョ(2008年)29.8%
61994年2月4日釣りバカ日誌4(1992年)28.4% 
71994年12月23日釣りバカ日誌6(1994年)28.3%
81995年1月13日釣りバカ日誌2(1990年)27.7%
91996年8月9日男はつらいよ 寅次郎真実一路(1985年)27.6%『金曜特別ロードショー』
渥美清さん追悼企画
1995年9月15日釣りバカ日誌4(1992年)
111997年3月28日Shall we ダンス?(1996年)27.4%この回で水野晴郎が番組を降板
121994年9月16日釣りバカ日誌5(1993年)27.1% 
132003年2月14日もののけ姫(1997年)27.0%
142001年1月26日26.9%
1987年10月16日インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年)
1995年3月3日免許がない!(1994年)
171999年2月19日Shall we ダンス?(1996年)26.7%
182004年12月10日千と千尋の神隠し(2001年)26.1%『金曜特別ロードショー』
1997年10月24日釣りバカ日誌8(1996年)
2003年6月28日(土)タイタニック後編(1998年)『2夜連続特別ロードショー』として、
「後編」は土曜日に放送されたが、
厳密には『金曜ロードショー』枠外となる。
211998年8月28日あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98
(オリジナル作品)
25.7%開局45周年記念番組
テレビスペシャル
221985年10月25日ランボー(1983年)25.3% 
232003年6月6日マトリックス(1999年)25.1%
241994年7月29日ルパン三世 燃えよ斬鉄剣(オリジナル作品)24.9%テレビスペシャル
252006年10月27日デスノート前編テレビ特別版(オリジナル作品)24.5%ディレクターズカットテレビ特別篇
261990年10月5日魔女の宅急便(1989年)24.4%
271989年10月20日インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年)24.2%スティーヴン・スピルバーグ傑作選
1989年4月14日ランボー/怒りの脱出(1985年) 
1989年10月13日ランボー3/怒りのアフガン(1988年)
301994年7月22日釣りバカ日誌3(1991年)24.1%
1998年7月24日ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜
(オリジナル作品)
テレビスペシャル
『金曜特別ロードショー』

※出典「金曜ロードショー ベスト30ランキング

日曜ロードショー

2019年4月7日よりBS日テレにて当番組の暖簾分け番組として『日曜ロードSHOW!』が放送されている。 2021年3月までの基本的な放送時間は毎週日曜21:00 - 22:54[26]。オープニングと番組キャラクターは同じものを使用している。

2021年4月からは地上波版でタイトルが改題されることに合わせて、こちらも『日曜ロードショー』に変更された。また番組タイトルロゴも『金曜ロードショー』4代目ロゴと同様のデザインに変更。放送時間も日曜20:00 - 21:54に変更されている[27]

BSの番組であるため、洋画は原則日本語字幕版での単体[注 26]となっており、エンディングもノーカットで放送されている。

なお、1960年代に日本テレビ系列で同名タイトルが放送されていた。

吹き替え

他局の映画番組と同様に、番組開始当初から独自の日本語吹替版を制作して放送することが多かった。

ただし、2000年代を境に制作本数は減少。2010年12月17日放送の『オペラ座の怪人』を最後に一時期は制作が途絶えていたが、2017年8月4日放送の『ジュラシック・ワールド』で約6年半ぶりに番組オリジナルの吹替が制作された。その後は、2018年2月16日放送の『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』で既存の吹き替え版のタレント吹き替え部分を別の声優に差し替えた独自音源での放送や、2019年12月6日放送の『ホーム・アローン3』、2021年1月8日放送の『パラサイト 半地下の家族』を新録吹替で放送している。

プロデューサーの北條伸樹は吹き替えについて2020年に、近年は費用の関係から既存の吹替を流用する機会が増加、新たに制作することが困難になっている一方で、「その灯を絶やさないようにしていきたい」と今後も1年に1作くらいは制作を続けていきたいと発言している[28]

タレント吹き替え

※劇場公開版・パッケージ版を流用しているものは除外する。

特別ドラマ企画

『金曜ロードSHOW!』時代に放送されたスペシャルドラマをここに記する(アニメのテレビスペシャルを除く)。解説放送を実施している。ここに記載されているものは『金曜ロードSHOW!』のタイトルでの放送である。そのため、2018年5月4日に『天才バカボン3』がこの枠にあたる部分に放送されたが、番組名は「ゴールデンまなびウィークスペシャルドラマ」と題しているため、本枠の放送を休止する形を採っていたことから、ここには記載しない。

