ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|元乃木坂46井上小百合、初の教師役で小学生時代を回想「男の子みたい。やんちゃ坊主してた」


写真 イベントに出席した井上小百合【写真:ENCOUNT編集部】

元乃木坂46井上小百合、初の教師役で小学生時代を回想「男の子みたい。やんちゃ坊主してた」

 
内容をざっくり書くと
真っ白なワンピースで登場した井上は、「入間市を含め、地元・埼玉のみなさんに支えられて、この日を迎えることができました」と感謝。
 

主演の阿久津慶人は「すでに大物俳優でした」女優の井上小百合が2日、都内のシネ・リーブル池袋で行われた… →このまま続きを読む

 ENCOUNT

「ENCOUNT(エンカウント)」は和製英語で「遭遇する」という意味。日本の「今」を取り上げる総合ニュース&カルチャーサイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

入間市

入間市(いるまし)は、埼玉県の南西部に位置する

人口は約14万7千人。狭山市に次ぐ県内13位。狭山茶の主産地として知られている。

地理

市の南部には、狭山丘陵の豊かな自然が広がる。

歴史

奈良時代には、前内出窯、平安時代には、須恵器窯跡群である東金子窯跡群(窯跡群としては前内出窯を含む)が操業していた。そのうち、八幡前窯跡群や新久窯跡群は、埼玉県南部の集落に須恵器を広く供給するのみならず、武蔵国分寺の塔再建の瓦などを生産していた。 市内の中核を成していた扇町屋商店街はかつて日光脇往還八王子通り大山道の宿場町として栄えた名残りである。

  • 1938年(昭和13年)陸軍航空士官学校(現航空自衛隊入間基地)が開設。
  • 1945年(昭和20年)陸軍航空士官学校は戦後進駐軍に接収され、翌1946年「ジョンソン基地」と命名される。
  • 1956年(昭和31年)9月30日豊岡町金子村宮寺村藤沢村西武町の一部(旧東金子村)が合併し、入間市の前身となる武蔵町が発足[1]
  • 1958年(昭和33年)10月14日元狭山村の一部を合併。
  • 1958年(昭和33年)航空自衛隊入間基地が発足する。
  • 1966年(昭和41年)11月1日、武蔵町を入間町と改称した[2]上で即日市制施行[3]入間市となる
    • 入間と狭山の地名は入り組んだものになった。その後狭山市では2009年4月、地名混同を避けるため旧入間村に由来する地域名「入間地区」を入間村成立以前の村名に由来する「入曽地区」に改め、狭山市内の「入間地区」の名称は公式には廃止となり、現在は一部の自治会名や事業者等に残るのみとなっている。
  • 1967年(昭和42年)4月1日、西武町を合併。ほぼ現在の市域となる。
  • 1978年(昭和53年)ジョンソン基地が全面返還される。
  • 1983年(昭和58年)4月1日、狭山市との境界が変更され、現在の市域となる。
  • 1987年(昭和62年)武蔵藤沢駅周辺土地区画整理事業が開始される。なお、この区画整理事業によって2020年10月に最大1,300万円の清算金が市民に請求され、ネットニュース[4]、週刊誌[5]、テレビ[6]でニュースとなった。市民への清算金は全体で600件、計11億円に上った[7]
  • 1991年(平成3年)8月9日防災行政無線運用開始。
  • 2014年(平成26年)4月1日、防災行政無線放送等変更。
  • 2020年(令和2年)4月1日、防災行政無線夕方のチャイムが、「夕焼け小焼け」から「どこから来たの?」に変更される。
  • 2021年(令和3年)9月11日、12日、入間市として初の試みである、「入間ドック」を行った。公開事業仕分けには、入間市長、入間市職員、他市の自治体職員や行政の有識者、市内から無作為抽出で選出された市民判定人が参加し、2日間にわたり10の事業仕分けを行った。今回、市民判定人は10代枠を別に設け、今回は高校生1名が参加した。なお、新型コロナウイルスの影響により、無聴衆で行い、市公式youtubeで生配信の形をとった。なお、10事業のうち9事業が「要改善」、1事業が「国・県・広域(で実施)」との判定となった。[8]

市名の由来

古代の律令制施行による国郡里制以来の郡名「入間郡」に由来する[9]

