ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎥|二宮和也、撮影の日々を振り返る「監督に『これが見たかった』って毎日思ってもらえるように」


写真 

二宮和也、撮影の日々を振り返る「監督に『これが見たかった』って毎日思ってもらえるように」

 
内容をざっくり書くと
「ジャニーズJr. 秋の大収穫グラビア」と称し、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! groupがそれぞれ登場。
 

本日9月26日発売「TVガイドPLUS VOL.40」の表紙&巻頭グラビアに、10月2日(金)公開の… →このまま続きを読む

 ググットニュース

芸能・音楽・ジャニーズなどエンタメ系の気になる話題や最新情報を配信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ジャニーズJr.

ジャニーズJr.(ジャニーズジュニア)は、ジャニーズ事務所に所属するタレントのうち、公式サイトで単独ページを持たない者やCDデビューしていない者に対しての総称[1]。略称は「Jr.」。2019年8月時点で、東西合わせて約330人が在籍している[2]

概要

主としてジャニーズ事務所に所属する他の先輩デビューグループのバックダンサーを務める[1]。元々事務所は公式にタレント募集を行っていなかったが[注釈 1]、毎月多数の履歴書が送られてきたため、事務所社長のジャニー喜多川が自ら書類選考を行い、コンサート会場などで面接・実技といったオーディションが不定期で開催されるようになった[3]。合格すれば入所し、ダンスなどのレッスンを始めることになるが[1]、入所料やレッスン料は取られていない[3]。オーディション以外では、向井康二のようにジャニー喜多川から直接スカウトされたり[6]髙地優吾のように番組のオーディションで入所する者もいる[7]

入所後はレッスンを受けながら先輩のステージに立ったり、ジャニーズJr.の単独公演に出演したりとファンの前でパフォーマンスをする機会も与えられ[8]、個人、あるいはユニットごとにドラマ出演やデビューを目標に経験を積んでいく[3]。しかしこのユニットは常に解体の可能性を秘めており、デビュー目前のように見えても自然消滅することが多々ある[9]。デビュー発表までは本人達もどうなるかわからず、誰かが抜けたり1人増えたり、明日にはどうなるかわからないという不安要素があると述べる者もいる[10]

CDデビューを果たすことで、ジャニーズJr.からの卒業とみなされていたが[11][12]、事務所の公式サイト「Johnny's net」や「Johnny's web」が設置されてからは、CDデビューをしていないものの個人で舞台出演やドラマでの俳優活動で実績を積んだ生田斗真[1]佐野瑞樹屋良朝幸風間俊介長谷川純らのように、事務所公式サイトで単独ページが作成されたことでJr.から卒業したとみなされた者もいる[13]。卒業のタイミングや理由ついては、ネット上で「最年長ジャニーズJr.」と話題になったことがある佐野が「20代後半から役者としてやっていたので、もうジュニアは取れていた」[14]、風間が「(ホームページなどで若いジャニーズJr.の情報を見に来たファンが、30代のメンバーの情報が並ぶことで違和感を抱かないようにという配慮から)『Jr.』と呼ぶのはやめようと取り決められた」と明かす[15]など様々。ふぉ〜ゆ〜はメンバー全員が三十路を迎えた2017年秋にジャニーズ史上初めてグループとしてJr.を卒業した[16][注釈 2]。また一度Jr.を卒業しても、内博貴草野博紀のようにその後不祥事等でグループから除名され、デビュー前のジャニーズJr.よりも下の位置づけとされる研修生の立場に戻る場合がある[18][19][20]

1998年から2002年頃[21]は、番組名に「ジュニア」「J」の名を冠したテレビ番組が多数放送され、その後も東京ドームなどの3大ドームや日本武道館でコンサートを行い、事務所の先輩をしのぐほどの人気を獲得[21]。主に滝沢秀明渋谷すばるが率いていたことから「東のタッキー、西のすばる」「Jr.黄金期」などと呼ばれた[21][22]。2002年7月にはタイ版ジャニーズJr.の「G-Junior」が誕生[23]。東海地区出身者は千賀健永のように東京組に入るものもいれば、平野紫耀のように関西ジャニーズJr.として活動する者もおり、ケースバイケースである[24]

ジャニーズJr.が事務所を退所、もしくはグループが解散しても、テレビ・雑誌などで公表することは原則として行っていない[25]。しかし小原裕貴[26]秋山純[27]米花剛史[28]らのように新聞報道される例もある。SNSが主流となってきている近年では、事務所に所属している間は禁止されていたTwitterInstagramを始めたことで、ジャニーズJr.を辞めたと判断されることが増えていたが[25]、2018年にはLove-tuneが事務所公式サイト「ジャニーズジュニア情報局」を通じてメンバー全員の退所を発表した[29]

一般のファンクラブに該当するものに「ジャニーズジュニア情報局[30]」がある[31]。元々はハガキを24枚送ると、情報が印刷されて返送されるという仕組みだったが、その後2年程度、無料登録メール配信に形を変えたのち、2016年11月に有料化し、年会費を払って会員限定の動画視聴や公演優先申し込みができるよう大幅にリニューアルされた[31]

所属メンバー

ジャニーズJr.一覧(五十音順)も参照。

ジャニーズJr.

生年月日名前読み仮名
1992年12月30日野澤祐樹のざわ ゆうき
1993年09月14日高田翔たかだ しょう
1994年11月22日川島如恵留かわしま のえる
1994年12月31日寺西拓人てらにし たくと
1995年06月23日七五三掛龍也しめかけ りゅうや
1995年08月10日吉澤閑也よしざわ しずや
1995年09月25日原嘉孝はら よしたか
1997年04月15日中村海人なかむら かいと
1997年09月22日宮近海斗みやちか かいと
1997年11月14日松倉海斗まつくら かいと
1998年02月10日椿泰我つばき たいが
1999年04月19日松田元太まつだ げんた
1999年11月15日髙橋優斗たかはし ゆうと
2000年09月18日藤井直樹ふじい なおき
2000年10月30日橋本涼はしもと りょう
2000年10月31日井上瑞稀いのうえ みずき
2001年11月26日元木湧もとき わく
2002年01月16日那須雄登なす ゆうと
2002年02月27日浮所飛貴うきしょ ひだか
2002年08月23日岩﨑大昇いわさき たいしょう
2002年09月20日猪狩蒼弥いがり そうや
2002年09月30日作間龍斗さくま りゅうと
2002年12月17日佐藤龍我さとう りゅうが
2003年10月27日織山尚大おりやま なお


関西ジャニーズJr.

関西ジャニーズJr.一覧(五十音順)も参照。

生年月日名前読み仮名
1996年02月08日藤原丈一郎ふじわら じょういちろう
1996年11月28日正門良規まさかど よしのり
1997年01月09日西畑大吾にしはた だいご
1997年08月09日大橋和也おおはし かずや
1999年06月25日小島健こじま けん
2000年02月28日高橋恭平たかはし きょうへい
2001年08月07日大西流星おおにし りゅうせい
2002年07月25日道枝駿佑みちえだ しゅんすけ
2002年08月15日長尾謙杜ながお けんと
2007年010月6日伊藤翔真いとう しょうま
2009年07月15日伊藤篤志いとう あつし

退所したジャニーズJr.

所属グループ

※グループを結成した順。

BYR color wheel.svgこの節ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。(Template:色)

Travis Japan

2012年結成。

メンバー

HiHi Jets

2015年10月結成。

メンバー

美 少年

東京B少年(とうきょうビーしょうねん)のユニット名で2016年11月に[32]藤井・那須・浮所・岩﨑・佐藤[33]の5人で結成された[34]。ユニット名の由来は、かつて関西ジャニーズJr.に存在した「Aぇ少年」への対抗意識と、自分から美少年というのはおこがましいという理由から[34]。2017年4月、『ジャニーズ銀座2017』にも5人で出演予定だったが[33]、公演開始数日前に急遽メンバーに金指一世が加入することが決定し6人組となる[34]

2018年11月19日、Sexy美少年への改名を公式サイト「Johnny's web」で発表[35]。ジャニー喜多川から突然「ユーたちはもう美少年だから」とメンバーに告げられたという[36]。そして12月7日から舞台『JOHNNYS' King & Prince IsLAND』に出演するも[37]、上演途中の[38]2019年1月、ユニット名を美 少年に再改名した[32]。「美 少年」の正式表記は“美”が赤文字[39]

メンバー[40]
オリジナル曲
  • HiB HiB dream[44](詞:ENA☆ 曲:ERIXON CHRISTOFER JONAS ROBIN / MELIN JOSEF MATTIAS / TAKUYA HARADA) - JASRAC作品コード:1L0-3427-8。HiHi Jetsとの曲
  • みなみなサマー(詞:夏ノ芹子 / SATOMI、曲:馬飼野康二) - JASRAC作品コード:238-5418-9。HiHi Jetsとの曲
  • Cosmic Melody[44](詞:イワツボコーダイ / KOMEI KOBAYASHI、曲:WolfJunk / イワツボコーダイ) - JASRAC作品コード:233-6894-2
  • 僕らはMysterious[44](詞:ケリー、曲:福岡良太) - JASRAC作品コード:239-8344-2
  • おいで、Sunshine![45](詞:高木誠司、曲:DR.DALMATIAN) - JASRAC作品コード:246-6330-1。HiHi Jetsとの曲
  • ねぇ もっと[46](詞:亀梨和也、曲:栗原暁 /久保田真悟) - JASRAC作品コード:248-2824-6。
  • LALA LOVE(詞:山下智久 / WAKE、曲:山下智久 / WAKE)- JASRAC作品コード:251-0118-8。
  • SUPER BOYS(詞:JUN、曲:OHRN ANDREAS JAKOB ERIK / ATSUSHI SHIMADA)- JASRAC作品コード:1N9-2993-1
出演
舞台・コンサート・イベント
サポーター
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2017年7月15日 - 8月27日) - HiHi Jetと共に応援アシストレポーター[72]
  • 第5回 テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION(2018年7月14日 - 8月26日) - HiHi Jetsと共に応援サポーター[73]
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION(2019年7月13日 - 8月25日) - HiHi Jetsと共に応援サポーター[74]
テレビ番組
映画
テレビドラマ
ネット配信
CM
写真集

7 MEN 侍

読みは「セブンメンさむらい」[85][86]。グループ名はジャニー喜多川が考案したものであり、黒澤明監督映画『七人の侍』が由来[86]。2018年2月26日、『ジャニーズ銀座2018』に向けて[87]菅田、五十嵐、中村、本髙、佐々木、今野、前田の7人で結成され[85]、同時にホームページでユニットの結成が告知される[88]。同年4月にお披露目[85]。12月6日から上演される『JOHNNYS' King & Prince IsLAND』から矢花黎が加入[注釈 5]

メンバー[57]
元メンバー
オリジナル曲
  • サムダマ[92](詞:松原さらり、曲:南田健吾) - JASRAC作品コード: 256-8324-1
出演
舞台・コンサート
映画
CM
ネット配信

少年忍者

2018年7月に開催された『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』と同時期に結成された[100]。結成当初のメンバーは14人[100]。グループ名の"少年"の部分は小さく表記される場合がある[注釈 6]。派生ユニット[100]で同年9月中旬には結成されていた[103]元木湧・川﨑皇輝・内村颯太・ヴァサイェガ渉・北川拓実の5人からなる[57]5忍者(読みは「ごにんじゃ」[104])も存在していた[100]

メンバー
2018年10月『ABC座 ジャニーズ伝説2018』公演時[105]
  • 元木湧、川﨑皇輝、ヴァサイェガ渉、北川拓実、内村颯太、青木滉平、久保田空輝、安嶋秀生、黒田光輝、豊田陸人、村上真都ラウール織山尚大、平塚翔馬、檜山光成
2019年5月『ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience』公演時[59][106]
  • 川﨑皇輝、ヴァサイェガ渉、北川拓実、内村颯太、ブランデン 他、総勢25名
2019年12月 ジャニーズJr.チャンネル メンバー紹介時[107]
  • 豊田陸人、平塚翔馬、内村颯太、ヴァサイェガ渉、深田竜生、元木湧、檜山光成、青木滉平、長瀬結星、川﨑星輝、瀧陽次朗、鈴木悠仁、稲葉通陽、山井飛翔、小田将聖、黒田光輝、川﨑皇輝、安嶋秀生、北川拓実、織山尚大、田村海琉、久保廉、総計22人
出演
舞台・コンサート
映画
ネット配信

Jr.SP

メンバー[111]
  • 林蓮音
  • 松尾龍
  • 和田優希
  • 中村浩大
コンサート
出演
映画
CM

なにわ男子

2018年10月結成

メンバー[113]

Lil かんさい

2019年1月発売のアイドル雑誌にて結成発表[114]。読みは「リトル かんさい」で[115]、名付け親はジャニー喜多川[116]。結成当時は全員中学生[117]。同年3月の関西ジャニーズJr.公演『SPRING SPECIAL SHOW 2019』でファンにお披露目された[118]。リーダーは『まいど!ジャーニィ〜』収録中に[119]藤原丈一郎に任命されて岡﨑彪太郎に決定した[120]。メンバーカラーは元々なんとなく決まっていたが、大倉忠義と一緒に決めた[119]

メンバー[114]
オリジナル曲
  • Lil miracle[126][注釈 7](作詞:松坂康司、作曲:松坂康司) - JASRAC作品コード:248-2826-2。
  • TELL ME TELL ME - JASRAC作品コード:1O7-4181-1
  • ミライヤー[128]
出演
舞台・コンサート
  • 関西ジャニーズJr.「SPRING SPECIAL SHOW 2019」(2019年3月5日 - 31日、大阪松竹座)[118]
  • ジャニーズJr.8・8祭〜東京ドームから始まる〜(2019年8月8日、東京ドーム)[2]
  • 関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足 100%〜(2020年1月11日 - 13日、京セラドーム大阪)[129][130]
  • Lil かんさい FIRST LIVE 2020 NEXT STAGE(2020年8月29日 - 31日、Zepp Namba[131]
テレビ番組
広告・CM

