ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|今夜「麒麟がくる」第25回あらすじ 羽運ぶ蟻


写真 光秀、なつかしの美濃へ – (C)NHK

今夜「麒麟がくる」第25回あらすじ 羽運ぶ蟻

 
内容をざっくり書くと
その頃、信長( 染谷将太 )が斎藤龍興との戦に勝ち、美濃を平定する。
 

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第24回「羽運ぶ蟻(あり)」が27日よる8時からNHKで放送予定。… →このまま続きを読む

 シネマトゥデイ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

斎藤龍興

斎藤 龍興(さいとう たつおき)は、戦国時代美濃国戦国大名道三流斎藤家3代(美濃一色家2代)[1]

生涯

家督相続

天文17年(1548年)、斎藤義龍の庶子として生まれたと伝わるが、生母が近江の方(近江局)という説が事実であるならば、義龍正室の子となり、嫡男となる。近江の方は浅井久政の娘という説があるが、義龍と久政は年齢が1つしか違わないため、近江の方は久政の実子ではなく養女ということになる。よって近江の方は、久政の父・浅井亮政の娘であるというのが有力な説となっている。道三と義龍との父子関係を肯定するのであれば、斎藤道三の実の孫に当たる。

永禄4年(1561年)、父・義龍の死により14歳で美濃斎藤氏の家督を継ぐ。しかし父の代から続く尾張国織田信長の侵攻、祖父の代より続く家臣の流出(森可成坂井政尚堀秀重斎藤利治明智光秀等)、祖父や父と比べると凡庸で、評判の悪いの重用などにより、家臣の信望を得ることができなかった。

永禄4年のにおいては、戦いそのものには勝利したものの、重臣(斎藤六宿老)の、らを失う。永禄5年(1562年)には、有力家臣であった郡上八幡城主の遠藤盛数が病没する。

美濃国攻防戦と敗走

龍興は信長の侵攻に対処するため、父・義龍の進攻対象であった北近江浅井長政同盟を結ぼうとした。しかし信長に機先を制され、長政は信長と同盟を結び、逆に美濃に侵攻するようになる。この時は義龍の時代から同盟を結んでいた六角義賢が浅井領に侵攻したため、長政は美濃攻めを中止して撤退している。

永禄6年(1563年)、再度侵攻した織田信長と新加納で戦い、家臣の竹中重治の活躍もあって織田軍を破った(新加納の戦い)。しかし永禄7年(1564年)、斎藤飛騨守に私怨があった竹中重治と、その舅であり西美濃三人衆の1人・安藤守就によって飛騨守を殺害されて居城の稲葉山城を占拠され、龍興は、さらに祐向山城に逃走した。後に重治と守就は龍興に稲葉山城を返還したため、龍興は美濃の領主として復帰したものの、この事件により斎藤氏の衰退が表面化する。織田信長の永禄5年頃から始まった小牧山城築城により圧力がかかった東美濃においては(遠山氏が織田氏の縁戚となるなど元々織田氏の影響力が強い地域であったが)、有力領主である市橋氏、、高木氏などが織田氏に通じるようになる。

永禄8年(1565年)には、織田家に降った加治田城主・佐藤忠能により、堂洞城主の岸信周が討たれた。この時、関城主であり、国内の押さえとなっていた大叔父の長井道利も織田家の武将となっていた斎藤利治に敗れ、中濃地方も信長の勢力圏に入った(中濃攻略戦)。

11月13日には、足利将軍家一色藤長にあてて、代初の儀について太刀一腰と馬一疋を祝言に贈っている[2]

永禄10年(1567年)、西美濃三人衆の稲葉良通氏家直元、安藤守就らが信長に内応した為、遂に稲葉山城を信長によって落とされ(稲葉山城の戦い)、8月15日、城下の木曽川を船で下り、北伊勢長島へと退散した[3]。その為、龍興を追って織田軍が長島に攻め寄せている。当時20歳。以降、再び大名として美濃に返り咲くことはなかった。