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯・リアルタイム。[25]

放送日タイトル備考視聴率
2012年7月27日家族、貸します 〜ファミリー・コンプレックス〜9.7%
2013年3月1日チープ・フライト劇中に登場する「CHERRY'S航空」のモデルはPeach Aviation14.2%
2013年4月5日リバース〜警視庁捜査一課チームZ〜当初は2013年1月25日に放送される予定だったが、後述の理由により延期となり、
加藤清史郎の出演シーンはカットされた。
14.6%
2013年9月27日人生がときめく片づけの魔法 12.3%
2014年2月14日仮面ティーチャー9.4%
2014年2月28日最高のおもてなし開始時刻を20:54に繰り上げ12.0%
2014年5月2日悪夢ちゃんスペシャル 9.9%
2014年6月13日磁石男12.0%
2014年10月24日ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル11.3%
2014年11月7日8.7%
2015年3月6日結婚に一番近くて遠い女13.1%
2015年6月19日THE LAST COP/ラストコップ日本テレビとHuluの共同製作12.9%
2015年9月18日磁石男2015 8.7%
2015年11月20日視覚探偵 日暮旅人13.5%
2016年3月11日天才バカボン〜家族の絆12.2%
2016年3月18日さよならドビュッシー 〜ピアニスト探偵 岬洋介〜8.4%
2016年9月16日ガードセンター24 広域警備指令室アジア向け衛星チャンネル「GEM」にて同時配信7.6%
2016年9月23日がっぱ先生!7.2%
2017年1月6日天才バカボン29.5%
2017年2月10日銭形警部WOWOW・Huluと共同製作[29]12.5%
2017年3月17日北風と太陽の法廷12.0%
2017年5月26日帰ってきた家売るオンナ13.0%
2017年7月21日ぼくらの勇気 未満都市201710.0%
2018年2月23日読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ天才を育てた女房読売テレビ制作6.5%
2020年7月17日今日から俺は!!スペシャル11.2%

特別エンターテインメント

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯・リアルタイム。[25]

放送日タイトル視聴率備考
2013年5月3日池上彰くんに教えたいニュース10.6%
2013年10月4日1位をとった名曲音楽祭11.7%生放送
2017年2月24日人生が二度あれば 運命の選択10.4%
2017年5月12日全国好きな嫌いなアナウンサー大賞201712.1%[注 27]
2017年12月22日BESTプレゼント7.0%
2018年1月26日さんま岡村祭日本の長さんの悩み聞きます!8.5%
2018年2月2日最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王201810.9%[注 28]
2018年4月27日最後の一日 最後の言葉 〜本当にそれでイイんですか?〜7.0%
2018年6月1日全国好きな嫌いなアナウンサー大賞201811.4%
2018年10月5日ウケる!偉人伝8.3%
2018年11月9日衝撃のアノ人に会ってみた!8.0%[注 29]
2019年2月15日最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王20199.5%
2019年3月15日OB vs 現役 プロ野球好珍バトル2019春7.9%
2019年5月3日エンタの神様12.2%
2019年5月10日全国好きな嫌いなアナウンサー大賞20198.8%[注 30]
2019年5月31日グレートコネクション8.1%
2019年10月11日いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP7.5%[注 31]
2020年2月14日最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王202010.8%
2021年2月19日最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王2021