1966年(昭和41年)11月1日市制施行にあたって市名を一般公募し、応募者数2332人、応募市名297点[10]の中から3位の「入間」(いるま)が選ばれた[9]。因みに1位は東豊岡市(豊岡市と区別するために「東」を冠した)、2位は武蔵市であった[9]。選出理由については、

  • この地域は昔から「入間野」と呼ばれており[11]、この地域で作られる生産物に「入間」の文字が一般的に用いられている。
  • 「入」の字は「豊かな収入」を、「間」の字は「太陽を囲んだ平和な生活を営むこと」を表す。

とされる[12]

 

狭山市との合併構想

狭山市・入間市合併協議会を設置し、狭山市との合併を検討していた。合併期日は2006年1月1日とし、合併方式は新設(対等)合併、新市名は「狭山市」、新市庁舎は現狭山市役所とすることとした。しかし、2005年1月30日に集計された市民へのアンケートで合併反対が多数となり、住民投票でも合併反対が多数となったため、合併協議会は同年2月3日に解散した。

人口

Population distribution of Iruma, Saitama, Japan.svg
入間市と全国の年齢別人口分布(2005年)入間市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 入間市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

入間市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より
  • 2003年12月16日、登録人口が15万人を突破したと報じられたが、その後は減少傾向にある。
  • 2021年の人口は約14万5000人。

地域

町名

入間市では、一部の区域で住居表示に関する法律に基づく住居表示が実施されている。

豊岡地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
一〜七丁目あずまちょう1968年11月1日大字扇町屋、大字善蔵新田、大字黒須、大字下藤沢の各一部
1982年8月1日、大字扇町屋、大字善蔵新田の各一部を東町七丁目に編入。
一〜六丁目おうぎだい1982年8月1日大字扇町屋、大字高倉の各一部
大字扇町屋おうぎまちや未実施
扇町屋一〜五丁目おうぎまちや1966年11月1日(一〜四)大字扇町屋、大字高倉の各一部
1968年11月1日(五)大字扇町屋、大字小谷田の各一部
一〜三丁目かぎやま1966年11月1日(一・二)大字黒須、大字高倉の各一部
1968年11月1日(三)大字黒須、大字高倉の各一部
一・二丁目かすがちょう1966年11月1日大字黒須の一部
河原町かわらまち1966年11月1日大字黒須の一部
一〜五丁目くぼいなり未実施町名地番整理実施区域
大字黒須くろす未実施
黒須一・二丁目くろす1966年11月1日大字黒須の一部
向陽台一・二丁目こうようだい未実施町名地番整理実施区域
大字善蔵新田ぜんぞうしんでん未実施
大字高倉たかくら未実施
高倉一〜五丁目たかくら年月日
豊岡一〜五丁目とよおか1966年11月1日(一〜三)大字扇町屋、大字黒須の各一部
1968年11月1日(四・五)大字扇町屋、大字高倉の各一部
宮前町みやまえちょう1966年11月1日大字黒須の一部
東金子地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大字新久あらく未実施
牛沢町うしざわちょう1968年11月1日大字小谷田の一部
上小谷田一〜三丁目うえごやた年月日
大字小谷田こやた未実施
小谷田一〜四丁目こやた年月日
大字狭山ヶ原さやまがはら未実施
狭山台四丁目さやまだい未実施町名地番整理実施区域
森坂もりさか年月日
金子地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
金子中央かねこちゅうおう未実施町名地番整理実施区域
大字上谷ヶ貫かみやがぬき未実施
大字下谷ヶ貫しもやがぬき未実施
大字寺竹てらだけ未実施
大字中神なかがみ未実施
大字西三ツ木にしみつぎ未実施
大字根岸ねぎし未実施
大字花ノ木はなのき未実施
狭山台三丁目さやまだい未実施町名地番整理実施区域
三ツ木台みつぎだい未実施町名地番整理実施区域
大字南峯みなみみね未実施
大字木蓮寺もくれんじ未実施
宮寺二本木地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大字駒形富士山こまがたふじやま未実施
大字狭山台さやまだい未実施
狭山台一・二丁目さやまだい未実施町名地番整理実施区域
大字高根たかね未実施
大字二本木にほんぎ未実施
宮寺みやでら未実施
藤沢地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大字上藤沢かみふじさわ未実施
下藤沢一~五丁目しもふじさわ未実施町名地番整理実施区域
大字下藤沢しもふじさわ未実施
東藤沢一〜八丁目ひがしふじさわ1987年11月1日(一〜五)大字下藤沢、大字上藤沢の各一部
1990年10月1日(六〜八)大字下藤沢、大字上藤沢の各一部
西武地区
町名町名の読み住居表示実施年月日住居表示実施直前の町名備考
大字新光しんこう未実施
大字野田のだ未実施一部で地番整理実施
大字仏子ぶし未実施

