ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|ケイト・ハドソン、ドラマ初主演!『真相 – Truth Be Told』シーズン2に出演


写真 

ケイト・ハドソン、ドラマ初主演!『真相 – Truth Be Told』シーズン2に出演

 
内容をざっくり書くと
『真相 – Truth Be Told』シーズン2は10月26日(月)より米ロサンゼルスで撮影が開始され、2021年にApple TV+にて配信予定。
 

音楽映画『あの頃ペニー・レインと』でブレイクし、2000年代に数々のロマコメ作品で活躍したケイト・ハ… →このまま続きを読む

 海外ドラマNAVI

最新ニュースやコラムなど、海外ドラマ情報を網羅的にチェックできるサイト。ドラマの見どころや出演キャストをチェックできる作品データベースもあります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

配信予定

Apple TV

Camera-photo Upload.svg画像提供依頼
  1. Apple TV 第四世代本体の背面写真
  2. Apple TV 4K本体の写真
  3. Apple TV 4K本体の背面写真
画像提供をお願いします。2017年10月

Apple TV(アップル ティーヴィー)は、アップルが開発・販売するセットトップボックスである。2006年9月12日コードネームiTV」(アイティーヴィー)として発表された。

家庭内でビデオコンテンツiTunesからテレビ無線LANあるいは有線LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができる。また、2008年1月15日より、iTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、映画のレンタルもできるようになった。

概要

Apple TVは2006年9月12日サンフランシスコのYerba Buena Center for the Artsで開催されたスペシャルイベントの終盤に、スティーブ・ジョブズCEOが「iTV(アイティーヴィー)」というプロジェクトのコードネームで発表した[1]。予定価格は299ドルとされた。アップルが開発段階でハードウェア製品を発表するのは異例のことであった。

2007年1月10日にアップルは正式名称を「Apple TV」、日本でのメーカー希望小売価格を36,800円と発表し[2]、同時にApple Online Storeで注文の受付を開始した。出荷予定日は当初2007年2月とされたが延期され[3]、3月22日に出荷が始まった[4]

2008年1月15日サンフランシスコ英語版で行われたMacworld2008でスティーブ・ジョブズCEOがApple TVの値下げとアップデートをアナウンスした。このアップデートによって、iTunesの新しいサービスであるiTunes ムービーレンタルにも対応し、今度はMacやPCに同期せずに単体でiTunes Storeにアクセスできるようになった。ムービーレンタルはDVD解像度(480i、AVC 1.5Mbps前後)のほかにHD解像度(720p、AVC 4Mbps)でドルビー5.1chサウンドに対応した)転送速度は1本あたりの容量と再生時間から計算)。またHD対応のPodcastにも対応している。これにともなってGUIも一新された。

2010年9月1日のアップル2010秋スペシャルイベントで第2世代Apple TVが発表され、99ドルへの大幅な値下げ、製品も4分の1に小型化し、AirPlayの初採用と前モデルから内容が大幅に刷新された。この刷新では、iTunesだけでなくiPhoneやiPadからの音楽や動画、画像をAirPlay経由で再生することが可能になった。また、従来のHDムービーに加えて、大手放送局提供のTV番組が1話に付き99セントでレンタルできるサービスが加わった。また米国で人気のNetflixへも対応した。

2015年9月10日に発表された第4世代Apple TVでは、iOSベースの新プラットフォームであるtvOSを採用、これによりサードパーティー製アプリの使用が可能になるなど、機能が大きく刷新された。

