ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧁|チョコレートシフォンケーキ アイスクリームとフルーツ添え


写真 

チョコレートシフォンケーキ アイスクリームとフルーツ添え

 
内容をざっくり書くと
お好みで粉砂糖を振りかけて完成です!
 

ハロウィンの時に頑張ってスイーツを作り過ぎたのでしばらく手作りおやつをさぼり気味でした。ちょうど溶け… →このまま続きを読む

 goo blog

ジャンル問わず一般人から有名人までブログを開設いただける無料ブログサービスです。
日記やペットの成長記録、お店や作品の紹介、レシピや食べ歩き、マンガ・イラストといった多種多様なブログが公開されています。大人気ブログ「くるねこ大和」「伊勢ー白山 道」などネコ、漫画、人生相談など有名ブログが多数在籍。将棋の棋士・渡辺明さんの公式ブログもgoo blogでご覧いただけます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

粉糖

粉糖(ふんとう)あるいは粉砂糖(こなざとう 英語: Powdered sugar)とは、グラニュー糖を粉状に挽いて作る、細かい粉末の砂糖である。これはアイシングシュガー英語: icing sugar)やアイシングケーキ英語: icing cake)とも呼ばれる。粉糖は通常は工場で精製されるが、普通のグラニュー糖をコーヒーミルで挽いたり、乳鉢で擂ったりして作ることもできる。

粉糖は料理を大量に生産する場合に素早く溶かした砂糖が必要とされるときに利用される。家庭料理ではアイシングやフロスティングその他の英語版を作る際に主に使用される。また、しばしば焼き菓子やパンに微妙な甘さと繊細な彩りを加えるために振りかけられる。

粉糖には様々な粒度のものがあり、最も一般的なのはXXX、XXXXと10Xである。Xの数字が大きいほど、粒度が細かい[1]。細かいものほど湿気を吸いやすく、固まりになりやすいことから、固化防止剤としてコーンスターチリン酸三カルシウムを3%から5%加え、吸湿による集塊を防止するとともに砂糖粒間の摩擦を減らして流動性をよくしている[2][3]

粉糖には固化防止のため、デキストリンが添加されている。そのため、紅茶やコーヒーに入れるグラニュー糖の代わりとしては使用できない。

類似品

グラニュー糖細目焼き菓子用等と記載されたもの)
粉糖よりは粒子が大きいが、通常のグラニュー糖のおおよそ半分の大きさである[4]
スノウパウダー(スノウシュガー)
溶かしていない粉糖であり、ブドウ糖や澱粉、その他の固化防止剤を含むことがある。冷却が必要なケーキやペイストリーに振りかけた時に形を保つのに便利である。これはデコレーションのために使用される。

関連項目

脚注

  1. ^ The Crushing Difference Between Granulated & Confectioners' Sugar”. O Chef. 2008年1月16日閲覧。
  2. ^ Asadi (2006), 451-452.
  3. ^ Chen (1993), 530
  4. ^ C&H Baker's Sugar”. C&H Sugar. 2015年10月30日閲覧。

 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close