ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

💴|「企業版ふるさと納税」を活用 東北電力が東通村に10億円の寄付を申し出


写真 

「企業版ふるさと納税」を活用 東北電力が東通村に10億円の寄付を申し出

 
内容をざっくり書くと
東北電力は、「地域社会との共栄」を経営理念に掲げていて、「企業の社会的責任の観点から、地域社会に貢献していくこととした」としています。
 

東北電力が、東通村に「企業版ふるさと納税」を活用した寄付を申し出たことを明らかにしました。金額は総額… →このまま続きを読む

 ABA青森朝日放送

青森県内の様々なニュースを毎日配信しています。事件事故だけでなく、心がほっとする温かい話題なども盛りだくさん。スポーツに力を入れています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

経営理念

経営理念(けいえいりねん)とは、企業の活動方針の基礎となる基本的な考え方である[1]

概要

経営者の経営哲学や信念、行動指針や目的などを明文化し、その企業が果たすべき使命や、基本姿勢などを社内外に向けて表明するものである[2][3][4]。特徴として、経営者が変わったとしても、長期にわたって受け継がれる不変的・持続的なものである[2][5]ほか、抽象的・規範的である[3]事などが挙げられる。事業遂行における基本的価値観と目的意識であり、「この組織または働く人々は何を目的として集まっているのか」という根本的な事業目的を端的に表した文章である。

その経営理念を実現させるために、「経営ビジョン」を策定する。経営ビジョンでは、企業の到達したい将来像を示す。策定した「経営ビジョン」に向かって活動するには、「経営戦略」が必要である。経営戦略では、企業の経営目標を実現するためのシナリオを明確にする。つまり、企業のあるべき姿や、理想像である経営理念を、おかれている環境や利用できる経営資源等を加味して具体化したものが、経営戦略やビジョンである[5]。企業の経営戦略を実現するための行動計画を具体的に示すには、経営計画の策定が必要である。

ピラミッド構造で表すと以下のようになる。ここで、上に行くほど長期的、抽象的、野心的なものになる。

  • 経営理念 - 企業の存在理由や価値観を明確にする
  • 経営ビジョン - 企業の到達したい将来像を示す
  • 経営戦略 - 企業の経営目標を実現するためのシナリオを明確にする
  • 経営計画 - 企業の経営戦略を実現するための行動計画を具体的に示す

対内的には、社員の行動規範や価値判断の基準、あるいは自己評価の基準となり[2][6]、また・企業文化を形成したり[3]、社員に帰属意識や一体感を持たせる[4]ことが期待される。一方、対外的には、ステークホルダーに対して他社とは異なるアイデンティティを示すことが期待される[3][2]

日本では、明治期では富国強兵と関連付けた理念の策定が、大正期にかけては的な理念が、第二次世界大戦中は主義的な理念が代表的となった。また、高度経済成長期には「近代化と技術革新」が多くの企業で唱えられた[3]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『経営理念』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 野村総合研究所 編著『経営用語の基礎知識 第3版』ダイヤモンド社、ISBN 978-4-478-00543-9、p.2。
  3. ^ a b c d e 神戸大学大学院経営学研究室『経営学大辞典』第2版、中央経済社、ISBN 4-502-35210-1、p.245。
  4. ^ a b 明治大学政治経済学部森下正中小企業論演習室『企業の持続的発展に資する経営理念の機能と実践』、全国書誌番号:22226992、p.99。
  5. ^ a b 田島壯幸・編『経営学用語辞典』税務経理協会、ISBN 4-419-02730-4、p.92。
  6. ^ 永山利和『個性ある中小企業の経営理念と労務管理』社会保険労務士総合研究機構、全国書誌番号:22711056、p.11。

関連項目

東北電力

東北電力株式会社(とうほくでんりょく、: Tohoku Electric Power Co.,Inc.)は、日本東北地方に本社を置く電力会社。 また、東北地方以外に、新潟県関東地方などで電力小売事業や発電事業等を行う。略称は「東北電」。