沿革

  • 2006年9月12日 - サンフランシスコのイベントで、コードネーム「iTV」として製品発表。
  • 2007年1月9日 - Macworld Conference & Expo 2007で「Apple TV」として製品が正式発表。販売開始。
  • 2008年1月15日 - 1月中にソフトウェアアップデートを実施し、機能追加(iTunes Storeでの音楽などの購入が可能に。またアメリカに限り同Storeで映画レンタルが可能に。.Mac WebギャラリーやFlickrの写真閲覧が可能に。)すると発表。インターフェースの変更。
  • 2008年1月30日 - 機能追加の為のソフトウェアアップデートが1〜2週間遅れると発表[5]
  • 2009年9月15日 - 40GBモデル販売終了、160GBモデルの大幅価格改定(49,800円→23,800円)[6]
  • 2009年10月30日 - Apple TV 3.0ソフトウェア発表[7]。iTunes ExtrasやiTunes LP、Genius Mixに対応した。
  • 2010年6月15日 - 新モデルのMac mini発表によりApple Online Store上でiPodアクセサリーへ分類される。
  • 2010年9月1日 - 第2世代Apple TV発表[8]。ストレージを廃止し大幅に小型化。Apple A4を搭載。
  • 2010年11月11日 - 第2世代Apple TVが日本で発売開始。
  • 2012年3月8日 - 第3世代Apple TV発表[9]。メニュー画面などのインターフェースを一新し、最大解像度が1080pになる。また、同日に Apple TV (第2世代) へのソフトウェア・アップデートが提供され、新しいインターフェースを使用できるようになった。
  • 2012年9月25日 - Apple TVソフトウェアアップデート5.1公開。ホーム画面のアイコン整列、iCloudの新機能、バグ修正などが含まれている[10]
  • 2013年1月28日 - 第3世代Apple TV (Rev. A) 発売。内部の一部部品が刷新されている。
  • 2013年9月21日 - Apple TVソフトウェアアップデート6.0公開。iTunes Music Storeから直接音楽を購入、再生できるようになった。
  • 2014年9月19日 - Apple TVソフトウェアアップデート7.0公開。新たにフラットな見た目のGUIデザイン(iOS 7.x/8.xに酷似)を採用。に対応し、Beats Musicアプリが追加された。
  • 2015年9月10日 - 第4世代Apple TV発表[11]。新たにtvOSを採用、サードパーティー製アプリの使用が可能になる。それに伴いストレージが復活(32GBおよび64GB)。
  • 2015年10月30日 - 第4世代Apple TV発売。
  • 2017年9月12日 - Apple TV 4K発表。4K画質に対応。
  • 2017年9月22日 - Apple TV 4K発売。
  • 2019年3月25日 - 映像配信サービスApple TV+、および新しいApple TVアプリケーション発表[12]

特徴

  • Mac、PC、iPhone、iPod touch、iPad内の映像・音楽・写真コンテンツを、無線か有線LAN経由でテレビにストリーミング[13]
  • ホームシェアリング機能を有効にしたMacまたはPCのミュージック、ビデオ、写真にアクセス可能
  • iCloudFlickrの写真、およびYouTubeVimeoNetflixHuluのビデオを閲覧
  • iTunes Storeでのコンテンツの購入
  • iTunes StoreでHD画質のムービー及びテレビ番組のレンタルまたは購入(日本国内では2010年11月11日より開始)

(ABC、Fox、Disney Channel、BBC America提供によるHD TV番組が99セント、HDムービーのセレクションが4.99ドル)

第1世代

無線LANIEEE 802.11b/g/nドラフト)、またはイーサネットで特定1台のパソコンのiTunesと自動的に同期し、内蔵のHDDにコンテンツを貯めることができる。また、5台までのパソコンからストリーミングを受ける機能も備える。同期、ストリーミングはMac OS XWindowsの両方に対応している。製品にはApple Remoteが付属し、Front Rowと同様のGUIを実装して簡単なメニュー操作で各データを閲覧・再生できるようになっている。

出力解像度は720pに対応している。ハイビジョンテレビとの接続を考慮した設計のため、アップル製品では初めてHDMI端子とコンポーネント端子を搭載している。

第2世代

新たにApple A4プロセッサが搭載され、電源が内蔵された。CPUGPUメモリなどの構成部品をApple A4に集約し、HDD、コンポーネント端子が撤廃されたことによって、本体サイズが約4分の1に小型化し、$99への大幅な値下げを可能とした。

内蔵ソフトウェアも大幅に刷新されている。iOSが搭載され、従来のHDムービーに加え大手放送局提供のTV番組が¢99(1話)でレンタルできるサービスが加わった。また米国で人気のNetflixへも対応した。更に、新発表のAirPlay(旧AirTunes)によって、MacやWindows PC、iPhoneiPod touchiPadからでも音声や画像、映像をWi-Fi経由でストリーミング再生できるようになった。

無線LANは、IEEE 802.11a/b/g/nに対応し、2.4GHz帯のほか、5GHz帯での接続が可能となった。付属する新しいApple Remoteのほか、RemoteアプリをインストールしたiPhone、iPod touch、iPadを使用してのリモートコントロールが可能である。

