ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧁|【カヌレ】アメリカンチェリーをふんだんに使った大人気スイーツが限定発売♡


写真 

【カヌレ】アメリカンチェリーをふんだんに使った大人気スイーツが限定発売♡

 
内容をざっくり書くと
アメリカンチェリーを使ったジャムと、まろやかなカスタードクリームがのっています。
 

TREE by NAKED yoyogi parkに、アメリカンチェリーを使ってアレンジした、大人気… →このまま続きを読む

 cocotte

~毎日の暮らしをちょっぴり贅沢に~
cocotteは大人女子のためのトレンド情報をいち早くお届けします。

毎日20~30本ほど発信しています。

Peachyを始め、女性向けのアプリやWEBサイトの読者にも好評をいただいている記事を、
皆様のウェブサイトでもどうぞご活用ください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

カスタードクリーム

カスタード > カスタードクリーム

カスタードクリーム: pastry cream: crème pâtissière)は、カスタードを用いたクリーム

概要

おもに洋菓子に使われ、薄黄色でトロリとした甘いクリームである。

卵黄砂糖をよく混ぜ、小麦粉コーンスターチでもよいが風味は劣る)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えて伸ばしながら、トロみがつくまで加熱することによってできあがる[1]

ホイップクリームと異なり加熱しても変質しないうえ、安価ゆえによく使われる。しかし、水分が多いことから、日持ちはしない[2]。このため、対策としてブランデーのような洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われることも多い。

利用例

バリエーション

クレーム・サントノレ (crème saint-honoré)
カスタードクリームにメレンゲ(固く泡立てた卵白)を混ぜ込んだもの。クレーム・シブースト (crème chiboust, crème chibouste) とも呼ばれる。詳細はシブーストを参照。
クレーム・アングレーズ (crème anglaise)
カスタードクリームと製法が似ているが、小麦粉が入らないため、トロみが少ない。アングレーズソースとも呼ばれる。
クレーム・ディプロマット (crème diplomate)
カスタードクリームに泡立てた生クリームを混ぜ込んだもの。コクと食感が向上するため、カスタードクリームの代わりにシュークリームに入れられることが多い。
ザバイオーネ (Zabajone)
マルサラ酒シェリー酒などで風味を付けたカスタードクリーム。

脚注

[脚注の使い方]

アメリカンチェリー

日本においてアメリカンチェリーは、主にアメリカ合衆国西海岸で取れるサクランボを指す。代表品種はビング(Bing)で、日本への輸入量の9割を占める[1]

なお、木材のアメリカンチェリーは、ウワミズザクラの近隣種英語版(ブラックチェリー)Prunus serotinaであり、別のである。本記事ではサクランボの一種について述べる。

種類

植物のは、日本の佐藤錦と同様、セイヨウミザクラ Prunus aviumである。

ビング

ビングは北米西海岸北部に位置するオレゴン州ワシントン州、およびカナダのブリティッシュコロンビア州での栽培が盛んである。また西海岸ではないが、ウィスコンシン州でも盛んに栽培されている[2]

アメリカで、生の果実として出回るほとんどがビングである。ビングは大きく、色が濃く、実が締まっているのが特徴。丈夫なので船での輸送にも向いているが、収穫後に雨がかかるとひびが入りやすい。日本に入るアメリカンチェリーも9割がビングである。暗い果皮の色から「ダークチェリー」とも呼ばれる[1]

1870年代、オレゴン州ミルウォーキーで園芸家セス・ルウェリングと作業主任で中国満洲族のAh Bingが開発した。ビングの名はこの作業主任の名に基づく。なお、開発に携わったビングは1889年に中国に一時帰国していたが、1892年に改正された中国人排斥法の施行により、再びアメリカに戻ることはできなかった[3]

レイニア

英語版は黄味がかったクリーム色をしている。気温、風、雨の影響を受けやすい。また、熟した実の3分の1が鳥に食べられてしまう。そのため価格がやや高く、アメリカでは1ポンド (450 g)あたり5ドル、イギリスや日本では9ドルする。果肉は柔らかく、外見も佐藤錦に類似しており、甘みも非常に強いので、日本人にはビングよりも好まれている[1]

1952年、ワシントン州立大学のハロルド・フォーグル (Harold Fogle) が、ビングとヴァン (Van Cherry) を掛け合わせて開発した。

その他

ブルックス (Brooks)、ツラーレ (Tulare)、ガーネット (Garnet)、キング (King)、ランバート (Lambert)、バン (Van)、シュラン (Chelan) など1000品種以上あるとされている。日本でもお馴染みのナポレオンや高砂等も古くに導入されたアメリカンチェリーの一種である。

脚注・出典

  1. ^ a b c 丸果石川中央青果. “果実の知識 > アメリカンチェリー”. 2018年6月18日閲覧。
  2. ^ Zebian, Maureen (2011年8月11日). “'Bing' Those Cherries On!” (PDF). The Epoch Times, Northern California Edition. http://printarchive.epochtimes.com/a1/en/ca/yto/2012/08-Aug/09/B07%20Home%20&%20Living.pdf. 
  3. ^ Ah Bing Biography”. infoplease. 2018年6月18日閲覧。

 

Back to Top
Close