ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍺|週刊大衆に当会BJのこぐねえ(木暮亮)さんが登場!


写真 

週刊大衆に当会BJのこぐねえ(木暮亮)さんが登場!

 
内容をざっくり書くと
こぐねえ(木暮亮)さんよりコメントを頂きました
「ここ数年、健康やアルコールへの意識が高くなってきています。
 

リフレッシュ&ダイエットにもイイ?この夏ウマい!「微&ノンアル飲料」週刊大衆 最新号 2021年8月… →このまま続きを読む

 日本ビアジャーナリスト協会

お酒の中で最もポピュラーといってもいいビールの種類は100種を超えます。そんなビールがクラフトビールと呼ばれるようになり、若い方から年配の方にまで愛飲され、世界中でローカルビールのムーブメントが起きています。とりあえずビールじゃ面白くない!自分の好みのビール探す冒険にでませんか?我々は、そんなビールの冒険の手助けになるような記事を配信しています。ビール界の今がわかる当会の記事をお楽しみください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

木暮亮

木暮 亮(こぐれ りょう、1896年7月1日 - 1981年3月27日)は、日本作家明治大学名誉教授。 生まれ。本名・菅藤高徳(かんとうたかのり)。東京帝国大学独文科卒。在学中より同人誌に参加。1934年高木卓真下五一らと『意識』を創刊。1939年、「地上の子」で芥川賞予選候補、1944年、「おらがいのち」で同候補。太平洋戦争前から戦後にわたって独文学者として明治大学教授、1964年獨協大学教授。1971年、退職。

著書

  • 檻 1941 (赤門叢書)
  • 少年提琴歌物語 1943
  • おらが春 一茶物語 1944 (学習社文庫)
  • 葡萄畑の家 1946
  • 木暮亮作品集 全3巻 木暮亮作品集刊行会 1969-71

翻訳

参考

  • 日本近代文学大事典
  • 『芥川賞全集』

数年


 

Back to Top
Close