概要

小売電気事業者の中で販売電力量が東京電力エナジーパートナー中部電力ミライズ関西電力九州電力に次いで大きく、また、東京都より北に本社を置く企業の中では最大の企業である。そのため、本社のある東北地方の企業が加盟する東北経済連合会ではリーダーシップを執っている。同社の影響力によりつくられる「東北7県」という枠組みについては、「東北地方#定義域と名称」を参照。

電気事業連合会加盟の他社がCIを次々と導入するなか、現時点では従来のロゴタイプ(アルファベットの「T」と「D」("T"ohoku "D"enryoku)を丸型に合わせたもの)・社名の字体を今も唯一使用している(ただし社用車の社名の字体は変更)。東北電力の「電」の字は「雨冠」の4本の点が2本の縦棒となっている。

コーポレートスローガンは「より、そう、ちから。」(2015年10月制定)。

沿革

歴代会長

氏名期間備考
1白洲次郎1951年5月 - 1959年10月貿易庁長官
2平井寛一郎1969年11月 - 1977年6月関西電力副社長
3若林彊1983年6月 - 1983年10月1909年1983年北海道帝国大学工学部電気科卒 山形県出身
4玉川敏雄1987年6月 - 1993年6月1916年1994年早稲田大学専門部商科卒 山形市出身
5明間輝行1993年6月 - 2001年6月1925年2005年東北大学法学部卒 仙台市出身
6八島俊章2001年6月 - 2005年6月1932年東北大学工学部
7幕田圭一2005年6月 - 2010年6月1935年福島大学経済学部
8高橋宏明2010年6月 - 2015年6月1941年生 東北大学法学部卒
9海輪誠2015年6月 - 2021年3月1949年生 東北大学法学部卒
102021年4月 -1955年北海道大学大学院工学研究科修了

歴代社長

氏名期間
1内ヶ﨑贇五郎1951年5月 - 1960年5月
2堀豁1960年5月 - 1962年12月
3平井寛一郎1962年11月 - 1969年11月
4若林彊1969年11月 - 1983年6月
5玉川敏雄1983年6月 - 1987年6月
6明間輝行1987年6月 - 1993年6月
7八島俊章1993年6月 - 2001年6月
8幕田圭一2001年6月 - 2005年6月
9高橋宏明2005年6月 - 2010年6月
10海輪誠2010年6月 - 2015年6月
11原田宏哉2015年6月 - 2020年4月
12樋口康二郎2020年4月 -

事業所

販売を行う、支店・支社・営業所

その他

  • 研究開発センター:仙台市青葉区中山7丁目2-1[7]

経営環境

首都圏への電力供給

東北電力と東京電力は、主となる商用電源周波数が共に50Hz (ヘルツ)であり、互いに多くの電力融通を行っている。これは東北電力管内では冬の電力需要が多く、夏の電力需要に対しては若干の供給の余裕があることや、東京電力に隣接するもう一方の中部電力は60Hz[注釈 1]であり、変換所を経由しなければならないことから、東北電力からの供給に比べて融通しにくいという事情がある。

夏季は多くの電力を東京電力に融通し、多額の売電収入を得ている。一方、厳冬期は、かつて東北電力管内にある東京電力の火力発電所から電力の融通を受けていたが、1990年代中頃から大幅に発電能力が引き揚げられ、現在の受電量はさほど大きくない。

東京電力の原子力発電施設は全て、東北電力管内にある(新潟県柏崎刈羽や福島県浜通り、青森県東通村。ただし福島第一第二原発は東日本大震災で被災して廃炉予定。柏崎刈羽原発は停止中、東通原発の東電分は建設準備中)。このため、これらの地域で原子力の広報番組は東京・東北の両社のスポンサーで行われた歴史があり、両社は密接な関係にあった。

