ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

📢|「企業IT利活用動向調査2021」の詳細集計結果公開


写真 

「企業IT利活用動向調査2021」の詳細集計結果公開

 
内容をざっくり書くと
2020年以降の数度にわたる緊急事態宣言下で在宅勤務やテレワークを導入せざるを得ない状況となったことから、早急な対応整備・実践に繋がったものと考えられます。
 

調査実施10年の変化を分析 2021年6月15日一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (法人番号:1… →このまま続きを読む

 共同通信 PR Wire

プレスリリース・ニュースリリース配信の共同通信PRワイヤーは、”知らせたい人” から”知りたい人” へと情報をつなぎます。
自治体・大学をはじめとした官公庁、大手企業のニュースリリースも集まる、生活者も要注目のサイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

対応整備

在宅ワーク

在宅ワーク(ざいたくワーク)、あるいは在宅勤務(ざいたくきんむ)とは、自宅を拠点として仕事をすること。テレワークの一種。

概要

雇用関係のある場合とない場合に大別される。前者の場合は、社員がノートパソコンを自宅に持ち帰って仕事をする、あるいは出社せずに自宅で仕事をするようなケースであり、後者は業務委託・請負的なケースである。小規模個人事業者としたSOHOが、在宅ワークと呼ばれるケースもあるが、SOHOが事業のスタイルを表すのに対して、在宅ワークは勤務のスタイルを表す。ノートパソコンはセキュリティ確保のためにシンクライアント端末を用い、インターネット経由でデスクトップ仮想化(VDI)に接続することが多い。

日本における在宅ワーク

1990年代末から2000年代初頭にかけて、「在宅ワーク」という単語がブームとなった時期もあった。当初は対面で仕事をした方が意思伝達の効率が良いことや、情報漏洩などの問題から自宅で可能なビジネスはデザインや作曲、著述などクリエイティブな領域での職種に限定されていたが、2004年頃からのインターネット利用におけるブロードバンド通信網の爆発的な普及率増加や、2011年の東日本大震災による交通インフラ障害での帰宅困難者の大量発生や出勤不能による自宅業務の必要性、新たな雇用の創出とした地方都市における就職難の解決策、自宅勤務により電車等の交通手段や勤務先オフィスの消費電力削減効果でのエコロジー面メリット等、様々な利点が見直され、現在、在宅ワーク(テレワーク)の導入は日立、富士通、ソニー、パナソニック、日本IBMなどの大手企業においても「在宅勤務者」の雇用枠導入や、政府全体での推進として厚生労働省においても、在宅業務実施時の労務管理上の留意点を整理した「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」等を設けて推進している。 関係するポータルサイトとして、厚生労働省事業の一環で運営されている在宅ワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」[1]がある。

子育て世代の女性の活躍促進を政策の目玉に据える安倍晋三政権は、在宅勤務の推進を目指している[1][2]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close