郵便

郵便番号

2007年3月までは入間郵便局が集配業務をおこなっていたが、現在は狭山郵便局が狭山市と入間市を管轄している。

郵便局

  • 入間郵便局
  • 入間扇町屋郵便局
  • 入間仏子郵便局
  • 入間黒須郵便局
  • 西武入間ぺぺ内郵便局
  • 入間新久郵便局
  • 入間上藤沢郵便局
  • 入間下藤沢郵便局
  • 西武郵便局
  • 金子郵便局
  • 宮寺郵便局

電話番号

市外局番等

  • 04-200x・290x・292x〜296x・299x - 所沢MA(入間市、狭山市、所沢市)
  • 従来は「0429」であったが、電話番号逼迫対策のため、以下のように2度変更された。天気予報に関しては、従前と同じく「0429-177」となっている。
  • 柏MA(千葉県柏市など)、鴨川MA(鴨川市)も市外局番は「04」であるが、MAが異なるため、発信時に市外局番「04」を付ける必要がある。

住宅団地

※50戸以上のものを記載。

  • UR(都市再生機構
    • 入間黒須(黒須1)
    • 入間駅前プラザ(向陽台1)
    • 入間豊岡(豊岡1)
  • 市営住宅
    • 池ノ下団地(大字小谷田)
  • 県営住宅
    • 入間向陽台住宅(向陽台1)
    • 入間下藤沢住宅(下藤沢)
    • 入間上藤沢住宅(上藤沢)
    • 入間向原住宅(大字扇町屋)
    • 入間東久保住宅(東町4)
    • 入間霞川住宅(豊岡2、扇町屋2、高倉4)
    • 入間野田住宅(野田)
    • 入間宮の森住宅(野田)
  • 分譲戸建て住宅
  • 分譲集合住宅
    • 東町団地(東町5)
    • 入間扇町屋団地(久保稲荷1)

行政

歴代市長

氏名就任日退任日備考
初代三吉道雄1966年11月1日1976年3期
2代水村仁平1976年11月18日1992年11月17日4期
3代木下博1992年11月18日2012年11月17日5期
4代田中龍夫2012年11月18日2020年11月17日2期
5代杉島理一郎2020年11月18日現職

財政

財政状態は良好であり、2005-2009年度は地方交付税交付金不交付団体だった。

広域行政

一部事務組合
協議会
  • 埼玉県西部地域まちづくり協議会 ‐ 飯能市、狭山市、所沢市、日高市とともに5市圏域の市民を対象とした交流事業(講演会やウォーキング大会などのイベント開催や、観光パンフレットの発行や図書館やスポーツ施設などの公共施設の相互利用及び広域での事業実施に向けた検討を行っている。当協議会の構想・計画の愛称は「ダイアプラン」。
広域連合
  • 彩の国さいたま人づくり広域連合 - 埼玉県と県内全市町村で構成し、職員の人材の開発、交流及び職員採用活動に関する事務を行っている。
  • - 埼玉県内の全市町村で構成し、保険料の徴収を除く後期高齢者医療制度の事務を行っている。

国の施設

県の施設

市の施設

消防

警察

2021年時点において警察署を持たない自治体としては国内で人口が最も多い。

  • 狭山警察署(狭山市)
    • 武蔵藤沢駅前交番
    • 入間市駅前交番
      • 豊岡派遣所
      • 春日町連絡派出所
    • 西武交番
    • 東金子交番
    • 宮寺・二本木交番
    • 金子駐在所