2015年10月1日、東京ガスとの折半出資によって大口需要者を対象とする電力販売を行う新会社であるシナジアパワーを東京都台東区に設立した。新会社は当面北関東を軸に営業を展開し、翌16年4月1日には電力供給を開始した[8][9][10][11]。また同日付で首都圏における一般家庭向けの電力販売に参入。東北電は東北出身者などに広く契約をアピールしたいとしている[12][13]

ガス供給

子会社である東北天然ガス株式会社が、新潟市 - 仙台市間 (260 km (キロメートル)) のパイプラインを保有している[14]新潟東港にはLNGを取り扱う事が出来る施設があり、仙台港にLNG施設を新設するよりも安上がりであるという事情が背景にある。仙台市と隣接地域都市ガス事業を行っている仙台市ガス局は、このパイプラインを通じて供給を受けている。また、山形市福島市郡山市への都市ガス供給目的で、既存のパイプラインから分岐させる形で支線が建設された[15]

  • 新潟・仙台間ガスパイプライン(新潟市 - 仙台市:260 km)
    • 山形天然ガスパイプライン(宮城県七ヶ宿町から分岐して山形市へ:30 km)
    • 白石・郡山間ガスパイプライン(宮城県白石市から分岐して福島県中通りへ:96 km)

発電施設

合計 230箇所、1817万5450kW(2016年3月31日時点)[16]

  • 総出力には長期計画停止中、定期点検中の号機を含む。廃止された号機、建設中の号機は含まない。

水力発電所

208箇所、約243万kW

  • 主な水力発電所(3万kW以上の発電所)
発電所名水系名方式総出力所在地
十和田発電所奥入瀬川水路式3.11万kW青森県十和田市
生保内発電所雄物川水路式3.15万kW秋田県仙北市
八久和発電所赤川ダム水路式6.03万kW山形県鶴岡市
本道寺発電所最上川ダム水路式7.5万kW山形県西村山郡西川町
蓬莢発電所阿武隈川ダム水路式3.85万kW福島県二本松市福島市
本名発電所阿賀野川ダム式7.8万kW福島県大沼郡金山町
上田発電所ダム式6.39万kW
第二沼沢発電所ダム式(揚水式46万kW
宮下発電所ダム水路式9.4万kW福島県大沼郡三島町
柳津発電所ダム式7.5万kW福島県河沼郡柳津町
片門発電所ダム式5.7万kW福島県河沼郡会津坂下町
新郷発電所ダム式5.16万kW福島県喜多方市
第二新郷発電所ダム式3.88万kW
山郷発電所ダム式4.59万kW
上野尻発電所ダム式5.2万kW福島県耶麻郡西会津町
豊実発電所ダム式6.18万kW新潟県東蒲原郡阿賀町
第二豊実発電所ダム式5.71万kW
鹿瀬発電所ダム式4.95万kW
第二鹿瀬発電所ダム式5.5万kW
揚川発電所ダム水路式5.36万kW

火力発電所

9箇所(計画中1箇所)、1124万9000kW(関連会社経営の発電所除く)