織田への反抗

長島に亡命した龍興は、元亀元年(1570年)に始まる長島一向一揆に長井道利と共に参加し、信長に対する抵抗活動は継続した。その後伊勢から畿内へ移り、永禄12年(1569年)1月には三好三人衆と結託し、信長が擁立した室町幕府第15代将軍足利義昭を攻め殺そうとしたが、敗退している(本圀寺の変、六条合戦)。更に同じ元亀元年(1570年)8月には、三好康長安宅信康十河存保石山本願寺法主顕如らとともに三好三人衆の籠城を支援(野田城・福島城の戦い)。信長が朝倉義景、浅井長政に後背を脅かされ、退却するまで持ちこたえた。

最期

その後、縁戚関係にあったことから越前国の朝倉義景の下へ逃れて保護された。いわゆる客将として遇されたとも伝わる。

元亀2年(1571年)8月、顕如は一色式部大輔(=龍興)に充てて書状を送り、「御本意」実現を願って黄金と太刀を贈っている[4]。また、翌元亀3年(1572年)8月に美濃郡上郡安養寺乗了と越前大野郡の専勝から、本願寺の坊官である下間頼旦に対して、本願寺から郡上郡と大野郡の門徒に協力を命じた”「一色殿」の入国計画”の進行状況に関する書状が残されている。それより少し前の同年正月には、「一色義紀」と称していた龍興から乗了に対して、専勝が遠藤氏を説得し、また自分も日根野弘就を長島に派遣する予定であったが、専勝の病気で計画が延期になってしまったとする書状が残されている[5]

これらの文書から、朝倉氏や越前・美濃の門徒の支援を受けた龍興が北(越前)から、長島の門徒の支援を受けた日根野が南(伊勢)から、美濃に入国・挟撃する計画が存在したことが分かり、同年冬には実際に作戦が実行されたことを示唆する顕如の書状[6]が存在する。しかし朝倉軍が雪のために全軍を越前に引き上げたこともあって、龍興も美濃国奪取・復帰までには至らず、同じく越前に引き上げたと見られている[1]

天正元年(1573年)8月、義景が浅井長政を支援し、信長と対決するために近江国北部に出陣した際に龍興も従軍したが、8月14日、朝倉軍が織田軍に敗れて刀禰坂で追撃を受けた際、戦死した(刀禰坂の戦いの項目参照)[7]

一説によると、かつての重臣であった氏家直元の嫡男・氏家直昌に斬られたとされている。享年26。

法名は瑞雲庵竜興居士とされるが、『常在寺記録』には瑞光院竜淵宗雲日珠大居士と号したとある[7]

生存説

本願寺勢力と結びついた、いわゆる「生存説」がいくつかある。

越中の九右ェ門

興国寺富山市)の伝説によると、龍興は戦死してはおらず、家宝系図を持って永禄12年(1569年)、3月に越中国新川郡布市村に来て、興国寺に隠れた。天下の情勢から家を再興する事かなわずと悟った龍興は、九右ェ門と改名し、付近の原野を開拓した。開拓に当たって、「の力である、お経の力なり」と一族を励ましてこの地に住みついた。

信長と本願寺の石山合戦が終わった天正8年(1580年)に九右ェ門はこの地を経力村と名づけた。

江戸時代に入った慶長16年(1611年)、九右ェ門は家督を子に譲り、草高を持参して布市興国寺で出家住持となった。興国寺には、龍興が持参したという念持仏(木造阿弥陀如来立像)が伝えられている。

寛永9年(1632年)6月19日に示寂し、墓は富山市経力の本誓寺の前にあるという。享年87(但し、この享年で生年を逆算すると天文15年(1546年)となり、通説の龍興の生年(天文17年(1548年))とは2年の相違が生じる)。

九右ェ門の子孫は、文政3年(1820年)11月、越中国新川郡大泉村(現・富山市大泉)に移り、後に大正2年(1913年)11月、富山県新川郡堀川村小泉(富山市堀川小泉)に転住したという。

