ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🍴|「生もち」チロルチョコの新作キタ!雪どけバニラ、めっちゃ気になる。


写真 

「生もち」チロルチョコの新作キタ!雪どけバニラ、めっちゃ気になる。

 
内容をざっくり書くと
ホワイトチョコは バニラの香りを引き立たせていて 、その中に柔らかい食感の生もちが閉じ込められています。
 

チロルチョコは、2021年11月22日に「チロルチョコ<生もち雪どけバニラ>」を発売します。 大人気… →このまま続きを読む

 東京バーゲンマニア


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

柔らかい食感

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートは、砂糖ココアバター乳固形分で作られる菓子である。ココアバターの融点はホワイトチョコレートが室温で固体を保つには十分高く、口の中では溶ける温度である。そのため、ホワイトチョコレートは、ミルクチョコレートと似た外見を持つ。

特徴

カカオマスに含まれている口溶けのよい油分を主体とし、ココアバターから苦味のある褐色部分を除去して作られている。そのため、味は普通のチョコレートと比べかなり甘さが目立ち、添加される脱脂粉乳のためにややミルキーでもある。褐色原料の除去により、チョコレートのもつ抗酸化成分も取り除かれているため、保存性は普通のチョコレートよりも低い[3]

歴史

1930年代、ホワイトチョコレート Milkybar は、スイスの会社ネスレによってヨーロッパで発売された[4]

米国での販売

米国では、ヒーバート・キャンディーズ (Hebert Candies)[5]1955年に最初に大規模に発売したが、この製品が欧州でちょうど1年前に作られ始めているのをみて、最初に生産したのはマース (MARS) である。米国では、ホワイトチョコレートとアーモンドの粒を含むネスレのアルペンホワイトチョコレートの販売で一般的となった。

日本での販売

1968年11月に日本で最初のホワイトチョコレートが六花亭(当時の社名は「帯広千秋庵(札幌千秋庵製菓)」)より製造・販売開始された[6]

英国での販売

英国では、キャドバリー (Cadbury) で販売された。

成分と規格

ホワイトチョコレートは通常のチョコレート同様、ココアバター、牛乳、および砂糖で作られるが、成分の相違がある。

「ホワイトチョコレート」として販売するための規格は次のとおり定められる。

米国および欧州の規格

米国では、2004年以降、ホワイトチョコレートは20 %以上(重量)のココアバター、14 %以上の乳固形分、3.5 %以上の乳脂肪、および55 %未満の砂糖や他の甘味料でなければならない。欧州連合は、砂糖および甘味料の制限を除いて同じ標準を採用した。

日本の規格

日本では、「カカオ分」はカカオニブ、カカオマス、ココアバター、ココアケーキおよびココアパウダーの水分を除いた合計量を示す。[7]このため、ココアバター以外を含まないホワイトチョコレートも次の純ミルクチョコレート生地規格に該当する。

カカオ分21 %以上(うちココアバター18 %以上)、乳固形分14 %以上(うち乳脂肪3.5 %以上)、糖分(蔗糖)55 %以下・レシチン0.5 %以下、水分3 %以下

ホワイトチョコレートを使用した製品

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ S.T.ベケット、p.7。
  4. ^ The World's Best White Chocolate / Page 2: The History Of White Chocolate”. Gourmet Food Magazine Website: THE NIBBLE (2010年9月). 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月26日閲覧。
  5. ^ Hebert Candies
  6. ^ 沿革”. 六花亭. 2022年1月21日閲覧。
  7. ^ チョコレート類について | チョコレート類の表示に関する公正競争規約日本チョコレート・ココア協会

参考文献

  • S.T.ベケット『チョコレートの科学 - その機能性と製造技術のすべて』古谷野哲夫(訳)、2007年7月、193頁。ISBN 978-4-7712-0704-2

外部リンク


 

Back to Top
Close