発電所名使用燃料総出力号機出力運転開始所在地備考
八戸火力発電所LNG41.6万kW5号機41.6万kW2014年8月6日青森県八戸市5号機はCC方式。1 - 4号機は廃止。
能代火力発電所石炭
木質バイオマス
180万kW1号機
2号機
3号機
60万kW
60万kW
60万kW
1993年5月
1994年12月
2020年3月
秋田県能代市
秋田火力発電所重油原油60万kW4号機60万kW1980年7月秋田県秋田市1 - 3、5号機は廃止。
仙台火力発電所LNG46.8万kW4号機46.8万kW2010年7月29日宮城県宮城郡七ヶ浜町4号機はCC方式。1 - 3号機は廃止。
新仙台火力発電所LNG104.6万kW3号系列104.6万kW2016年7月1日宮城県仙台市宮城野区3号系列はCC方式。1、2号機は廃止。
原町火力発電所石炭
木質バイオマス
200万kW1号機
2号機
100万kW
100万kW
1997年7月
1998年7月
福島県南相馬市
新潟火力発電所LNG10.9万kW5号系列(2基)10.9万kW2011年7月30日新潟県新潟市東区5号系列はCC方式。
1 - 4、6号機は廃止。
東新潟火力発電所重油、原油、LNG481万kW港1号機
港2号機
1号機
2号機
35万kW
35万kW
60万kW
60万kW
1972年11月
1975年11月
1977年4月
1983年6月
新潟県北蒲原郡聖籠町港1号機、港2号機は長期計画停止。
港3号系列は廃止。
LNG3号系列(2基)
4号系列(2基)
121万kW
170万kW
1985年10月
2006年12月20日
3・4号系列はCC方式。
上越火力発電所LNGkW新潟県上越市1号機(CC方式、57.2万kW予定)計画中。

関連会社運営

発電所名使用燃料総出力号機出力運転開始所在地運営会社備考
酒田共同火力発電所石炭、木質バイオマス70万kW1号機
2号機
35万kW
35万kW
1977年10月
1978年10月
山形県酒田市酒田共同火力発電全発電量を東北電力へ供給。
新地発電所*石炭、木質バイオマス200万kW1号機
2号機
100万kW
100万kW
1994年7月
1995年7月
福島県相馬郡新地町相馬共同火力発電
勿来発電所*石炭、重油、
炭化燃料、
木質バイオマス
170万kW7号機
8号機
9号機
25万kW
60万kW
60万kW
1970年10月
1983年9月
1983年12月
福島県いわき市常磐共同火力1 - 6号機は廃止。
石炭10号機25万kW2013年4月1日10号機はIGCC方式。

* 新地発電所、勿来発電所は東北電力、東京電力双方に送電を行っている。

内燃力発電所

4箇所、82150kW

発電所名使用燃料総出力所在地備考
飛島火力発電所重油750kW山形県酒田市飛島内燃力発電方式。
粟島火力発電所重油900kW新潟県岩船郡粟島浦村内燃力発電方式。
両津火力発電所重油53,000kW新潟県佐渡市内燃力発電方式。60Hzでの供給。
相川火力発電所重油27,500kW新潟県佐渡市内燃力発電方式。60Hzでの供給。

原子力発電所

2箇所、327万4000kW

発電所名原子炉型式総出力号機出力運転開始所在地備考
女川原子力発電所沸騰水型軽水炉217.4万kW1号機
2号機
3号機
52.4万kW
82.5万kW
82.5万kW
1984年6月1日
1995年7月28日
2002年1月30日
宮城県石巻市女川町東北地方太平洋沖地震により2・3号機停止中。

1号機は廃炉。

東通原子力発電所沸騰水型軽水炉110万kW1号機110万kW2005年12月8日青森県東通村2号機計画中。東北地方太平洋沖地震により全号機停止中。

再生可能エネルギー

8箇所、22万8600kW

発電所名方式総出力運転開始所在地備考
葛根田地熱発電所地熱発電8万kW1号:1978年3月
2号:1996年3月
岩手県雫石町
上の岱地熱発電所地熱発電2.88万kW1994年3月秋田県湯沢市
澄川地熱発電所地熱発電5万kW1995年3月秋田県鹿角市
柳津西山地熱発電所地熱発電6.5万kW1995年5月福島県河沼郡柳津町
八戸太陽光発電所太陽光発電0.15万kW2011年12月20日青森県八戸市八戸火力発電所構内。
仙台太陽光発電所太陽光発電0.2万kW2012年5月25日宮城県宮城郡七ヶ浜町仙台火力発電所構内。
原町太陽光発電所太陽光発電0.1万kW2015年1月15日福島県南相馬市原町火力発電所構内。

