ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|スシロー、180円の本格「レアチーズケーキ」を世に放つ。期間限定!


写真 

スシロー、180円の本格「レアチーズケーキ」を世に放つ。期間限定!

 
内容をざっくり書くと
「ブリュレアチーズケーキ」 は、オーストラリアで飼育されている牛の生乳から作ったクリームチーズを使った、酸味控えめな ミルキーなレアチーズケーキ です。
 

大手回転寿司チェーン「スシロー」では、新作ケーキ「ブリュレアチーズケーキ」の販売を2021年1月20… →このまま続きを読む

 東京バーゲンマニア


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

クリームチーズ

クリームチーズ英語:cream cheese)は、生クリームまたはクリーム牛乳の混合物を乳酸発酵させてホエイを除いて製造した非熟成の軟質チーズ。比較的水分が多いため、常温冷凍での保存より、10℃以下での保存が適している。穏やかな酸味バターのような滑らかな組織が特徴で、パンベーグルに塗って食べたり、チーズケーキの主な材料として利用される。また、マッシュポテトに混ぜ入れたり、サラダトッピングや、スモークサーモンの付け合せとして用いられることもある。

栄養分の内分けは水分55%以下、脂肪33%以上、たんぱく質10%、食塩0.8〜1.2%。

現在「フィラデルフィア・クリームチーズ」ブランドの製品[1]を製造販売しているアメリカ合衆国の食品メーカーのクラフトフーヅによると、「クリームチーズの起原は1872年のアメリカにあり、ニューヨークの乳製品加工業者ウィリアム・ローレンス(William Lawrence)が、“これまでにないほど豊かな風味を持つチーズ”を生クリームと全乳から作ったのが始まり」であると言われる。クリームチーズの誕生は、フランスヌーシャルテルチーズに着想を得たといわれる。 1880年には、ニューヨークのチーズ卸業者A・L・レイノルズ(A. L. Reynolds)が、「フィラデルフィア」と名付けたアルミ箔に包んだクリームチーズの販売を始めた。

日本では、日本法人のモンデリーズ・ジャパンではなくて、森永乳業(製造は合弁会社のエムケーチーズ)が販売している。

関連項目

チーズケーキ

チーズケーキ (cheese cake) は、チーズを使ったケーキ。温製のベイクドと湯煎焼きのスフレ、冷製のレアに大別される。

種類

ベイクド・チーズケーキ

オーブンできつね色になるまで焼いたものはベイクド・チーズケーキと呼ばれる。ニューヨークチーズケーキと呼ぶこともある。型にクリームチーズカッテージチーズマスカルポーネリコッタチーズなどのやわらかく塩分の少ないチーズと砂糖、卵黄、コーンスターチ小麦粉などをすり混ぜた生地を流しいれ、オーブンで焼いたもの。1990年代頃までの日本では土台を使わないものが主流であったが、近年ではパイ皿に敷いたサブレ生地や砕いたクラッカーなどの土台の上にチーズケーキ生地を流しいれたものが多い。

焼いて作るため普通の焼き菓子同様に常温で保存が利くと思われがちであるが、実は低温保存が原則で、常温に放置すると生地が融けてプリンのようになる。一部ではこの性質を生かした商品も売られている。

単に「チーズケーキ」と言う場合は、ほぼこのタイプのチーズケーキである。バスクチーズケーキなどもこのタイプに入る[1]

レア・チーズケーキ

火を通さず、クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものを冷やし固めたものであり、クッキーを砕いて作ったクラスト生地を下に敷くこともある。あるいはフィリングだけをババロアムースのようにグラスに盛る「グラス・チーズケーキ」もある。近年はガーゼで包んで販売するものが登場している。

バニラチョコレートヨーグルトなど風味などさまざまな味付けがされることがあり、フルーツ、特にイチゴブルーベリーのトッピングが乗ることも多い。

ゼラチンで凝固させることが多いが、寒天を使ったり、あるいはクリームチーズ自体やホイップクリームの固さだけで仕上げる場合もある。口どけを最大限に高めるためレモンの酸によってチーズのタンパク質を凝固させる方法もある。この場合はレモンのさわやかな風味が増す。

チーズスフレ

卵白を泡立てて焼くことにより口解けのよいスポンジタイプのチーズケーキが出来上がる。スフレチーズケーキと呼ぶこともある。日本ではスタンダードなチーズケーキであるが、海外ではあまり見られない。海外では日本発祥のチーズケーキとされ、多くの場合「japanese style cheesecake」と称して売られていることが多い。

歴史

チーズケーキの起源は古代ギリシャまでさかのぼり、紀元前776年の第一回古代オリンピックの期間中、アスリートたちに振る舞われていた。ギリシャのチーズケーキをヨーロッパ中に普及させたのはローマ人であるが、現在のチーズケーキとは味も見た目も異なっていたようである。

現在のようなベイクドチーズケーキの起源は、中世前期ポーランドのポドハレ地方にあるといわれる。生乳を軽く発酵させた酸味のある真っ白なフレッシュチーズトゥファルク」をふんだんに使用したチーズケーキ「セルニック」は、ここの住民で「グラル人」と呼ばれるスラヴ系の山の民(グラルは文字通り「山の民」の意味)の郷土食であり、ポドハレ地方では現在でも各家庭のお茶菓子として日に数回も食べられている。トゥファルクを使うと酸味があるため、一般に知られるチーズケーキのようにレモン果汁などを加える必要がなく、実際にレモン果汁を加えないのが本来のレシピである。なお近年になり、人類最古のチーズがポドハレ地方周辺のポーランド南部で発見され[2]、中東や地中海周辺であろうとされていた従来のチーズ起源説が、この大発見により根底から覆されようとしている。

数世紀のちに、ポーランドからの移民(とくにポドハレ地方の近くの大都市クラクフからのユダヤ人)が持ち込んだレシピを元に、アメリカにもチーズケーキが出現する。1872年には、フランスチーズヌーシャテルを再現しようとしていた牛乳屋が、クリームチーズを新たに開発した。

その他

  • ベイクドチーズケーキやレアチーズケーキを中心にスティック状にしたものが販売されている。
  • チーズケーキという言い方は現在、チーズケーキ風味の他のデザートを表す時にも使用される。チーズケーキヨーグルト、チーズケーキアイスクリーム、チーズケーキバターケーキ、チーズケーキブラウニー、チーズケーキクッキーなどがその一例である。
  • チーズケーキは英語において、セックスシンボルである女性を表す時にも用いられる。グラビアに写っている女性にまつわる話題であれば、特にその用例が見られる[3]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close