ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|「密」避けて映画観賞 ドライブインシアター 宮崎市


写真 

「密」避けて映画観賞 ドライブインシアター 宮崎市

 
内容をざっくり書くと
このドライブインシアター、家族で過ごす楽しい夏休みのひと時となったようです。
 

屋外のスクリーンで車に乗ったま映画を楽しむ「ドライブインシアター」が20日夜、宮崎市の大型商業施設で… →このまま続きを読む

 テレビ宮崎

「テレビ宮崎」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。宮崎県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

楽しい夏休み

楽しい夏休み』(たのしいなつやすみ)は、1985年6月25日 に発売されたC-C-Bコンセプトアルバムである。

解説

  • ココナッツボーイズ時代に発売したアルバム『Mild Weekend』、『Boy's Life』から夏休みを意識して選曲・構成された作品。CDとカセットテープでの発売であった。
  • ジャケットは関口誠人が描いたメンバーのイラストが採用された。
  • 基本的にはアルバム・バージョンでの収録であるが、「夢のスーパーボード」には車の通過音やクラクションなどのSEが足されている。

収録曲

  1. 夢のスーパーボード
    作詞:入江真規、作曲:萩原健太、編曲:Coconut Boys・萩原健太
  2. 雨の金曜日
    作詞・作曲・関口誠人、編曲・Coconut Boys / 佐藤寛
  3. サマーガール
    作詞:佐々木ひろと、作曲:かまやつひろし、編曲:Coconut Boys・佐孝康夫
  4. Candy
    作詞:児島由美、作曲:萩原健太、編曲:Coconut Boys・萩原健太・佐孝康夫
  5. バイバイムーン
    作詞:児島由美、作曲:萩原健太、編曲:Coconut Boys・萩原健太・佐孝康夫
  6. 瞳少女
    作詞・秋元康、作曲・芹澤廣明、編曲・Coconut Boys / 松井忠重
  7. 破れたダイアリー
    作詞・作曲・関口誠人、編曲・Coconut Boys
  8. ラララ サマービーチ
    作詞・作曲・渡辺英樹、編曲・Coconut Boys
  9. 恋のリメンバー
    作詞・秋元康、作曲・萩原健太、編曲・Coconut Boys / 萩原健太
  10. そして9月
    作詞・秋元康、作曲・かまやつひろし、編曲・Coconut Boys

ドライブインシアター

ドライブインシアター (drive-in theater) は、巨大な駐車場スクリーンを配置し、に乗ったまま映画が鑑賞できる映画上映施設である。DTとも略される。

構造

駐車場に巨大なスクリーンが設置されており、観客の乗った自動車は駐車場内の白線に停まりスクリーンに上映される映画を鑑賞する。音声は、自動車内にあるラジオで受信する方法の他、駐車場にあるポールから音声を引く場合もある。

歴史

ドライブインの誕生

ドライブインシアターは、アメリカ合衆国ニュージャージー州カムデンフィラデルフィア郊外)で代々化学工場を経営するリチャード・ホリングスヘッド・ジュニア(Richard M. Hollingshead, Jr.)が発明した[1]1932年、ホリングスヘッドは自宅の車道で映画の野外上映のテストを行った。裏庭の樹にスクリーンを釘打ちし、1928年型コダック製映写機を自動車のフードに載せ、スクリーンの後ろに無線機を置いて、自分の乗った車の窓を上げ下げしながら音量を確かめた。また彼は車道に敷かれたブロックを使い、どの車からもスクリーンがはっきり見えるための駐車区画の大きさと配置を確認した。試験を重ねた彼は1932年8月6日に特許出願を行い、1933年5月16日に特許(U.S. Patent 1,909,537)が与えられた(この特許は17年後、デラウェア地方裁判所で無効を宣告されている)。

1933年6月6日、ホリングスヘッドの経営するドライブインシアターがニュージャージー州カムデン郡のペンソーケン(Pennsauken)のアドミラル・ウィルソン通りで開業した[2][3]。彼はこのとき「どんなに子供が騒がしくても気にせず家族みんなでお越しいただけます」[4]と宣伝している。この劇場はわずか3年間で閉館したが、1934年以後、全米の他の州や都市でドライブインシアターが次々と開業した[5]

ドライブインの全盛期

ドライブインシアターがこの時期アメリカの家庭で人気を博した理由には、安心して家族全員で映画を観にいくことができるということがある。自動車の中なら普通の劇場と違い子供が騒いでも他の観客を気にする必要がなく、また騒がしい子供を家で留守番させる心配も、そのためにベビーシッターを雇う必要もないという利点があった。夕方から家族そろって自動車で出かけドライブインで映画を見ることは当時の最も現代的な娯楽であり、第二次世界大戦前には全米で100ほどにまで劇場数は増加した。大戦が終わると帰還兵とその家族を当て込んだドライブインシアターの建設ブームが巻き起こり、1947年に155館だったドライブインシアターは1951年に4,151館にまで激増した[6]

