ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍽|【茅ヶ崎】ぐるぐるダイニングでランチ!ご夫婦で営むアットホームな洋食屋さん。


写真 

【茅ヶ崎】ぐるぐるダイニングでランチ!ご夫婦で営むアットホームな洋食屋さん。

 
内容をざっくり書くと
ミートローフは、お箸でも切れるほどの柔らかさで味がしっかりしています。
 

ちょっと贅沢コースが、お手軽ランチで食べられるお店みつけたよ。 ママ友と、ちょっと長話したいなぁとい… →このまま続きを読む

 ジモハック湘南

湘南エリア(江ノ島・藤沢・茅ヶ崎・平塚など)のグルメ・観光・暮らし情報を発信します!現在、月間16万PVほどのWEBメディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

柔らか味

ミートローフ

ミートローフ: meatloaf)は塊状の挽肉を加熱調理した料理である。

概要

「ローフ」 (loaf) は古英語パンが語源であり、転じて長方形の食パン形に成形した挽肉をオーブンで焼いたものをローフと呼ぶようになった。実際には、円形のケーキ型やリング形のババロア型で焼くことも多く、必ずしも直方体とは限らない。挽肉料理の歴史は古く、古代ローマの料理書である『アピシウス』でも言及されている。ミートローフは、ドイツベルギーオランダオーストリアハンガリーなどで、古くからの定番の伝統料理として愛されてきている。アメリカのミートローフは、植民地時代のペンシルベニア州で、ドイツ系移民が食べていた Scrapple に由来する。しかしながら現代アメリカにおける意味でのミートローフは19世紀後半まで料理書には現れなかった[1]。   

調理法

通常は挽肉が主であるが、ラム、合い挽き肉も用いられる。挽肉にタマネギのみじん切りを炒めたものを混ぜ、や、パン粉などの穀物粉を成型のためのつなぎとして加え、コショウナツメグなどの香辛料で味付けしてよく練り混ぜる。生地としては、現代においてハンバーグと変わらない作り方が普及していると言える。生地を、金型や、現代ではシリコン型などに詰めてオーブンで焼き上げる。現調理法では型に入れない物や円筒型なども存在する。また樹脂を用いたケーシングを施したソーセージ状のものもミートローフと称される事もあり、燻製や直火焼きのミートローフも存在する。

他の材料として類やピーマンニンジンなどの野菜類、マッシュルームなどのキノコ類を加えることもある。表面にマッシュポテトを塗る・内部にゆで卵を入れるなどの追加的な特徴もさまざまな国や地域で伝承されている。

焼きあがったら端から好みの厚さに切り、トマトソースグレイビーホワイトソースケチャップ、など好みのソースで食べる。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Zeldes, Leah A. (2009年9月2日). “Eat this! Meatloaf, easy comfort”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2010年8月3日閲覧。

関連項目


 

Back to Top
Close