ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|原発事故を伝える映画を多くの人に…【福島県郡山市】


写真 

原発事故を伝える映画を多くの人に…【福島県郡山市】

 
内容をざっくり書くと
郡山テアトル・村越祐介支配人「長くやってることで少しでも見たいというお客様がみられるような環境になればと」「若い方にも是非見て頂きたい作品。
 

佐久間直史記者「3月に公開された映画フクシマ50のパネル展です。公開もあとわずか最後はこの場所で作品… →このまま続きを読む

 福島テレビ

「福島テレビ」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。福島県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

若い方

郡山テアトル

郡山テアトル(こおりやまテアトル)とは福島県郡山市にある映画館である。東日本映画株式会社が運営する。

歴史

1954年にテアトル郡山[1]として設立。2014年で創業60周年を迎えた[2]。創業当初は郡山市内に8つの映画館が存在していたが[1]、現在は同市内で唯一の映画館であり、福島県内では他に福島市イオンシネマ福島フォーラム福島いわき市ポレポレいわきと3つの映画館が存在する。

同県内の映画館で唯一自館の公式ホームページを制作していない。

データ

スクリーン1から3と6から8の2棟の建物(4と5[3]は欠番)からなっており、6スクリーン・981席を有する。1から3は2007年3月に改築されている。

  • 所在地
    • 本館(スクリーン1・2・3):福島県郡山市駅前2丁目9-7
    • 別館(スクリーン6・7・8):福島県郡山市駅前2丁目379-1

座席数

スクリーン座席数
スクリーン1283
スクリーン2102
スクリーン3102
スクリーン6247
スクリーン7143
スクリーン8104

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 昭和32年の福島県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2015年6月12日閲覧。
  2. ^ “郡山テアトル創業60周年 ふしぎな岬・成島監督が語る”. 福島民友 (47NEWS). (2014年10月11日). http://www.47news.jp/CI/200810/CI-20081011-00336.html 2015年6月12日閲覧。 
  3. ^ スクリーン5は同市大町2丁目4-15の「第2増子ビル」地下1階にあった。元々は「郡山洋画パレス」が入居していた場所にテアトルがその跡地を引き継いだが、東日本大震災直後の2011年4月30日をもって閉鎖・撤退している(第2増子ビルは現存)。

 

Back to Top
Close