ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍺|〝太陽光発電製〟の日本酒誕生 その名も「推譲」 小田原の市民有志が発売


写真 ソーラーシェアリングで育てた米を使った日本酒「推譲」=小田原市内

〝太陽光発電製〟の日本酒誕生 その名も「推譲」 小田原の市民有志が発売

 
内容をざっくり書くと
推譲を造ったのは、ソーラーシェアリングを運営する合同会社「小田原かなごてファーム」(小山田大和代表社員)と創業約230年の老舗「井上酒造」(大井町上大井)など。
 

再生可能エネルギー普及の一助にしようと、小田原市内の市民有志がソーラーシェアリング(営農型発電)の田… →このまま続きを読む

 神奈川新聞社

カナロコは、神奈川新聞社が運営するニュースサイトです。神奈川県唯一の地方紙として、県内各地に取材網を張り巡らし、事件・事故や政治行政、経済、スポーツ、文化、地域の心温まる話題など豊富に発信しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

小田原かなごてファーム

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリング英語: Solar Sharing)は、新たな太陽光エネルギー発電施設を建設すると同時に、そのプロジェクトの実現に参加した人々からの資金を調達し、その後に経済的利益を共有する形態[1]

仕組み

ソーラーシェアリングのモデルは、シェアリングの発想に基づいている[2]。投資者が集まって、中規模または大規模の太陽光発電所を建設し、グループ内で建設費を分配する。発電所がエネルギーの生産を開始すると、そのエネルギーの販売による収益は、プロジェクトへの貢献に比例して、グループ内で再分配される。このモデルを適用すると、多くの小規模な施設の建設と比較して規模の大きい利益が発生するため、初期費用と維持費の両方が軽減することができる。このモデルは、太陽光エネルギー発電産業の前衛的な姿勢を表しているが、特に開発インセンティブの世界的な不足、企業の魅力の低下、世界経済の影響のために伝統的な企業への信用が低下し、それまでのプロジェクトによる資金調達の可能性が減少している時期に、大きな変革をもたらす可能性がある。

出典

  1. ^ Ucilia Wang (2012年7月3日). “Get ready for solar sharing communities”. Gigaom.com. 2020年10月27日閲覧。
  2. ^ Editorial, 7/28: Sharing in a solar future : Opinion”. Journalstar.com (2014年7月27日). 2020年10月27日閲覧。

 

Back to Top
Close