羽島の伝承

刀根坂の戦いを落ち延び、本願寺と合流したとする伝承がある。龍興は石山本願寺に逃れ、本願寺勢力と共に再起を期していたが、現在の岐阜県羽島市足近町の寺で病死した、とされる。同地の願教寺には、龍興の墓と、その父である義龍、さらに龍興の子とされる小兵衛義仁の位牌が伝えられている(なお、父・義龍の位牌には没年が永禄4年(1561年)5月14日、龍興の位牌には没年が天正10年(1582年)5月5日と刻まれており、子とされる小兵衛義仁の位牌には義仁の没年が寛永元年(1624年)6月12日と刻まれている。但し、史実では父・義龍の没日は5月11日である)。

人物・逸話

  • 父の義龍が祖父の道三に謀反を起こした際、義龍はその母方の一色姓を称したというが、龍興自身も一色姓を用いていた。木下聡は(織田信長が一色姓への改称を完全に無視したこともあり)「一色」名義で記された多くの龍興関係の史料が認識されていないと指摘している[1]。また、美濃国主時代には足利将軍家より偏諱を受けて「義棟」を名乗っている。
  • 斎藤氏以来の家臣団を一色氏の家臣団の名字に改名させた。(日根野弘就が一色氏守護代の延永氏を名乗るなど)
  • 前述の越中(富山県)に土着した説と関連して、富山市には九右エ門(龍興)が鶴に教えられて開いたとする由来を持つ鉱泉があり「霊鶴源泉」と称している。経力の湯といって長年続き、のちに浦上四番崩れで捕らえられた隠れキリシタンが預けられた、などの歴史がある。大正6年(1917年)に廃業し、霊鶴鉱泉に祀られていた木造薬師如来像は現在、本誓寺(富山市経力)に安置されている。富山藩第9代藩主・前田利幹が所蔵していたとされる、経力の湯の冬景色を描いた図が石川県金沢市に伝わる。
  • 龍興は畿内在住時、キリシタンを目指した。その記録が幾つか残っている。
    • ルイス・フロイスからキリスト教の宗儀・世界の創造などについて説かれると聴聞した事を逐一書き留め、次に教会へ姿を現した際にはその全てを明白に、流暢に、一言一句の間違いなく反復することが出来たといい、教会の信者達はとても驚いたそうである。
    • ガスパル・ヴィレラに対して「人間がデウスによって祝福され、万物の霊長であると保障されて居ると師は言う。ならば、なぜ人間界にかくも多くの不幸が満ちており、戦乱の世は終わらないのか。万物の霊長たらんと創造されたのなら、なぜ人間の意志に世は容易に従わないのだろうか。こんな荒んだ世の中を一生懸命、善良に生きている者達が現世では何ら報いも受けられないのは、何故なのか」と質問した。ヴィレラは龍興の疑問に対し、その全てに納得がいく様な道理を上げて説明したと記録されている。
  • ルイス・フロイスは『日本史』に龍興について、「非常に有能で思慮深い」と記録している。

登場作品

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 木下聡「元亀年間の斎藤龍興の動向」『戦国史研究』76号、2016年。
  2. ^ 桑田 1973, p. 216.
  3. ^ 桑田 1973, p. 214.
  4. ^ 元亀2年8月23日付「顕如御書留」『大系真宗史料文書記録編4』43号
  5. ^ 「岐阜県立図書館所蔵文書」『岐阜県史資料編古代・中世補遺』8号
  6. ^ 天正元年正月27日付「顕如御書留」『大系真宗史料文書記録編4』84号
  7. ^ a b 桑田 1973, p. 215.
  8. ^ 信長戦記リイド社(2019年10月14日閲覧)

参考文献

  • 桑田忠親『斉藤道三』新人物往来社、1973年。

関連項目


染谷将太

染谷 将太(そめたに しょうた、1992年9月3日 - )は日本の俳優

トイズファクトリー所属[1]東京都江戸川区出身[2]日出高等学校卒業[3][4]

妻は女優菊地凛子

来歴

7歳のときに子役として活動を始める[5]。9歳のときに『STACY』で映画初出演[6]

2009年、映画『パンドラの匣』で長編映画初主演[5]

2011年、第68回ヴェネツィア国際映画祭に出品された園子温監督作品『ヒミズ』で共演した二階堂ふみとともに、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した[7]。日本人の同賞受賞はこれが初である[7]

