ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|猫と一緒に食べられる猫缶爆誕!愛猫家の夢、叶えます フードロス削減、保護猫活動支援にも


写真 「NEKOKAN」~猫缶風さかなの缶詰~。6缶1セットで販売。1つの缶に1種類ずつ、計6種の魚の水煮が入っている(魚は季節やタイミングで変更の場合あり)

猫と一緒に食べられる猫缶爆誕!愛猫家の夢、叶えます フードロス削減、保護猫活動支援にも

 
内容をざっくり書くと
「すずき」は淡白な白身魚で、マヨネーズやハーブと混ぜ合わせればサンドイッチの具にもぴったりだ。
 

猫がおいしそうに食べているウェットフード=猫缶。猫を愛するがあまり、「一緒に食べてみたい」と思ったこ… →このまま続きを読む

 まいどなニュース

こんにちは。関西発やわらかニュースサイト「まいどなニュース」です。大阪・神戸・京都を中心とする関西エリアの街ネタや、ネットで話題になっていることを、タイムリーに紹介します。社会を騒がすニュースや旬な情報について、関西ならではの視点で深掘りして紹介・解説することも。ユーザーのみなさんの「知りたい気持ち」に、関西ならでは「こてこて」サービス精神でこたえます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

白身魚

白身魚(しろみざかな)とは、白身(赤身でない肉)の魚肉。多くの筋肉は白色、または黄色に近い白色である[1]

白身の魚の多くは岩礁や海底、砂地などに身をひそめて生息し、獲物を捕る時や逃げるときに泳ぐ魚が多い。酸素があまり必要ないため、身が白く見える。

概要

魚の筋肉の構造は、短い筋繊維が結合織層(筋隔)によって層状に繋がってできている。結合組織はコラーゲンでできており、加熱することでゼラチン化し融解する。筋肉には瞬発力を司る白筋繊維(白筋)と持続的な運動を司る赤筋繊維(赤筋)があり、マグロのように休みなく高速で泳ぎ続ける赤身の魚は赤筋の比率が高い。また、その生態を維持する上で必要な酸素を保持する赤いミオグロビン色素を持つ。

白身魚はコラーゲンを多く含み、赤筋に比べて白筋の比率が高いため、煮崩れを起こしやすい。冷凍した白身魚を解凍した時に、酵素の働きで細胞壁が壊れ身が溶けてしまう事もある。また、脂肪の含有量は赤身魚よりも少ない種が多く、そういった種は加熱調理した時に火の通りが早い。

一般に白身魚の風味は淡白と言われるが海水魚淡水魚では大きく異なる[2]。概ね海水域の白身魚の方が淡白だが、海岸に近い場所で捕れた魚は藻類などから作られると呼ばれる臭素、いわゆる「磯の香り」を持つことがある。淡水域、汽水域の魚は泥臭さなどの臭みが感じられることがある。また、海水魚に比べて鮮度の劣化が風味に出にくい特徴がある。

サケマスは餌としている甲殻類からアスタキサンチンを蓄積し筋肉がオレンジ色になる。養殖のサケに与える餌にアスタキサンチンを添加しないと、その筋肉は白色になる。

白身魚は赤身魚とは違って脂肪の量が少なく低カロリーで、味が薄い。

利用

白身魚は解れやすい特徴から練り物魚肉ソーセージ田麩に利用される。

代表的な魚

日本

脚注

参考文献

  • Harold McGee、香西みどり訳 『マギー キッチンサイエンス』 共立出版、2008年。ISBN 9784320061606 

関連項目


 

Back to Top
Close