第3世代

2012年3月16日発売。Apple A5 プロセッサ(シングルコア)を搭載し、GUIとHDMI出力は1080pに対応。これにより、フルハイビジョンテレビとの接続に限り、1080p動画をダウンコンバートせずに再生が可能になった。

2013年1月28日には内部の一部部品が刷新された第3世代Apple TV (Rev. A) が発売されたが、外観・機能などに変化はない。

第4世代

2015年9月10日発表[14]、同年10月26日からオンラインでの注文受付が開始され、同30日より出荷および店頭での販売が開始された。価格は32GBモデルが18,400円、64GBモデルが24,800円。第3世代も併売を続ける。

CPUには新しくApple A8プロセッサを搭載。出力端子はHDMI 1.4のみとなり、光デジタル音声端子は撤廃された。オーディオフォーマットでは新たにDolby Digital Plus 7.1に対応した。

iOSをベースに開発されたtvOSを採用し、GUIがSiri Remoteでの操作に最適化されるかたちで刷新された。またApple TVでは初めてApp Storeに対応。開発者にはソフトウェア開発キットとしてtvOS SDKが提供され、Apple TV用アプリの開発、配信ができるようになった。

従来のApple Remoteにかわり、Siri用のデュアルマイクやTouchサーフェス、加速度センサー及びジャイロスコープなどを備えたSiri Remoteが同梱される。Apple Remoteが本体との通信に赤外線を利用していたのとは違って、Siri RemoteはBluetooth接続である。Siriボタンを押しながら話しかけることで、動画や音楽の再生・停止・スキップなどの操作から、ジャンルや俳優名などからの映画作品の検索、天気予報やスポーツの試合結果の表示など、音声で様々な操作をすることができる。また方向ボタンの代わりにAppleがTouchサーフェスと呼ぶタッチパッドを搭載し、これをスワイプするなどして画面上の選択を切り替えたりスクロールしたりする。HDMI CECに対応したテレビであれば、Siri Remoteからテレビ本体の音量を操作することも可能となった。Siri Remoteはゲームコントローラーとしても使用できるほか、英語版の認定を受けた他社製のBluetoothワイヤレスゲームコントローラーを使用できる。

後述の第5世代発表後も32GBモデルのみ併売されている。

2019年3月25日、製品呼称が「Apple TV(第4世代)」から「Apple TV HD」へ変更された[15]

第5世代

Apple TV 4Kという名称で2017年9月12日発表[16]9月22日発売。CPUは新しいApple A10Xを搭載し、GUIは4K画質に対応。但し、AirPlayミラーリング時のネイティブ4K表示には非対応。ストレージは32GBおよび64GB。イーサネットポートはギガビットイーサネットに対応。尚、USB端子自体は基盤内には残っているものの、物理的に差し込めなくなっている。

新たにAirPlay2に対応し、HomePodと組み合わせることでHomePodをスピーカー代わりに使用することが可能。

Apple TV+

2019年3月25日発表[12]。2019年11月1日にサービスを開始[17]Netflixのような定額制映像配信サービスで、本サービス開始に合わせて、Apple TVのみならず、東芝サムスン電子製などの一部スマートテレビAmazon Fire TV[20]などでも専用アプリで本サービスやiTunesのコンテンツが視聴可能になった[18][21]

仕様

第1世代[22]第2世代[23]第3世代[24]Apple TV HD(第4世代)[25]Apple TV 4K[26]
発売日2007年1月9日2010年9月1日初期版:

2012年3月7日

2015年10月30日2017年9月22日
Rev.A:

2013年1月28日

生産中止2010年9月1日2012年3月7日初期版:

2013年3月10日

64GB:

2017年9月12日

生産中
Rev.A:

2016年9月8日

32GB:

生産中

プロセッサIntel 1.0 GHz Crofton プロセッサ[27]1 GHz Apple A4Apple A5 シングルコアApple A8 デュアルコアApple A10X Fusion
グラフィックスNVIDIA GeForce Go 7300 (64 MB VRAM)[28]Apple A4

(PowerVR SGX535)

初期版:

Apple A5

(PowerVR SGX543MP2)

Apple A8

(PowerVR Series 6XT GX6450)

Rev.A:

Apple A5

(PowerVR SGX543MP1)