2012年、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で、第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞[8]

2013年、『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[9]。同年9月3日に、エビス大黒舎からトイズファクトリーへの移籍を発表[1]

2015年、『さよなら歌舞伎町』で、第14回ニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター賞を受賞[10]

2016年、中国の巨匠チェン・カイコー監督による日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』において主人公・空海を演じる(中国2017年・日本2018年公開)[11][12][13]。この作品では全て中国語を話し中国語も習得した[14]

2020年NHK大河ドラマ麒麟がくる』において主人公・明智光秀の主君になる織田信長を演じる[15]

人物

趣味は映画鑑賞カメラ[16]プロレス観戦。特技はパントマイム手品卓球[16]。趣味のカメラでは主にフィルムカメラのナチュラクラシカを使用している[16]。プロレスは大日本プロレスのファンで、好きなプロレスラー葛西純であり[17]、雑誌『KAMINOGE』vol.45で、染谷にとって念願の葛西との対談を果たしている。

好きな俳優はフィリップ・シーモア・ホフマン[18]

長谷川和彦監督の1976年映画『青春の殺人者』を「特別な一本」として挙げている[19]

高校時代から自主映画制作を行っており、自身が主演した『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のスピンオフムービー『episode.0.38あの子とパーマ』の監督を務めた。その後、「死ぬ前に一回はフィルムで映画を撮りたい」という熱意から、同作品の監督である瀬田なつきと共同脚本で自主制作の短編映画『シミラー バッド ディファレント』を手掛け、2013年12月20日にで一夜限りの上映を行った。映画監督に転身するつもりは一切ないが、こういった作品作りは続けていきたいと語っている[20]

2015年1月1日に菊地凛子との結婚を発表[21]。2016年10月8日に、菊地との間に第1子が誕生したと発表した(子供の性別は非公表)[22]。2019年3月31日、菊地の第2子出産を自らの公式サイトで発表[23]

出演

映画

劇場アニメ

テレビドラマ

ドキュメンタリー

  • 零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争〜(2013年8月3日・8月10日、NHK BSプレミアム) - 番組ナビゲーター

webドラマ

ラジオドラマ

舞台

CM

ミュージック・ビデオ

ショートムービー

  • Good Luck(2012年) - 主演・宗一郎 役[注 11]
  • 相鉄都心直通記念ムービー「100 YEARS TRAIN」(2019年11月28日、相模鉄道[69]

受賞歴

2009年度
  • 第11回TAMA NEW WAVE ベストキャラクター賞(『ノラ』)
2011年度
2012年度
2015年度

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ オリジナルビデオ作品。劇場未公開。
  2. ^ 自主制作映画
  3. ^ 桃まつり』の一部として渋谷ユーロスペースにてレイトショー上映。
  4. ^ 2012年10月27日 - 11月9日、オーディトリウム渋谷公開。
  5. ^ 2013年3月9日 - 15日、オーディトリウム渋谷1週間限定レイトショー公開。ただいま、ジャクリーン”. 2013年11月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  6. ^ 自主制作の16mm短篇映画。
  7. ^ 2013年6月29日 - 7月19日、期間限定上映。濱口竜介プロスペクティヴ in Kansai
  8. ^ 2010年3月17日、YouTube上で各話のビデオクリップが随時公開 / 2010年3月24日、レコチョク ビデオクリップサイト等で有料配信。
  9. ^ TBSラジオスペシャル。
  10. ^ 特集オーディオドラマ。
  11. ^ BUMP OF CHICKEN「グッドラック」期間限定版DVDに収録。