Aぇ! group

2019年2月18日にJohnny's web[115]、およびJohnny's net[135]にて結成発表。読みは「ええ グループ」[135]ジャニー喜多川が「君たちはええ(良い)グループ」という思いを込めて命名した[136]。同年3月の関西ジャニーズJr.公演『SPRING SPECIAL SHOW 2019』でファンにお披露目された[118]。本人は副リーダーを希望していたものの、多数決でリーダーは小島健に決まった[137]

2020年、初座長公演として『僕らAぇ!groupがbrakeしそうですねん?!』が2020年3月11日から29日まで大阪松竹座で開催される予定だったが[138]新型コロナウイルスの影響で全公演の中止が発表された[139]

メンバー[135]
オリジナル曲
  • Firebird[142](作詞・作曲:ヒゲドライバー) - JASRAC作品コード:244-4090-6
  • 神様のバカヤロー(作詞:小島健、作曲:佐野晶哉)[142] - JASRAC作品コード:246-3812-9
  • ボクブルース(作詞:小島健、作曲:佐野晶哉)[143] - JASRAC作品コード:249-4118-2
  • アエテオドル(作詞・作曲:ヒゲドライバー)- JASRAC作品コード:250-8931-5
  • PARTY AHOLIC(作詞:MINE、作曲:BJORNBERG JOAKIM CARL 、CHOKKAKU、TAKUYA HARADA)- JASRAC作品コード:1O2-9144-1
  • BREAK THROUGH(作詞:RYOSUKE、作曲:RYO)- JASRAC作品コード:256-8312-8
  • STRAY DOGS(作詞・作曲:神山智洋)- JASRAC作品コード:256-8319-5
出演
テレビ番組
サポーター
舞台・コンサート
  • 関西ジャニーズJr.「SPRING SPECIAL SHOW 2019」(2019年3月5日 - 31日、大阪松竹座)[118]
  • 僕らAぇ!groupって言いますねん(2019年4月13日 - 21日、東京グローブ座[115][150]
  • ジャニーズJr.8・8祭〜東京ドームから始まる〜(2019年8月8日、東京ドーム)[2]
  • 僕らAぇ!groupって言いますねん 関西凱旋公演(2019年8月15・16日、宇治市文化センター 大ホール / 8月22日 - 25日、エブノ泉の森ホール / 8月28・29日、明石市立市民会館 / 9月4日 - 8日、ひこね市文化プラザ グランドホール)[151][152]
  • Aぇ!group First Live Tour 2019〜ボクたちがやっちゃってAぇ!んですか?〜(2019年11月20日、ロームシアター京都 メインホール / 11月25日、奈良100年会館大ホール/ 12月2日 - 5日、オリックス劇場 / 12月10日、和歌山県民文化会館 / 12月2日、神戸国際会館こくさいホール)[153]
  • 関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足 100%〜(2020年1月11日 - 13日、京セラドーム大阪)[129][130]
  • Aぇ!group Zepp LIVE 2020 STARTING NOW 413(2020年9月2日 - 6日、Zepp Namba)[154]
雑誌連載

IMPACTors

2020年10月16日にテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』で結成発表された[156]。読みは「インパクターズ」[156]。以前からユニット名がないまま活動しており、2020年のシアタークリエのライブ公演の「Cパート」に出演予定[157](コロナの影響で中止)だったため、ファンの間では「クリエC」とも呼ばれていた[156]

メンバー
  • 佐藤新
  • 影山拓也
  • 鈴木大河
  • 基俊介
  • 椿泰我
  • 横原悠毅
  • 松井奏

解散したグループ

出演

ジャニーズJr.

ジャニーズJr.が中心となって出演しているもののみ。

テレビ番組

テレビドラマ

ラジオ

ネット配信

コンサート

公演名公演日程会場備考
1997年ジャニーズファンタジー「kyo to kyo」8月29日京都シアター1200ジャニーズのグループが行った「kyo to kyo」特別公演の一環として、初の単独公演を行った。
1998年ローソンpresents 「ジャニーズJr. ファーストコンサート」2月1日 -
2月15日
大阪城ホール名古屋市民会館横浜アリーナローソンのキャンペーン応募により抽選で無料招待された、初のコンサートツアー。
1998年『KYO TO KYO』プレビューイベント・ジャニーズJr.コンサート[166]3月30日 -
4月4日
京都シアター1200去年に続き、4月18日から幕を開ける舞台『KYO TO KYO』に先駆けたプレビューコンサート。6日間で計28公演、2万人超を動員。内容や曲目は3パターンのローテーションで、TOKYO浜松町や関西ジャニーズJr.らが出演した。[166]
1998年Johnny's Summer Concert '98「Johnny's Jr」7月29日 -
8月24日
大阪城ホール、名古屋レインボーホール、横浜アリーナ各会場1日1公演ずつの予定であったが[167]、公演数は追加され、6公演で8万5000人を動員[168]。“個性”をテーマに滝沢がJr.を代表して構成を考え、MAINがメドレーを披露したり、川野直輝らがバンドで演奏したり、滝沢がマジックを披露したりした[169]
1999年Johnny's Winter Concert 「Johnny's Jr」1月4日 -
1月6日
横浜アリーナ
1999年Fresh Spring Concert '99[170]5月2日 - 5日
/ 6月19日・20日[171]
横浜アリーナ、大阪城ホール滝沢秀明、「ダンス班」代表の今井翼、「バンド班」代表の小原裕貴など、小学5年生から18歳大学生までの総勢141人のジャニーズJr.が出演し、「この星に生まれて」「世界は僕らを待っている」などオリジナル11曲を含む全20曲を披露した[168]。4日間計8公演で12万人動員[168]。また、5月3日の公演前の記者会見で滝沢が正式にジャニーズJr.のリーダーに就任したことも発表された[168]。そして横浜アリーナ公演中に本人達が社長に直談判し、6月20日の大阪城ホール公演が決定[170]渋谷すばる横山裕村上信五などの関西ジャニーズJr.、B.I.G.B.B.A.[170]らも出演した[171]
1999年ジャニーズJr.「特急(109)投球(109)コンサート 東京ドームに大集合!!」10月9日東京ドームCDデビューしていないアーティストの東京ドーム公演は史上初で、ステージ製作に3億円、衣装代に1億円がかけられ、演出はフランツ・ハラリーが参加。滝沢秀明、今井翼、渋谷すばるら総勢120人のジャニーズJr.が出演した他、11月3日にCDデビューが決まったが初お披露目され、計5万5千人を動員した。[172]
2000年Johnny's Jr. SPRING CONCERT 20004月3日 -
5月7日
大阪城ホール、名古屋レインボーホール、横浜アリーナ
2000年Johnny's Jr. 〈東阪名〉3大ドームCONCERT9月3日 -
10月15日
大阪ドームナゴヤドーム、東京ドーム4公演で約20万人を動員[47]。滝沢秀明、今井翼、山下智久ら84人のジャニーズJr.が出演[26]。このツアーを最後に、小原裕貴がジャニーズJr.を卒業[26]。最終公演では、アンコールで観客に最後のお別れをした。
2001年ジャニーズJr.総出演 タッキー&翼21世紀の対決5月3日 -
6月3日
横浜アリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール公演は滝沢秀明と今井翼の2人を中心に行なわれ、滝沢が演出、今井が衣装を担当。全11公演で約15万人を動員した。[173]
2002年タッキー&翼 ジャニーズJr. 総出演3月29日 -
5月6日
大阪城ホール、名古屋レインボーホール、横浜アリーナ15公演で21万人を動員。滝沢秀明が衣装から構成、演出までを手がけた。[174]
2002年Tackey&Tsubasa in Taipei5月17日 -
5月19日
台北1012001年2月のV6の公演以降から、現地のプロモーターの元に「次は滝沢と今井を呼んで」という電話が月平均100本以上かかるという熱烈ラブコールから実現したコンサート。CDデビュー前に海外公演が行われるのは芸能界史上初。3公演で1万5000人を動員した。[174][175]
2006年ジャニーズJr.の大冒険!8月15日 -
8月25日[176]
ホテル・グランパシフィック・メリディアン パレ・ロワイヤル全25公演[177]Ya-Ya-yahKis-My-Ft2J.J.ExpressA.B.C.Question?GOLF&MIKE[176]TOPS[178]らが出演。また、この公演のために新ユニット・TAP KIDSが結成された[179]
2006年you達の音楽大運動会9月30日 -
10月1日
国立代々木第一体育館10月8日に日本テレビ系でスタートするバラエティ『YOUたち!』を前に行われた“新番組前夜祭ライブ”[160]。番組にレギュラー出演するkitty中島裕翔らが出演[160]。他、Ya-Ya-yah、A.B.C.、Kis-My-Ft2、J.J.Express[180]京本大我[160]レッスン生を含め11歳から21歳まで[161]総勢100人のジャニーズJr.が出演した[160]。『YOUたち!』の司会を務める中丸雄一も応援に駆け付けた[160][161]。3公演で3万6000人を動員し[21]、チケットには25万件の応募があった[181]
2007年2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合1月2日 -
1月7日
日本武道館デビュー前の歌手としては史上初の5日間公演[182]。J.J.Express[177]、Question?[177][183]、Ya-Ya-yah、A.B.C.、Kis-My-Ft2[182][184]、Tap Kids、Kitty Jr.らが競演した[185]。5公演で6万人を動員[181]
2007年ジャニーズJr.の大冒険!'07 @メリディアン8月15日 -
8月24日
ホテル・グランパシフィック・メリディアン パレ・ロワイヤル全29公演、4万3500人動員[186]。Ya-Ya-yah、Hey!Say!7、Kis-My-Ft2、A.B.C.、Question?、J.J.Express、Jr.BOYSら総勢105名が出演[186][187]
2007年JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA9月23日 -
9月24日
横浜アリーナHey!Say!7B.A.D.BOYSOSSaNTOP KidsHey !Say!7 West、Question?らが出演[188][189]。24日の公演でHey!Say!JUMPの結成&CDデビューが発表された[190]
2009年フォーラム新記録!!ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート6月7日東京国際フォーラム4公演で2万人動員[191]。6月4日に結成が発表されていた[192]中山優馬 w/B.I.Shadowがファンの前に初登場し、NYC boysの結成発表&初ステージも披露された[191][193]。また、森本慎太郎w/スノープリンス合唱団も初お披露目され、Mis Snow Man、Question?、A.B.C-Z(特別出演)ら[194]総勢100人のジャニーズJr.が出演し、計20曲が披露された[191]
2009年ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!8月18日東京国際フォーラムホールA中山優馬 w/B.I.Shadow、A.B.C-Z、Hip Hop JUMP、Question?、Mis Snow Man、森本慎太郎withスノープリンス合唱団らが出演[195]
2010年年末ヤング東西歌合戦!東西Jr.選抜大集合2010!A.B.C-Z+ジャニーズJr.選抜 VS 中山優馬+関西Jr.選抜11月26日 -
11月27日
NHKホールA.B.C-ZやB.I.Shadow、森本慎太郎、スノープリンス合唱団らジャニーズJr.、中山優馬と関西ジャニーズJr.(7 WEST、BOYS、B.A.D.からの選抜メンバー)[196]、そこに研修生を合わせた約250人、そして特別ゲストとしてNYCも出演し、NHK紅白歌合戦を意識した初の歌合戦形式で22曲が披露された[197][198][199]。また、研修生の中からオーディションで選ばれた総勢52人[196]のユニット「ジャPAニーズHi!」もお披露目され[197]、この日の模様は2010年12月31日にテレビ朝日系にて[198]『年忘れ!ジャニーズ東西歌合戦』として放送された[196]
2011年帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」9月27日 - 9月29日帝国劇場29日2部の公演にて、Sexy Zoneがお披露目された[200]
2012年フレッシュジャニーズJr.IN横浜アリーナ12月16日横浜アリーナ
2014年ガムシャラSexy夏祭り!!7月30日 - 8月10日EXシアター六本木テレビ朝日系バラエティ『ガムシャラ!』との連動企画としてジャニーズJr.が「我」「武」「者」「羅」に分かれ、毎公演ごと代表して2チームがバトル形式でパフォーマンスを行い、全公演を通しての通算対戦成績で最終的な勝敗が決定された[201]安井謙太郎Sexy松Sexy Boyzが全公演に出演[202]。全30公演で5万人を動員[201]
2015年ガムシャラ!サマーステーション7月18日 - 8月20日EXシアター六本木『ガムシャラ!』から派生したステージで[203]、34日間で計70公演が行われた[204]松島聡マリウス葉がレギュラー出演し、ジャニーズJr.が「我」「武」「者」「羅」「覇」に分かれ[204]、チーム形式で歌やダンスで対決[203]。テレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーターを務めるために結成された期間限定ユニット・Mr.King vs Mr.Prince[203]も特別公演を行った[204]
2016年サマステ ジャニーズキング7月20日 - 8月25日EXシアター六本木Mr.KINGがイメージキャラクターで4組に別れてライブを行う。
2017年ジャニーズJr.祭り3月24日 - 3月26日・4月8日 - 4月9日、5月3日横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホールMr.KING、Prince、HiHi Jet[注釈 8]、東京B少年[注釈 8]SixTONESSnow Man[注釈 9]Love-tuneTravis Japanの8組[47]39人に55人のジャニーズJr.を加えた全94人が出演[206]。当初は横浜6公演と大阪3公演[207]で13万5000人動員予定だったが、史上最多の85万通の応募があったため、急遽さいたまスーパーアリーナ4公演の追加公演が決定した(12万人動員予定)[208]。ステージではグループの特色を生かしたパフォーマンス[208]やオリジナル15曲を含む66曲が披露された[47]

さいたまスーパーアリーナでの追加公演ではジャニーズJr.の公演で初めてデジタルチケットが導入されたが、存在しない座席番号がチケットに印刷されるなどの入場トラブルが発生し、コンサートの運営を行うヤング・コミュニケーションが謝罪文を出す事態となった[209]