ドライブインシアターは1950年代末から1960年代初頭にブームのピークを迎え、農村部を中心に全米で4,000以上のドライブインシアターがあった[7]。ドライブインシアターは劇場建築とは違い、メンテナンスにかかる費用が低いというのもドライブインシアターが広まった要因であった[6]。乳幼児連れの家族のみならず自動車に乗れるティーンエイジャーもデートに利用した。一方で、夜間のドライブインシアター(特に最後列)では各車内は完全な密室であり、インモラルなことを行う空間と化しているという扇情的な報道もあった。 ビートルズのポール・マッカートニーも1964年のアメリカツアー時にエルビス・プレスリーの「アカプルコの海」を見たと帰国後の「レデイ・スタデイ・ゴー」で発言している。

ドライブインシアターの上映時間は野外が暗くなる夕方以降に限定されているため一般の劇場と比べ収入が少ない欠点があり、この不利を打開するため駐車場全体にテントを張る所もあったが解決には結びつかなかった。

また上映環境の改善も図られた。冬の駐車場は寒く客足が伸びないため、プロパンヒーターなど暖房機の貸出しを行ったり、中には各区画に配管を行い観客の車に冷気や暖気を送り込めるようにした劇場もあったが、こうした配管がネズミの巣となり車内にネズミが侵入する場合もあった。

音響も改善が図られた。当初はトラックの上にスピーカーを置いていたが、スピーカーの近くでは音声がうるさく、遠くでは音声が聞こえない欠点があったため、各区画に小さいスピーカーを設置し、車の側面にスピーカーを取り付けられるようにするところが現れた[8]。しかしこのスピーカーは音質に問題がありステレオ音声は再生できなかった。自動車にカーステレオが標準装備されるようになって以降、劇場内で特定の周波数の電波を発信し、カーステレオが受信して音を再生するという方法がとられるようになった。

観客を呼ぶために動物園を設けたり、上映している映画の出演俳優を呼んだり、歌手やバンドを呼んで上映前に演奏させたりするドライブインもあり、中には日曜日の朝と夕方に自動車に乗ったままでの礼拝を行うところもあった。

車社会の到来がアメリカ合衆国に比べて遅れた西ヨーロッパでは1950年代末頃から1960年代初頭にかけて徐々にドライブインシアターが現れ、1960年代に普及していった。

衰退

1970年代以降、ドライブインを見る世間の目は厳しくなり、車のトランクに入って駐車場に入りタダ見する観客のことや、家族連れの多くない時間にポルノ映画を上映する劇場などが問題視された。幅広い客が来るドライブインシアターは全年齢向けの映画しか上映できず、ポルノ上映はこれに違反していた。フロリダ州ジャクソンビルのように、ドライブインシアターでヌードシーンを含む映画を上映することを禁止する条例を制定した街もあった。もっとも、アメリカ合衆国最高裁判所で争われた「エルズノズニック対ジャクソンビル市事件」では、「ヌードシーンの有無のみで映画上映の可否を判定するジャクソンビル市の条例は表現内容に基づく規制であり、条例は違憲なため無効である」という結論になった。

地価の上昇は、広い土地を必要とする一方、夜しか営業できず大雨では上映中止となり冬の観客も少ないドライブイン経営には打撃になった。サマータイム導入が全米の各州に広がったことも、暗くなる時間が遅くなったためドライブインには不利になった。また家庭でのカラーテレビビデオテープレコーダの普及、レンタルビデオの登場で、家族全員で映画を見る際のプライバシーの問題も解決され、ドライブインシアターの需要は低下した。

こうして徐々にシアターの数は減り、アメリカでは山地や離島など辺鄙な土地で残っているほかは、映画を楽しむというより昔を懐かしむための施設となった観がある。2000年代半ばの原油価格の上昇、経済の悪化、2010年代の自動車移動の減少と人口の郊外や地方からの流出、上映方式のフィルムからデジタル方式への転換のための投資負担、などドライブインシアターには逆風が吹き続け、シアター数は減少し続けた。2013年にはアメリカの全スクリーン数のうちドライブインシアターは389館とわずか1.5%を占めるにとどまり、ほとんどは南部と西海岸に集中していた(ドライブインシアターの全盛期には、アメリカ全土のスクリーン数のうち25%までがドライブインシアターであった)[7]。2014年3月の時点では営業中のドライブインシアター数は348館であった[9][10]