出典

  1. ^ a b NEWS”. 染谷将太 SHOTA SOMETANI OFFICIAL WEBSITE. トイズファクトリー (2013年9月3日). 2014年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月7日閲覧。
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.547
  3. ^ 卒業生染谷将太さん ベネチア国際映画祭の新人賞受賞おめでとうございます!!”. トピックス&ニュース. 日出学園 (2013年3月30日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  4. ^ ベネチア国際映画祭で日本人初の新人賞受賞!!”. 日出中学校・高等学校ジャーナル. 日出学園 (2011年9月21日). 2013年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。
  5. ^ a b 高倉文紀 (2011年11月4日). “【NEXT BREAKERS】染谷将太〜19歳でベネチア国際映画祭日本人初の最優秀新人賞 (2/2)”. 日経トレンディネット. 2014年12月2日閲覧。
  6. ^ 加藤弓子 (2014年11月28日). “【染谷将太】役者って身体さえあればできるので飽きないで”. ZAKZAK. 2014年12月2日閲覧。
  7. ^ a b “ベネチア映画祭で染谷将太&二階堂ふみが日本人初の新人賞ダブル受賞”. ORICON STYLE (東京都: オリコン). (2011年9月11日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001649/full/ 2013年4月13日閲覧。 
  8. ^ 第66回毎日映画コンクール発表 日本映画大賞は99歳・新藤監督の『一枚のハガキ』”. ORICON STYLE (2012年1月18日). 2014年12月2日閲覧。
  9. ^ 武井咲、東方神起・チャンミンら、「新人俳優賞」受賞でスピーチ〈第36回日本アカデミー賞〉”. モデルプレス (2013年1月22日). 2014年12月2日閲覧。
  10. ^ “染谷将太がニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞!”. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150101-1416360.html 2015年1月2日閲覧。 
  11. ^ 加盟陳凱歌《妖貓傳》 染谷將太剃頭演僧人”. 東網 (2016年8月8日). 2017年5月7日閲覧。
  12. ^ 染谷將太主演陳凱歌百五億新片 剃頭演僧侶”. 東網 (2016年10月17日). 2017年5月7日閲覧。
  13. ^ 染谷将太が丸坊主で空海に、チェン・カイコー新作『空海―KU-KAI―』”. CINRA.NET (2016年10月17日). 2017年5月7日閲覧。
  14. ^ “染谷将太、丸刈りで若き日の空海役 日中合作映画で主演”. ORICON NEWS. (2016年10月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2080102/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  15. ^ 染谷将太「革新的な信長」目指す 『麒麟がくる』で大役抜てき”. ORICON NEWS. 2019年5月9日閲覧。
  16. ^ a b c 男の履歴書 染谷将太編|インライフ
  17. ^ 染谷将太の趣味はプロレス観戦 有田哲平と対決し観客から拍手|トピックニュース
  18. ^ 渡邉ひかる. “【イケメン発掘調査隊】第38回『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』染谷将太”. シネマトゥデイ. 2013年9月7日閲覧。
  19. ^ 「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ邦画編」出版記念特集上映会 6/6(金)上映「青春の殺人者」トークレポート
  20. ^ “染谷将太が監督・脚本!『シミラーバッドディファレント』一夜限りの限定上映!”. シネマトゥデイ. (2013年11月29日). https://www.cinematoday.jp/news/N0058524 2018年7月15日閲覧。 
  21. ^ “菊地凛子&染谷将太が結婚”. 日刊スポーツ. (2015年1月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20150101-1416360.html 2015年1月2日閲覧。 
  22. ^ “染谷将太&菊地凛子夫妻に第1子誕生 染谷が公式サイトで発表”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年10月8日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/08/0009563920.shtml 2016年10月8日閲覧。 
  23. ^ 染谷将太と菊地凛子夫妻に第2子誕生「新たな刺激」 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年5月9日閲覧。
  24. ^ 染谷将太監督作品『シミラー バット ディファレント』Q&A”. LOAD SHOW (2013年11月18日). 2014年12月2日閲覧。
  25. ^ 「特集上映 濱口竜介プロスペクティヴ in Kansai」”. Lmaga.jp (2013年5月31日). 2013年6月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月7日閲覧。
