ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|「エール」福島三羽ガラスが動き出すが…15週のあらすじ


写真 久志も歌手としてヒット曲が! – (C) NHK

「エール」福島三羽ガラスが動き出すが…15週のあらすじ

 
内容をざっくり書くと
裕一がレコード会社に持ち込み、久志( 山崎育三郎 )の歌で売り出されると、この曲は日本国民の心をつかんで大ヒットを記録する。
 

連続テレビ小説「エール」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が9月21日から15週目を迎える(以下… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

レコード会社

レコード会社: record label)は、音楽作品が録音・録画された記録媒体を専門に制作、流通・販売や広告代理業務などを行う事業者のこと。レーベルと同じ意味だと誤解されることがあるが、厳密にはレコード会社とレーベルは別の物である。

歴史

1877年にトーマス・エジソンが再生可能なレコードを発明以降、音楽作品の記録媒体に作成が可能となった。これにあたって当時の電機メーカーなどが自社で開発製造した録音機器で音楽家による演奏を録音した記録媒体の販売を始め、現在のレコード会社の前身が誕生した。レコード産業が発展していくにあたって、各企業が制作スタイルや音楽ジャンル別に部署や子会社を立ち上げ始め、これらはレコードの盤面中央部に貼られるラベル紙(label)のブランド名にちなんで、「レーベル」とも呼ばれ始めた。

概要

一般にレコード会社はスポンサーとして音楽家に録音資金を出すことによって販売権や原盤権を取得し収益を得ている。大手のレコード会社では、音楽家の仲介やマネージメント業務、広告代理業務やコンサート会場の手配などの業務も代行することも少なくない。

また、日本のレコード会社などでは、ポップスを中心に自らが企画し、様々な音楽家に依頼し、音楽作品を制作しており、歌手などのマネージメントを行う芸能プロダクションや、楽曲開発を行う音楽出版社を子会社として運営していることも多く、通常の代理店として販売権のみを持つレコード会社よりもより多くの収益を上げている。現在は国内にも数多くの音楽出版社が設立されているが、それ以前にはレーベル内で専属の作詞家や作編曲家などを抱えて独自の運営手法を行っていた時期もあった。(これは日本の音楽業界においてはレコード産業が主導していた歴史的経緯によるものである。)

委託型レコード会社

21世紀以降、インターネットやDAW、音響機器の発展から音楽家個人で作品の録音や記録媒体の作成、SNSや動画投稿サイトを使ったプロモーションが可能となった。 また、インターネット通信網とデジタル技術が向上したことによりiTunes StoreAmazon.comといったインターネットを介した小売店などでのダウンロード販売によるシェアが拡大し、レコード会社が需要以上の在庫を持つリスクがなくなった。これによりベンチャー企業の参入がしやすくなり、アメリカではCD BabyやTuneCoreといった作品制作には関与せず、流通販売以降の業務を請け負うレコード会社が誕生した。こういったレコード会社は前述のiTunes Storeなどのダウンロード通販サイトでの販売を主流としており、最大大手のCD Babyでは余計な仲介手数料などが掛からないことから低価格で販売され、2500万ドルの収益を上げているとされる。[1]また従来のレコード会社は在庫リスク回避のため、大衆受けが良い音楽ジャンルであり売れ行きが見込める音楽家のみと契約していたが、これらは売れ行き問わず多ジャンルの音楽家と契約(CD Babyでは850のジャンルの音楽家30万人と契約しているとしている。)し、販売時に利益を分け合う形式をとっている。

メジャー・レーベルとインディーズ・レーベル

大企業のレコード会社やその系列の会社はメジャー・レーベル、中小企業のレコード会社はインディーズ・レーベルと呼称される。

世界

メジャー・レーベルとは、一般的に世界の音楽市場の売上高で、全体のシェアの70%(アメリカ市場では85%)を占めている[2]ユニバーサルミュージック(34%+旧EMI7%)、ソニー・ミュージックエンタテインメント(28%)、ワーナー・ミュージック・グループ(16%)の3大レーベルを指し、それ以外のレコード会社をインディーズ・レーベルと呼ぶことが多い。1990年代ではワーナーミュージックグループ、EMI、ソニー、BMG、ユニバーサル・ミュージック・グループ、ポリグラムの6大レーベルが世界的なシェアを占めていたが、その後合併や買収などを繰り返し、現在の3大レーベルとなった。