シアターの跡地は全米各地に残るが、商品を野積みする倉庫代わりになっているものもあれば、フリーマーケット用会場になっているものもある。

他方、アメリカなどでプロジェクターやラジオトランスミッターを用いて手作りでドライブインシアターを作り、ネットなどを通じて集まった観客に映画を見せるなどの活動が行われている[11]。ヨーロッパでは祭りなどの際に臨時のドライブインシアターが市街地に立つことがある。

見直しへ

2020年新型コロナウイルスの感染が拡大し、各国で不特定多数の客が集まる映画館の上映制限や外出禁止令が出されると、他者と接触せずとも鑑賞ができるドライブインシアターが注目されるようになった[12][13]

イランではエブラヒム・ハタミキアの新作映画『エクソダス』が、イスラム革命後初となるドライブイン方式で封切を行った[14]。アメリカでは、州によってドライブインシアターの営業も禁じる州とドライブインシアターだけは営業継続を認める州とがあり[12]、現存するドライブインシアターの中にはこの時期に例年の2倍以上の盛況を博しているところもある[12][15]。ドライブインシアター側も、特別に無料上映を実施しつつ、飲食で利益を回収しつつ将来のドライブインシアター利用者増に結びつけようというところや[12]、従業員の仕事の継続と精神的安定、住民の緊張緩和のために営業を続けていこうとする意向を持つところがある[15]。またドライブインシアターを営業停止の対象から外そうという州政府も出ている[16]。『トロールズ ミュージック★パワー』のように、この時期の劇場公開が不可能になった映画がドライブインシアターでの封切上映を行った例もある[12]

いくつかのドライブインシアターが現存するドイツでも、公園や駐車場を利用しての臨時ドライブインシアターが2020年4月以降全土で多数開業しているほか[16]、既存ドライブインシアターを使ってのドライブインレイブパーティも開催され、車に乗ったままの参加者がクラクションを鳴らして熱狂する[17]などしている。

大都市近郊などに20館ほどのドライブインシアターが現存する韓国でも、各地の自治体主導で、住民の緊張緩和や、住民が安全な環境で文化を享受できるようにするといった目的のために、無料の臨時ドライブインシアターを開業させている[12][16]

日本での歴史

常設

1962年昭和37年)11月、東京都砂川町に日本初のドライブインシアターが開業した[18][19]

1981年(昭和56年)、千葉県船橋市の「TOKYO-BAYららぽーと(現:ららぽーとTOKYO-BAY)」にドライブインシアターが設置された。その後、車社会の普及と共に全国に20か所以上存在し、1990年頃にピークを迎える。しかし、シネマコンプレックスの普及、夕方以降しか上映できないという物理的な制限、気象条件に左右される点やアイドリング・ストップの推進などから、衰退していった。2007年11月以降神奈川県大磯町の1か所のみとなっている状況であったが、2010年10月11日をもって営業を終了し、これによって国内のドライブインシアターは一旦全て閉鎖となった。

前述のららぽーとからは1986年7月3日TBS系歌番組「ザ・ベストテン」の第8位に荻野目洋子がランクインした際に中継が行われ当時の様子を見る事ができる。

2018年10月、復興支援団体Noroshi西原[20]が熊本地震からの復興支援の一環でDrive in Theater Aso[21]をオープン。現時点で日本で現存する唯一の常設ドライブインシアターとなる。

イベント

日本では、1961年昭和36年)に神奈川県小田原市にあるトヨペット小田原サービスセンター内に「ドライブイン野外劇場」という名称で試験的に設置したことがあった[22]

2005年には日産自動車が乗用車ティアナ販促のため、同車を30台設置し、ドライブインシアターを再現したことがあった[23]

さらに、2014年10月にはDo it Theater[24]により「ドライブインシアター浜松」[25]と題し、静岡県浜松市で3日間限定のイベントが開催された。近年の上映スタイルの多様性[26]にともない、開催地域との連携があるものとなっていた。 その後、2015年4月にも同チームにより神奈川県相模原市にて開催し、2020年(令和2年)にはドライブインシアター2020[27]という企画で、大磯ロングビーチでの開催を発表した。

サービス

2019年12月よりDo it Theater[28]により個人向け完全貸切型のプライベート・ドライブインシアターサービス「Drive in Theater OWNERS CLUB」[29]が開始されることが発表された。