  26. ^ 染谷将太、矢口監督新作「WOOD JOB!」に主演!長澤まさみ&伊藤英明も参戦”. 映画.com (2013年6月6日). 2013年6月7日閲覧。
  27. ^ 矢口史靖監督、最新作は“林業”がテーマ。主演は染谷将太”. ぴあ映画生活 (2013年6月). 2013年6月7日閲覧。
  28. ^ 染谷将太&黒川芽以がヤンキー姉弟に 伊藤たかみ原作「ドライブイン蒲生」公開”. 映画.com (2014年4月12日). 2014年4月14日閲覧。
  29. ^ 園子温「TOKYO TRIBE」に佐藤隆太、窪塚洋介、染谷将太ら豪華キャスト結集”. 映画.com (2014年4月11日). 2014年4月14日閲覧。
  30. ^ 大泉洋、地元・北海道企画「ぶどうのなみだ」に主演!染谷将太と兄弟役でタッグ”. 映画.com (2013年9月17日). 2013年11月20日閲覧。
  31. ^ 安藤裕子がヒロイン役に抜擢、大泉洋&染谷将太共演の映画『ぶどうのなみだ(仮)』”. CINRA.NET (2013年9月30日). 2013年11月20日閲覧。
  32. ^ 映画「神さまの言うとおり」に優希美青、染谷将太が出演”. コミックナタリー (2014年5月20日). 2014年5月20日閲覧。
  33. ^ 伝説の漫画「寄生獣」を山崎貴監督が2部作で映画化!染谷将太×深津絵里が参戦”. 映画.com (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  34. ^ 『寄生獣』映画実写化決定 染谷将太×深津絵里×橋本愛が出演”. オリコンスタイル (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  35. ^ 染谷将太&前田敦子、廣木隆一監督作「さよなら歌舞伎町」で初共演!”. 映画.com (2014年7月13日). 2014年7月13日閲覧。
  36. ^ 石井岳龍監督14年ぶりのロック映画!染谷将太×水野絵梨奈×綾野剛ら参戦”. 映画.com (2015年3月5日). 2015年4月24日閲覧。
  37. ^ 岡田将生、染谷将太&成海璃子とアクションに初挑戦!「ストレイヤーズ・クロニクル」実写映画化”. CinemaCafe.net (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  38. ^ 染谷将太、佐藤健&神木隆之介のライバルに! 天才漫画家・エイジを熱演…実写版『バクマン。』”. CinemaCafe.net (2014年11月17日). 2014年11月17日閲覧。
  39. ^ 安田顕主演作『俳優 亀岡拓次』に麻生久美子、新井浩文らが出演”. ORICON STYLE (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  40. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  41. ^ “岡田准一主演「海賊とよばれた男」 妻役に綾瀬はるか”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/28/kiji/K20151128011590980.html 2015年11月28日閲覧。 
  42. ^ 65歳まで現役続けたレスラー最後の1年追う映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』”. webdice (2017年2月3日). 2017年2月9日閲覧。
  43. ^ プロレスファンの染谷将太、天龍源一郎との初対面に感激”. 映画ナタリー (2017年2月4日). 2017年2月9日閲覧。
  44. ^ “映画「3月のライオン」二海堂役は染谷将太!キャスト写真も一斉公開”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年12月9日). http://natalie.mu/comic/news/212544 2016年12月9日閲覧。 
  45. ^ “太賀×中村蒼×矢本悠馬×染谷将太ら若手実力派結集!青春小説「ポンチョ」を映画化”. 映画.com (カカクコム). (2017年3月15日). http://eiga.com/news/20170315/2/ 2017年3月15日閲覧。 
  46. ^ “染谷将太がチェン・カイコー監督作「空海―KU-KAI―」で主演”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). http://natalie.mu/eiga/news/205591 2016年10月17日閲覧。 
  47. ^ 半澤孝平 (2017年6月5日). “映画「きみの鳥は歌える」主演に柄本さんら”. 函館新聞 (函館新聞社). https://digital.hakoshin.jp/life/culture/21463 
  48. ^ “松田龍平主演「泣き虫しょったんの奇跡」に永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら結集!”. 映画.com. (2018年3月16日). http://eiga.com/news/20180316/4/ 2018年3月16日閲覧。 
  49. ^ 染谷将太主演映画『最初の晩餐』11月公開 戸田恵梨香、窪塚洋介らと共演” (日本語). CINRA.NET. 2019年6月28日閲覧。
  50. ^ “シライサン:飯豊まりえ主演ホラー映画に忍成修吾、谷村美月、江野沢愛美、染谷将太”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年6月12日). https://mantan-web.jp/article/20190611dog00m200041000c.html 2019年6月13日閲覧。 