2017年〜君たちが〜KING'S TREASURE7月20日 - 8月27日EXシアター六本木Mr.KING、HiHi Jet、東京B少年、Prince、Snow Man、SixTONES、Love-tune、Travis Japanの8組が期間交代で出演[210][211]。ステージの構成・選曲も各々がプロデュースし、全82公演で約15万人を動員[211]
2018年ジャニーズJr.祭り 20182月22日 - 3月26日大阪城ホール、横浜アリーナSixTONES、Snow Man、Love-tune、Travis Japanの4組が出演し、各ユニットの単独公演も開催された[212]
2018年夏祭り!裸の少年7月20日 - 8月26日EXシアター六本木HiHi Jetsと東京B少年の2組がメインで出演[56]。全59公演、11万席のチケットは即日完売[108]。「HiHi Jets・東京B少年編」「HiHi Jets編」「東京B少年編」の3パターンで公演が行われ、7 MEN 侍[55]、少年忍者、ジャニーズJr.SPも出演した[108]。事務所の先輩のヒット曲メドレーなどを歌った他[213]、自分たちで振り付けをした楽曲も披露した[214]
2019年ジャニーズ IsLAND Festival[215]5月25日 - 5月26日さいたまスーパーアリーナSnow Man、Travis Japan、なにわ男子の合同コンサート。各グループが持ち歌を披露した他、先輩の楽曲や、グループをシャッフルしてのメドレーなど、約2時間半で33曲を披露[216]。3公演で6万3000人を動員した[217]。MCでは8月8日に2000年10月以来19年ぶりにジャニーズJr.単独で東京ドーム公演を行うことが発表された[216]
2019年パパママ一番 裸の少年 夏祭り![61]8月3日 - 25日EXシアター六本木美 少年と少年忍者による「美 少年公演」、HiHi Jetsと7 MEN 侍による「HiHi Jets公演」の2種類で公演を行い、計61公演で11万人を動員[97]。最終2日間は「〜家族そろってGoodbye Summer〜」と題して4組が一同に会する。ジャニーズオンラインストア限定・予約注文限定生産品として発売されるDVD『裸の少年』に収録される予定[218]
2019年ジャニーズJr.8・8祭り 〜東京ドームから始まる〜[219]8月8日東京ドームSixTONES、Snow Man、Travis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、宇宙Six、MADE、なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! group、少年忍者の[2]12グループ89人を含む総勢330人の東西ジャニーズJr.が出演[220]。ジャニーズのコンサートが一部だけでなく全編インターネットで生配信されたのは初めてのこと[221]。本編MCの最後にSixTONESとSnow Manが2020年に同時CDデビューすることが発表された[222]。『素顔4』にてDVD化された[223]

舞台

VHS・DVD

  • 素顔(1998年7月29日、ジャニーズ・エンタテイメント)
  • 素顔2(1999年9月22日、ジャニーズ・エンタテイメント)
  • 素顔3(2001年2月14日、ジャニーズ・エンタテイメント)
  • 素顔4(2020年1月8日発売、JI Label)[223][224]
    • ジャニーズJr.盤(一般音楽ソフト取り扱い店にて2020年3月31日までの期間限定販売)
    • SixTONES盤 / Snow Man盤 / Travis Japan盤 / 関西ジャニーズJr.盤(ISLAND STORE ONLINE限定販売)

関西ジャニーズJr.

関西ジャニーズJr.が中心・レギュラーとなって出演しているもののみ。

テレビ番組

テレビドラマ

ラジオ

コンサート

公演名公演日程会場備考
1999年関西ジュニア FIRST LIVE[233]8月13日 -
8月15日
Zepp Osaka計14公演[234]
2006年Firstコンサート Winter200612月16日 -
12月25日
大阪松竹座全6公演。BADBOYSOSSaNTOP KidsLittle Gangsムエタイ向井ブラザーズが出演。[235]
2007年関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT20075月6日大阪城ホールB.A.D.、BOYS[236]、OSSaN、Little Gangs、TOP Kidsらが出演し、Hey!Say!7A.B.C.Question?千賀健永Kis-My-Ft2)ら東京のJr.が応援に駆け付け[237]、合わせて120人が出演[236]
2007年関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 20078月6日 -
8月23日
大阪松竹座全29公演(追加公演含む)[238]。総合司会を中田大智が務め、B.A.D.、BOYS、TOP Kids、OSSaN、通称・チームべてらん、ムエタイ向井ブラザーズらが出演[238]
2007年関西Johnny'sJr. Xmas in 松竹座
おめでとうin城ホール 前夜祭
12月24日 -
12月25日
大阪松竹座TOP Kids[239]Hey!Say!7 WEST、OSSaN、ムエタイ向井ブラザーズ、室3兄弟[240][241]、BOYS、B.A.D.ら72人が出演[242]。前半は濱田崇裕扮する刑事とHey!Say!7 WESTが特殊部隊を結成し、「ダダスタッタ団」という盗賊団(他のジャニーズJr.)を追いかけて世界各地を回って捕まえるというミュージカル仕立ての舞台、後半は先輩の曲を含めた様々な楽曲を披露するショーで展開された[243]
2008年関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール1月3日大阪城ホール前夜祭に続き、Hey!Say!7 WEST[244]、BOYS、OSSaN、TOP Kidsらが再び出演[245][246]。B.A.Dが進行役を務めた[244]
2008年関西ジャニーズJr. @大阪松竹座 公演 2008夏8月19日 -
8月28日
大阪松竹座全18公演、約1万8000人動員[247]。B.A.D.やBOYS[248]Hey!Say!7 WEST w/優馬通称“ベテラン”、OSSaN、室3兄弟、ムエタイ向井ブラザーズ、Little Gangs[249]ら総勢39名が出演した[248]
2008年バッテリーごくせん大阪凱旋コンサート9月1日 -
9月2日
梅田芸術劇場『バッテリー』の中山優馬、そして『ごくせん』の中間淳太桐山照史(B.A.D.)がドラマ撮影を終えて東京から大阪に凱旋し、髙木雄也をゲストに迎える形で行われたコンサート[250][251]。本公演の記者会見でユニットが公式発表されたHey!Say!7 WEST w/優馬[250][252]の他、OSSaN、室3兄弟らが出演し、中田大智と濱田崇裕がMCを務めた[250][253]。演出にも本人達が関わり、歌に加えて『ごくせん』『バッテリー』を題材にしたコントも披露された[254]。また、横山裕安田章大中丸雄一もゲスト出演した[252]
9月8日から10日まで追加公演も行われたが[251][252]、中山は緊急入院したためアンコールのみ出演し[255]、代役は薮宏太が務めた[256]
2008年関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座200812月4日 -
12月14日[257]
大阪松竹座B.A.D.(4日 - 6日)[257][258]、BOYS[257]・室3兄弟(7日 - 9日)、Veteran[257]・Little Gangs(10日 - 11日)、中山優馬 w/Hey!Say!7 WEST+中間淳太〔進行役〕(12日 - 14日)の4組がユニット別に公演を行った[259]
2008年関西ジャニーズJr.'08 Merry X'mas Concert12月23日 -
12月26日
梅田芸術劇場B.A.D、中山優馬 w/Hey!Say!7 WEST、室三兄弟、BOYS、Veteran、Little Gangsらが出演。また、「ROCKな仲間たち」として活動したメンバー(中間淳太〔キーボード〕、桐山照史〔ベース〕、中田大智〔ギター〕、濱田崇裕〔ギター〕、千崎涼太〔ドラム〕)によるバンドコーナーも設けられた。[260]
2009年関西ジャニーズJr. Ume(ユメ)コン20096月18日 - 6月20日梅田芸術劇場当初は5月23日 - 24日の計4公演が予定されていたが、新型インフルエンザ対策として延期された[261]。中山優馬 w/Hey!Say!7 WEST、B.A.D.、BOYS、Veteran、室三兄弟、Little Gangs、Big Gangsらが出演[262]
2009年関西ジャニーズJr. Xマスやで!全員集合!@大阪松竹座 '0912月1日 -
12月25日
大阪松竹座Veteran(1日 - 7日)、B.A.D.(8日 - 14日)、BOYS(15日 - 20日)、中山優馬with7WEST(21日 - 25日)の4組がユニット別に公演を行った[263][264]
2010年春休み all関西ジャニーズJr. with中山優馬 in 大阪城ホール3月28日 -
3月29日
大阪城ホールShadow WEST京男、中山優馬w/7WEST、B.A.D.、BOYS、Veteran、Big Gangs、Little Gangsらが出演。MCでは大喜利合戦が行われた。[265]
2010年ALL関西ジャニーズJr. 夏休みコンサート in 大阪城ホール7月28日 -
7月29日
大阪城ホール
2010年関西ジャニーズJr. X'Masコンサート201012月4日 -
12月25日[266]
大阪松竹座7 WESTコンサート」と「B.B.V.コンサート」[267]の2パターンで構成された。中山優馬も特別出演し、7 WESTと1年ぶりの共演を果たした[266]
2011年関西ジャニーズJr. あけましておめでとうコンサート 20111月2日 -
1月3日
大阪城ホール
2011年関西ジャニーズJr. with 中山優馬 2011春3月5日 -
5月29日[268]
広島グリーンアリーナ福井フェニックス・プラザ大ホールサンポートホール高松神戸ワールド記念ホール鳴門市文化会館、大阪城ホール、福岡国際センター日本ガイシスポーツプラザガイシホール[注釈 10]5月5日の公演では、Hey!Say!JUMPが公演を行う横浜アリーナと関西ジャニーズJr.の公演が行う大阪城ホールを中継回線で結び[270]、コンサートでは芸能界史上初だという東西同時生中継ライブが実施され、横浜にいる山田涼介と知念侑李、大阪にいる中山優馬でNYCの「ユメタマゴ」なども披露された[271]
2011年関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2011[272]12月3日 -
12月25日
大阪松竹座「7WESTコンサート」(Shadow WESTも出演[273])と「B.A.D / 濱田崇裕 with Veteranコンサート[274]」の2パターンで数日交代で公演を行い[273]、前者は『少年たち 格子無き牢獄』のパロディコント、後者はラップやコント、桐山照史による2m10cmからのバック転などが披露された[273]
2012年関西ジャニーズJr. あけましておめでとうコンサート 2012[275]1月2日 -
1月3日
大阪城ホール
2012年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルコンサート20123月24日 -
4月5日
大阪松竹座関西テレビピーコ&兵動のピーチケパーチケ』のレギュラーの座をかけたバトルを兼ねた公演[276]。公演中に活躍が目立ったメンバーが選ばれるとされていたため、B.A.D.や7 WEST[277]、濵田崇裕 with Veteran、Aぇ少年らメンバーが[278]、歌だけでなくクイズやコントコーナーでも特技を披露するなどして自身をアピールした[279]。千秋楽の公演後に中間淳太小瀧望が選ばれたことが発表された[280]
2012年中山優馬 with 関西ジャニーズJr.11月23日オリックス劇場限定1公演に3万通の応募があった。B.A.D.と7 WESTが出演。[281]
2012年関西ジャニーズJr. X'masコンサート201212月2日 -
12月25日
大阪松竹座
2013年選抜 関西ジャニーズJr. 大江戸元旦公演 明けましておめでとうIN TOKYO DOME CITY1月1日東京ドームシティホール初の東京公演
2013年関西ジャニーズJr. 平成25年 明けましておめでとうコンサート1月5日 -
1月6日
大阪城ホール
2013年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルコンサート 20133月5日 -
3月27日
大阪松竹座
2013年関西ジャニーズJr.初全国ツアー2013[282]4月14日 -
7月7日
広島文化学園HBGホール札幌市民ホール本多の森ホール福岡サンパレス名古屋国際会議場センチュリーホールイズミティ21、鳴門市文化会館、NHKホール初の全国ツアー[283]。全国8都市13公演で3万1100人動員[284]。B.A.D、7 WEST[284]Kin Kanなにわ皇子らが出演し、「バンバンッ!!」「LET’S GO WEST〜KANSAI!!〜」[283]や新曲「浪速一等賞!」など28曲を披露[285]。グループごとのコーナーやゲームコーナーも設けられた[283]他、最終日のNHKホール公演には中島健人がお祝いに駆けつけ[284]KinKi Kidsからのビデオメッセージも上映された[283]。また、舞台『ANOTHER』が9月に日生劇場で上演されること、関西ジャニーズJr.が主要キャストを務める新作映画第2弾が製作され、2014年に公開されることも発表された[285]
2013年関西ジャニーズJr. X'masコンサート201312月1日 -
12月25日
大阪松竹座総勢100人[286]全員が出演するスペシャルバージョン[287]B.A.D.7 WEST濵田崇裕とVeteranたち、Kin Kan、なにわ皇子の5つのグループがバラバラにシャッフルしながら全9パターンに分かれる形式で[288][289]、全34公演が行われた[286]。最終日公演前には記者会見が行われ、関西ジャニーズJr.主演映画第2弾『忍ジャニ参上! 未来への戦い』の公開日が2014年6月7日に決定したことも発表された[290]
2014年関西ジャニーズJr. 明けましておめでとうコンサート 2014[291]1月4日 -
1月5日
大阪城ホールジャニーズWESTデビュー決定後初のコンサート
2014年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルコンサート 2014[291]3月1日 -
3月25日
大阪松竹座ジャニーズWESTがデビューして卒業したため[292]、“新生・関西ジャニーズJr.”初のコンサートとして向井康二平野紫耀金内柊真永瀬廉大西流星西畑大吾の6人[注釈 11]が中心となって開催され、初日の公演前には6人での会見も行われた[293][294]。春コン恒例の新喜劇・“J学園”[293]を舞台とした学園ドラマ仕立てのエンターテインメントショーで、芝居に加えてダンスと歌を披露した[292][294]
2014年関西ジャニーズJr. X'mas Show 201411月30日 -
12月25日
大阪松竹座平野紫耀、永瀬廉ら関西ジャニーズJr.の他[295]ジェシーも出演[296]SMAPメドレーやクリスマスメドレーなど全48曲を披露した[295]
2015年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2015[297]3月21日 -
3月31日
大阪松竹座金内柊真最後の出演
2015年関西ジャニーズJr. X'mas Show 2015[298]11月29日 -
12月25日
大阪松竹座西畑大吾、向井康二、大西流星、室龍太を中心に、「大きい組」と「小さい組」の2パターンで公演が行われた[299][300]
2016年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow20163月31日 -
4月11日
大阪松竹座
2016年関西ジャニーズJr. X'mas Show 2016[301]11月30日 -
12月25日
大阪松竹座“関西ジャニーズJr.から5つのプレゼントを贈ろう”をコンセプトに[302]クリスマスの楽曲が多く歌われ[303]、西畑大吾プロデュースのバンドが演奏する[302]「西畑フェス」のコーナーなどが披露された[304]他、新曲「おみくじHAPPY!」が初披露された[302]
2017年関西ジャニーズJr.春のSHOW合戦3月4日 -
3月28日
大阪松竹座
2017年関西ジャニーズJr. X'mas SHOW 2017[305]12月1日 -
12月25日
大阪松竹座西畑大吾、向井康二、室龍太らの年長組と、大西流星、高橋恭平道枝駿佑らの年少組の2グループに分かれて日替わりで公演が行われ[306][307]、『サンケイスポーツ』では今回の公演に関する連載記事も組まれた[308]
2018年関西ジャニーズJr. Concert 2018 〜Happy New ワン Year〜[309]1月3日 -
1月4日
大阪城ホール2017年12月の大阪松竹座公演のメンバーに加え、草間リチャード敬太、古謝那伊留、林真鳥、末澤誠也らが出演。メドレーも含めて約60曲を披露した。[310]
2018年関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルShow 2018[311]3月1日 -
3月24日
大阪松竹座冬のコンサート・夏の芝居に対して春公演はお笑いの要素が強まるが[312]、今年は歌と踊りに加えて[313]普段使わないようなコテコテの関西弁での[314]吉本新喜劇調のコント「兄弟善哉」などが披露された[312]
2018年関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE 〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜[315]10月24日 -
11月4日
梅田芸術劇場メインホール向井康二や室龍太ら9歳から29歳まで総勢46人の関西ジャニーズJr.が出演し[316]、新ユニット・なにわ男子も初お披露目された[113]。全20公演で3万8000人を動員したが、チケットには70万を越える応募があった[316]大倉忠義がライブ全体の構成、横山裕が企画コーナーの演出を担当[317]。なにわ男子のオリジナル曲「なにわ Lucky Boy!!」を初め、事務所の先輩の曲などアンコールを含めて33曲を2時間以上にわたって披露した他、漫才やオタ芸など関西ならではの内容が盛り込まれた[318]
2018年関西ジャニーズJr. 「X'mas Party!! 2018」[319]11月30日 -
12月25日[注釈 12]
大阪松竹座なにわ男子の他、向井康二や室龍太ら総勢49人の関西ジャニーズJr.が出演。横山裕と大倉忠義が再び構成・演出を手掛け、大倉作詞、安田章大作曲の新曲「Can7t stop」も初披露された。[321]
2019年関西ジャニーズJr. LIVE 2019 Happy 2 year!!〜今年も関ジュとChu Year!!〜[322]1月3日 -
1月4日
大阪城ホール全4公演のチケットは即完売し、計6万人を動員[323]。なにわ男子を中心に[324]関西ジャニーズJr.計51人が出演[325]。向井康二、室龍太は本公演が関西ジャニーズJr.として最後の出演となった[326]。客席全体にストリート状のステージが張り巡らされ[323]、メンバーがトロッコでスタンド席を回る演出もあった[324]。横山裕・大倉忠義が引き続き構成を手掛けた[323]他、バラエティーコーナーでは大型ビジョンに村上信五も登場した[324]。素顔4(関西ジャニーズJr.盤)にてDVD化予定[223]
2019年関西ジャニーズJr.『SPRING SPECIAL SHOW 2019』[327]3月5日 -
3月31日[注釈 13]
大阪松竹座全35公演、計3万5000人動員[329]。なにわ男子、そして初お披露目となったLilかんさい、Aぇ!groupを含む総勢37人が出演[330]。構成は前半の病院を舞台とした55分のコント部分は藤原丈一郎が担当し、後半のショータイムは西畑大吾が担当[330]神山智洋が作詞・作曲・振り付けまで担当したなにわ男子の新曲「Game of Love」も披露され[330]、大倉忠義がスーパーバイザーを務めるなど、先輩もバックアップした[329]
2020年関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足 100%〜[129]1月11日 -
1月13日
京セラドーム大阪関西Jr.初となる京セラドーム大阪でのライブ[331]。なにわ男子、Aぇ!group、Lilかんさいを含む総勢70名の関西ジャニーズJr.が出演し、関ジャニ∞やジャニーズWESTの曲を含む計39曲を披露した[130]。公演プロデュースは大倉忠義が担当し、3日間で計13万5000人を動員[130]。最終公演日の様子は「ISLAND TV」で生中継された[332]

