ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

☕|【南青山の秀逸カフェ】隠れ家的カフェ「buik(ブイック)」で過ごす美味しい時間


写真 

【南青山の秀逸カフェ】隠れ家的カフェ「buik(ブイック)」で過ごす美味しい時間

 
内容をざっくり書くと
朝8時からオープンしているので、次回はモーニングにクロックムッシュやキッシュなども良いなと思いました。
 

皆さんこんにちは、新宿地域メディア『Daily Shinjuku』を運営しているGOKです。 今回は… →このまま続きを読む

 Daily Shinjuku

Daily Shinjukuは、リアルな新宿ライフや新宿の最新ニュースを日本語と他国語で発信する地域特化型のメディアサイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

クロックムッシュ

クロックムッシュフランス語: croque-monsieur)は、1910年フランスオペラ座近くのカフェで作られたトーストの一種である[1]カフェバーで軽食のメニューとして提供される。

レシピ

パンハムチーズグリュイエールチーズエメンタールチーズなどが望ましい)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼いてベシャメルソースモルネーソースを塗り、温かいうちに食べる。

ゆで卵や野菜をはさむ場合もあり、上面に目玉焼きを盛り付けたものは、クロックマダム (croque-madame) と呼ばれる。

由来

名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用とされたという[2]。1910年にはパリのカフェのメニューに掲載されていた。

日本でも喫茶店の一部などがメニューに取り入れている。

雑学

マルセル・プルーストが1919年に書いた小説『花咲く乙女たちのかげに』(『失われた時を求めて』第2編)には、クロックムッシュが登場する。

出典

参考文献

関連項目

朝8時


 

Back to Top
Close