ネット局

  • 備考欄の印は開局と同時にネット開始した局。
放送対象地域放送局系列放送時間備考
関東広域圏日本テレビ(NTV)日本テレビ系列金曜日 21:00 - 22:54制作局
[注 32]
北海道札幌テレビ(STV)[注 33]
青森県青森放送(RAB)
岩手県テレビ岩手(TVI)
宮城県ミヤギテレビ(MMT)
秋田県秋田放送(ABS)[注 34]
山形県山形放送(YBC)[注 35][注 36]
福島県福島中央テレビ(FCT)
山梨県山梨放送(YBS)
新潟県テレビ新潟(TeNY)[注 37]
長野県テレビ信州(TSB)[注 38]
静岡県静岡第一テレビ(SDT)
富山県北日本放送(KNB)
石川県テレビ金沢(KTK)
福井県福井放送(FBC)[注 39]
中京広域圏中京テレビ(CTV)[注 40]
近畿広域圏読売テレビ(ytv)[注 41]
鳥取県島根県日本海テレビ(NKT)
広島県広島テレビ(HTV)
山口県山口放送(KRY)
徳島県四国放送(JRT)
香川県・岡山県西日本放送(RNC)
愛媛県南海放送(RNB)
高知県高知放送(RKC)
福岡県福岡放送(FBS)
長崎県長崎国際テレビ(NIB)
熊本県くまもと県民テレビ(KKT)[注 42]
宮崎県テレビ宮崎(UMK)フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[注 43]
鹿児島県鹿児島読売テレビ(KYT)日本テレビ系列
  • 1993年9月24日まで、A枠の提供クレジットの後に「ご覧の金曜ロードショーは全国○○局ネットでお送りしています」という画面が表示されていた(○○には放送日時点のネット局の数が入っていた)。提供表示後のアナウンスも「ここからの水曜ロードショーは…」→「引き続き金曜ロードショーをお楽しみください」に変更されている(水曜時代はすぐにB枠の提供クレジットに入るが、金曜移行後はその前にローカルスポット枠を挿入するようになった)。

不定期放送

  • テレビ大分
    • フジテレビ系列とのクロスネット局。一部のスペシャルドラマ企画やバラエティ企画を中心に放送。なおネットワークとして参加する『全国好きな嫌いなアナウンサー大賞』は必ず放送。
  • 沖縄テレビ
    • フジテレビ系列局。一部のスペシャルドラマ企画やバラエティ企画を放送する場合がある。
  • 琉球放送
    • TBS系列局。『名探偵コナン』のテレビアニメ版の放映権を持っているため当枠がテレビで初めて放送される同作の劇場版作品は必ず放送する他、一部のスペシャルドラマ企画やバラエティ企画を放送する場合もある。

過去のネット局

  • 山形テレビ(当時はフジテレビ系列)開始 - 1993年3月5日。
    • 水曜ロードショー時代から『火曜ロードショー』として火曜21時に時差ネット。山形テレビのテレビ朝日系列へのネットチェンジにともない1993年3月26日で終了。1993年4月2日からは山形テレビが『日曜洋画劇場』を、山形放送が『金曜ロードショー』を、それぞれ同時ネットするようになった[注 44]。オープニング映像は本家の映像に手を加えたものを使用(海辺のボートハウスで景色を眺める人→夕日と鴎→ヨットハーバーでと戯れる人→黄昏の人→画面中部に番組ロゴ表示[注 45]
  • 信越放送
    • 水曜時代から『土曜映画劇場』として日曜未明(土曜深夜)に異時ネット。テレビ信州開局後も引き続き放送[注 46]していたが、テレビ信州が『ニュースシャトル』ネット開始に伴う編成の大きな変更で『金曜ロードショー』をネットすることになり、1987年9月25日終了。
  • 北陸放送
    • 水曜時代から『名画招待席』として未明帯に放送(終了時点では土曜未明に遅れネット)。テレビ金沢の開局に伴い1990年3月31日未明(30日深夜)に終了。
  • テレビ長崎
    • 日本テレビ系列とのクロスネット(NNS非加盟)局時代は『水曜ロードショー』の放送開始時から同時ネット。1990年10月5日にフジテレビ系フルネット化してから1991年3月29日まで半年間異時ネットし、長崎国際テレビ開局により終了。
  • 宮崎放送
    • 当枠はテレビ宮崎が放映権を持っているが、テレビ宮崎が同時ネットを開始する前に土曜ドラマの映画化作品のみ当局に放映権が移譲された。
  • 鹿児島テレビ
    • 日本テレビ系列とのクロスネット局時代の1994年3月25日まで同時ネットで放送された。その後鹿児島読売テレビ開局により終了。

