ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍺|【JBJAChannel】お家のみを充実する秋の夜長♪いわて蔵ビールPASSION WHEAT…


写真 

【JBJAChannel】お家のみを充実する秋の夜長♪いわて蔵ビールPASSION WHEAT…

 
内容をざっくり書くと
料理が上手な川端ジェーンさんは、オリーブオイルを一斗缶でまとめ買いするほどのツワモノ。
 

ビールに愛された皆さまへ! 今日公開のJBJAChannelは、秋の夜長を楽しむペアリングのご紹介で… →このまま続きを読む

 日本ビアジャーナリスト協会

お酒の中で最もポピュラーといってもいいビールの種類は100種を超えます。そんなビールがクラフトビールと呼ばれるようになり、若い方から年配の方にまで愛飲され、世界中でローカルビールのムーブメントが起きています。とりあえずビールじゃ面白くない!自分の好みのビール探す冒険にでませんか?我々は、そんなビールの冒険の手助けになるような記事を配信しています。ビール界の今がわかる当会の記事をお楽しみください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

一斗缶

一斗缶(いっとかん)とは、尺貫法の単位である1(約18リットル)の容量を持つ角形の金属の俗称[1]。規格上は18リットル缶という[2]

概要

一斗缶は日本産業規格18リットル缶として定められている金属容器の俗称である[2]。もともとは石油缶と呼ばれていたが、容量から一斗缶と呼ばれるようになり、戦後の一時期は5ガロンと呼ばれ、その後、18リットル缶が正式名称となった[1]

材質はブリキで形状は直方体の金属製の缶である。内部は、内容物によって樹脂によりコーティングされていることもある。内容物は業務用として流通するものが多いことから、外面に内容物や注意事項などがラベル印刷されていることが多い。

次のような特徴がある。

  • 直方体の容器で倉庫などで隙間なく積み上げることができる[2]
  • 人が手で運ぶのに適した容量で運搬性と経済性の両面で適している[2]
  • 材質がスチールであり輸送中の破損事故を抑えることができる[2]
  • 材質がスチールであり密封性や光遮断性があるため食品や化学物質の容器に適している[2]
  • 大量生産の方法が確立されており品質と価格が安定している[2]

5ガロンと18リットルを掛け合わせて、5月18日を「18リットル缶の日」とした[3]

規格

日本産業規格(JIS規格)Z1602:2003により、その形状が定められている。天板、地板は一辺の長さが238.0±2.0mm、高さは349.0±2.0mm、質量は1140±60g、容量は19.25±0.45リットルと定められている[4]

規格の大元は、一斗=十升(約18.039リットル)を基準に考案されている。

利用

開缶

内容物が液体の場合には、ブリキ製の丸いキャップがついている場合が多く、中央部を押して外側のツメを広げて開ける。開封されたことを確認できるように、ビニールカバーでキャップを覆ってあることも多い。キャップの裏側には、ボール紙ゴムパッキンがついていて、素材(や有無)で気密性が左右される。

一斗缶の密封容器を開けるには「開缶器」「Vカッター」と呼ばれる大型缶切を用いる。

一斗缶から液体を他の容器に移す際には注ぎ口が上になる。これは、注ぎ口を下にしてしまうと息継ぎと呼ばれる波打ちが発生してしまい液体が四方に飛び跳ね衣服など付着するのを防ぐ為である。

流通と再利用

出荷量は、1990年のピーク時には2億3442万8千缶だったが、減少傾向にあり、2014年は1億4914万4千缶だった[1]

2014年のリサイクル率は93.7%であった[2]

缶内外部を洗浄して2級缶として流通することもあるが、洗浄業者の減少により流通量は激減している。

天板をくり抜いて、建設現場や工場などで灰皿やゴミ箱、たき火の炉などとして再利用される他、斜めに切って、ちりとりを作ることもある。各種工場や揚げ物を扱う店舗などでは、空になったものがそのまま廃油入れとして再利用される事も多い。

用途

化学原料、塗料、インキ、試薬、食品・食油などの容器に用いられる[2]。化学薬品やワックス洗剤農薬などの容器として用いられるほか、自動車の不凍液やブレーキ液などの容器としても用いられる。

金属容器

塗料

業務用として供される塗料溶剤は、一斗缶で販売されていることが多い。

食品

灯油

1970年代までは灯油を入れる容器の代名詞であり、大抵の家庭で見かけることができた(1973年オイルショック時の報道写真ニュース映像中では、一斗缶で灯油を買い求める人々の姿を見ることができる)。

1980年代以降は、軽量で気密性の高いポリタンクの普及により用途としては急速に廃れた。だが、灯油用ポリタンクの容量に一斗缶に相当する容量18Lの製品が現在でも多数存在するのは、一斗缶が幅広く用いられていた名残である。