議会

市議会

衆議院

当落候補者名年齢所属党派新旧別得票数重複
大塚拓48自由民主党117,002票
杉村慎治45立憲民主党80,756票
神田三春67日本共産党21,464票

経済

工業

市制施行以来、工場誘致を積極的に行い、県内有数の工業都市となっている。1966年(昭和41年)には武蔵工業団地を造成。さらに1993年(平成5年)には同工業団地に隣接する狭山台地区に狭山台工業団地造成事業を開始、1997年(平成9年)から同地にも工場誘致を行っている。

機械などの工場のほか、大消費地である東京への立地の近さを生かした食品製造工場も多い。

  • フジパン 武蔵工場
  • ポプラ社 入間物流センター
  • NTT印刷 入間工場・狭山台工場
  • 新光工業地域 - 飯能市にまたがる。
    • 帝都ゴム 本社・埼玉工場
    • 五輪パッキング 本社・新光工場
    • 株式会社奥井組 本社
  • 立川ハウス工業 圏央工場
  • 安川電機 入間事業所(ソリューションセンタ)- 後に工場の敷地の一部を売却し、跡地にイオンスタイル入間が完成した。
  • 山田うどん 入間セントラルキッチン(山田食品産業株式会社入間工場)
  • 山水電気 埼玉事業所(事業停止)
  • TEAC 入間事業所・EMCセンター
  • ソーシン 本社・入間工場
  • 三共ラヂエーター 本社・工場
  • 小金井精機製作所 本社・工場
  • 三井研削砥石 本社・工場
  • タチエス 武蔵工場
  • 大陽ステンレススプリング 埼玉第一、第二、第三工場、08センター
  • 大崎エンジニアリング 本社・テクニカルセンター
  • イチヤナギ 本社・工場
  • ミクロ技研 東京工場
  • 入曽精密 本社工場
  • フナソー 工場
  • 武蔵塗料製造 入間工場
  • 杉山チエン製作所 本社・工場
  • 松田産業 武蔵工場ほか
  • わらべや日洋 入間工場 - セブン-イレブンのコンビニ弁当・サンドイッチなどを製造
  • ファーストフーズ 武蔵工場(日本製粉グループ)- コンビニ弁当などの製造
  • 堀内食品工業 本社工場:糖衣錠、健康食品の製造
  • ナイル商会・インデラ 工場:インデラカレー、スパイス製造
  • 中村屋武蔵工場 - 狭山台234。2018年7月18日竣工[17]。2019年に工場見学施設「中華まんミュージアム[18]」開業[17]大妻女子大学狭山台キャンパス跡地。

ほか。

農業

狭山茶」が特産物であり、現在も狭山茶の主産地である。名産品としてはそのほか、線維・織物、里芋うど椎茸がある。

かつては乳牛や鶏を中心に畜産業も盛んだったが、ベッドタウン化と工業都市化の進行により衰退の一途を辿っている。

商業

商業圏では、国道16号に三井アウトレットパーク 入間・コストコホールセール入間倉庫店が、安川通りにイオンスタイル入間が存在する。

金融

その他の企業

姉妹都市・提携都市

教育

小学校

  • 公立
    • 入間市立豊岡小学校
    • 入間市立黒須小学校
    • 入間市立扇小学校
    • 入間市立東金子小学校
    • 入間市立金子小学校
    • 入間市立宮寺小学校
    • 入間市立藤沢小学校
    • 入間市立藤沢南小学校
    • 入間市立狭山小学校
    • 入間市立西武小学校
    • 入間市立藤沢東小学校
    • 入間市立藤沢北小学校
    • 入間市立仏子小学校
    • 入間市立新久小学校
    • 入間市立東町小学校
    • 入間市立高倉小学校

中学校

高等学校

特別支援学校

大学

  • 私立
    • 武蔵野音楽大学入間キャンパス
      • 以前は1、2年次の学部生が使用していたが、現在は1年次より江古田キャンパスを使用している。

専修学校

各種学校

メディア

交通

鉄道路線

東日本旅客鉄道(JR東日本)
西武鉄道
  • 中心となる駅:入間市駅

かつて通っていた鉄道

バス路線

鉄道路線が北側の市境付近に沿って走っているため、南側の住民はおもにバスや車で駅へ向かう。ほとんどのバスは入間市駅から発着している。

かつて通っていたバス

コミュニティバス

タクシー

タクシーの営業区域県南西部交通圏で、川越市所沢市東松山市飯能市和光市などと同じエリアとなっている。

道路

周辺の自治体に比べて都市計画道路の整備が進んでいる。国道16号の拡幅工事が入間市駅北口区画整理事業との兼ね合いで遅れていたが、2017年3月に工事が完了し、2車線だった区間が4車線化した。