舞台

書籍

JOHNNY'S Jr.名鑑

  • 1996 Dec. Vol.1(1996年12月)
  • 1997 SUMMER Vol.2(1997年)
  • 1997 WINTER Vol.3(1997年冬)
  • 1998 SUMMER Vol.4(1998年夏)
  • 1998 WINTER Vol.5(1998年冬)
  • 1999 WINTER Vol.6(1999年夏)
  • 2000 SPRING Vol.7(2000年春)
  • 2000 SUMMER Vol.8(2000年夏)
  • Jr.名鑑 Vol.9(2001年春)
  • Jr.名鑑 Vol.10(2001年秋)
  • 2002 SPRING Vol.11(2002年春)
  • Jr.名鑑 Vol.12(2003年夏)
  • ジャニーズJr.名鑑(2019年)

主な雑誌

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2016年現在はJohnny's netの「F&Qよくあるお問い合わせ一覧」内で応募について明記されている[3][4][5]
  2. ^ ただし、事務所公式サイトで単独ページが作成され、情報サービスが開始されたのは2018年3月13日[17]
  3. ^ a b c HiHi Jetとの合体ユニット名。
  4. ^ a b アメリカ時間。
  5. ^ a b ポスターに前田の名前が無く、矢花の名前と写真が掲載されている[57]
  6. ^ ISLAND TV公式プロフィール[101]や、YouTubeのジャニーズJr.チャンネル動画[102]など。
  7. ^ 「Lil Miracle」と表記している場合もある[127]
  8. ^ a b 横浜・埼玉公演のみ出演[205]
  9. ^ 横浜公演のみ出演[205]
  10. ^ 福岡・徳島でも公演が予定されていたが、東日本大震災の影響により中止となった[269]
  11. ^ この6人はKin Kanなにわ皇子のメンバーだが、報道や雑誌のコンサートレポートでもユニット名の表記は無く、個人出演の扱いとなっている[293]
  12. ^ 西畑大吾は12月3日 - 5日まで、向井康二は12月2日・10日・17日は休演予定[320]
  13. ^ 道枝駿佑・長尾謙杜、3月28日・29日は休演予定[328]