このほか直営でなく、出資という形で風力発電事業に参画している[17]

過去および建設中止された発電施設

火力発電所

発電所名使用燃料総出力廃止時期所在地備考
佐渡火力発電所重油8,150kW2012年新潟県佐渡市内燃力発電方式。60Hzでの供給。

原子力発電所

発電所名原子炉型式総出力廃止時期所在地備考
巻原子力発電所計画中止新潟県西蒲原郡巻町(現・新潟市西蒲区2004年、原子炉設置許可申請を取り下げ。
浪江・小高原子力発電所沸騰水型軽水炉82.5万kW建設中止福島県南相馬市小高区双葉郡浪江町福島第一原子力発電所事故の影響により2013年3月に計画中止。

電源調達入札制度について

  • 1995年(平成7年)の電気事業制度改革において電源調達入札制度が創設され、卸供給事業者(IPP・独立系発電事業者)4社と供給契約を結んでいる[18]

4箇所、31万9300kW

卸供給事業者契約電力供給開始所在地備考
大平洋金属(北沼発電所)4.4万kW2000年7月青森県八戸市現:大平洋エネルギーセンター
新日本製鐵釜石製鐵所13.6万kW2000年7月岩手県釜石市現:日本製鉄東日本製鉄所釜石地区
ニチメン(佐和田火力発電所)0.53万kW2000年6月新潟県佐渡市現:双日佐和田火力
太平洋セメント糸魚川発電所13.4万kW2001年7月新潟県糸魚川市現:糸魚川発電
  • 事業者名はいずれも契約当時。

関連会社

太字連結子会社斜体文持分法適用会社

電気事業

建設

  • 株式会社ユアテック(電気工事)
  • 東北送配電サービス株式会社
  • 株式会社トークス
  • 東北発電工業株式会社
  • 東北緑化環境保全株式会社
  • 株式会社東北開発コンサルタント
  • 株式会社東日本テクノサーベイ

製造

  • 北日本電線株式会社
  • 東北ポール株式会社
  • 通研電気工業株式会社
  • 東北電機製造株式会社
  • 東北計器工業株式会社
  • 能代吉野石膏株式会社
  • 株式会社アグリパワー

情報処理・電気通信

不動産

  • 東日本興業株式会社(資産管理・リース業等)

燃料

サービス

本店ビル

現在、本店は「エナジースクエア」(東北電力本店ビル)に入居している。

旧本店は「電力ビル」に所在したが、現在は子会社・関連会社が入居している。同ビルの主な施設として、グリーンプラザと電力ホールがあり、グリーンプラザはイベント会場や市民の待ち合わせ場所・休憩場所などとして利用されている。電力ホールは仙台市内の主なホールのひとつであり、コンサートや芸術のイベントに利用されている。「電力ビル前」からは市内・都市間高速の多くのバス路線が発着している。

なお、電力ビル、および、エナジースクエアは、いずれも連結子会社である東日本興業の所有ビルである。

CMイメージキャラクター

スポンサー番組

東北電力が提供する番組は、営業区域の「東北7県」でブロックネット放送されており(番組内では「東北6県と新潟県」と言う(同社発行の広報誌(紙)も同様に記載))、他の多くのブロックネット番組が新潟県を除く東北6県で放送されているのと対照をなす(→参照)。

なお、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴い、2012年2月時点、以下の番組での東北電力の番組提供は全て見合わせとなっていた(番組によっては休止したものがある)。該当する番組における通常のCMの放送は行われず、CM枠はACジャパンへの差し替え、または節電のお願いを伝える社告形式のCM等に変更されていた。

2011年3月時点で提供扱いとなっていた番組

東北7県ブロックネット
全国放送の東北7県分
ラジオ
  • 海の気象ニュース(青森放送制作・月 - 金曜、東京電力と共同出稿)番組は現在も放送中だが、スポンサーから降板。