その他の利用

空の一斗缶もしくは、その蓋は、そのサイズによる視覚効果と頭などに当たった際の聴覚効果により、喜劇・コントなどの小道具にしばしば使われる。大きな音が出る割りには簡単にへこむなど強度が低く、安全性が高いためである。また、プロレスラー凶器として使用することもあり、なかでもダンプ松本ブル中野極悪同盟が頻繁に使っていたほか、アジャコングが使う通称「アジャ缶」が著名。

この他、楽器としても使われることがある。スパリゾートハワイアンズでは、ファイヤーナイフダンスのリズムの演奏のため、一斗缶をたたく変わった使い方をする。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 歴史:18L缶について”. 全国18リットル缶工業組合連合会. 2012年2月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 18リットル缶のリサイクル率は93.7%に向上”. 全国18リットル缶工業組合連合会. 2020年12月30日閲覧。
  3. ^ 18リットル缶の日”. 全国18リットル缶工業組合連合会. 2012年2月16日閲覧。
  4. ^ JIS Z 1602:2003 金属板製18リットル缶5. 表1

関連項目

  • ペール缶 - 同程度の容量で丸い缶はこちらを参照。食品向けを除き用途も類似する。
  • ドラム缶

外部リンク

オリーブ・オイル

オリーブ・オイル英語: olive oil)、またはオリーブ油オリーブゆは、オリーブ果実から得られる植物油である。

概要

酸化されにくいオレイン酸を比較的多く含むため、他の食用の油脂に比べて酸化されにくく常温で固まりにくい性質を持つ(不乾性油)。ギリシア語での語源が「喜び」と共通することから正教会ではの対象となる。

主に地中海に面した地域(イタリアスペインギリシャマシュリク、シチリアなど)で好んで使われる。これらの地方では単に油といえばオリーブ・オイルをさすことが多い[要出典]。ギリシャでの消費量は世界一で、日常の食卓において様々な料理に使われており、日常生活に欠かせない食材である。イタリアなどでは毎年オリーブの収穫の季節に、ブルスケッタなどと一緒に絞りたてのオリーブ・オイルを賞味して収穫を祝う習慣がある。

主な生産国はスペイン (40.1%)、イタリア (19.5%)、ギリシャ (12.9%) などとなっている。

食用のほか、化粧品薬品、また石けんなどの原料としても用いられる。

オリーブ・オイルは紫外線により劣化するが、紫外線は太陽光線のみならず電球蛍光灯の光にも含まれているため、冷暗所で保存する。手に取りやすい食卓や台所に置く場合は黒い瓶やアルミホイルで覆った瓶により遮光すると同様の効果がある[1]

また、日本語や中国語ではオリーブ・オイルを橄欖油かんらんゆと表現することがあるが、これはかつて橄欖の種子から油を絞っていたことから、オリーブを洋橄欖と記述したことから来ている。英語では、橄欖をChinese oliveとも呼んでいる。

製法と品質等級

オリーブ・オイルの抽出工程は、他の植物からの抽出と異なる利点を持つ。すなわち、生の果肉から非加熱で果汁を絞って放置しておくだけで、自然に果汁の表面に浮かび上がり、これを分離することで得ることが出来るのである。オリーブと同様に果肉から多量の油が得られるアブラヤシの果実からパーム油を採油する場合、原産地であり伝統的栽培地帯である西アフリカ熱帯雨林地帯における伝統的手法でも、パーム油は飽和脂肪酸を多く含むため常温では固形であり、砕いた果肉を煮沸しなければ抽出できないのとは大きな違いである。一般に種子や果実から採取される植物油の多くが、加熱工程や溶剤抽出工程を経て得られ、特にほとんどの場合植物組織から油を分離するのに加熱工程が不可欠であるのに対して、オリーブ・オイルのこの容易な抽出特性は最大の特性のひとつとなっている。これは、ワインが本来、限られた季節にしか得られないブドウの果汁を一年中飲むことが出来る保存果汁としたものとして発展したのと同様、オリーブ・オイルも同じ地中海文化の中で、正に油という形で保存された生の果汁として発展したと言える。オリーブ・オイルの性質は、食品化学的にも、文化的にも、このような歴史的背景を色濃く持っている。

収率向上のため、果実をすりつぶして絞った果汁を遠心分離機に掛け採油する。伝統と品質を重んじる採油所では、この果実のすりつぶしに伝統的な石臼が用いられているが、工業的に大量に処理する採油所では機械による粉砕が行われている。オリーブ絞り用の石臼は、東アジアの穀物粉砕用の石臼のように溝を切った二枚の石の円板が水平に重なり合って回転し、磨り合う形態ではなく、巨大な石の皿の上で垂直に立てられた石の円板が、車輪のように転がりながら円運動をする形態のものである。