メモリ256MB/400 MHz DDR2 SDRAM[29]256MB[30]512MB[31]2GB LPDDR3 SDRAM[32]
ストレージ40GB/160GB HDD[29]8GB フラッシュメモリキャッシュ用)32GB/64GB フラッシュメモリ32GB/64GB フラッシュメモリ
コネクタHDMI
コンポーネント端子
IRレシーバ
USB 2.0[33]
HDMI
IRレシーバ
Micro-USB[34]
HDMI 1.4
IRレシーバ
USB Type-C
HDMI 2.0a

IRレシーバ

ネットワークIEEE 802.11b/g/n WiFi
10/100BASE-T Ethernet
IEEE 802.11a/b/g/n Wi-Fi
10/100BASE-T Ethernet
MIMO対応 IEEE 802.11ac Wi-Fi
10/100BASE-T Ethernet
Bluetooth 4.0
MIMO対応 802.11ac Wi-Fi

ギガビットEthernet Bluetooth 5.0

映像出力1080p/1080i 60/50 Hz・720p 60/50 Hz・576p 50 Hz(PAL)・480p 60 Hz(NTSC
HDMIおよびコンポーネント端子
720p 60/50 Hz
HDMIのみ
1080p 60/50 Hz・720p 60/50 Hz
HDMIのみ
最大2160p 60fps
音声出力S/PDIF 光デジタル音声端子
RCA端子 アナログステレオオーディオ
S/PDIF 光デジタル音声端子HDMIのみ
電源48W 内蔵電源6W 内蔵電源13W 内蔵電源
サイズ197×197×28mm98×98×23mm98×98×35mm
重量1.09 kg272g425g
付属リモコンApple Remoteアルミニウム製Apple RemoteSiri Remote
初期搭載OSApple TV Software 1.0
Mac OS X 10.4 ベース)
Apple TV Software 4.0
iOS 4.1 ベース)
初期版: Apple TV Software 5.0
(iOS 5.1 ベース)
tvOS 9.0[35]
(iOS 9ベース)[36]
tvOS 11.0

(iOS 11 ベース)

Rev.A: Apple TV Software 5.2[37]
(iOS 6.1 ベース)
現在のOSApple TV Software 3.0.2
(Mac OS X 10.4 ベース)
Apple TV Software 6.2.1
(iOS 7.1.2 ベース)
Apple TV Software 7.4
(iOS 8.4.3 ベース)
tvOS 13.3.1

(iOS 13.3.1 ベース)