突発的事態(災害・事件・追悼・その他等)による番組休止・変更

放送日放送予定だった作品差し替えて放送された作品変更理由振り替え放送備考
1986年11月21日フラッシュダンス(1983年)(番組休止)当日夕方に発生した伊豆大島三原山大噴火に関する報道特別番組放送のため。1986年12月19日 
1988年9月30日化身(1987年)続・猿の惑星(1970年)昭和天皇の容態急変による自粛措置。1988年12月16日
1989年11月10日少林寺・怒りの大地(1984年)蘇える金狼(1979年)松田優作が死去したことを受けた追悼企画。1990年1月19日
1996年8月9日スタンド・バイ・ミー(1987年)男はつらいよ 寅次郎真実一路(1985年)渥美清が死去したことを受けた追悼企画。1996年8月23日
1996年8月23日火垂るの墓(1988年)スタンド・バイ・ミー(1987年)前述の追悼企画にともなう振り替え対応。1997年8月6日
2001年9月14日ダイ・ハード3(1995年)バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)アメリカ同時多発テロ事件直後だったことによる自粛措置。2002年3月29日
2003年11月14日15ミニッツ(2001年)パーフェクト ストーム(2000年)同局における視聴率買収事件の発生により、内容が不適切と判断されたことによる自粛措置。2003年11月28日
2011年3月11日なくもんか(2010年)(番組休止)当日午後に発生した東日本大震災に関する報道特別番組放送のため。2011年4月1日[注 47]
2011年4月1日スパイダーマン(2002年)なくもんか(2010年)前項の影響により、『なくもんか』の放送がこの日に編成されたため。2011年4月8日
2013年1月25日リバース〜警視庁捜査一課チームZ〜(オリジナル作品)書道ガールズ!! わたしたちの甲子園(2010年)同年1月16日に発生したアルジェリア人質事件を想起させるシーンが含まれているため[30][31]2013年4月5日[注 48]
2013年9月6日ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年)紅の豚(1992年)宮崎駿が長編映画制作からの引退を表明したことを受けた特別企画。2013年9月20日
2014年1月31日(番組休止)プレデターズ(2010年)特別番組に出演する予定だった細川護熙東京都知事選挙に出馬したため、急遽レギュラー復帰。-[注 49]
2014年10月3日センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年)アイ・アム・レジェンド(2008年)同年9月27日に発生した御嶽山の噴火を想起させるシーンが含まれているため[32]2015年2月6日
2014年11月28日謝罪の王様(2013年)幸福の黄色いハンカチ(1978年)高倉健が死去したことを受けた追悼企画。2018年10月19日
2017年6月23日バトルシップ(2012年)ダーク・シャドウ(2012年)同年6月17日に起きた米海軍ミサイル駆逐艦フィッツジェラルド」の衝突事故を連想させるため。2017年9月8日[注 50]
2017年6月30日ダーク・シャドウ(2012年)藁の楯(2013年)前項のとおり『ダーク・シャドウ』の放送が前週に繰り上げ放送されたため。-
2018年4月13日名探偵コナン から紅の恋歌(2017年)火垂るの墓(1988年)高畑勲が死去したことを受けた追悼企画。2018年4月20日
2018年4月20日パシフィック・リム(2013年)名探偵コナン から紅の恋歌(2017年)前週に前項のとおり『名探偵コナン から紅の恋歌』の放送が1週間繰り下げられたため。2018年5月11日
2019年4月19日名探偵コナン 天空の難破船(2010年)ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年)モンキー・パンチが死去したことを受けた追悼企画。2019年9月6日
2020年3月20日(番組休止)ブラックパンサー(2018年)新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球開幕戦が延期されたため、急遽レギュラー復帰[33]-[注 51]

スタッフ

現在のスタッフ

  • 構成:ピエール杉浦
  • 制作協力:平井秀和(AXON
  • フォーマット編集:池本寛子、石井玲(AXON)、山本博幸(スケアクロウ)
  • デスク:森谷美幸(以前はAP)
  • アシスタントプロデューサー(AP):山田佳奈、富澤美和子(以前は制作協力)、西あかね
  • プロデューサー:向笠啓祐、岩佐直樹
  • 制作:北條伸樹(2017年6月16日 - )
  • 製作著作:日本テレビ(制作著作の表記はなく、局ロゴのみ)