果汁から遠心分離などの機械的処理のみで得られた油をヴァージン・オリーブ・オイルと呼び、その中でも風味官能検査で味や香りに欠陥がひとつもなく、酸度が 0.8% 以下のものを特にエクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルと呼ぶ。また、品質の悪いヴァージン・オリーブ・オイルを精製(脱酸・脱臭・脱色等)したもので、酸度が 0.3% 以下のものを精製オリーブ・オイルといい、この精製オイルと中程度の品質のヴァージン・オイルをブレンドし、酸度 1.0% 以下にしたものをオリーブ・オイル(日本ではピュア・オリーブ・オイル)と呼ぶ。ただし、これらの品質等級規格は国際オリーブ理事会(en:International Olive Council,IOC)[注釈 1]の定めたもので、IOC に加盟していない日本ではこれらの品質等級規格に沿った製品表示でなくとも法的には何の問題もない。

果実に含まれる油を無駄なく回収するため、果汁を絞った絞りかすから再度遠心分離機や石油系有機溶剤を使って抽出したオイルを粗製オリーブ・ポマース・オイルと呼ぶ。オリーブ・ポマース・オイルは上記のオリーブ・オイルとは成分が異なるため、IOC[4]の規定により「オリーブ・オイル」と表示してはいけないと定められており、食用ではなく工業用として扱われている。ただし、オリーブ・ポマース・オイルを精製し、酸度を 0.3% 以下にした精製オリーブ・ポマース・オイルは、その国の基準(日本であれば JAS法[5])をクリアしていれば、食用としての販売は可能である(その代わり、容器には「ポマース」と明確に表記しなければならない)。オリーブ・ポマース・オイルは精製オリーブ・ポマース・オイルにヴァージン・オリーブ・オイルをブレンドしたもので、格安のオリーブ・オイルとして出回っているものの多くはこのオリーブ・ポマース・オイルである。

オリーブの種子から溶剤抽出によって得られた油をオリーブ核油と呼んでいる。

品質等級酸度(%)等級規格精度 (mg/kg)
エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル≦ 0.8ヴァージン・オリーブ・オイルのうち風味官能検査で味や香りに欠陥がひとつもないもの≦ 250
ヴァージン・オリーブ・オイル≦ 2.0ヴァージン・オリーブ・オイルのうち風味官能検査で味や香りに若干の欠陥があるもの≦ 250
オーディナリー・ヴァージン・オリーブ・オイル≦ 3.3ヴァージン・オリーブ・オイルのうち風味官能検査で味や香りに複数の欠陥があるもの(日本では非食用)≦ 300
ランパンテ・ヴァージン・オリーブ・オイル> 3.3ヴァージン・オリーブ・オイルのうち酸度が高く食用には不向きで、精製が必要なもの(非食用)≦ 300
精製オリーブ・オイル≦ 0.3ヴァージン・オリーブ・オイルを精製したもの≦ 350
(ピュア)オリーブ・オイル≦ 1.0精製オリーブ・オイルとヴァージン・オリーブ・オイルをブレンドしたもの≦ 350
精製オリーブ・ポマース・オイル≦ 0.3精製オリーブ・オイルの絞りかす(ポマース)からさらに抽出したもの> 350
オリーブ・ポマース・オイル≦ 1.0精製オリーブ・ポマース・オイルにヴァージン・オリーブ・オイルをブレンドしたもの> 350

歴史

オリーブ栽培とオリーブ・オイル発祥の地は地中海沿岸である。広く信じられている説では、オリーブ・オイルの使用はクレタ島で始まったという。オリーブ・オイルを貯蔵するための最古のアンフォラはここから出土しており、紀元前3500年ごろのものとみられる。もう一つの説では、カナン人紀元前4500年ごろに初めてオリーブ・オイルを絞ったという。

宗教的な用途に用いられることもあった。キリスト教の祖イエスの名の称号「キリスト」は救世主を意味するが、原義は「油で聖別された者」の意で、聖別にオリーブ・オイルが使われたと見られるほか、聖書にオリーブ・オイルが頻繁に登場するのは古代のカナン地方(現パレスチナ)の文化にオリーブ・オイルが根付いていた証拠である。また、ギリシャなどの教会では灯火用にも用いる。

古代ローマでは不作の年に備えて公共の貯蔵庫を設け、祝賀の時には人々にふるまわれることもあった。カエサルがで勝利を収めたときには軍の兵士に一人あたり2ガロンもの油が与えられたという。 マシュリクでは、美容と健康のためにそのまま飲むこともある。

育苗・栽培・製造方法の技術の発達により、アメリカ合衆国オーストラリアなどの新世界から、非常に優れた品質のオリーブ・オイルが出荷されるようになった。オリーブのよく育つ環境はワイン用のブドウ(特にシラーカベルネ種)が育つ環境と非常に似ているからである。風土や苗・製造方法、生産者の嗜好などにより、色や味に個性が出る。