過去に放送されていた番組

企業CMに使用された楽曲

  • 岡村孝子夢をあきらめないで』(1987年2月4日発売)
  • 大貫妙子『ピーターラビットとわたし』(1982年9月21日発売)
  • 忍者『瞳は未来を映してる』(シングル『日本』のカップリング曲・1993年2月24日発売) 非売品のシングルが制作されたこともある[19]
  • 河島英五『元気ですか』 1990年代-2020年現在も放送中 東北電力の企業イメージCMの折りには、ワンコーラス分の楽曲を耳にできる。かつては非売品として、会社からカセットテープを送られてきたとの報告もあった[20]が、現在はCDリリースされたため、テープの送付は行っていない。またスポンサーを務めた全国花火競技大会では、会場でほぼ全編が放送されることもある。
  • ゴスペラーズ『Armonia"(アルバム『Hurray!』内・2009年3月11日発売)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 但し、新潟県の東北電力管内でも北陸電力と接している旧青海町や佐渡市は60Hzである。

出典

  1. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年1月11日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j 東北電力株式会社 第94期 有価証券報告書”. EDINET (2018年6月27日). 2019年6月4日閲覧。
  3. ^ まちづくり元気塾とは(2020年3月5日閲覧)
  4. ^ 仙台火力発電所4号機の営業運転開始について 2010年7月29日
  5. ^ デジタル技術を活用した再生可能エネルギーの有効活用に向けた取り組みの開始について〜宮城県内の各合同庁舎を活用した仮想的な電力融通および仮想発電所に係る実証〜宮城県/東北電力(2019年8月8日)2020年3月5日閲覧
  6. ^ ベンチャーキャピタルファンド「グローバル・ブレイン7号ファンド」への投資について〜オープンイノベーションの活用による新規事業・新規サービスの創出・展開を目指して〜東北電力(2020年1月30日)2020年3月5日閲覧
  7. ^ 東北電力 研究開発センターの概要(2018年10月23日閲覧)。
  8. ^ “東北電と東ガスが新会社 電力販売、まず北関東開拓”. 『日本経済新聞』. (2015年7月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30I5T_Q5A730C1TI1000/ 2015年8月7日閲覧。 
  9. ^ “<東北電>北関東で電力販売 東京ガスと新会社”. 『河北新報』. (2015年7月31日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150731_12023.html 2015年8月7日閲覧。 
  10. ^ “電力小売事業会社設立の合意について” (プレスリリース), 東北電力株式会社 東京ガス株式会社, (2015年7月30日), http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20150730-04.html 2015年8月7日閲覧。 
  11. ^ “東北電と東ガス、電力小売り会社を設立”. 日本経済新聞. (2015年10月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HGI_R01C15A0TJC000/ 2016年4月7日閲覧。 
  12. ^ “<東北電>首都圏に参入へ 東電より割安”. 『河北新報』. (2016年3月11日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160311_12013.html 2016年4月7日閲覧。 
  13. ^ “東北電、首都圏で家庭向け電力販売 11日から契約受け付け”. 『日本経済新聞』. (2016年3月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10HOM_Q6A310C1TJC000/ 2016年4月7日閲覧。 
  14. ^ 東北天然ガス供給ネットワーク(東北天然ガス)
  15. ^ 白石・郡山間ガスパイプラインの運用開始について(東北電力)
  16. ^ 東北電力 概要
  17. ^ 東北電、風力発電へ出資進める 青森、岩手へ新たに4件秋田魁新報電子版(2019年12月28日)2020年6月26日閲覧
  18. ^ 参考資料:3.我が国の卸電力市場の状況 (PDF) 内閣府 規制改革会議 第3回 IT・エネルギー・運輸TF(平成19年4月25日)
  19. ^ [1][リンク切れ]
  20. ^ 関心空間(現在は、閉鎖扱い)

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close