出典

  1. ^ a b c d "ジャニーズJr.に初密着!独自養成システム大公開!". スポーツ報知. 3 August 2012. 2012年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  2. ^ a b c d e f g "ジャニーズJr.19年ぶりの単独ドーム公演 330人全員主役の夢のステージ". ORICON NEWS. オリコン. 8 August 2019. 2019年8月14日閲覧
  3. ^ a b c d 上野明彦 (6 July 2016). "ジャニーズ事務所 なぜ人材集まるのか 公式募集無し、いつしか履歴書が". DAILY SPORTS ONLINE. 2016年7月24日閲覧
  4. ^ "よくあるお問い合わせ". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  5. ^ “FAQ:Q. ジャニーズJr.のオーディションを受けたいです。”. (n.d.). https://www.fc-member.johnnys-net.jp/support_faq/detail/id/115002946448 2018年12月15日閲覧。 
  6. ^ 西畑大吾; 向井康二; 室龍太; 藤原丈一郎; 草間リチャード敬太 (2017年8月30日). 関西ジャニーズJr.インタビュー 西畑大吾、向井康二らが明かす初心の気持ち「アイドルに目覚めたのは6ヶ月前やな(笑)」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/119820/ 2019年4月29日閲覧。 
  7. ^ 「スクール革命!」放送10周年 山田涼介、知念侑李、八乙女光ら“3年J組”で男子会”. ドワンゴジェイピーNEWS. ドワンゴ (2019年2月19日). 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ "ジャニーズ支えるJr.育成システム 女性アイドル業界では?". NEWSポストセブン. 集英社. 8 July 2019. 2019年7月11日閲覧
  9. ^ 柚月裕実 (28 March 2019). "Snow Man、『映画 少年たち』公開前にテレビ番組への出演急増 グループの魅力を改めておさらい". Real Sound. 2019年3月31日閲覧
  10. ^ King & Prince (2019年3月30日). King & Prince「6人だから出せるパワーがある」 5人が語った6人の絆. インタビュアー:大道絵里子. AERA.dot.. https://dot.asahi.com/aera/2019032800061.html?page=1 2019年3月31日閲覧。 
  11. ^ "ジャニーズJr. 一般社会なら契約社員、デビューで正社員". NEWSポストセブン. 小学館. 3 November 2014. 2019年9月8日閲覧
  12. ^ ふぉ〜ゆ〜「“ジャニーズ初”CD出していないのに東京ドームでライブ」初のLINE LIVEで野望語る”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年7月17日). 2019年9月8日閲覧。
  13. ^ "ジャニーズ公式サイトで俳優・風間俊介、屋良朝幸らのページがオープン!ジャニーズJr.からは卒業". T-SITEニュース. TSUTAYA. 15 October 2015. 2015年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月22日閲覧
  14. ^ “42歳・佐野瑞樹 ジャニーズJr.卒業宣言 ネット話題に驚き”. Sponichi Annex. (2016年4月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/08/kiji/K20160408012364290.html 2018年9月3日閲覧。 
  15. ^ ジャニーズの異端児?風間俊介 年末カウントダウンで「全員集合なのに呼ばれてない」”. しゃべくり007. 日本テレビ (2018年7月23日). 2018年9月3日閲覧。
  16. ^ "「なんでもやる」ふぉ〜ゆ〜、多くの人々の心つかむ". nikkansports.com. 6 November 2018. 2018年11月22日閲覧
  17. ^ ふぉ〜ゆ〜”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年3月13日). 2018年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月24日閲覧。
  18. ^ “飲酒騒動NEWSが6人で再出発”. Sponichi Annex. (2006年12月31日). オリジナルの2007年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070208133256/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20061231052.html 2016年8月28日閲覧。 
  19. ^ "元NEWS内博貴ソロで3年半ぶりに歌手". nikkansports.com. 15 November 2008. 2016年7月24日閲覧
  20. ^ "元NEWSの内と草野が復帰 7月から少年隊恒例ミュージカルで". 中日スポーツ. 17 May 2007. 2007年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  21. ^ a b c d e f "ジャニーズJr公演に応募殺到". Sponichi Annex. 2 October 2006. 2006年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月10日閲覧
  22. ^ "「今年来る」関西ジャニーズJr.人気の理由". 女性自身. 光文社. 5 April 2013. 2016年8月28日閲覧
  23. ^ “国境超えた!山P新ユニット結成”. Sponinichi Annex. (2006年6月29日). オリジナルの2016年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160911024006/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060629005.html 2018年10月4日閲覧。 
  24. ^ 関亜沙美「関西ジャニーズJr. ダンスより笑い!?関西Jr.になるのはこんな子」『日経エンタテインメント!』第224巻2015年11月号、日経BP社、 32頁。
  25. ^ a b "単独ユニットが横アリを満員にする「新時代」…ジャニーズJr.は新しいカタチへ". スポーツ報知. 2 April 2018. 2018年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧
  26. ^ a b c "ジャニーズ夏ツアー121万人動員". nikkansports.com. 16 October 2000. 2000年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧
  27. ^ "秋山純がジャニーズ辞めていた!". SANSPO.COM. 16 July 2008. 2008年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月24日閲覧
  28. ^ “ジャニーズで活躍 米花剛史が30歳前に芸能界引退”. Spoichi Annex. (2012年8月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/05/kiji/K20120805003836920.html 2016年7月24日閲覧。 
  29. ^ "ジャニーズJr.安井謙太郎、所属ユニット・Love-tune全員事務所退所&異例の発表理由に言及". モデルプレス. ネットネイティブ. 1 December 2018. 2018年12月20日閲覧
  30. ^ "ジャニーズジュニア情報局入会方法". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2020年1月4日閲覧
  31. ^ a b 「ジャニーズJr.最新事情」『日経エンタテインメント!』第247巻2017年10月号、日経BP社、2017年9月4日、 70-71頁。
  32. ^ a b "令和の「美 少年」米武者修行へ ジャニー氏も期待". nikkansports.com. 30 April 2019. 2019年5月2日閲覧
  33. ^ a b c "HiHi Jet、東京B少年ら7組出演「ジャニーズ銀座2017」が4月から". ナタリー. 27 February 2017. 2017年2月28日閲覧
  34. ^ a b c d “新ユニット東京B少年が「ジャニーズ銀座」席巻”. 日刊スポーツ. (2017年5月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1816594.html 2017年5月2日閲覧。 
  35. ^ 川倉由起子 (20 November 2018). "Sexy美少年、改名後の新たな決意を告白(1/2)". ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年11月22日閲覧
  36. ^ 川倉由起子 (20 November 2018). "Sexy美少年、改名後の新たな決意を告白(2/2)". ザテレビジョン. KADOKAWA. 2018年11月22日閲覧
  37. ^ a b c "『King & Princeアイランド』にJr.集合 Sexy美少年は改名の経緯明かす". ORICON NEWS. オリコン. 7 December 2018. 2019年2月1日閲覧
  38. ^ Concert・Stage(King & Prince)「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2019年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月20日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g “美 少年:ドラマ「真夏の少年」で「文字通り美少年」と話題 Sexy Zone、King & Princeの“王道”を継ぐ次世代ジャニーズJr.”. MANTANWEB. (2020年8月7日). https://mantan-web.jp/article/20200807dog00m200055000c.html 2020年8月16日閲覧。 
  40. ^ a b 東京B少年、新メンバー金指一世に“小悪魔”説 初々しい自己紹介に一斉突っ込み”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年5月1日). 2017年5月26日閲覧。
  41. ^ a b c d e f 「美 少年 (ジャニーズJr.) 全力で、夢に向かって」『婦人公論』2019年 6月11日号、中央公論新社、2019年5月28日、 80 - 84頁。
  42. ^ a b c d e f g 「ジャニーズJr.46名完全データ」『週刊ザテレビジョン』2019 No.43、KADOKAWA、 26 - 31頁。
  43. ^ "ジャニーズJr.金指「東京B少年」に公演数日前に新加入決定". デイリースポーツオンライン. 1 May 2017. 2017年5月1日閲覧
  44. ^ a b c 「夏祭り!裸の少年 灼熱GUIDE」『Myojo LIVE!』2018夏コン号、集英社、 20-29頁。
  45. ^ みずさき (2 August 2019). "HiHi Jetsと美 少年が揃うと倍増する魅力 「おいで、Sunshine!」を楽しむための3つのポイント". Real Sound. 2019年8月25日閲覧
  46. ^ "美 少年、ソロパフォーマンスに滲んだそれぞれの強みやアイドル観 2019年サマステに参加して". Real Sound|リアルサウンド. 2019年10月21日閲覧
  47. ^ a b c d “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). オリジナルの2017年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/YDKSL 2017年3月28日閲覧。 
  48. ^ Myojo』2017年6月号41頁
  49. ^ サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE”. テレビ朝日 (2017年6月). 2017年6月8日閲覧。
  50. ^ "CDデビュー前のジャニーズJr.が勢ぞろい 皇居バックに帝劇ビル開場以来初の屋上会見". エンタメOVO. 共同通信社. 20 June 2017. 2017年6月22日閲覧
  51. ^ "お台場 踊り場 土日の遊び場". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017. 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月30日閲覧
  52. ^ "帝国劇場『ジャニーズ Happy New Year アイランド』". JOHNNYS' Happy New Year IsLAND. 東宝. 2018. 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月21日閲覧
  53. ^ "HiHi Jet&東京B少年、ジャニーズJr.次世代ユニットがロングラン公演に意気込み". ORICON NEWS. オリコン. 23 February 2018. 2018年4月29日閲覧
  54. ^ "HiHi Jets&東京B少年らが「サウナ状態」『SUMMER STATION』で迫力ライブ". テレビドガッチ. 12 July 2018. 2018年7月26日閲覧
  55. ^ a b c d "夏祭り!裸の少年". 夏祭り!裸の少年. テレビ朝日. 2018. 2018年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月8日閲覧
  56. ^ a b "HiHi Jets&東京B少年:テレ朝夏祭り「裸の少年」初日迎え喜び 「とうとうメインでうれしい」". MANTANWEB. 20 July 2018. 2018年7月26日閲覧
  57. ^ a b c d e f JOHNNYS' King & Prince IsLAND”. JOHNNYS' King & Prince IsLAND 公式サイト. 東宝 (2018年11月). 2019年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月24日閲覧。
  58. ^ a b c "Concert・Stage(ジャニーズJr.)「JOHNNYS' Experience」". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2019. 2019年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧
  59. ^ a b c d "出演者スケジュール表". シアタークリエ『ジャニーズ銀座2019』公式サイト. 2019. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月18日閲覧
  60. ^ “美 少年、和の演出で盛り上げた 恒例ジャニーズ銀座出演”. Sponichi Annex. (2019年4月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/30/kiji/20190429s00041000337000c.html 2019年5月28日閲覧。 
  61. ^ a b c d e f g "Concert・Stage(ジャニーズJr.)「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2019. 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧
  62. ^ "「美 少年」に滝沢氏「いい意味で怖いもの知らず」". nikkansports.com. 19 July 2019. 2019年8月8日閲覧
  63. ^ a b c "Concert・Stage(ジャニーズJr.)「パパママ一番 裸の少年 夏祭り! オープンライブ」". Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2019. 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月12日閲覧
  64. ^ a b "美少年が二世週祭参加へ:パレード登場後に高野山でコンサート". www.rafu.com. 2019年8月6日閲覧
  65. ^ "THANK YOU ~KOYASAN~ Starring BISHONEN (Johnny's Jr.),LA Koyasan Taiko Group". Eventbrite (英語). 2019年8月6日閲覧
  66. ^ "美 少年「ガルアワ」シークレット出演 早着替え&ジャニーズメドレー披露で会場沸かす〈GirlsAward 2019 A/W〉". モデルプレス. ネットネイティブ. 28 September 2019. 2019年10月6日閲覧
  67. ^ a b c “帝国劇場『JOHNNYS' IsLAND』”. 東宝. (2019年10月). https://www.tohostage.com/johnnys_island/ 2019年12月22日閲覧。 
  68. ^ a b c d King & Prince平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人ら「お世話になっているので」とジャニーズJr.にお年玉”. TVLIFE Web. 学研プラス (2020年1月2日). 2020年1月4日閲覧。
  69. ^ a b c Summer Paradise 2020 俺担ヨシヨシ 自担推し推し 緊急特別魂”. ジャニーズネットオンライン. ジャニーズ・アイランド. 2020年9月17日閲覧。
  70. ^ a b c ジャニーズJr.“サマパラ”生配信が決定 Travis Japanは初ソロ公演”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月16日). 2020年9月17日閲覧。
  71. ^ a b c d Johnny's World Happy LIVE with YOU Jr.祭り 〜Wash Your Hands〜”. ジャニーズネットオンライン. ジャニーズ・アイランド. 2020年9月17日閲覧。
  72. ^ HiHi Jet&東京B少年、"テレ朝夏祭り"応援アシストレポーターに! "宝物"も紹介”. マイナビニュース (2017年6月6日). 2017年6月8日閲覧。
  73. ^ "HiHi Jets&東京B少年、テレ朝夏祭りの応援サポーター就任 テーマソングも初披露". ORICON NEWS. オリコン. 5 June 2018. 2018年6月6日閲覧
  74. ^ "HiHi Jets&美 少年、"応援サポーター"就任「令和を制覇したい」". マイナビニュース. 4 June 2019. 2019年6月4日閲覧
  75. ^ a b ジャニーズJr.dex”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2018年3月). 2018年4月5日閲覧。
  76. ^ a b "ジャニーズJr.10グループが真剣勝負!『ジャニーズJr.dex』10・21スタート". TV LIFE Web. 学研プラス. 6 October 2017. 2017年10月7日閲覧
  77. ^ a b "HiHi Jets・東京B少年で伝説のバラエティー『裸の少年』復活 6・9スタート". ORICON NEWS. オリコン. 19 May 2018. 2018年5月19日閲覧
  78. ^ "真夏の少年 〜僕たちジャニーズJr.です〜". テレビ朝日. 1 September 2019. 2019年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧
  79. ^ a b c d "『映画 少年たち』公開決定!監督・キャストコメント到着!". 『映画 少年たち』公式サイト. 松竹. 16 November 2018. 2018年11月19日閲覧
  80. ^ "美 少年、連続ドラマ初主演「真夏の少年」7月スタート". シネマトゥデイ. 25 June 2020. 2020年6月25日閲覧
  81. ^ a b "ジャニーズ公式YouTubeチャンネル始動 参加5組の担当曜日が決定". ORICON NEWS. オリコン. 21 March 2018. 2018年4月5日閲覧
  82. ^ "HiHi Jets&美 少年&なにわ男子、スマホ向け手帳アプリをアピール". ORICON NEWS. オリコン. 24 March 2020. 2020年3月25日閲覧
  83. ^ “スティッキーが毎日の予定を楽しく彩るデコれる手帳アプリ「DecoLu(デコル)」4月1日リリース!” (プレスリリース), ワンダープラネット, (2020年3月24日), https://wonderpla.net/news/20200324-19537/ 2020年3月25日閲覧。 
  84. ^ "ジャニーズJr.最年少グループ「HiHiB少年」 初写真集が1位獲得". ORICON NEWS. オリコン. 9 November 2017. 2018年2月25日閲覧
  85. ^ a b c 「Jr.☆STARS☆CAMP」『Myojo』2018年6月号、集英社、2018年4月28日、 103 - 105頁。
  86. ^ a b "ジャニーズJr.の新星・7 MEN 侍がボディの"ご自慢パーツ"を告白". ザテレビジョン. KADOKAWA. 31 May 2018. 2018年6月6日閲覧
  87. ^ 「ジャニーズJr. SPECIALカード」『Myojo』2018年10月号、集英社、2018年8月25日、 81 - 88頁。
  88. ^ a b "シアタークリエ『ジャニーズ銀座2018』". ジャニーズ銀座2018. 東宝. 2018. 2018年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月29日閲覧
  89. ^ a b c d e f g 「Jr.☆STARS☆CAMP」『Myojo』2018年8月号、集英社、2018年6月30日、 77 - 79頁。
  90. ^ 「7 MEN 侍 衣食住でサマーライフを極めよう!!」『Myojo』2019年9月号、集英社、2019年7月22日、 96 - 97頁。
  91. ^ 「7 MEN 侍 2年分の愛とナゾを解け!」『Myojo』2020年8月号、集英社、2020年6月22日、97頁。
  92. ^ ジャニーズJr.チャンネル (2020年9月8日). “7 MEN 侍「サムダマ」(Summer Paradise 2020)”. YouTube. https://www.youtube.com/watch?v=QUIgw5AzTaM 2020年9月8日閲覧。 
  93. ^ "ジャニーズ銀座2018「7 MEN 侍」やったぜ!追加公演!!". Jonhhy's net. ジャニーズ事務所. 2018. 2018年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月12日閲覧
  94. ^ "玉森裕太「DREAM BOYS」で新技「ローリングタマ」披露!「ノッちゃって」11回転". ザテレビジョン. KADOKAWA. 7 September 2018. 2018年10月18日閲覧
  95. ^ 「舞台『DREAM BOYS』@東京・帝国劇場」『Myojo LIVE!』2018夏コン号、集英社、2018年9月30日、 58-62頁。
  96. ^ 中村嶺亜、新元号“れいわ”とニアミスに歓喜「覚えていただきやすくなった」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年4月12日). 2019年4月29日閲覧。
  97. ^ a b HiHi Jets&美 少年、ジャニーさんの想い受け継ぐ 61公演11万人動員へ〈パパママ一番 裸の少年 夏祭り!〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年7月18日). 2019年8月14日閲覧。