過去のスタッフ

  • 制作協力:田島千景、古田則夫、村田継大、山本美希(AXON)
  • 美術:磯村英俊(日テレアート
  • 広報:戸田聖一郎
  • デスク:村田明美、阿部みゆき
  • アシスタントプロデューサー(AP):中島昌彦、村田摩耶、小倉彩(以前はデスク)、福嶋綾
  • プロデューサー:西憲彦、明比雪、堀越徹奥田誠治、門屋大輔、稲毛弘之、谷生俊治
  • 制作(チーフプロデューサー):前田伸一郎、宮崎啓子[34]、黒崎太郎、鬼頭直孝(以前はプロデューサー)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 特別エンターテイメントは企画によっては実施しない場合もある。
  2. ^ ネット局のうち、テレビ宮崎のみ番組供給組織のNNSに非加盟(ニュースネットワークのNNNのみ加盟)。
  3. ^ 作品により週末午後枠などで単発遅れネットする場合あり。
  4. ^ 当番組を放送している日本テレビ放送網系列である読売新聞では「金曜ロードSHOW!」時代も一貫して「金曜ロードショー」の表記に終始した。理由は、番組表における文字数が関係していると思われる(「SHOW!」だと「!」を除いても4文字となり、番組タイトルを1行に収めることができないが「ショー」だと3文字で済み、丁度1行で収まるため)。
  5. ^ 2020年は12月11日に放送。バラエティ番組ではあるが、スポンサーが異なるため、本枠に統合されていない。
  6. ^ なお、宮崎駿監督作品は前身番組「水曜ロードショー」でルパン三世 カリオストロの城が既に定期的に放送されていた。
  7. ^ この放送回数は、前身番組「水曜ロードショー」からの放送回数である。
  8. ^ 放送された映画は『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』。
  9. ^ この放送回数および周年は、前身番組「水曜ロードショー」からの通算である。
  10. ^ 2010年8月6日放送の『サマーウォーズ』から。
  11. ^ 2010年9月24日まではアナログ・デジタルともモノラル放送(モノラル二重音声放送)。2012年のリニューアル後、ドラマ作品、ならびに一部の日本映画(2012年10月放送の『20世紀少年サーガ特別編』3部作ほか該当)を放送する場合は「デジタル2」による解説放送を実施するようになった。
  12. ^ 放送実績としては、8月の放送が10回、8月以外の放送が3回といった具合である。初放送は1989年8月11日で、初めて8月以外に放送されたのが9回目の2007年9月21日となっている。
  13. ^ なお、本作の地上波初放送は2018年1月1日に関東ローカル枠の『映画天国』で行われた。
  14. ^ 新世紀エヴァンゲリオン』(1995年 - 1996年、1997年 いわゆる旧世紀版)はテレビ東京で制作され放送していた。
  15. ^ 『ルパン三世 カリオストロの城』2017年2月に、日本テレビ・WOWOWHulu共同制作のテレビドラマ『銭形警部』(地上波版は本枠で放送)の宣伝も兼ね、初めてWOWOWで放送された。なお、WOWOWは2020年3月まで本番組のスポンサーを担当していた。
  16. ^ 『ヱヴァ新劇場版』はNHKで行われた『全エヴァンゲリオン大投票』の宣伝も兼ね、2020年4~5月に初めてNHK BS4K及びNHK BSプレミアムで放送された。
  17. ^ 朝日放送グループ傘下のABCアニメーションが制作参加。
  18. ^ 原作はフジテレビで放送された同名テレビドラマ。
  19. ^ 1989年のテレビスペシャル第1作『バイバイ・リバティー・危機一発!』は土曜スーパースペシャル枠で放送。
  20. ^ 放送時間は18:00~22:51。日本テレビ開局35周年記念番組として放送された。
  21. ^ 2014年12月12日に放送された『ダークナイト ライジング』の場合は通常より30分延長された。
  22. ^ ピアノの出だしから始まるパターンにも、若干2パターンある。
  23. ^ 2015年10月23日、10月30日は夕焼けの風景から→番組ロゴ(番組ロゴが画面中央部にフェイドインして風景が夜になる)ではなく、最初に番組ロゴ(金曜ロードショー30周年)が表示され、→映画名表示→提供クレジット表示。11月6日は夕焼けの風景から→番組ロゴ(番組ロゴが画面中央部にフェイドインして風景が夜になる)→映画名表示、映画名表示後の提供クレジット無しの30秒バージョンで放送(番組ロゴは金曜ロードショー30周年が表記され、映像の切り替わりが従来より速くなっている。)
  24. ^ 2015年の30周年バージョンとは異なり、映像の切り変わりは従来通りである。