再興

このように一度はドライブインシアターの数が0となった日本でも、2020年新型コロナウイルスの感染が拡大して映画館が閉鎖されると、旭川市ディノスシネマズ旭川のように、使えなくなった劇場の代わりに駐車場を使って仮設ドライブインシアターを実施する例がみられ、盛況を博している[30]。また各地のショッピングモールや映画館、「Outdoor Theater Japan」や先述の「Do it Theater」などの屋外上映集団などによるイベント上映も、この機会に全国で多数実施されることになっている[12]

日本での主なDT

現存

閉館

脚注

  1. ^ “The "Drive-in" Movie”. Electronics (New York: McGraw-Hill Publishing Co.) 6 (8): 209. (August 1933). http://www.americanradiohistory.com/Archive-Electronics/30s/Electronics-1933-08.pdf 2014年10月25日閲覧。. 
  2. ^ 82 years ago today, first U.S. drive-in theater opened in N.J.”. NJ.com (2015年6月). 2017年10月16日閲覧。
  3. ^ Strauss, Robert. " The Drive-In Theater Tries a Comeback; Looking for a Few Hundred Adventurous Moviegoers", The New York Times, July 23, 2004. Accessed March 26, 2008. "The nation's first drive-in theater was built by the Hollingshead family along the tawdry Admiral Wilson Boulevard in Pennsauken, N.J., in 1933."
  4. ^ "This Month in History", Smithsonian magazine, June, 2003.
  5. ^ Admiral Wilson Boulevard - Encyclopedia of Greater Philadelphia”. PhiladelphiaEncyclopedia.org. 2017年10月16日閲覧。
  6. ^ a b Fox, Mark A. (2018年6月1日). “DRIVE-IN THEATRES, TECHNOLOGY, AND CULTURAL CHA”. Gale Academic Onefile 
  7. ^ a b Nelson, Laura J. (2013年1月19日). “Digital projection has drive-in theaters reeling”. The Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/envelope/cotown/la-et-ct-drive-ins-digital-20130120,0,5280624,full.story 2013年1月19日閲覧。 
  8. ^ Popular Mechanics. Hearst Magazines. (October 1935). p. 528. https://archive.org/details/bub_gb_wN8DAAAAMBAJ. "Popular Science 1935 plane Popular Mechanics." 
  9. ^ Archived copy”. 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月1日閲覧。
  10. ^ Epstein, Adam. “There are barely any drive-in movie theaters left in the US”. QZ.com. 2017年10月16日閲覧。
  11. ^ San Francisco Chronicle: "Reviving drive-in culture"
  12. ^ a b c d e f g 新型コロナウイルスで休業の映画館に代わり脚光 日米韓それぞれのドライブインシアター”. ニューズウィーク日本版 (2020年4月18日). 2020年5月10日閲覧。
  13. ^ 新型コロナウイルス感染拡大の中で「ドライブインシアター」は復権なるか”. Gigazine (2020年3月19日). 2020年4月6日閲覧。
  14. ^ Iran's First Drive-in Cinema Launched amid COVID-19 Pandemic”. Iran Front Page (2020年4月29日). 2020年5月10日閲覧。
  15. ^ a b ドライブインシアターに平日でも200台が集まる盛況”. Gigazine (2020年4月13日). 2020年5月10日閲覧。
  16. ^ a b c Drive-In Movie Theaters Thrive Despite Lack of New Titles: "People Just Want to Get Out"”. Hollywood Reporter (2020年4月18日). 2020年5月10日閲覧。
  17. ^ German nightclub hosts drive-in rave in spite of the coronavirus”. New York Post (2020年5月4日). 2020年5月10日閲覧。
  18. ^ 松竹『松竹九十年史』松竹、1985年12月、687頁。全国書誌番号:87001945
  19. ^ 東宝(株)『東宝五十年史』(1982.11)”. 渋沢社史データベース. 渋沢栄一記念財団情報資源センター. 2019年10月13日閲覧。 “11月 ドライブイン劇場出現”
  20. ^ 復興支援団体Noroshi西原
  21. ^ a b Drive in Theater Aso
  22. ^ モーターファン 1961年10月号の記事
  23. ^ “横浜、神戸でティアナでのドライブインシアター”. Response. (2005年5月19日). http://response.jp/issue/2005/0519/article70832_1.html 
  24. ^ Do it Theater
  25. ^ ドライブインシアター浜松
  26. ^ VOGUE “ユニークな空間や演出が光る! 絶対行きたい世界の映画館”. Vogue Japan. (2015年6月2日). http://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2015-06-02-2 VOGUE 
  27. ^ ドライブインシアター2020
  28. ^ Do it Theater
  29. ^ Drive in Theater OWNERS CLUB
  30. ^ 愛車がそのまま映画館に 3密防止、巨大画面で気分転換”. 朝日新聞 (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close