高速道路
一般国道
県道

観光

ゆかりのある人物

太字は元気な入間・生き生き功労賞受賞者。

出身者

政治家
実業家
芸術・文化人
芸能・放送界
スポーツ

在住者

入間少年相撲クラブ出身者

名誉市民

  • (元埼玉県議会議長)
  • (豊岡町長、武蔵町長、入間市長を歴任)
  • (元入間市長)
  • 木下博(元入間市長)
  • (元入間市工業会会長・元入間市商工会会長)

その他

入間市内がモデルの作品

学校給食

学校給食制度を実施している。学校給食センターか学校併設の調理場にて調理されたものを供されている。

また、狭山茶を使った狭山茶揚げパン、お茶蒸しパン、お茶団子ポンチなどが給食として出される事がある。

脚注

  1. ^ 町村の廃置分合(昭和31年9月30日総理府告示第536号)入間市例規集より、2012年1月17日閲覧。
  2. ^ 町の名称変更(昭和41年10月28日自治省告示第156号) 入間市例規集より、2012年1月17日閲覧。
  3. ^ 町を市とする処分(昭和41年10月28日自治省告示第157号) 入間市例規集より、2012年1月17日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年3月2日). “市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」(1/2ページ)” (日本語). イザ!. 2022年8月13日閲覧。
  5. ^ 「年金暮らしなのに1300万円払えと言われ…」 市が区画整理に協力した住民に高額請求の恐怖” (日本語). デイリー新潮. 2022年8月13日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/morningshow_tv/status/1466273040929488904” (日本語). Twitter. 2022年8月13日閲覧。
  7. ^ 金沢ひでのぶ通信” (日本語). 入間市議会議員 金沢ひでのぶ. 2022年8月13日閲覧。
  8. ^ 9事業「要改善」 入間市事業、市民が判定 コミュニティーバス運行など 必要性を再検討へ /埼玉” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月7日閲覧。
  9. ^ a b c 今尾恵介 『『地図から消えた地名』』東京堂出版、2008年12月30日、59頁。ISBN 978-4-490-20645-6 
  10. ^ 入間(いるま)・入間(いりま)・入間野・金子・埼玉・修武・豊武・東豊岡・武州・武蔵・武蔵豊岡・豊など。
  11. ^ 吾妻鏡』による。
  12. ^ 地名の由来(図書館いるま・こども郷土資料より)”. 入間市 (2015年3月24日). 2015年8月27日閲覧。
  13. ^ 産業文化センター”. 入間市. 2017年8月19日閲覧。
  14. ^ 議案第86号 入間市勤労福祉センター設置及び管理条例を廃止する条例”. 入間市議会. 2021年11月21日閲覧。
  15. ^ 勤労者福祉サービスセンター”. 入間市. 2021年11月21日閲覧。
  16. ^ 納骨堂「永光苑」(平成29年3月31日廃止)”. 入間市. 2017年8月19日閲覧。
  17. ^ a b 「中村屋 武蔵工場」竣工について”. 新宿中村屋. 株式会社中村屋 (2018年7月18日). 2020年6月21日閲覧。
  18. ^ 中華まんミュージアム” (日本語). 新宿中村屋. 株式会社中村屋. 2020年6月22日閲覧。
  19. ^ 姉妹都市 佐渡市の紹介”. 入間市. 2012年1月17日閲覧。
  20. ^ 姉妹都市 ヴォルフラーツハウゼン市の紹介”. 入間市. 2012年1月17日閲覧。
  21. ^ 友好都市 奉化区(旧奉化市)の紹介”. 入間市. 2021年11月22日閲覧。
  22. ^ 子どもたちの安全を守る放送と防災用行政無線|入間市公式ホームページ
  23. ^ いるまんじゅう”. 入間市観光協会. 2017年8月19日閲覧。


外部リンク


 

Back to Top
Close