  25. ^ 「完全地デジ放送に向けてオープニング映像を一新 日テレ系金曜ロードショー」2009年4月21日付『西日本新聞』朝刊
  26. ^ 稀にファミリー向けなど、吹き替え版で放送される作品もある。
  27. ^ テレビ大分では5月21日15:00 - 16:55に遅れネット。
  28. ^ 2016年までは本枠の枠外で放送であったが、この回以降は本枠で放送。
  29. ^ 2019年春季改編に伴い、水曜19:00 - 19:56枠にてレギュラー放送開始。
  30. ^ テレビ大分では5月25日13:00 - 14:55に遅れネット。
  31. ^ 当初は21:00から通常放送を予定していたがセ・リーグクライマックスシリーズ第3戦『巨人vs阪神』の延長に伴い22:50開始とずれこんだ。
  32. ^ 2008年10月3日から2011年9月30日まで『まもなく!金曜ロードショー』を放送していた。
  33. ^ 一時期冒頭3分間は自社制作の『ロードショークイズ』『映画案内人』パートを放送。
  34. ^ 2008年3月7日は21:03開始。
  35. ^ 1993年4月2日からネット開始。
  36. ^ 山形テレビからの再移行直前には21時台には『素敵にドキュメント』(1992年9月25日に打ち切り)→つなぎ番組(1992年10月2日 - 1993年3月26日)の同時ネット、22時台はテレビ朝日系番組の遅れネットを放送していた。
  37. ^ 1997年12月26日までの略称はTNN。
  38. ^ 1987年10月2日からネット開始。
  39. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。
  40. ^ 2008年10月3日から2011年3月25日まで『まもなく!金曜ロードショー』も同時ネットしていた。
  41. ^ 2008年10月3日から2009年6月26日まで『まもなく!金曜ロードショー』も同時ネットしていた。
  42. ^ 2008年9月5日は21:03開始。
  43. ^ 水曜時代→金曜移行時には『サンデー名画劇場』→『日曜ロードショー』として日曜午後に遅れネットされていた(打ち切り時期不明)。2006年10月6日からネット再開(CXのネット枠から切り替え)NNS非加盟局では唯一のレギュラーネット局(それまで同時ネットで放送されていたフジテレビ2時間枠は遅れネットに降格後、2009年3月27日に打ち切り)。
  44. ^ 山形テレビがテレビ朝日系列にネットチェンジするまでは山形放送が『日曜洋画劇場』を同時ネットしていた。このネットチェンジにより山形県では『金曜ロードショー』と『日曜洋画劇場』を放送するテレビ局が入れ替わったことになる。
  45. ^ (表示中に、夕焼けの風景から一瞬にして夜に映像が切り替わる。)
  46. ^ テレビ信州は、水曜時代(1985年9月まで)で、『欽ちゃんのどこまでやるの!?』と『特捜最前線』を同時ネットし、金曜時代(1985年10月から1987年9月まで)では『土曜ワイド劇場(金曜ワイド劇場)』を異時ネットしていた。
  47. ^ 翌週の3月18日は『ごくせん THE MOVIE』が通常通り放送されたが、テレビ岩手ミヤギテレビ福島中央テレビの3局は、東日本大震災に関連する報道特別番組放送のため、同日での放送は休止となった。なお、いずれの放送局もローカルセールス枠で振り替え放送を実施した。
  48. ^ 急遽差し替えで放送されたため、この日は通常行われる連動データ放送が実施されなかったが、延期後の映像には加藤清史郎の出演シーンはカットされた。
  49. ^ 放送予定だった特別番組『封印された細川家の秘宝 信長59通の手紙を解読せよ』は『金曜ロードSHOW!』を休止して編成される予定だったため、レギュラー復帰の格好となった。中止となった特別番組は『くりぃむしちゅーの歴史新発見 信長59通の手紙を解読せよ』として出演者と内容の一部を変更の上、2015年2月12日19:00 - 20:54に放送された。
  50. ^ 代わりに放送されることになった『ダーク・シャドウ』(当初、翌週6月30日放送予定)を1週繰り上げで放送。
  51. ^ 『プロ野球開幕戦 巨人VS横浜DeNA×じわじわくる映像アワード2020 合体!5時間SP』を17:50 - 22:54で放送のため、『金曜ロードSHOW!』は休止する予定だった。なおこの編成に伴い、『じわじわくる映像アワード』は当日の19:00 - 20:54に独立して放送となった。また、当番組の休止と同様に休止・枠移動・短縮の措置が取られる予定であった夕方の各局報道番組と20:54枠のミニ番組は通常通り放送された。