  98. ^ “「7 MEN 侍」メンバー、東山先輩との共演に緊張「CM出演は夢だった」”. Sponichi Annex. (2019年5月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/09/kiji/20190509s00041000235000c.html 2019年5月11日閲覧。 
  99. ^ 7 MEN 侍、SixTONESからジャニーズJr.チャンネル受け継ぐ メンバー各々の特徴と動画への期待”. Real Sound (2019年8月25日). 2019年8月30日閲覧。
  100. ^ a b c d 高橋梓 (2018年10月13日). “ジャニーズJr. 新ユニット“2020”いよいよ誕生へ 少年忍者などの注目メンバーと共に紹介”. Real Sound. https://realsound.jp/2018/10/post-262832.html 2018年12月15日閲覧。 
  101. ^ 少年忍者 プロフィール”. ISLAND TV. ジャニーズ・アイランド. 2020年4月13日閲覧。
  102. ^ 少年忍者【自己PR】Snow Manに名前を覚えてもらえ! (YouTube). ジャニーズJr.チャンネル.. (2020年1月8日). https://www.youtube.com/watch?v=iFPovf1DtHk 2020年4月13日閲覧。 
  103. ^ 「秋の夜長スタイル」『POTATO』2018年11月号、ホーム社、2018年10月6日、 72-73頁。
  104. ^ 「Jr.☆STARS☆CAMP」『Myojo』2018年12月号、集英社、2018年10月24日、 77 - 79頁。
  105. ^ a b “東京五輪へ、ジャニーズ新グループ「2020」結成”. nikkansports.com. (2018年10月7日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810070000012.html 2019年6月6日閲覧。 
  106. ^ a b c “HiHi、美 少年、少年忍者、侍で「ジャニーズ銀座」”. CHUNICHI Web. (2019年4月12日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019041202000186.html 2019年4月29日閲覧。 
  107. ^ a b (日本語) Snow Manが【水曜日新担当???】引き継ぎ報告ドッキリ! (YouTube). ジャニーズJr.チャンネル.. (2019年12月25日). https://www.youtube.com/watch?v=XLAUR9s0C68 2019年12月26日閲覧。 
  108. ^ a b c HiHi Jets&東京B少年が公開ゲネプロ「暑い夏を感じに来て」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年7月20日). 2018年7月26日閲覧。
  109. ^ “ジャニーズJr. 新ユニット40人 構想5年の「2020」結成へ”. 中日スポーツ. (2018年10月7日). オリジナルの2018年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181008042033/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018100702000179.html 2018年12月15日閲覧。 
  110. ^ ABC座『ジャニーズ伝説2019』(A.B.C-Z主演)”. ジャニーズ伝説2019オフィシャルサイト. 東宝 (2019年). 2019年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  111. ^ (日本語) Jr.SP「自己紹介」. ISLAND TV.. (2019年3月10日). https://j-island.net/movie/play/id/106 2019年3月10日閲覧。 
  112. ^ 『リネージュM』東山紀之と7 MEN侍&Jr.SPが戦場を走り抜ける新CMが放映スタート”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2019年5月29日). 2019年6月12日閲覧。
  113. ^ a b “「なにわ男子」に恋しちゃいなよ〜 関西Jr.の新ユニットお披露目”. CHUNICHI Web. (2018年10月25日). オリジナルの2018年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181025055859/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018102502000175.html 2018年10月25日閲覧。 
  114. ^ a b 「Lil かんさい 「人なつっこ男子のふくらむかまちょトーク」」『Myojo』2019年3月号、集英社、2019年1月23日、 95頁。
  115. ^ a b c 関西ジャニーズJr.新ユニット“Aぇ!group”誕生 関ジャニ∞横山裕プロデュースで東京公演開催〈本人コメント〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年2月19日). 2019年2月20日閲覧。
  116. ^ ジャニーズJr.がジャニーさん追悼 各グループのメンバー代表がコメント 京本大我「これからも突き進み続けます」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年7月11日). 2019年7月13日閲覧。
  117. ^ なにわ男子、“夢の舞台”に決意「甘えてばかりじゃ意味がない」 新ユニット『Lil かんさい』にも密着”. ORICON NEWS. オリコン (2019年2月14日). 2019年2月20日閲覧。
  118. ^ a b c d “新ユニット Lilかんさい、Aぇ!groupがお披露目”. SANSPO.COM. (2019年3月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190305/joh19030520080002-n1.html 2019年3月14日閲覧。 
  119. ^ a b 「中山優馬 with Lil かんさい 「"初めまして!"の後輩たちと胸アツTALK」」『Myojo』2019年12月号、集英社、2019年10月21日、 80 - 82頁。
  120. ^ a b ラジオ初出演、Lilかんさい・岡﨑彪太郎が語る『理想のリーダー像』”. トピックス. ラジオ関西 (2019年7月8日). 2019年7月13日閲覧。
  121. ^ 嶋﨑斗亜「特技披露」. ISLAND TV.. (2019年5月29日). https://j-island.net/movie/play/id/1074 2019年6月5日閲覧。 
  122. ^ 西村拓哉「特技披露」. ISLAND TV.. (2019年5月30日). https://j-island.net/movie/play/id/1087 2019年6月5日閲覧。 
  123. ^ 大西風雅「特技披露」. ISLAND TV.. (2019年5月31日). https://j-island.net/movie/play/id/1095 2019年6月5日閲覧。 
  124. ^ 岡﨑彪太郎「特技披露」. ISLAND TV.. (2019年6月1日). https://j-island.net/movie/play/id/1113 2019年6月5日閲覧。 
  125. ^ 當間琉巧「特技披露」. ISLAND TV.. (2019年6月2日). https://j-island.net/movie/play/id/1120 2019年6月5日閲覧。 
  126. ^ ザ少年倶楽部「SixTONES・Snow Man新曲披露!」”. NHK番組表. NHK (2020年2月9日). 2020年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  127. ^ 「関西ジャニーズJr.ごっつええやん!! Vol.65 嶋﨑斗亜&岡﨑彪太郎&當間琉巧 <<前編>>」、『産経新聞夕刊 関西版』2019年8月10日号、産経新聞社、2019年8月10日、芸能2面。
  128. ^ "LilかんさいMC新番組「ミライヤー」で新曲お披露目 10・17スタート". デイリースポーツonline. 26 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  129. ^ a b c Concert・Stage(ジャニーズJr.)「関ジュ 夢の関西アイランド 2020 in 京セラドーム大阪 〜遊びにおいでや!満足 100%〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年12月6日). 2020年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月6日閲覧。
  130. ^ a b c d “関西Jr.西日本から風吹かせる 京セラD初単独公演!4万5000人の前で完全燃唱”. デイリースポーツonline. (2020年1月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/14/0013031675.shtml 2020年1月15日閲覧。 
  131. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「Lil かんさい FIRST LIVE 2020 NEXT STAGE」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2020年7月14日). 2020年7月29日閲覧。
  132. ^ 関西Jr.Lil かんさい、まさかの名古屋で初の冠番組「メンタル鍛えられた」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年12月26日). 2020年1月11日閲覧。
  133. ^ リトルかんさい初レギュラー番組、未来について学ぶ”. 日刊スポーツ. Nikkan Sports News (2020年8月15日). 2020年8月16日閲覧。
  134. ^ "Lil かんさい、大阪ガス新メニューアンバサダーに就任 オリジナルCM&グッズも制作【メンバーコメント全文】". ORICON NEWS. オリコン. 15 October 2020. 2020年10月17日閲覧
  135. ^ a b c 関西ジャニーズJr.新ユニット「Aぇ! group(読み方:ええ ぐるーぷ)」ができました!”. Johnny's net (2019年2月18日). 2019年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月18日閲覧。
  136. ^ “ギャグにバンドにええ感じ!Aぇ! group、初単独公演千秋楽”. SANSPO.COM. (2019年4月22日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190422/joh19042205020001-n1.html 2019年4月29日閲覧。 
  137. ^ a b 「Aぇ! group「理想のマイルーム(仮)でグループミーティング!」」『Myojo』2019年5月号、集英社、2019年3月27日、 80頁。
  138. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「僕らAぇ!groupがbrakeしそうですねん?!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2020年2月27日). 2020年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月5日閲覧。
  139. ^ “「Aぇ!group」初の座長公演が中止に 新型コロナ影響、歌舞伎座公演も”. デイリースポーツonline. (2020年3月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/18/0013202368.shtml 2020年3月19日閲覧。 
  140. ^ a b c d e f 「『僕らAぇ! groupって言いますねん』@東京グローブ座 ライブレポート」『Myojo』2019年7月号、集英社、 124頁。
  141. ^ a b c d e f 「Aぇ! group「僕らAぇ! groupって言いますねん」関西凱旋公演 特写&座談会」『STAGEnavi』2019 Vol.34、産経新聞出版、2019年8月14日、 27 - 38頁。
  142. ^ a b 関西ジャニーズJr.“Aぇ! group”、初東京公演「僕らAぇ! groupって言いますねん」魅力&個性炸裂の75分…感動のラストに涙〈レポ〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年4月22日). 2019年4月29日閲覧。
  143. ^ Aぇ! group、関西凱旋公演終了! メンバー作詞作曲の新曲で観客沸騰”. マイナビニュース. マイナビ (2019年9月9日). 2019年9月15日閲覧。
  144. ^ 出演者”. まちけん参上!〜あなたの街のおもしろ検定〜. NHK大阪 (2019年4月). 2019年4月17日閲覧。
  145. ^ Aぇ! group、初冠番組に苦戦「テレビってこういう試練があるのか…」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年9月7日). 2019年9月8日閲覧。
  146. ^ なにわ男子&Aぇ! group、初の冠レギュラー番組 過酷な罰ゲームも”. マイナビニュース. マイナビ (2019年10月28日). 2019年10月29日閲覧。
  147. ^ なにわ男子&Aぇ!group、初の冠レギュラー決定 “キラキラ”VS“根性”なロケ対決”. ORICON NEWS. 2019年11月4日閲覧。
  148. ^ Aぇ!group、メ〜テレ『ドデスカ!』で月1レギュラー 正門良規「ほんまびっくり」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年12月19日). 2019年12月20日閲覧。
  149. ^ "Aぇ! group『24時間テレビ』ytvのSPサポーターに就任「ぬくもりを伝えられたら」". ORICON NEWS. オリコン. 4 August 2020. 2020年8月5日閲覧
  150. ^ 関西ジャニーズJr.“Aぇ!group”、初東京公演が応募殺到で追加公演決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年3月31日). 2019年3月31日閲覧。
  151. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「僕らAぇ!groupって言いますねん 関西凱旋公演」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  152. ^ 「僕らAぇ! groupって言いますねん」関西凱旋の追加公演決定”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年8月2日). 2019年7月2日閲覧。
  153. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「Aぇ!group First Live Tour 2019〜ボクたちがやっちゃってAぇ!んですか?〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  154. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「Aぇ!group Zepp LIVE 2020 STARTING NOW 413」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2020年7月14日). 2020年7月29日閲覧。
  155. ^ 「Aぇ! groupの「2020年もAぇ!感じ」Vol.1」『関西ウォーカー』2020年1月21日号 No.2、KADOKAWA、2020年3月4日、 58頁。
  156. ^ a b c "MステでジャニーズJr.の新ユニット名をサプライズ発表 「IMPACTors」がトレンド入り". スポーツ報知. 16 October 2020. 2020年10月17日閲覧
  157. ^ シアタークリエ『ジャニーズ銀座2020』”. シアタークリエ. 東宝 (2019年). 2020年10月17日閲覧。
  158. ^ a b 次世代ジャニーズがテレ朝深夜枠に殴り込み!? 新番組「ガムシャラ!」が始動!!”. ザテレビジョン (2014年3月4日). 2017年10月7日閲覧。
  159. ^ 番組情報”. Ya-Ya-yah. テレビ東京 (2005年10月). 2018年9月3日閲覧。
  160. ^ a b c d e f “ジャニーズJr.新番組前夜祭ライブ…日テレ系「YOUたち!」”. スポーツ報知. (2006年10月2日). オリジナルの2007年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070123113912/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20061002-OHT1T00057.htm 2016年8月28日閲覧。 
  161. ^ a b c d “ジャニーズJr.大集合!「you達の音楽大運動会」開催”. SANSPO.COM. (2006年10月3日). オリジナルの2006年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061130215635/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006100207.html 2016年8月28日閲覧。 
  162. ^ a b c ジャニーズJr.伝説の番組“19年ぶり”復活 加藤シゲアキ主演ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」出演をかけたオーディション実施”. モデルプレス (2018年6月21日). 2018年7月26日閲覧。
  163. ^ 『8時だJ』の後継番組…ジャニーズJr.出演『調べるJ』放送決定” (日本語). マイナビニュース (2019年7月12日). 2019年7月18日閲覧。
  164. ^ ISLAND TV” (日本語). ISLAND TV. 2019年2月25日閲覧。
  165. ^ “ジャニーズJr.サイトのアイランドTV3・1開設”. nikkansports.com. (2019年2月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902210000909.html 2019年2月25日閲覧。 
  166. ^ a b 「Jr.のお仕事 ジャニーズJr.コンサート」『Mannish』1998年6月号、双葉社、1998年、 82-83頁。
  167. ^ 「Johnny's Junior Gazzette Vol.33 ジュニアの夏コンスケジュールだ!」『Winkup』1998年7月号、ワニブックス、1998年、 145頁。
  168. ^ a b c d “ジャニーズjr.のタッキー人気爆発”. SANSPO.COM. (1999年5月3日). オリジナルの2001年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010709034120/http:/www.sanspo.com/music/top/m9905/m0503.html 2018年2月25日閲覧。 
  169. ^ 「Johnny's Junior Gazzette EAST Vol.35 オールジュニア完全燃焼の夏!」『Winkup』1998年10月号、ワニブックス、1998年、 142-143頁。
  170. ^ a b c 「Johnny's Jr. Fresh Spring Concert'99」『Mannish』1999年9月号、双葉社、1999年、 39-40頁。
  171. ^ a b 「ジャニーズJr.コンサート 春コンの感動を大阪で再現!」『Kindai』1999年9月号、近代映画社、1999年、 57頁。
  172. ^ “ジャニーズJr.、迫力のドーム公演”. SANSPO.COM. (1999年10月10日). オリジナルの2001年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010709035351/http:/www.sanspo.com/music/top/m9910/m1009.html 2019年1月17日閲覧。 
  173. ^ “タッキー19歳バースデー 突然のバースデーケーキに大喜び”. スポーツ報知. (2001年3月29日). オリジナルの2001年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011212072202/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/mar/o20010329_30.htm 2017年2月7日閲覧。 
  174. ^ a b “タッキー&翼、CDデビュー前に台湾でコンサート”. SANSPO.COM. (2002年3月29日). オリジナルの2003年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031211181418/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200203/g_top2002032907.html 2016年11月17日閲覧。 
  175. ^ “タッキー&翼に台湾熱狂”. 東京中日スポーツ. (2002年5月20日). オリジナルの2002年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020606153334/http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/hou/20020520/spon____hou_____000.shtml 2016年11月17日閲覧。 
  176. ^ a b 「ジュニアの夏も熱い!」『POTATO』2006年9月号、学研、2006年8月7日、 65-66頁。
  177. ^ a b c “ジャニーズJr.武道館5daysで100人登場”. スポーツ報知. (2006年11月26日). オリジナルの2007年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070203091453/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061126-OHT1T00060.htm 2017年2月19日閲覧。 
  178. ^ 「Fly high!」『POTATO』2006年11月号、学研、2006年10月7日、 121頁。
  179. ^ 「It's show time!」『POTATO』2006年9月号、学研、2006年8月7日、 116頁。
  180. ^ “来春ジャニーズ新アイドルデビュー”. デイリースポーツonline. (2006年10月2日). オリジナルの2006年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061102221956/http:/www.daily.co.jp/gossip/2006/10/02/0000126860.shtml 2018年6月6日閲覧。 
  181. ^ a b “ジャニーズJrが武道館ジャック!”. Sponichi Annex. (2006年11月26日). オリジナルの2007年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070221174048/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20061126002.html 2017年3月10日閲覧。 
  182. ^ a b “ジャニーズJr.デビュー前に武道館5公演”. スポーツ報知. (2007年1月3日). オリジナルの2008年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522080853/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070103-OHT1T00051.htm 2016年8月28日閲覧。 
