ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|ホットプレート用調味料で時短&簡単!「ホットプレートごはん」


写真 出典:リビング大阪Web

ホットプレート用調味料で時短&簡単!「ホットプレートごはん」

 
内容をざっくり書くと
オタフクソースでは9月1日、簡単に本格的な味付けができ、家族で調理工程から楽しめるホットプレート用の調味料シリーズ「ホットプレートごはん」を発売しました。
 

おうちごはんをアシスト オタフクソースから新発売▲左から「ホットプレートごはん ガーリックペッパーの… →このまま続きを読む

 リビング大阪Web

大阪市、堺市、京阪沿線ほか大阪エリアの地元・おでかけ情報サイト


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ホットプレートごはん

オタフクソース

オタフクソース株式会社:Otafuku Sauce Co., Ltd.)は、広島県広島市西区に本社を置く調味料メーカー。社名である商品の「オタフクソース」は、お好み焼きウスターソース類として国内外で知られる。

歴史

現在のオタフクソース株式会社は、2009年に旧オタフクソース株式会社がお多福グループ株式会社[3]へ移転時に、新たに設立された法人である。

社名の「オタフクソース」は濃厚な風味と高い粘度を特長とする「お好み焼き」用途に特化したソースで、1952年に業務用として発売したのち、おもに西日本地域で市販したが、現在は国内で広く知られるほかにアジアや欧米でも好評である。

元々これらのソースには原材料として砂糖が使われていたが、砂糖の価格高騰に伴い、1975年よりデーツ(干したナツメヤシの実)が代替品として使われ始めた[4]。砂糖の価格がデーツより安くなった後も、ソースに深みをもたらす隠し味として使われている[4]。しばらくの間、使用量の9割はイラク産のデーツを使っていたが、湾岸戦争の経済封鎖によって使用できなくなった際、デーツの商社は輸入元をイラン、パキスタン、オマーン、エジプトなどに切り替えて対応した[5]。 その後も、ソースを安定して供給できるようにするため、中東以外の地域を含めた複数の産地からデーツを調達している[6]。 加えて、健康志向の広がりからデーツ自体の人気を見込み、2019年にはデーツ部と呼ばれる専門部署を設立した[4]。 そして、2020年3月にはソース用品種よりも高級なマジョール種を用いたドライフルーツ「デーツなつめやしの実」を販売した[4][7][8]。20年9月期決算において、この商品の売り上げは目標である1億円を突破した[9]

沿革

  • 1922年 - 11月、酒および醤油などの卸小売業「佐々木商店」として創業する。
  • 1938年 - 醸造酢「お多福酢」の製造と販売を開始する。
  • 1950年 - ソースの製造と販売を開始する。
  • 1952年 - 10月、お多福造酢株式会社を設立する。
  • 1975年 - 「オタフクソース株式会社」(初代)に社名を変更する。
  • 1999年 - 10月、酢事業をお多福醸造株式会社として分社する。
  • 2005年 - 7月、ユニオンソースの株を51パーセントを取得する。
  • 2008年 - 6月6日、広島市西区にお好み焼きの文化や歴史を紹介する施設WoodEgg お好み焼館を設ける。
  • 2009年 - 10月、オタフクソース株式会社(初代)を持株会社のお多福グループ株式会社へ移行し、事業会社のオタフクソース株式会社(2代)を新たに設立する。
  • 2014年 - お多福グループ株式会社が「オタフクホールディングス株式会社」に社名を変更する。
  • 2017年 - 4月28日、“野菜”と“健康”をテーマにしたコンセプトショップ「Vege Love it !(ベジラビット)」をLECT(広島市西区)に開店。
  • 2018年 - 4月2日、海外の初支店となる台北支店を開設。10月4日、お好み焼き体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)」を広島駅北口1F ekie DINING TERRACEに開店[10]

主な商品

  • オタフクお好みソース
  • オタフク焼そばソース
  • オタフクとんかつソース
  • オタフクウスターソース
  • オタフクたこ焼ソース
  • オタフクかつめしのたれ
  • お多福酢(穀物酢、米酢など)
  • お多福らっきょう酢
  • お多福すし酢
  • デーツドライフルーツ

ほか

雑記

  • お好み焼・たこ焼研修センター』 - 東京名古屋大阪岡山高松広島福岡に設け、お好み焼き店やたこ焼き店の営業支援を図る。
  • お好み焼士 - 2006年(平成18年)1月から、初級インストラクター、中級コーディネーター、上級マイスターの三段階からなる「お好み焼士」マイスター制度を社内資格として導入し、入社2年以上の全社員から年一回の筆記試験と実技試験で選考する。
  • 入社研修時にお好み焼きの作り方を学び、社員全員が毎月一度お好み焼きを食す。
  • オタフクソース事件 - 1995年平成7年)9月30日に新入社員が過労自殺。2000年(平成12年)5月18日に広島地方裁判所にて1億1111万円の支払いを命じられた[11]


事業所

関連会社

提供番組

テレビ
ラジオ

協力番組

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close