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ アップル、驚きの新機能を加え、iTunes 7を発表 アップル ニュースリリース 2006年9月13日
  2. ^ Apple TVがリビングルームに登場 アップル ニュースリリース 2007年1月10日
  3. ^ Apple TV、国内出荷も3月中旬に延期 ITmedia +D LifeStyle、アイティメディア 2007年2月27日
  4. ^ Apple TVの出荷を開始 アップル ニュースリリース 2007年3月22日
  5. ^ MacBook Air Now Shipping Apple TV Update Coming Soon
  6. ^ アップル、「Apple TV」160GBモデルを大幅値下げ
  7. ^ “Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、ユーザインターフェイスを一新したApple TV 3.0ソフトウェアを発表” (プレスリリース), Apple Inc., (2009年10月29日), https://www.apple.com/jp/pr/library/2009/10/29Apple-Introduces-Apple-TV-3-0-Software-With-Redesigned-User-Interface.html 2015年10月5日閲覧。 
  8. ^ “Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、新しいApple TVを画期的な99ドルで初公開” (プレスリリース), Apple Inc., (2010年9月1日), https://www.apple.com/jp/pr/library/2010/09/01Apple-Premieres-New-Apple-TV-for-Breakthrough-Price-of-99.html 2015年10月5日閲覧。 
  9. ^ “Apple (日本) - Apple Press Info - Appleの新しいApple TV、1080p HDに対応” (プレスリリース), Apple Inc., (2012年3月7日), https://www.apple.com/jp/pr/library/2012/03/07Apple-Brings-1080p-High-Definition-to-New-Apple-TV.html 2015年10月5日閲覧。 
  10. ^ Apple TV (第 2 および第 3 世代) ソフトウェアアップデートについて - Apple サポート”. Apple Inc.. 2015年10月5日閲覧。
  11. ^ “Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、まったく新しいApple TVによりテレビの分野に再び革新をもたらす” (プレスリリース), Apple Inc., (2015年9月9日), https://www.apple.com/jp/pr/library/2015/09/09Apple-Brings-Innovation-Back-to-Television-with-The-All-New-Apple-TV.html 2015年10月5日閲覧。 
  12. ^ a b “Apple、Apple TV+を発表 — 世界で最もクリエイティブな才能たちが集う場所” (プレスリリース), Apple Inc., (2019年3月25日), https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/03/apple-unveils-apple-tv-plus-the-new-home-for-the-worlds-most-creative-storytellers/ 2019年3月31日閲覧。 
  13. ^ ワイヤレスビデオストリーミングに限り、IEEE 802.11gかIEEE 802.11nが必要
  14. ^ “Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、まったく新しいApple TVによりテレビの分野に再び革新をもたらす” (プレスリリース), Apple Inc., (2015年9月9日), http://www.apple.com/jp/pr/library/2015/09/09Apple-Brings-Innovation-Back-to-Television-with-The-All-New-Apple-TV.html 2015年10月5日閲覧。 
  15. ^ 「Apple TV HD」発売。1080pの第4世代Apple TVを改名、もちろんApple TV+視聴可能”. 2019年3月31日閲覧。
  16. ^ Apple TV 4Kが4KとHDRで映画館の魔法を自宅に再現
  17. ^ 「全オリジナル」ビデオサブスクのApple TV+始まる 日本でも視聴可能”. ITmedia NEWS(2019年11月1日作成). 2019年11月1日閲覧。
  18. ^ a b 一部地域でApple TVアプリがFire TVデバイス向けに配信開始”. GIZMODO(2019年10月28日作成). 2020年4月8日閲覧。
  19. ^ Apple TVアプリ、Amazon Fire TVで利用可能に”. ITmedia(2020年4月7日作成). 2020年4月8日閲覧。
  20. ^ 2019年11月のApple TV+サービス開始時点では日本国内でのAmazon Fire TVではApple TVアプリを利用できなかったが、2020年4月に行われた同アプリのアップデートに伴い、日本国内でも利用が出来るようになった[18][19]
  21. ^ Apple TVアプリ、今年後半にソニーやLGのテレビで利用可能に”. PHILE WEB(2020年1月8日作成). 2020年4月8日閲覧。
  22. ^ Apple TV (1st generation) - 技術仕様”. Apple Inc.. 2015年10月5日閲覧。
  23. ^ Apple TV (第 2 世代) - 技術仕様”. Apple Inc.. 2015年10月5日閲覧。
  24. ^ Apple TV (第 3 世代) - 技術仕様”. Apple Inc.. 2015年10月5日閲覧。
  25. ^ Apple TV (第4世代) - 技術仕様”. Apple Inc.. 2019年3月31日閲覧。
  26. ^ Apple TV 4K - 技術仕様”. 2017年9月15日閲覧。
  27. ^ What's inside an Apple TV: Tear-down reveals (almost) all”. (2007年3月28日). 2007年8月1日閲覧。
  28. ^ Pentium M-based Intel chip at heart of Apple TV”. (2007年1月15日). 2008年12月7日閲覧。
  29. ^ a b Shimpi, Anand Lal (2007年3月22日). “Apple TV”. AnandTech. 2007年3月23日閲覧。
  30. ^ Apple TV 2nd Generation Teardown - iFixit”. iFixit. 2015年10月5日閲覧。
  31. ^ ATV3 Teardown”. XBMC Forums. 2012年3月17日閲覧。
  32. ^ Apple TV 4th Generation Teardown - iFixit”. iFixit (2015年9月23日). 2015年10月5日閲覧。
  33. ^ Cheng, Jacqui (2007年1月9日). “ARS at Macworld: Questions about the Apple TV”. Ars Technica. 2007年3月23日閲覧。
  34. ^ Apple TV (2nd generation):Apple TV を工場出荷時の初期設定に戻す”. Apple Inc.. 2012年3月3日閲覧。
  35. ^ tvOS SDK Release Notes for tvOS 9.0 Beta”. Apple Inc.. 2015年10月10日閲覧。
  36. ^ App Programming Guide for tvOS: The New Apple TV”. Apple Inc.. 2015年10月10日閲覧。 “The new Apple TV uses the latest iOS frameworks and frameworks that are unique to tvOS.”
  37. ^ New Apple TV (Model A1469) Discovered In FCC Filings, Likely To Arrive With Updated A5X (SoC) Processor”. 2013年4月5日閲覧。[リンク切れ]

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close