日本

日本では、メジャー・レーベルとは日本レコード協会に入会している正会員の各社を指す。2018年8月末時点での正会員は下記の通りである。

日本コロムビア株式会社 (フェイスグループ)
株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント (JVCケンウッドグループ)
キングレコード株式会社
株式会社テイチクエンタテインメント (ブラザー工業グループ)
ユニバーサル ミュージック合同会社 (ヴィヴェンディグループ)
日本クラウン株式会社 (第一興商グループ)
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ (第一興商グループ)
株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ (ソニーグループ)
株式会社ポニーキャニオン (フジサンケイグループ)
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン (英語版グループ)
株式会社バップ (日本テレビグループ)
株式会社ビーイング
エイベックス・エンタテインメント株式会社 (エイベックス・グループ)
株式会社フォーライフ ミュージックエンタテイメント
株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ (ヤマハグループ)
株式会社ドリーミュージック・ (フェイスグループ)
株式会社よしもとミュージック (吉本興業グループ)
株式会社バンダイナムコアーツ (バンダイナムコグループ)

https://www.riaj.or.jp/links/link_2.html

それ以外の会社はインディーズ・レーベルとなる。CDの流通については、CDショップなどの小売店への直接交渉やコンサートなどでの手売り、通販、コミックマーケットM3といった同人即売会での出展など小規模のものから、ダイキサウンドSPACE SHOWER MUSICといったディストリビューターへの販売委託、あるいはタワーレコードによるT-Palette Recordsのように全国的に流通可能なものまで含まれる。また、上記メジャー・レーベルがインディー・レーベルに業務委託をすることにより、メジャー・レーベルが販促、営業、流通機能を担う場合がある。その場合、レーベルがインディーであっても「メジャー流通」と呼ばれることがある。

インターネット普及以後に台頭してきたネットレーベルも活動資金と知名度を考えるとインディーズ・レーベルに属すと言える。ネットレーベルの台頭により、インディーズシーンにおいてインターネットを介して無料で作品を流通させる例も増えてきている。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ [1] bookbaby
  2. ^ [2] Copyright Law, Treaties and Advice

参考資料

関連項目

外部リンク

日本国籍

日本国籍(にほんこくせき、にっぽんこくせき)は、日本国憲法第10条を受けた国籍法によって規定される。

国籍法(昭和25年法律第147号)では「日本国民たる要件」を定めており、日本国籍を所有する者が、すなわち日本国民であるとされている。原則として父母両系血統主義を採用しているが、例外的に生地主義による取得及び帰化による取得も認められている。

概説

日本国籍は、父親または母親が出生時に日本国民であった者、外国籍から帰化した者などが有する。1984年昭和59年)まではいわゆる父系血統主義(父が日本国籍で母が外国籍の場合の子は日本国籍、逆の場合は出生による自動的日本国籍取得は不可であり帰化のみ可)であったが、その後は母系に関する制限はなくなっている。当該制度変更の際には、旧制度下の一定の期間内(1965年(昭和40年)1月1日から1984年(昭和59年)12月31日まで)に生まれた母系の者に対して3年間の時限的経過措置(届出による日本国籍即時取得)が採られた。

なお、天皇皇族も日本国籍を有し、従って憲法第10条にいう日本国民(国家構成員)である。ただし、天皇は憲法第1章により国および国民統合の象徴とされ、参政権を含め一定の人権の制約を受けるため、「主権者としての国民」ではない。また皇族については、皇室典範その他の法律により若干の制限はあるものの一般の国民との差異は本来大きいものではない。皇族の参政権は、皇族が戸籍を有しない為、公職選挙法付則により当分の間停止されているだけである。しかし、実態として皇族の権利や自由は大きく制約されている。これは、「『皇族という特別な地位にあり、天皇と同じように制限されるべきだ』という考え方が市民の間で根強かったため」であるとされる。[1][2]

