ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍺|サンクトガーレンから「和梨のヴァイツェン 」<梨のクラフトビール>10月5日発売


写真 

サンクトガーレンから「和梨のヴァイツェン 」<梨のクラフトビール>10月5日発売

 
内容をざっくり書くと
和梨のヴァイツェンは毎年 10 月に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」の限定ビールとして人気を博していました。
 

サンクトガーレンから、『和梨のヴァイツェン』が 2021 年 10 月 5 日(火)より限定発売され… →このまま続きを読む

 日本ビアジャーナリスト協会

お酒の中で最もポピュラーといってもいいビールの種類は100種を超えます。そんなビールがクラフトビールと呼ばれるようになり、若い方から年配の方にまで愛飲され、世界中でローカルビールのムーブメントが起きています。とりあえずビールじゃ面白くない!自分の好みのビール探す冒険にでませんか?我々は、そんなビールの冒険の手助けになるような記事を配信しています。ビール界の今がわかる当会の記事をお楽しみください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

横浜オクトーバーフェスト

横浜赤レンガ倉庫

横浜みなとみらい21 > 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫(よこはまあかレンガそうこ)は、神奈川県横浜市中区新港一丁目の横浜港にある横浜市認定歴史的建造物であり、文化・商業施設である。新港埠頭建設の一環として、明治政府によって横浜税関新港埠頭保税倉庫として建設された[1]横浜みなとみらい21の2街区に位置する。

2号館は1911年明治44年)、1号館は1913年大正2年)に竣工された。保税倉庫としての役割は1989年平成元年)までに終え、しばらく放置されていた。2002年(平成14年)に、1号館は展示スペース、ホールなどの文化施設、2号館は商業施設となり、赤レンガ倉庫の付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっている。第45回BCS賞2004年)受賞[2]2007年(平成19年)、経済産業省による近代化産業遺産に認定。2010年(平成22年)、日本初の「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」優秀賞受賞[3]

本項では赤レンガ倉庫とともに新港埠頭の歴史についても記述する。

歴史

築港工事と赤レンガ倉庫の建設

赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)は、明治時代の終わりから、大正時代の初めにかけて建設された。

当時の横浜港は、1859年安政6年)の開港から半世紀を経て、近代的な港湾の整備が横浜市にとって急務となっていた。1889年(明治22年)には第1期築港工事が始められ、大桟橋、東西防波堤などの整備が進められた。これに続く1899年(明治32年)には、横浜税関拡張工事の名目で大蔵省が主導して、第2期築港工事が始められた。

第2期築港工事は、前期と後期に分かれる。前期工事は、税関前の海面を埋め立てて、係船岸壁を有する埠頭の建設を主に進めた。係船岸壁とは船が直接接岸できる岸壁で、その建設は日本初の試みであった。1905年(明治38年)には埋立が完了したが、同年より引き続いて始められた後期工事は埠頭の拡張と陸上設備(上屋、倉庫、鉄道、道路)の整備を目指した。赤レンガ倉庫は後期工事の中で、国営保税倉庫として建設された。後期工事には、日清戦争後に急伸し東洋最大の港となっていた神戸港大阪港に対抗するため、横浜市も約270万円の費用を負担して、築港の完成を急いだ。これは横浜市が国に働きかけて実現させた事業であり、国と地方の共同事業の嚆矢となった。

赤レンガ倉庫の設計は、妻木頼黄・部長率いる大蔵省臨時建築部によって行われた。妻木頼黄は、馬車道にある横浜正金銀行本店(現、神奈川県立歴史博物館)の設計もした、明治建築界三巨頭の一人である。2号倉庫が1911年(明治44年)、1号倉庫が1913年(大正2年)に竣工した。第2期築港工事は1914年(大正3年)までに完成し、ここに税関埠頭、現在の新港埠頭が生まれた。

全長約150メートル、背面に鉄骨造ベランダを持ち、日本初の業務用エレベーター避雷針消火栓を備える赤レンガ倉庫は、国営保税倉庫建築の模範となるとともに、組積造技術の最高段階を示す建築とされる。2号倉庫はレンガとレンガの間に鉄を入れる補強が施されていたことで、1923年(大正12年)に発生した関東大震災でも、被害は1号倉庫の約30%損壊にとどまった。なお、当時のエレベーターは現在も1号館横に展示されており、重要科学技術史資料登録台帳に第00027号として登録[4] されている。

横浜港の接収と新港埠頭の停滞

赤レンガ倉庫を含む新港埠頭は、1942年横浜港ドイツ軍艦爆発事件1945年横浜空襲での破壊を避けられ、第二次世界大戦終戦後の1945年(昭和20年)に、連合国軍に接収され、横浜税関に連合国軍最高司令官総司令部が置かれた(後に第一生命ビルへ移転)。

新港埠頭のほかにも、横浜港は大部分が連合国軍に接収されて使用不能となり、横浜の復興を遅らせる原因となった。新港埠頭は、1954年(昭和29年)に商船の臨時使用が許可され、1956年(昭和31年)に1号から6号岸壁と赤レンガ倉庫を含む上屋の接収が解除された。接収解除後は、貿易の急増によって入港船舶トン数、取扱貨物量など、すべての数値が戦前の記録を更新した。