世界の生産

2000年から2014年までの世界のオリーブ・オイルの主な生産者(数百万キログラム)
2000%2005%2009%2014%
スペインの旗 スペイン962.40038,2 %819.42832,1 %1.199.20041,2 %1.775.80054,3 %
イタリアの旗 イタリア507.40020,1 %671.31526,3 %587.70020,2 %461.00014,1 %
トルコの旗 トルコ185.0007,3 %115.0004,5 %143.6004,9 %190.0005,8 %
シリアの旗 シリア165.3546,6 %123.1434,8 %168.1635,8 %165.0005,0 %
ギリシャの旗 ギリシャ408.37516,2 %386.38515,1 %332.60011,4 %131.9004,0 %
モロッコの旗 モロッコ40.0001,6 %50.0002,0 %95.3003,3 %120.0003,7 %
ポルトガルの旗 ポルトガル25.9741,0 %31.8171,2 %53.3001,8 %91.6002,8 %
チュニジアの旗 チュニジア115.0004,6 %210.0008,2 %150.0005,2 %70.0002,1 %
アルジェリアの旗 アルジェリア30.4881,2 %34.6941,4 %56.0001,9 %44.0001,3 %
アルゼンチンの旗 アルゼンチン10.5000,4 %20.0000,8 %22.7000,8 %30.0000,9 %
ヨルダンの旗 ヨルダン27.2021,1 %17.4580,7 %16.7600,6 %30.0000,9 %
レバノンの旗 レバノン5.3000,2 %6.8000,3 %19.7000,7 %20.5000,6 %
オーストラリアの旗 オーストラリア5000,02 %5.0000,2 %15.0000,5 %18.0000,6 %
リビアの旗 リビア6.0000,2 %7.9000,3 %15.0000,5 %15.0000,5 %
世界の合計2.518.629100,0 %2.552.182100,0 %2.911.115100 %3.270.500100 %
Fuentes: FAO

日本のオリーブ・オイル

1908年(明治41年)、魚の油漬け加工に必要なオリーブ・オイルの自給をはかるため[6]農商務省がアメリカ合衆国から導入した苗木を三重県鹿児島県香川県に試験的に植えた。香川県の小豆島に植えたオリーブだけが順調に育ち、大正時代の初めには搾油が出来るほどの実が収穫された[7]。小豆島では今でも島のあちこちにオリーブの樹が植えられており、国産のオリーブ・オイルが作られている。

小豆島で栽培されているものは、主に「ミッション」「マンザニロ」「ネバディロ・ブランコ」「ルッカ」の4種類[8]

近年は熊本県荒尾市)がオリーブ/オリーブ・オイルの生産と特産品化に熱心に取り組んでおり、香川県に次いで、熊本県が全国2位の生産量となっている[9]

用途

食用油
天婦羅油、炒め物サラダ用などに使用。
化粧品
髪油、スキンオイルなど
日本薬局方に収載されており、他の薬効成分と配合して用いられる。
工業
塗料などの樹脂原料
その他
棒、杖、棋具、の手入れのため塗布して使用する。また、食用油のため人体に害がないことから、マッサージオイルや食品加工機械の潤滑油としても用いられることがある。潤滑油以外に、アウトドア等で用いられる木製食器の表面保護や、鉄製調理器具の慣らし処理(シーズニング)用の防錆用油としても用いられる。
トルコ相撲

料理の例

地中海食(南部のイタリア料理スペイン料理ギリシャ料理トルコ料理レバノン料理、フランスのプロヴァンス料理バスク料理。また、地中海には面していないが、文化的に類似点の多いポルトガル料理)では、オリーブ・オイルが多く使われる。

この他、一般的な料理法とは異なるが、日野原重明は毎朝、朝食として、果汁100%のジュースとオリーブ・オイルを混ぜたものを飲んでいたという。

変わったところでは、ご飯を炊く際に数滴入れるというものがある。オリーブ・オイルにより、ふっくらと炊きあがり、ツヤが出る。

成分・栄養価

健康とオリーブ・オイル

一覧表

オリーブ・オイル(100g中)の主な脂肪酸の種類と代表値[12]
項目分量 (g)
脂肪100
飽和脂肪酸13.808
16:0(パルミチン酸11.29
18:0(ステアリン酸1.953
一価不飽和脂肪酸72.961
16:1(パルミトレイン酸1.255
18:1(オレイン酸71.269
多価不飽和脂肪酸10.523
18:2(リノール酸9.762


脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ IOCはオリーブの栽培と生産の保護・開発のため、1959年に国際連合の後援のもと設立された、オリーブ業界における唯一の政府間国際機関。EUなどが加盟している[2][3]

出典

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close