ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📝|野菜が主役!簡単ヘルシー「サンドイッチ」レシピ5選


写真 

野菜が主役!簡単ヘルシー「サンドイッチ」レシピ5選

 
内容をざっくり書くと
卵液にもクリームチーズを入れることで、より風味やコクがアップしますよ。
 

いろいろな食材をパンに挟むだけ。片手でパクッと食べられる「サンドイッチ」は、忙しい朝に助かるメニュー… →このまま続きを読む

 朝時間.jp

朝を楽しむヒントが満載の朝のライフスタイルマガジン「朝時間.jp」
約1万件の朝ごはんレシピや、人気料理家さんのレシピ連載、朝食のお店情報、世界各国の朝の風景レポート、ヨガ、美容、ファッション、ヘアアレンジなど専門家による毎朝読みたい記事をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

クリームチーズ

クリームチーズ英語:cream cheese)は、生クリームまたはクリーム牛乳の混合物を乳酸発酵させてホエイを除いて製造した非熟成の軟質チーズ。比較的水分が多いため、常温冷凍での保存より、10℃以下での保存が適している。穏やかな酸味バターのような滑らかな組織が特徴で、パンベーグルに塗って食べたり、チーズケーキの主な材料として利用される。また、マッシュポテトに混ぜ入れたり、サラダトッピングや、スモークサーモンの付け合せとして用いられることもある。

栄養分の内分けは水分55%以下、脂肪33%以上、たんぱく質10%、食塩0.8〜1.2%。

現在「フィラデルフィア・クリームチーズ」ブランドの製品[1]を製造販売しているアメリカ合衆国の食品メーカーのクラフトフーヅによると、「クリームチーズの起原は1872年のアメリカにあり、ニューヨークの乳製品加工業者ウィリアム・ローレンス(William Lawrence)が、“これまでにないほど豊かな風味を持つチーズ”を生クリームと全乳から作ったのが始まり」であると言われる。クリームチーズの誕生は、フランスヌーシャルテルチーズに着想を得たといわれる。 1880年には、ニューヨークのチーズ卸業者A・L・レイノルズ(A. L. Reynolds)が、「フィラデルフィア」と名付けたアルミ箔に包んだクリームチーズの販売を始めた。

日本では、日本法人のモンデリーズ・ジャパンではなくて、森永乳業(製造は合弁会社のエムケーチーズ)が販売している。

関連項目


 

Back to Top
Close