出典

  1. ^ a b c d e 日本アカデミー賞授賞式及び高校生クイズは回数に含まない
  2. ^ a b “日テレ、AKBの番組をリニューアル”. スポーツ報知. (2012年2月18日). オリジナルの2012年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120217231641/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120217-OHT1T00246.htm 
  3. ^ 加藤清史郎が最年少映画ナビゲーターに就任!『金曜ロードSHOW!』 | テレビ関連ニュース [テレビドガッチ] 2012年3月23日付
  4. ^ 朝日新聞デジタル:「3冠王」追え! 春の番組改編 フジ、TBSは大幅に - テレビ・ラジオ - 映画・音楽・芸能 2012年4月4日付(リンク先は、インターネットアーカイブ2012年4月6日付保存キャッシュ)
  5. ^ a b c “金曜ロードショー:「金曜ロードSHOW!」から9年ぶり復活 ロゴも初代に近いデザインに”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2021年3月5日). https://mantan-web.jp/article/20210304dog00m200047000c.html 2021年3月5日閲覧。 
  6. ^ a b c “金曜ロードショー、なぜ9年ぶりに「SHOW」から「ショー」へ?番組Pが明かす原点回帰の狙い”. シネマトゥデイ. (2021年4月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0122578 2021年4月5日閲覧。 
  7. ^ a b c “「金曜ロードショー」9年ぶりタイトル回帰のワケ「初心忘れず」ハッシュタグ一本化の“SNS対策”も”. スポーツニッポン. (2021年4月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/02/kiji/20210401s00041000710000c.html 2021年4月5日閲覧。 
  8. ^ “「金曜ロードSHOW!」×「午後のロードショー」局またぎプロデューサー対談”. ナタリー. (2020年11月20日). https://natalie.mu/eiga/column/404982 2021年4月5日閲覧。 
  9. ^ a b c d 1997年4月の『金曜ロードショー』リニューアルを告知する日本テレビ公式サイト内記事(インターネットアーカイブ1997年4月19日付保存キャッシュ)
  10. ^ 朝日新聞1992年4月3日朝刊、1992年4月10日朝刊、1992年4月17日朝刊、1992年4月24日朝刊をそれぞれ閲覧。
  11. ^ 『家族、貸します 〜ファミリー・コンプレックス〜』告知サイト
  12. ^ a b c “コスプレが楽しみでした”加藤清史郎が「金曜ロードSHOW!」を卒業! 大幅リニューアルへ Webザ・テレビジョン(2013年3月27日) 2013年3月31日閲覧。
  13. ^ 「ポノック短編劇場」どれを見たいでSHOW?金曜ロード史上初!視聴者投票で放送作品を決定します!”. 金曜ロードSHOW! (2019年7月18日). 2020年6月8日閲覧。
  14. ^ 劇場版「名探偵コナン」視聴者投票結果発表!第1位に輝いたのは『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』2月7日(金)放送!”. 金曜ロードSHOW! (2020年1月24日). 2020年6月8日閲覧。
  15. ^ a b 6月は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」祭! 今週金曜の放送前に色褪せない魅力をチェック”. 映画.com (2020年6月8日). 2020年6月8日閲覧。
  16. ^ https://eiga.com/news/20210402/2/
  17. ^ 中島優 (2020年10月2日). “『金曜ロードSHOW!』GP帯唯一の映画枠で35周年 AI視聴率予測など新システム積極導入”. マイナビニュース. 2020年11月3日閲覧。
  18. ^ 聲の形:「金曜ロードSHOW!」で放送 5週連続アニメ特集で「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」も,まんたんウェブ,2020年7月10日
  19. ^ a b 参考:2011年2月11日放送『金曜特別ロードショー 沈まぬ太陽』番組ページ
  20. ^ 参考外部リンク:
  21. ^ 参考外部リンク:
  22. ^ 加藤清史郎、日テレ“シネマボーイ”卒業 後任はサッシャと朴ロ美 ニュース-ORICON STYLE-”. オリコン (2013年3月26日). 2013年3月26日閲覧。
  23. ^ 1986年2月7日「マンハッタン無宿」が放送された時。
  24. ^ 上白石萌歌:細田監督が手がける「金曜ロードSHOW!」新OPに参加” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ) (2018年7月16日). 2020年4月21日閲覧。
  25. ^ a b c ビデオリサーチ「個人視聴率週報 関東地区」2020年11月25日閲覧・確認。
  26. ^ 日曜ロードSHOW! (2019年4月7日). “金曜ロードSHOW!のパクリ?いやいや違います。・・・”. Twitter. 2019年5月13日閲覧。
  27. ^ 株式会社BS日本 (2021年3月31日). “日曜ロードショー|BS日テレ” (日本語). BS日テレ. 2021年4月4日閲覧。
  28. ^ 35周年「金曜ロードSHOW!」“テレビで観る映画”を守り続ける意味”. ORICON NEWS (2020年10月23日). 2020年11月3日閲覧。
  29. ^ “連ドラ初主演の鈴木亮平、「銭形警部」撮了で達成感「愛し抜きました」”. 映画.com. (2016年12月26日). https://eiga.com/news/20161226/1/ 2016年12月26日閲覧。 
  30. ^ “爆弾事件ドラマ、放送延期=日テレ”. 時事ドットコム. (2013年1月24日). https://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013012400948&g=soc 2013年1月28日閲覧。  [リンク切れ]
  31. ^ “人質事件に配慮か 日テレがドラマ放送延期”. msn産経ニュース. (2013年1月24日). オリジナルの2013年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130124185249/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130124/ent13012418380014-n1.htm 2013年1月28日閲覧。 
  32. ^ 噴火に配慮?日テレが放送予定の映画差し替え
  33. ^ 3月11日付け変更情報 金曜ロードSHOW! 「ブラックパンサー」”. ザ・テレビジョン. 2020年3月11日閲覧。
  34. ^ 宮崎啓子のプロフィール - allcinemaを参照。2013年放送のドラマ3作品でチーフプロデューサーを担当していたことが確認できる。