  183. ^ “ジャニーズJr.が最年少武道館ライブ”. Daily Sports online. (2006年11月26日). オリジナルの2006年11月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061128074940/http://www.daily.co.jp/gossip/2006/11/26/0000176808.shtml 2017年2月19日閲覧。 
  184. ^ “「ジャニーズJr」武道館で新春公演”. Sponichi Annex. (2007年1月3日). オリジナルの2007年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070110005917/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20070103008.html 2016年8月28日閲覧。 
  185. ^ 「武道館が揺れた!100人分のJr.が歌い踊った、180分!」『ポポロ』2007年3月号、麻布台出版社、2007年1月23日、 108-109頁。
  186. ^ a b 「完全燃焼夏LIVE!!ジャニーズJr.の大冒険!'07@メリディアン」『POTATO』2007年10月号、学研、2007年9月7日、 87-90頁。
  187. ^ 「Johnny's Jr.『ジャニーズJr.の大冒険!'07』」『duet』2007年10月号、ホーム社、2007年9月7日、 52-55頁(前ページから数えて)。
  188. ^ 「ボクらとジャンプ!!」『duet』2007年11月号、ホーム社、2007年10月6日、 170-171頁。
  189. ^ 「誕生!!Hey!Say!JUMP」『Wink up』2007年11月号、ワニブックス、2007年10月6日、 6-7頁。
  190. ^ “「Hey!Say!JUMP」メンバー全員平成生まれ!…ジャニーズ最多10人グループ誕生!”. スポーツ報知. (2007年9月25日). オリジナルの2007年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015155539/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070925-OHT1T00048.htm 2017年3月10日閲覧。 
  191. ^ a b c “ジャニー社長が新ユニット命名!その名は「NYC」”. Sponichi Annex. (2009年6月8日). オリジナルの2015年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151222105133/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090608036.html 2017年4月18日閲覧。 
  192. ^ “中山優馬が新ユニットでCDデビュー”. スポーツ報知. (2009年6月4日). オリジナルの2010年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812001524/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090603-OHT1T00312.htm 2017年4月18日閲覧。 
  193. ^ “ジャニーズの期間限定ユニット「NYC boys」が女子バレー応援団”. スポーツ報知. (2009年6月8日). オリジナルの2010年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812004154/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090607-OHT1T00259.htm 
  194. ^ 「ジャニーズJr.〔1日4公演やるぞ!〕コンサート 2009.6.7 東京国際フォーラム」『duet』2009年8月号、ホーム社、2009年7月7日、 116-117頁。
  195. ^ 「ジャニーズJr.夏休み全員集合1日4公演!!」『POTATO』2009年10月号、学研、 123-126頁。
  196. ^ a b c 「2011年も、仲よくバトルしよう!」『Myojo』2011年2月号、集英社、2010年12月21日、 76-79頁。
  197. ^ a b “「ジャニーズ東西歌合戦」で新グループ披露!”. Sponichi Annex. (2010年11月28日). オリジナルの2011年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110103184912/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2010jani/KFullNormal20101128162.html 2017年5月26日閲覧。 
  198. ^ a b “ジャニーズJr.歌合戦!紅白直前放送”. nikkansports.com. (2010年11月28日). オリジナルの2010年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101201183211/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101128-707481.html 2017年5月26日閲覧。 
  199. ^ “中山優馬、1日3回公演全く問題なし…“東西対決”ジャニーズJr.”. スポーツ報知. (2010年11月28日). オリジナルの2010年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101230104950/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20101128-OHT1T00064.htm 2017年8月10日閲覧。 
  200. ^ “ジャニーズ歴代最年少14・2歳!新グループ誕生”. Sponichi Annex. (2011年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/30/kiji/K20110930001723670.html 2019年1月6日閲覧。 
  201. ^ a b 『あなたをチョコレートみたいに溶かしたい』マリウスが「ガムシャラ!」夏公演をSexyにPR!”. ザテレビジョン (2014年5月31日). 2017年7月27日閲覧。
  202. ^ 2014年8月スケジュール”. HISTORY. EX THEATER ROPPPONGI 公式サイト (2014年8月). 2017年7月27日閲覧。
  203. ^ a b c “ジャニーズJr:新ユニット「Mr.King VS Mr.Prince」誕生 名前は「2時間前にジャニーさんが決めた」”. MANTANWEB. (2015年6月5日). http://mantan-web.jp/2015/06/05/20150605dog00m200022000c.html 2017年9月17日閲覧。 
  204. ^ a b c ガムシャラ!SUMMER STATION”. テレビ朝日 (2015年). 2017年9月17日閲覧。
  205. ^ a b ジャニーズJr.祭り”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年). 2017年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月9日閲覧。
  206. ^ “ジャニーズJr.史上最多25万人動員へ 第3次ブーム到来!追加公演決定”. DAILY SPORTS ONLINE. (2017年3月27日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/27/0010039415.shtml 2017年3月28日閲覧。 
  207. ^ “ジャニーズJr.祭りが大反響!追加公演を発表”. nikkansports.com. (2017年3月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1798301.html 2017年3月28日閲覧。 
  208. ^ a b “ジャニーズJr.祭り 4月8、9日に12万人追加公演!”. スポーツニッポン. (2017年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/27/kiji/20170327s00041000002000c.html 2017年3月28日閲覧。 
  209. ^ ジャニーズ事務所が謝罪 Jr.コンサートのデジチケに不備〈コメント全文〉”. モデルプレス (2017年4月11日). 2017年4月18日閲覧。
  210. ^ “大人っぽいジャニーズJr.見て 8組交代出演、82公演開幕”. Sponichi Annex. (2017年7月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/21/kiji/20170720s00041000401000c.html 2017年7月27日閲覧。 
  211. ^ a b “次世代パワー全開 ジャニーズJr.夏祭り”. 中日スポーツ. (2017年7月21日). オリジナルの2017年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170721104751/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017072102000157.html 2017年9月17日閲覧。 
  212. ^ 「ジャニーズJr.祭り 2018」開催決定 各ユニット単独公演も実施”. モデルプレス (2018年1月19日). 2018年2月25日閲覧。
  213. ^ “HiHi Jetsと東京B少年「夏祭り!裸の少年」初日で先輩ヒット曲熱唱”. デイリースポーツonline. (2018年7月21日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/21/0011465521.shtml 2018年7月26日閲覧。 
  214. ^ HiHi Jets&東京B少年、サマステ公演に意気込み「熱い夏を感じに来てください」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年7月20日). 2018年7月26日閲覧。
  215. ^ Concert/Stage「ジャニーズ IsLAND Festival」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年3月). 2019年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月29日閲覧。
  216. ^ a b ジャニーズJr.19年ぶりに東京D単独公演 東西Jr.が総勢300人出演予定”. ORICON NEWS. オリコン (2019年5月27日). 2019年5月28日閲覧。
  217. ^ “タッキー社長電撃発表!ジャニーズJr.東京ドーム単独公演やるぞ”. SANSPO.COM. (2019年5月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190527/joh19052704000001-n2.html 2019年5月28日閲覧。 
  218. ^ 裸の少年 DVD RELEASE SPECIAL WEBSITE” (日本語). 裸の少年. 2020年3月21日閲覧。
  219. ^ Concert/Stage「ジャニーズJr.8・8祭り 〜東京ドームから始まる〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年5月27日). 2019年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月31日閲覧。
  220. ^ “デビュー決定のSnow Man佐久間大介&目黒蓮が生放送で決意「絶対後悔させない」”. スポーツ報知. (2019年8月11日). https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50127.html 2019年8月14日閲覧。 
  221. ^ ジャニーズ初のライブ全編生配信決定 ジャニーズJr.19年ぶり東京ドーム単独公演”. ORICON NEWS. オリコン (2019年7月29日). 2019年8月8日閲覧。
  222. ^ SixTONES & Snow Man、2020年“ジャニーズ史上初”2グループ同時CDデビュー決定”. ORICON NEWS. オリコン (2019年8月8日). 2019年8月8日閲覧。
  223. ^ a b c ジャニーズJr.「素顔4」SPECIAL SITE” (日本語). 素顔4. Johnnys' Island. 2019年10月4日閲覧。
  224. ^ Discography(ジャニーズJr.)「素顔4」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年10月4日閲覧。
  225. ^ カンテレ開局60周年特別番組 それ行け!ハピはちワゴン~"ありがとう"を届けませんか?~”. 関西テレビ (2018年12月). 2018年12月8日閲覧。
  226. ^ 関西ジャニーズJr.の"ぶたいうら"〜ナニワの皆さんよろしゅうたのんます!〜”. 関西テレビ (2018年9月). 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月26日閲覧。
  227. ^ “週替わりで主演!関ジャJr.が新ドラマ”. SANSPO.COM. (2010年3月8日). オリジナルの2010年5月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100523233457/http:/www.sanspo.com/geino/news/100308/gng1003081128001-n1.htm 2017年12月3日閲覧。 
  228. ^ 関西ジャニーズJr.主演ドラマが放送決定 “年下彼氏”20エピソードで送るオムニバス”. ORICON NEWS. オリコン (2020年1月14日). 2020年1月15日閲覧。
  229. ^ 「関西Jr.初のレギュラー番組」『POTATO』2007年6月号、学研、2007年5月7日、 135頁。
  230. ^ 関バリ☆四十八回目”. FM OH!ブログ. FM OH! (2019年3月26日). 2020年4月27日閲覧。
  231. ^ FM OH!で関西ジャニーズJr.冠番組”. 京阪神エルマガジン (2018年4月27日). 2018年4月28日閲覧。
  232. ^ 4月2日(火)関バリ!”. FM OH!ブログ. FM OH! (2019年4月2日). 2020年4月27日閲覧。
  233. ^ Biography(関ジャニ∞)1999”. Johnny's web. ジャニーズ事務所 (1999年). 2019年7月13日閲覧。
  234. ^ 「関西Jr.コンサート情報!」『Mannish』1999年9月号、双葉社、1999年、 88頁。
  235. ^ “関ジャニ∞ソロコンサート2006冬 / BAD・BOYS・OSSaN・TOP Kids・Little Gangs ファーストWinterコンサート2006”. 大阪松竹座. (2006年). オリジナルの2006年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061221071855/http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/061213/chirashi.html 2018年4月5日閲覧。 
  236. ^ a b “関ジャニJrに1万5000人熱狂!初の大阪城Hライブ”. スポニチアネックスOSAKA. (2007年5月7日). オリジナルの2007年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070509013844/http:/www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200705/07/ente205487.html 2018年4月5日閲覧。 
  237. ^ 「ジャニーズJr.もかけつけた、大阪城ホールのアツい夜!「家に帰るまでがコンサートです!」」『ポポロ』2007年7月号、麻布台出版社、2007年5月23日、 104-105頁。
  238. ^ a b 「完全燃焼夏LIVE!!関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2007 夏」『POTATO』2007年10月号、学研、 91-93頁。
  239. ^ “関ジャニJr71人が視聴率で応援”. Sponichi Annex. (2007年12月25日). オリジナルの2016年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160311130630/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2007jya/KFullNormal20071225094.html 2017年4月1日閲覧。 
  240. ^ 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」『POTATO』2008年3月号、学研、2008年2月7日、 94-95頁。
  241. ^ 「関西ジャニーズJr. X'mas in 松竹座 おめでとう in 城ホール 前夜祭」『Wink up』2008年3月号、ワニブックス、2008年2月7日、 110頁。
  242. ^ “関ジャニJr.松竹座コンサート1000人熱狂”. DAILY SPORTS ONLINE. (2007年12月25日). オリジナルの2008年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080103094523/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2007/12/25/0000781551.shtml 2017年4月1日閲覧。 
  243. ^ 「72人分の愛をプレゼントするで〜!!」『Myojo』2008年3月号、集英社、2008年1月23日、 127頁。
  244. ^ a b 「ようこそ、大阪コテコテ正月ライヴへ「初夢は、なぜかJr.が闘ってる夢でした(笑)!」『ポポロ』2008年3月号、麻布台出版社、2008年1月23日、 102-103頁。
  245. ^ 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」『POTATO』2008年3月号、学研、2008年2月7日、 96-97頁。
  246. ^ 「関西ジャニーズJr. おめでとう in 城ホール」『Wink up』2008年3月号、ワニブックス、2008年2月7日、 111頁。
  247. ^ “関西ジャニーズJr.大阪松竹座公演完売”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年7月5日). オリジナルの2008年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080803153111/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/07/05/0001203305.shtml 2017年4月11日閲覧。 
  248. ^ a b “「B.A.D.」中間が骨折押して登場”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年8月20日). オリジナルの2008年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080917113009/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/08/20/0001357109.shtml 2017年4月11日閲覧。 
  249. ^ 「関西ジャニーズJr.@大阪松竹座2008夏」『POTATO』2008年10月号、学研、2008年9月6日、 83-85頁。
  250. ^ a b c 「中山優馬、中間淳太、桐山照史、髙木雄也『ごくせん』『バッテリー』OSAKA凱旋CONCERT」『POTATO』2008年11月号、学研、2008年10月7日、 80-82頁。
  251. ^ a b “関西ジャニーズJr.中山ら大阪凱旋ライブ”. SANSPO.COM. (2008年9月3日). オリジナルの2008年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080911201046/http://www.sanspo.com/geino/news/080903/gng0809030325000-n1.htm 2016年6月26日閲覧。 
  252. ^ a b c “関西ジャニーズJr.大阪凱旋コンサート”. DAILY SPORTS ONLINE. (2008年9月3日). オリジナルの2008年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080919202827/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/09/03/0001405538.shtml 
  253. ^ 「OSAKA凱旋CONCERT」『Wink up』2008年11月号、ワニブックス、2008年10月7日、 88-89頁。
  254. ^ “Hey!Say&関ジャニJr.大阪凱旋…ノリノリライブ地元盛り上げる”. スポーツ報知. (2008年9月3日). オリジナルの2009年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090204131448/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20080903-OHT1T00007.htm 
  255. ^ “関ジャニJr.の中山優馬ファンにあいさつ”. SANSPO.COM. (2008年9月10日). オリジナルの2008年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080914040911/http:/www.sanspo.com/geino/news/080910/gng0809100306000-n1.htm 
  256. ^ “中山優馬が緊急手術、車いすでライブ参加”. Sponichi Annex. (2008年9月9日). オリジナルの2009年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090515215218/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20080909047.html 
  257. ^ a b c d “関ジャニJr.夢公演いよいよ開幕!!”. デイリースポーツonline. (2008年12月5日). オリジナルの2008年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081208074929/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/12/05/0001599106.shtml 
  258. ^ “関ジャニJr.「B.A.D.」セーラー服姿で初単独コンサート”. スポーツ報知大阪版. (2008年12月5日). オリジナルの2008年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081212022125/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/entertainment/news/20081205-OHO1T00139.htm 
  259. ^ 「関西Jr.ユニットコンサート in 大阪松竹座2008」『POTATO』2009年2月号、学研、2009年1月7日、 98-101頁。
  260. ^ 「関西ジャニーズJr. '08 Merry X'mas Concert」『Wink up』2009年3月号、ワニブックス、2009年2月7日、 91頁。
  261. ^ “「関西ジャニーズJr. Umeコン2009」4公演を延期”. スポーツ報知. (2009年5月18日). オリジナルの2010年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812002500/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090518-OHT1T00278.htm 2017年4月25日閲覧。 
