ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|ファミマから「BT21」「ちいかわ」「ツイステ」などクリスマスケーキ22種


写真 

ファミマから「BT21」「ちいかわ」「ツイステ」などクリスマスケーキ22種

 
内容をざっくり書くと
「ちいかわ みんなで雪遊びケーキ」(3,990円)は、ふわふわのスポンジにチョコチップと苺風味クリームをサンド。
 

ファミリーマートはこのほど、「ファミマのうますぎクリスマス」と題した取り組みを実施。今年はケーキ全2… →このまま続きを読む

 マイナビニュース

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。 ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

苺風味クリーム

チョコチップ

チョコチップ: chocolate chip)は、細かく砕いて作られる小チョコレートである。日本語では英語に合わせて「チョコレートチップ」とも呼ばれるが、「チョコチップ」と呼ばれるのが一般的である。多くは直径1cm程度の底が平らで丸い形をしていて、色々なサイズがあり、主に菓子作りの材料として利用される。

主なチョコチップ製造会社としてはネスレハーシーなどが挙げられる。

歴史

チョコチップは1938年アメリカマサチューセッツ州宿屋レストラントール・ハウス・インを経営していた英語版が、チョコレートチップクッキーを発明したことにはじまる。

ウェイクフィールドは宿泊のためにクッキーを作っていたが、その日はチョコレートクッキー用に普段使っていた英語版チョコレートを切らしていたため、代用品としてネスレのセミスイートチョコレートを、溶かさずそのまま細かく刻んで、クッキーの生地に加えて焼いた。焼いたときに溶けて生地と混ざると考えていたが、ネスレのセミスイートチョコレートは脂肪分が少なく、溶けずにそのままの形で焼きあがった。失敗作でウェイクフィールド本人は気に入っていなかったが、スタッフや宿泊客には好評で人気メニューとなった。その後地元の新聞に彼女のチョコチップクッキーのレシピが掲載されると、そのレシピのチョコチップクッキーは地元で人気となり、ネスレのチョコレートの売り上げも急増した。1939年には彼女は原料となったネスレのチョコレートのパッケージに彼女のレシピが掲載される代わりに、ネスレから一生分のチョコレートを贈られた。そして、ネスレはバーを切り刻む機械を導入し、1941年にはネスレを含む多くの会社によって、細かいチップ状のチョコレートの販売が始まった[1]

ネスレのチョコチップクッキーのブランド名である「トール・ハウス・クッキー」は発明された宿屋の名前にちなんで名付けられた。

味の種類

当初、チョコチップは甘さ控えめなチョコレートから製造されていたが、現在はほろ苦いビターチョコレート味やピーナッツバター味、バタースカッチ味、ミントチョコレート味、ホワイトチョコレート味、ブラックチョコレート味(ミルクを加えない)、ミルクチョコレート味など多様な味が楽しめる。他には、イチゴ味、ブルーベリー味などのフルーツフレーバーのチップもある。

菓子作りでの使用

主にチョコチップはクッキーやホットケーキワッフルケーキマフィンクレープといった小麦粉を使用するケーキ菓子の材料として加えられるが、アイスクリームプリンなどの食品にも加えられる。

チョコチップは液状にしてチョコレート・ソースとしても利用される。その際、チョコレートに含まれるココアバターが溶け始める、35近くから溶け始め、40から45℃の間で一番よく溶ける。しかし、溶かす際の温度がホワイトチョコレートでは45℃、ブラックチョコレートでは50℃を超えてしまうと、チョコレートが焦げてしまう。実際には、熱を加えた時に形状が保たれるよう、チョコチップは普通のチョコレートよりもココアバターの量が少ないため、ソースとして使用されることはあまり推奨されない。

なお、チョコチップは世界中で調理に欠かせないものになっていて、特にチョコチップクッキーアメリカの代表的な菓子として食べられている。現在チョコチップはヨーロッパオーストラリア、その他の地域でも入手可能になっている。

注釈

[脚注の使い方]
  1. ^ Chocolate Chip Cookies: Chip versus Morselによると、1941年のにチップ状のチョコレートについての調理法や広告が広まるようになったと記されている。それ以前の新聞広告や公表された調理法では、四角いチョコレートを刻んだものを扱っているのみであった。

外部リンク


 

Back to Top
Close