関連項目

外部リンク

日本テレビ 金曜20:54 - 21:00枠
前番組番組名次番組
まもなく!金曜ロードショー(第1期)
(2008年10月3日 - 2011年9月30日)

【土曜22:54 - 23:00に枠移動】
日テレ+・まもなく金曜ロードSHOW!
(2018年4月6日 - 6月29日)
カウントダウンHulu
【土曜22:54より再び移動】
日テレ+:まもなく金曜ロードSHOW!

日テレ+:まもなく金曜ロードショー(第2期)
(2020年4月3日 - )
-
日本テレビ 金曜21:00 - 21:03枠
前番組番組名次番組
家族ジャングル
※21:00 - 21:54
(1985年7月12日 - 9月27日)
金曜ロードショー(第1期)
(1985年10月4日 - 1993年3月26日)
今夜のロードショー
金曜ロードショー(第1期)
(1985年10月4日 - 1993年3月26日)
今夜のロードショー
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(2008年10月3日 - )
今夜のロードショー
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(2008年10月3日 - )
-
日本テレビ系列 金曜21:03 - 21:54枠
家族ジャングル
(1985年7月12日 - 9月27日)
※21:00 - 21:54
【ここまでドラマ枠】
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(1985年10月4日 - )
-
日本テレビ 金曜21:54 - 22:00枠
あすの天気
※21:54 - 21:57
番宣番組
※21:57 - 22:00
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(1985年10月4日 - )
-
日本テレビ系列 金曜22:00 - 22:51枠
プロ野球BOXシート
(1985年7月5日 - 9月27日)
※22:00 - 22:54
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(1985年10月4日 - )
-
日本テレビ系列 金曜22:51 - 22:52枠
プロ野球BOXシート
(1985年7月5日 - 9月27日)
※22:00 - 22:54
金曜ロードショー(第1期)
(1985年10月4日 - 1986年3月28日)
NNNスポーツニュース
※22:51 - 23:00
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(1988年4月1日 - )
-
日本テレビ 金曜22:52 - 22:54枠
プロ野球BOXシート
(1985年7月5日 - 9月27日)
※22:00 - 22:54
金曜ロードショー(第1期)
(1985年10月4日 - 1986年3月28日)
NNNスポーツニュース
※22:51 - 23:00
スポーツアイランド
※22:54 - 23:00
【2分繰り下げ・短縮して継続】
金曜ロードショー(第1期)

金曜ロードSHOW!

金曜ロードショー(第2期)
(1993年4月2日 - )
-

 

Back to Top
Close