ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|1枚14カロリーでこの満足感はずるい!優しい味の”ヘルシークッキー”が小腹空いた時にちょうどいい!


写真 Natsuko Abe/BuzzFeed

1枚14カロリーでこの満足感はずるい!優しい味の”ヘルシークッキー”が小腹空いた時にちょうどいい!

 
内容をざっくり書くと
最後まで美味しく食べきるには、ジップロックや密閉できるツールなどを使って保存するのがおすすめです。
 

リモートワークのお供に「おからクッキー」がめちゃくちゃおすすめです!3種類の味がたっぷり700g入っ… →このまま続きを読む

 BuzzFeed Japan

BuzzFeed Japanは、社会にポジティブなインパクトをもたらすため、ニュース、カルチャー、エンターテインメントの情報を発信しています。思わず友達にシェアしたくなるユニークな動画や番組もお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

美味しくジップロック

ジップロック

ジップロック英語: Ziploc)は、SCジョンソンが製造・販売するファスナー付きのプラスチック・バッグ食料保存袋として広く使われている。日本では旭化成ホームプロダクツが販売している。

米国での歴史

1951年Flexigrip, Inc.が創立されて、Borge Madisonの技術を使ってプラスチック・ファスナーを、おもにルースリーフ・バインダーやブリーフケースの中身用に開発・販売していた。その後、製品を包むバッグの需要が多いことに気づき、1961年日本の生産日本社(セイニチ) [1] からMinigrip型プラスチック・ファスナーの米国での製造・販売権を得て、Minigrip社[2] を設立した。1964年にはMinigrip社はダウ・ケミカル社と食料品用(スーパーマーケット向け)の製品の全米独占ライセンスでの製造・販売に乗り出して、これは大成功となった。

1968年、Ziplocブランドが立ち上げられ、テストマーケットされた[3]。その後、ダウ・ケミカルはプラスチック・バッグの生産のスピードを改良してより安い材料を提供した。

1978年、Minigrip社はSignode, Inc[4] に買われて、その子会社となった。1986年、Signodeとダウ・ケミカルはZip-Pak社[5] を設立。1991年には、 ITW社(イリノイ・ツール・ワークス)がダウ・ケミカルのZip-Pak持ち株を買ったので、Zip-PakはITWの完全子会社となった。

1997年、SCジョンソンがダウ・ケミカルのZiplocを含むDowBrandsを買収して、今に至っている。買い値は13 - 17億ドルと言われている[6]

日本では

日本では当初ライオンが販売権を保有していたが、1996年に旭化成に販売権が移行し、現在は旭化成ホームプロダクツが販売している。日本における商標権はSCジョンソンと旭化成ホームプロダクツが共有している(登録商標第2203799号ほか)。

脚注

  1. ^ 生産日本社(セイニチ)
  2. ^ Minigrip, LLC
  3. ^ Melanie Rehak (2014年). “Who Made That Ziploc Bag?”. New York Times. 2020年5月29日閲覧。
  4. ^ Signode Packaging Systems
  5. ^ Zip-Pak
  6. ^ Christine Bittar. Brandweek. New York: October 15, 2001. Vol. 42, Iss. 38, p. 4

外部リンク


 

Back to Top
Close