ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

📊|オフィススペースの運用管理が可能に、日立ソリューションズの「Condeco」


写真 「Condeco」の利用イメージ

オフィススペースの運用管理が可能に、日立ソリューションズの「Condeco」

 
内容をざっくり書くと
例えば、勤怠管理システムと連携した場合、Condecoから得られるチェックインやチェックアウトの情報を出退勤時刻として登録し、客観的なエビデンスに基づく労働時間管理を行うことができる。
 

日立ソリューションズは英Condeco Groupと国内初の販売代理店契約を結び、適したオフィススペ… →このまま続きを読む

 週刊BCN+

週刊BCNでおなじみのITビジネス情報サイトです。
週刊BCN+はパートナービジネスを支える情報サイトです。ニュースだけではなく、パートナーマッチングの支援やオピニオンリーダーによるコラム・インタビューを掲載。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

勤怠管理システム

勤怠管理システム: time and attendance、TNA)は、従業員の仕事開始、仕事終了を追跡・監視するためのシステム。勤怠管理システムにより、雇用主は従業員の労働時間と遅刻、早退、休憩、欠勤と、所要時間を監視することができる[1]。 また、従業員の非番の時間に対する過払いを減らすことで人件費を管理し、転記エラー、解釈エラー、意図的なエラーを排除する。 勤怠管理システムは、出勤の証明に関する労働規制の遵守にも使用される。

手動システム

従来、タイムスタンプが押された紙のカードを使う、タイムレコーダーによる手動システムが使用されていた。このようなマシンは1世紀以上使用されてきたが、その後段階的に廃止され、給与計算スタッフが従業員の時間を手動で入力する必要がない、より安価な自動システムに置き換えられた。

自動化されたシステム

最新の自動化された出退勤システムでは、従業員はタッチまたはスワイプして自分自身を識別し、作業エリアに出入りするときに勤務時間を記録する。もともとはRFID電子タグバーコードバッジが使われていたが、最新型では生体認証(静脈リーダー、手の形状、指紋、または顔認識)やタッチスクリーンデバイスが使われる。

アプリケーションベースのシステム

最新技術では、機能を実装したアプリ(アプリケーションソフトウェア)を使用する[2]。 従業員が内にいるかどうかで出退勤を管理する。顔認識システムも組み合わせることができ、は不要となる。

関連項目

脚注

  1. ^ How time and attendance technology can benefit your small business clients”. Accounting Today (2017年6月21日). 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ Effortless Time Tracking Software in Your Pocket”. 2017年7月5日閲覧。

チェックイン

チェックイン: check-in

関連項目


 

Back to Top
Close