  51. ^ “窪田正孝「初恋」に大森南朋、染谷将太、内野聖陽、ベッキー、村上淳、塩見三省ら参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月16日). https://natalie.mu/eiga/news/331509 2019年5月16日閲覧。 
  52. ^ 細田守新作「おおかみこどもの雨と雪」 声優出演に菅原文太、麻生久美子、谷村美月、染谷将太”. アニメ!アニメ!. 2012年5月30日閲覧。
  53. ^ 細田守監督最新作、役所広司が主演声優に決定!宮崎あおいら豪華キャスト陣が発表”. シネマトゥデイ (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  54. ^ 《2020年大河ドラマ》“美濃編” の出演者を発表!大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる”. NHKオンライン (2019年3月8日). 2019年3月8日閲覧。
  55. ^ 川崎直子 (2014年5月14日). “林業男子が植物男子に?!話題の染谷さん登場!!”. 植物男子ベランダー スタッフBLOG. 2014年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  56. ^ 三上博史×染谷将太×リリー・フランキー、法廷ミステリーで“贖罪”問う”. CinemaCafe.net (2014年11月1日). 2014年11月11日閲覧。
  57. ^ 湊かなえ、三浦しをん、角田光代の短編小説を、オムニバスドラマ化。『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』”. とれたてフジテレビ (2015年11月25日). 2016年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月25日閲覧。
  58. ^ “藤井隆が寺田心&清野菜名と大冒険、Eテレうたのファンタジードラマにロバート秋山ら”. お笑いナタリー. (2018年12月26日). https://natalie.mu/owarai/gallery/news/313908/1078833 2020年2月24日閲覧。 
  59. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン. 2019年3月1日閲覧。
  60. ^ “「聖☆おにいさん」松山イエスと染谷ブッダが神社でヒット祈願、おみくじは吉被り”. コミックナタリー. (2020年1月11日). https://natalie.mu/eiga/news/362861 2020年1月27日閲覧。 
  61. ^ “染谷将太、『浦安鉄筋家族』出演 どんな仕事も引き受けるプロ根性”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2158479/full/ 2020年4月19日閲覧。 
  62. ^ “妻夫木聡主演『危険なビーナス』にディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2171580/full/ 2020年9月10日閲覧。 
  63. ^ ピース又吉原作ドラマ「火花」に染谷将太、小林薫、田口トモロヲ、山本彩が出演”. 映画ナタリー (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  64. ^ “リリー・フランキーと染谷将太がHuluドラマで渡辺麻友、宮脇咲良らと共演”. 映画ナタリー. (2016年7月7日). http://natalie.mu/eiga/news/193639 2016年7月7日閲覧。 
  65. ^ ふなっしーの後継は“ミギー”!? 『寄生獣』コラボCM放送決定”. ぴあ映画生活 (2014年). 2014年12月23日閲覧。
  66. ^ 染谷将太:「白戸家」新CMで高校時代の“お父さん”に “お母さん”は広瀬すず”. 毎日新聞デジタル (2015年1月23日). 2015年1月29日閲覧。
  67. ^ “百獣の王”武井壮、念願の『モンハン』CM出演”. ORICON STYLE (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  68. ^ “池松壮亮の失敗談に染谷将太&山本美月もビックリ!” (プレスリリース), TVLIFE, (2017年9月28日), http://www.tvlife.jp/entame/141555 2017年9月29日閲覧。 
  69. ^ 二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開”. CINRA.NET (2019年11月28日). 2019年11月30日閲覧。
  70. ^ 染谷将太がニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞!”. シネマトゥデイ (2015年5月22日). 2015年5月22日閲覧。
  71. ^ 市川遥 (2015年7月6日). “染谷将太、ニューヨークで賞を受賞!「演技の道を極める」と英語でスピーチ”. シネマトゥデイ. 2015年7月6日閲覧。
  72. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月18日閲覧。
  73. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180925 2016年3月25日閲覧。 

外部リンク



 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close