  262. ^ 「関西ジャニーズJr. Umeコン2009 2009.6.19 in 大阪・梅田芸術劇場」『duet』2009年8月号、ホーム社、2009年7月7日、 125-127頁。
  263. ^ “関西ジャニーズJr.豪華コンサートが開幕”. SANSPO.COM. (2009年12月2日). オリジナルの2010年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100225084850/http://www.sanspo.com/geino/news/091202/gng0912020502000-n1.htm 2017年4月25日閲覧。 
  264. ^ “爆笑とれる?中山優馬がコントに挑戦”. SANSPO.COM. (2009年12月22日). オリジナルの2010年2月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100225102259/http://www.sanspo.com/geino/news/091222/gng0912221104001-n1.htm 2017年4月25日閲覧。 
  265. ^ 「「大阪〜!今日は盛り上がっていくで〜!!」」『ポポロ』2010年6月号、麻布台出版社、2010年4月23日、 136-137頁。
  266. ^ a b “関ジャニXマス開演 中山優馬も特別出演”. nikkansports.com. (2010年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101205-710233.html 2017年8月10日閲覧。 
  267. ^ “関ジャニ3組一丸でライブ 大阪でB.B.Vコンサート”. スポニチ大阪. (2010年12月5日). オリジナルの2011年8月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110817233842/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/201012/08/ente224489.html 2017年8月10日閲覧。 
  268. ^ 中山優馬 Biography 2011”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017年6月17日閲覧。
  269. ^ “ジャニーズ3月のコンサートすべて中止”. nikkansports.com. (2011年3月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110316-749016.html 2017年6月17日閲覧。 
  270. ^ “ジャニーズ初“東西合体”ライブ!”. SANSPO.COM. (2011年5月6日). オリジナルの2011年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110830183755/http://www.sanspo.com/geino/news/110506/gng1105060538000-n1.htm 2017年6月17日閲覧。 
  271. ^ “Hey!Say!と関ジャニJr.がコラボ”. デイリースポーツonline. (2011年5月6日). オリジナルの2011年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110512131111/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/05/06/0004036847.shtml 2017年6月17日閲覧。 
  272. ^ Concert/Stage「関西ジャニーズJr. X'Masコンサート2011」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2011年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月27日閲覧。
  273. ^ a b c “関ジャニJr.先輩ゆずりのバック転を披露”. SANSPO.COM. (2011年12月4日). オリジナルの2011年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120313195810/http:/www.sanspo.com/geino/news/111204/gng1112041143001-n1.htm 2018年12月27日閲覧。 
  274. ^ “関西ジャニーズJr. 浅越ゴエと「事務所超えた共演」”. Sponichi Annex. (2011年12月6日). オリジナルの2011年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111207085000/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/06/kiji/K20111206002182600.html 2017年3月10日閲覧。 
  275. ^ Concert/Stage「関西ジャニーズJr.あけましておめでとうコンサート2012」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2011年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月27日閲覧。
  276. ^ “関ジャニJr.春公演開幕!白熱バトルも”. SANSPO.COM. (2012年3月25日). オリジナルの2012年4月2日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120402150935/http:/www.sanspo.com/geino/news/20120325/joh12032511570001-n1.html 2018年6月6日閲覧。 
  277. ^ “関西ジャニーズJr.白熱TVレギュラー争奪戦”. デイリースポーツonline. (2012年2月29日). オリジナルの2012年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120301184930/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/02/29/0004848936.shtml 2018年6月6日閲覧。 
  278. ^ 「関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2012」『Wink Up』2012年5月号、2012年4月7日、ワニブックス、86-87頁。
  279. ^ “関西ジャニJr.が全員集合やでぇ”. デイリースポーツonline. (2012年3月25日). オリジナルの2012年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120325170152/https:/www.daily.co.jp/gossip/article/2012/03/25/0004912003.shtml 2018年6月6日閲覧。 
  280. ^ “関ジャニJr.中間と小瀧がレギュラー獲得”. デイリースポーツonline. (2012年4月6日). オリジナルの2012年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120413015956/https:/www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/04/06/0004950130.shtml 2018年6月6日閲覧。 
  281. ^ 「中山優馬 with 関西ジャニーズJr.」『WiNK UP』2013年1月号、ワニブックス、2012年12月7日、 86-87頁。
  282. ^ ジャニーズWEST Biography 2013”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年4月29日閲覧。
  283. ^ a b c d 関西ジャニーズJr.、初の全国ツアー完走 SexyZone・中島健人駆けつける”. ORICON NEWS. オリコン (2013年7月7日). 2018年4月29日閲覧。
  284. ^ a b c 関西ジャニーズJr.の全国ツアーファイナル Sexy Zone中島健人がサプライズで登場”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年7月8日). 2018年4月29日閲覧。
  285. ^ a b “関西ジャニーズJr.舞台も映画も「グイグイいくで〜」”. スポーツ報知. (2013年7月8日). オリジナルの2013年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130709094816/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130708-OHT1T00052.htm 2018年4月29日閲覧。 
  286. ^ a b “関西ジャニーズ「X'マスライブ」スタート 女装やコントも”. SANSPO.COM. (2013年12月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20131202/joh13120211410001-n1.html 2016年7月24日閲覧。 
  287. ^ “関ジャニ桐山照史、実は女装好き?”. DAILY SPORTS ONLINE. (2013年12月2日). オリジナルの2014年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140101025039/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2013/12/02/0006540706.shtml 2016年7月24日閲覧。 
  288. ^ Xmasコンサート開始の関西ジャニーズJr.「デビューさせて!!」”. NEWSポストセブン. 小学館 (2013年12月9日). 2018年6月6日閲覧。
  289. ^ “関西ジャニーズJr.笑わせます!Xマスコンサート開幕”. スポーツ報知. (2013年12月2日). オリジナルの2014年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105422/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20131202-OHT1T00012.htm 2016年7月24日閲覧。 
  290. ^ “関ジャニJr.今度は忍者!主演映画第2弾決定”. スポーツ報知. (2013年12月26日). オリジナルの2014年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105358/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20131226-OHT1T00029.htm 2018年6月6日閲覧。 
  291. ^ a b Biography”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年3月). 2018年3月28日閲覧。
  292. ^ a b ““春の関ジュニ”開幕!平野「舞台の僕を感じて」”. SANSPO.COM. (2014年3月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140302/joh14030210510001-n1.html 2018年8月11日閲覧。 
  293. ^ a b c 「関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2014」『POTATO』2014年5月号、学研、2014年4月7日、 98-99頁。
  294. ^ a b “関西ジャニーズJr.フルコースなショーが開幕”. スポーツ報知. (2014年3月2日). オリジナルの2014年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140315105249/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20140302-OHT1T00025.htm 2018年8月11日閲覧。 
  295. ^ a b “関西ジャニーズJr.クリスマスショーに超満員ファン総立ち”. Sponichi Annex. (2014年12月1日). オリジナルの2016年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404223903/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/01/kiji/K20141201009382670.html 2017年4月1日閲覧。 
  296. ^ "『X'mas Show 2014』出演者" (PDF). X’mas Show 2014. 松竹. 2014. 2016年8月6日時点のオリジナル (PDF)よりアーカイブ。2017年12月3日閲覧
  297. ^ Biography”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年3月). 2018年3月28日閲覧。
  298. ^ "関西ジャニーズJr.、恒例クリスマス公演「全力でエンジョイ」". ORICON STYLE. 28 November 2015. 2016年4月5日閲覧
  299. ^ 「関西ジャニーズJr. X'mas Show 2015 @大阪松竹座」『TVfan CROSS』第17巻2016年2月号、共同通信社、2016-01-09、66-71頁。
  300. ^ "大阪松竹座11月-12月関西ジャニーズJr.『X'mas Show 2015』特別ポスター". X'mas Show 2015. 松竹. 2015. 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月3日閲覧
  301. ^ "大阪松竹座11月-12月関西ジャニーズJr. 『X'mas Show 2016』特別ポスター". 松竹. 2016. 2016年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月22日閲覧
  302. ^ a b c 西倫世「関西ジャニーズJr.『X'mas SHOW 2016』2016.11.30@大阪松竹座」『月刊TVガイド 関西版』2017年2月号、東京ニュース通信社、2016年12月15日、 252-253頁。
  303. ^ “関西ジャニーズJr.総出演舞台が大阪で初日!大西流星「お客様ファーストで」”. スポーツ報知. (2016年11月30日). オリジナルの2016年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161204111226/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161130-OHT1T50167.html 2017年12月3日閲覧。 
  304. ^ “関西ジャニーズJr.総出演、大阪松竹座が初日”. nikkansports.com. (2016年11月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1745524.html 2016年12月3日閲覧。 
  305. ^ 大阪松竹座12月関西ジャニーズJr.『X'mas Show 2017』特別ポスター”. 関西ジャニーズJr.「X'mas SHOW 2017」. 松竹 (2017年). 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月1日閲覧。
  306. ^ “関西ジャニーズJr.クリスマス公演初日「僕たちにとっての紅白歌合戦みたいな感じ」”. スポーツ報知. (2017年12月1日). オリジナルの2017年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171203124245/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171201-OHT1T50173.html 2017年12月3日閲覧。 
  307. ^ “関西ジャニJr「今の集大成を」松竹座Xマスショー”. nikkansports.com. (2017年12月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712010000638.html 2017年12月3日閲覧。 
  308. ^ “関西ジャニーズJr.“お兄さんチーム”と“弟チーム”で日替わり公演”. SANSPO.COM. (2017年12月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171202/joh17120205030001-n1.html 2017年12月3日閲覧。 
  309. ^ Concert/Stage”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年12月). 2018年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。
  310. ^ 「関西ジャニーズJr. Concert 2018 〜Happy New ワン Year〜」『TVfan CROSS』第25巻2017年2月号、メディアボーイ、2018-01-12、87頁。
  311. ^ 大阪松竹座3月関西ジャニーズJr.『春休みスペシャルShow 2018』特別ポスター”. 関西ジャニーズJr.「春休みスペシャルShow 2018」. 松竹 (2018年). 2018年2月10日閲覧。
  312. ^ a b “関西Jr.「せやねんジャパン」で吉本新喜劇調のコントに挑戦”. SANSPO.COM. (2018年3月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180302/joh18030200040001-n1.html 2018年3月4日閲覧。 
  313. ^ “大西流星「そだねー」に対抗!「僕らは“せやねん”で」関西ジャニーズJr.公演初日”. スポーツ報知. (2018年3月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180301-OHT1T50139.html 2018年3月4日閲覧。 
  314. ^ “関西ジャニーズJr.恒例の大阪松竹座公演が開幕”. nikkansports.com. (2018年3月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803020000004.html 2018年3月4日閲覧。 
  315. ^ Concert/Stage「関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE 〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年10月). 2018年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月3日閲覧。
  316. ^ a b “関ジュ&関ジャニ、夢タッグ!関西ジャニーズJr.梅芸公演スタート”. SANSPO.COM. (2018年10月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181025/joh18102505020002-n1.html 2018年10月25日閲覧。 
  317. ^ “大倉忠義、横山裕手掛けた関西ジャニJr.公演初日”. nikkansports.com. (2018年10月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810240000661.html 2018年10月25日閲覧。 
  318. ^ 38,000人が恋をした、関西ジャニーズJr.コンサートが千秋楽! 年明けには大阪城ホール公演決定”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年11月5日). 2018年11月6日閲覧。
  319. ^ 大阪松竹座11月・12月関西ジャニーズJr.『X'mas Party!! 2018』”. 関西ジャニーズJr.「X'mas Party!! 2018」. 松竹 (2018年10月). 2018年10月31日閲覧。
  320. ^ 大阪松竹座「X’mas Party!! 2018」西畑大吾・向井康二、一部日程休演のお知らせ”. 関西ジャニーズJr.「X'mas Party!! 2018」. 松竹 (2018年11月). 2018年12月1日閲覧。
  321. ^ 関西ジャニーズJr.の「X'mas Party!!」、横山裕「みんなのがんばりに応えたい」”. ステージナタリー. ナターシャ (2018年11月30日). 2018年12月1日閲覧。
  322. ^ Concert/Stage「関西ジャニーズJr. LIVE 2019 Happy 2 year!!〜今年も関ジュとChu Year!!〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年10月25日). 2018年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
  323. ^ a b c “浪速沸かせた!関西ジャニーズJr.、大阪城から夢の天下統一イヤーはじまりはじまり〜(1/2ページ)”. SANSPO.COM. (2019年1月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190104/joh19010405030002-n1.html 2019年1月17日閲覧。 
  324. ^ a b c “浪速沸かせた!関西ジャニーズJr.、大阪城から夢の天下統一イヤーはじまりはじまり〜(2/2ページ)”. SANSPO.COM. (2019年1月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190104/joh19010405030002-n2.html 2019年1月17日閲覧。 
  325. ^ “なにわ男子 2019年は勝負の年!西畑大吾 キンプリに刺激「同世代だから負けられない」”. Sponichi Annex. (2019年1月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/03/kiji/20190103s00041000272000c.html 2019年1月17日閲覧。 
  326. ^ 関西ジャニーズJr.室龍太&向井康二、特別な思いで大阪城ホールへ”. マイナビニュース. マイナビ (2019年2月28日). 2019年3月1日閲覧。
  327. ^ 大阪松竹座「SPRING SPECIAL SHOW 2019」特別ポスター”. 関西ジャニーズJr.「SPRING SPECIAL SHOW 2019」. 松竹 (2019年2月). 2019年2月11日閲覧。
  328. ^ "大阪松竹座「SPRING SPECIAL SHOW 2019」道枝駿佑・長尾謙杜、一部日程休演のお知らせ". 関西ジャニーズJr.「SPRING SPECIAL SHOW 2019」. 松竹. March 2019. 2019年3月6日閲覧
  329. ^ a b “関ジャニJr.松竹座で公演初日 藤原丈一郎「バッチグー」2025年万博でも何かやりたい」”. Sponichi Annex. (2019年3月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/05/kiji/20190305s00041000244000c.html 2019年3月31日閲覧。 
  330. ^ a b c なにわ男子・西畑大吾「新体制の第一歩にふさわしい」 関西ジャニーズJr.公演初日”. ORICON NEWS. オリコン (2019年3月5日). 2019年3月14日閲覧。
  331. ^ "関西ジャニーズJr.、初のドーム公演決定 来年1月に大阪で2日間 ライブでサプライズ発表にメンバーも驚きで絶句". スポーツ報知. 16 November 2019. 2019年11月16日閲覧
  332. ^ "なにわ男子が初の全国ツアー完走、西畑「景色違う」". nikkansports.com. 6 January 2020. 2020年1月9日閲覧

外部リンク

HiHiJets


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close