ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧁|お豆のスイーツ?白花豆がミルクと出会ったクリーミーな「新感覚ムース」


写真 

お豆のスイーツ?白花豆がミルクと出会ったクリーミーな「新感覚ムース」

 
内容をざっくり書くと
コクがある牛乳と、なめらかな舌触りの白花豆とか見事にコラボレーションしています。
 

北見市といえば玉ねぎが有名ですが、実は他にも日本一があるんです。それは“白花豆”という親指ほどある白… →このまま続きを読む

 北海道Likers

北海道を愛する人々でつくる地域活性化共創プラットフォーム。食、文化、産業、風土、そして人の魅力を発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ベニバナインゲン

ベニバナインゲン(紅花隠元、学名:Phaseolus coccineus, 英名:Runner beanまたはscarlet runner bean )、メキシコの高原原産のインゲンマメ属の多年草(日本では一年草扱い)。花豆(紫花豆)ともいわれる。

大航海時代に欧米へ導入され、日本へは江戸時代末期に渡来した。当初は観賞用にとどまり、食用として栽培が始まったのは明治時代に入ってから、札幌農学校北海道)が最初。本格的な普及は大正時代以降である。

鉄分やカルシウム食物繊維を多く含み、大豆より低カロリーである。冷涼な気候が適し、日本では北海道や東北地方のほか、長野県群馬県山梨県清里高原)の高地で栽培される。花は紅色で、豆には紫の地に黒い斑模様がある。変種に花や実が白いシロバナインゲン(白花豆)がある。[1][2]

日本では熟した豆を煮豆甘納豆の原料とすることが多い[3]が、欧米では若い莢(さや)を食用とする。インゲンマメ同様に毒性のあるレクチンの一種フィトヘマグルチニンPHA)を含むため、調理の際はよく火を通す必要がある。

脚註

[脚注の使い方]
  1. ^ 花豆(はなまめ)日本豆類協会(2018年11月24日閲覧)。
  2. ^ 【ぐるっと首都圏・食べる つながる】山梨・清里高原 花豆/より大きな粒へ奮闘『毎日新聞』朝刊2018年10月25日(首都圏面)2018年11月24日閲覧。
  3. ^ 『新編 食用作物』星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p496

外部リンク


 

Back to Top
Close