日本国籍の実際

取得

出生・準正による取得

国籍法では次の3つを出生による日本国籍取得の条件とし、これらの事例では自動取得となる[3]。この他、「準正」による取得は届出により取得できるとしている。

  • 出生の時に父又は母が日本国民
  • 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民
  • 日本で生まれ、父母がともに不明のとき又は国籍を有しないとき

帰化による取得

国籍法では帰化により、外国籍であった者が日本国籍を取得できるとしている。帰化には法務大臣の許可が必要で、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない事となっている。

  • 引き続き5年以上日本に住所を有する事。
  • 20歳以上で本国法によって行為能力を有する事。
  • 素行が善良である事。
  • 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営む事ができる事。
  • 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべき事(多重国籍の制限)。
  • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊する事を企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入した事がない事。

この他に日本人の配偶者や日本国籍をかつて有していた者の子など、上記条件に当てはまらない事例でも許可する事が出来るとする事例がある。また、「日本に特別の功労のある外国人」は上記によらず国会の承認を得て帰化を許可する事が出来るともしている。帰化が許可された場合官報で告示される。

喪失

国籍法では下記の場合は日本国籍を喪失すると規定している。

  1. 自己の志望によつて外国の国籍を取得したとき
  2. 出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれた者(両親が日本国民で出生地主義の国で生まれた場合や、父または母の一方が血統主義を採用する外国籍であって日本国外で生まれた場合など)が、日本国籍を留保する意思を表示しない場合

他に、他の国籍を有する日本国民は、法務大臣に届け出ることによって国籍を「離脱できる」としている(「喪失する」ではない)。

重国籍の制限

他の国籍と日本国籍を有する成人の重国籍者は、多重国籍になった時点から2年以内にいずれかの国籍を選択しなければならない。日本国籍を選択する場合は、他の国籍を離脱するか、または日本国籍を選択する旨の宣言をして他の国籍の離脱に努めなければならない。ただし、日本国籍を選択した者が他の国籍を離脱しなかった場合(故意・懈怠・不可抗力など原因の如何を問わない)の罰則規定はない。

証明

日本の場合、国籍法では国籍の取得方法等に関する規定はあるものの、国籍を国家が一元的・直接的に登録・管理・証明する記録制度(他国における国民登録制度に相当するもの)が規定されておらず、戸籍法に基づき作成・管理される戸籍簿市区町村管理)が事実上の国籍登録であり、さらにそれに基づいて日本国政府外務大臣外務省)所掌)より発行される「日本国旅券」(パスポート)が、日本国外における日本国籍証明の役割を果たしている。特別永住者には「日本国籍を所持していない」ことから、当然、日本国旅券は発行されない。

主権者としての日本国民

日本国憲法は、日本国民が宣言・規定する立憲主義であり、日本における主権在民を明確に謳っている。「公務員を選定し、及びこれを罷免する権利」(日本国憲法第15条)は日本国民固有の権利としている。即ち日本では日本国籍を有する者(日本国民)のみ参政権があり、これは基本的には居住国に関係がない(在外選挙)。なお、天皇はその地位の特殊性から主権者としての国民からは除かれる。

日本国民を要件とする例

日本国内において、法制度外で日本国民のみ参加が可能であることを明記している主なものは次の通りである。(政治資金規正法では日本国籍を有しない者が党員登録し通常会費、政治資金パーティー参加し同会費を支払う事は、政治献金と異なり、抜け道で罰則規定は無い)

日本の政党など

党員を日本国民に限定している、日本の政党及を以下に示す。

その他

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 芦部信喜『憲法』p86
  2. ^ 朝日新聞デジタル『皇族の「人権」どこまで? 目につく「不自由さ」』
  3. ^ 国籍法第二条。[1]
  4. ^ 国民体育大会参加資格 (PDF)”. 日本スポーツ協会. 2007年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月21日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close