ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📺|『マンダロリアン』はルーカスが大切にした“家族の物語”を継承 孤独な2人の絆に注目


写真 『マンダロリアン』シーズン2場面写真(C) 2020 Lucasfilm Ltd.

『マンダロリアン』はルーカスが大切にした“家族の物語”を継承 孤独な2人の絆に注目

 
内容をざっくり書くと
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以降では、主人公ルーク・スカイウォーカーが冒険を通して妹(レイア・オーガナ)や父親(ダース・ベイダー)の存在を知り、交流していく中で芽生えた家族愛が描かれた。
 

『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』のシーズン2が、10月30日よりDisn… →このまま続きを読む

 クランクイン!

国内外の映画&テレビドラマの最新情報を中心に、アニメ・海外ゴシップなどネットで話題になっているエンタメの「今」を毎日ニュースで発信!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

家族愛

家族愛(かぞくあい)とは、恋愛感情とは異なる家族の愛情[1]

本田透は『シスター・プリンセス』は妹の兄に対する家族愛の感情を扱った作品だと指摘している[2]。だが、本田透は『Clannad』のように家族愛を扱った作品は、オタク向け作品など一部にしか見られなくなってしまったと指摘する[3]。野田潤は、育児や介護といった社会問題になるはずのものが、家族愛の名の下に個人の責任にされてしまっていると指摘する[4]。また、野田潤は、日本では再生産労働の従事者は女性が大半であるため、子どもに対する親密性を強調することは母性の強調になるわけである[5]

出典

  1. ^ 『萌える男』(本田透、筑摩書房、2005年) 143ページ ISBN 4-480-06271-8
  2. ^ 『萌える男』(本田透、筑摩書房、2005年) 151ページ ISBN 4-480-06271-8
  3. ^ 『萌える男』(本田透、筑摩書房、2005年) 147ページ ISBN 4-480-06271-8
  4. ^ 『社会学講義』(橋爪大三郎、佐藤郁哉、吉見俊哉、大澤真幸、若林幹夫、野田潤著、筑摩書房、2016年) 206、211ページ(野田潤による執筆部分) ISBN 978-4-480-06898-9
  5. ^ 『社会学講義』(橋爪大三郎、佐藤郁哉、吉見俊哉、大澤真幸、若林幹夫、野田潤著、筑摩書房、2016年) 200、201ページ(野田潤による執筆部分) ISBN 978-4-480-06898-9

関連項目

スカイウォーカー

スカイウォーカー (Skywalker) は映画監督のジョージ・ルーカススター・ウォーズ・シリーズで登場人物に使用した架空のファミリーネーム。


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close