しかし、貨物のコンテナ化が進展して他の埠頭に主役が移り、1975年(昭和50年)頃には取扱貨物量が激減。それ以降、アクションドラマや映画のロケ地として頻繁に利用されるようになる。特に1986年(昭和61年)から翌年にかけて放送されたテレビドラマ「あぶない刑事」のエンディングで、赤レンガ倉庫がロケ地とされた事により注目を浴び、倉庫への落書きなども横行した。1989年平成元年)には、倉庫としての役割も終え、その後しばらく放置された。

赤レンガ倉庫の修復と再生

1992年(平成4年)、横浜みなとみらい21の整備に伴ってウォーターフロントの再開発計画も進められ、横浜市は赤レンガ倉庫を国から取得。周辺地域と一体的に整備を始めた。横浜市は、5年以上かけて倉庫を修復し、保存活用するための工事を進めた。また、関東大震災で倒壊したため埋められていた横浜税関事務所の遺構や旧・横浜港(よこはまみなと)駅のプラットホームなども発掘・復元し、山下公園まで続く山下臨港線プロムナード(汽車道)も整備した。

こうして、2002年(平成14年)4月12日、赤レンガ倉庫を中心とした付近一帯は、展示スペース、ホール、広場、店舗からなる横浜赤レンガパークとしてオープンした。赤レンガ倉庫1号館は主に文化施設として、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営する。赤レンガ倉庫2号館は商業施設で、株式会社横浜赤レンガが運営する。いずれも歴史的なたたずまいを残しつつ、現代的な耐震性と消火設備を備えている。2007年(平成19年)11月には、経済産業省により近代化産業遺産として認定された。

横浜赤レンガ倉庫は、2006年(平成18年)1月に通算来館者数が2000万人、2013年(平成25年)5月に通算来館者数が6000万人[5] を達成するなど、年間来場者数が600万人を超える横浜の人気観光地となっている。また、『僕の生きる道』や『喰いタン』といったテレビドラマロケ地にも選ばれている(「#作品の舞台」も参照)。

施設

1号館

2002年(平成14年)4月12日、文化施設として開館。1階の床下には瓦などが展示されている。

  • 2階 展示スペース3室:各200㎡、天井高2.4m
  • 3階 ホール:約400席 面積=約400m2/天井高=トラス下5.1m

2号館

2002年(平成14年)4月12日、商業施設として開館。当初は31店舗であったが、現在のテナント数は40店舗を超える。多くの店舗で横浜赤レンガ倉庫ならではの商品を置いている。また、3階のレストランビアネクストのロゴマークは、倉庫内にある防火扉の開閉に使っていた滑車(現在は保存)に由来する。1階のテーマは「港ヨコハマの心地よいおもてなし」、2階のテーマは「予感をふくらませる、とっておきのこだわり」

イベント広場

1号館と2号館の間に位置する広場。「横浜オクトーバーフェスト」や「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」など、季節ごとに様々なイベントが行われている。

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫イベント広場に設営されるスケートリンク(12月上旬から2月下旬頃まで開催)。アーティストが音や光、映像でスケートリンクを演出する。

赤レンガパーク

ギャラリー

周辺の観光施設

交通

電車

バス

開催イベント

作品の舞台

横浜赤レンガ倉庫が登場する作品

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 倉庫以外では山下公園伊勢佐木町などでロケを敢行。なお、第一部(第1話〜第10話)のエンドロールは主に原宿で撮影していた。
  2. ^ ただし「俺たちの勲章」とは異なり、本作の刑事は警視庁所属であり、物語の基本舞台は東京である。
  3. ^ 「さらば あぶない刑事」のエンドロールでもテレビ版当時のエンドロール映像が一部流れているが、ここで主に使われたのは本牧埠頭周辺の場面である。
  4. ^ 第2話、第12話、第18話、第20話、最終話の5回(『さらば』ブルーレイ版のトリビア字幕より)。
  5. ^ a b 小梅は恭一郎、恭一郎は小梅に人格が入れ替わっている。

出典

  1. ^ 横浜赤レンガ倉庫の歴史(横浜赤レンガ倉庫 公式サイト)
  2. ^ BCS賞”. BUILDING CONTRACTORS SOCIETY. 2009年11月29日閲覧。
  3. ^ 赤レンガ倉庫がユネスコの賞を受賞 (PDF)”. 横浜市記者発表資料. 2014年2月22日閲覧。
  4. ^ 実物が確認できる最古級のエレベーター (PDF)”. 国立科学博物館. 2014年2月28日閲覧。
  5. ^ 横浜赤レンガ倉庫にデジタル掛け軸出現 横浜赤レンガ倉庫1号館創建100年/通算来館者数6000万人達成”. 横浜市芸術文化振興財団. 2014年2月28日閲覧。
  6. ^ 3ヶ所ある「横浜三塔物語」のビューポイント、今でも見ることができるのか?(はまれぽ.com 2011年11月8日)
  7. ^ “聖火リレーランナー公募に延べ53万5717件の応募があったと発表した。”. 日本経済新聞. (2019年9月27日). オリジナルの2019年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190927125733/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50278340X20C19A9CR0000/ 2019年9月27日閲覧。 

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close