ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

☕|自分だけの時間に癒やされる! 大阪のおひとりさまカフェ5選


写真 出典:リビング大阪Web

自分だけの時間に癒やされる! 大阪のおひとりさまカフェ5選

 
内容をざっくり書くと
発酵バターで作ったパウンドケーキ、キャラメルアーモンドとサクサクサブレのフロランタン、焼き菓子も豊富。
 

読書をしたり考えごとをしたり、カフエで過ごす自分だけの時間も大切にしたいもの。おひとりさまでもゆっく… →このまま続きを読む

 リビング大阪Web

大阪市、堺市、京阪沿線ほか大阪エリアの地元・おでかけ情報サイト


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

パウンドケーキ

パウンドケーキ (: pound cake) は、バターケーキの一種。小麦粉バター砂糖をそれぞれ1「ポンド (pound)」ずつ使って作ることから「パウンド」ケーキと名づけられた。仏ブルターニュ地方イギリス発祥の家庭向けのケーキ

概要

フランスではカトルカール (: quatre-quarts) といい、「四分の四」の意味。これも小麦粉・バター・砂糖・卵の4つの材料を同量ずつ使うことに由来する (4 = 1×4)。発展形としてレモンピールで香り付けしレモン風味の糖衣をかけたトーフェ(: tôt-fait;「すぐにできる」という意味)という同種のケーキも焼かれている[1]

イギリスでは18世紀初頭に、この種のケーキがレシピ集に登場し始める。当時はケーキを膨らませる技術の過渡期であり、新たに登場した卵で膨らませるケーキの中でも、パウンドケーキは定番として定着した。初期のレシピは材料を撹拌する時間が、現代では考えられないような長時間に設定されているレシピも珍しくなかった。材料費もイースト使用のケーキに比べ高価になるため、上等なケーキとされた[2]

現代のパウンドケーキは様々な進化を遂げ、中でも型の違いによって味わいも変わると言われている。

主に以下の素材を使ったパウンドケーキ型が一般的である。

  • ステンレス
  • ブリキ
  • アルミ
  • シリコン
  • ガラス

さらに、それぞれの素材に対して加工を加えることで、アルミの熱伝導製とシリコンの型離れの良さが実現するなど理想的なパウンドケーキ型も登場している。

出典

参考文献

  • マグロンヌ・トゥーサン=サマ、吉田春美訳 『お菓子の歴史』 河出書房新社、2005年。ISBN 4309224377 
  • ニコラ・ハンブル、堤梨華訳 『ケーキの歴史物語』 原書房、2012年。ISBN 9784562047840 

外部リンク

パウンドケーキ型の素材や種類について

フロランタン

フロランタン: florentins)はフランス菓子ドイツではフロレンティーナ: Florentiner)と呼ばれる。いずれにせよ「フィレンツェの」という意味で、カトリーヌ・ド・メディシスアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから伝えた。 また、パリの製菓職人フロランが考案した、イタリアとは何の関わりもない菓子という説もある[1]

クッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類(多くはアーモンドスライス)をのせて焼き上げてつくる糖菓。ドイツ、オーストリア方面で好まれ、土着の菓子となった。

参考文献

  1. ^ ニナ・バルビエ、エマニュエル・ベレ『名前が語るお菓子の歴史』北代美和子訳、白水社、1999年、42頁

 

Back to Top
Close